(仮称)東北本線 岩○機関区

Yahoo!ブログの閉鎖に伴い、こちらに引っ越してきました。主にNゲージの精密加工をしております。機関車関連、客車、貨車等の加工ばかりで電車関係は少ないです。宜しくお願いいたします。

こんにちは☆

今回はNゲージではなく16番ゲージ、俗に言われてるHOの精密加工をしたいと思います。

ちょくちょく16番の車両は入線させているのですが、なんせ走らせる所がないので観賞用(笑)

買った良いが箱から出さない状態になっていたのですが、今回はジオラマに飾ってあるTOMIX HO-110 ED75 ひさし付きをいじってみようかと思います

20200802_204937


20170116_185757
この左側の75になります。
右側のTOMIX HO-109 ED75 は過去に精密加工してあります。

詳しい内容はこちらからどうぞhttp://wipeout0512.livedoor.blog/archives/19614434.html


まずはボディーを外します
所が16番ゲージなんて普段やらないのでボディーを外すのも一苦労(汗)
20200730_191002
ボディーの下側を拡げてみてもびくともしなくてやっとわかったのが下の赤い矢印


20200730_215447
ガラスの爪がガッツリ噛んでいるんですね~

なので小さいマイナスドライバーで、このガラス部分の爪をこじって外してやれば簡単に外れます


いやー、手こずりました(苦笑)


そしてNの時と同じようにスカート周りの加工から始めます
20200730_191147

エアホース類を一度外してから下の赤い矢印部分に0.3mmピンバイスで穴を開け中央連結器脇の所にはL字に曲げた0.2mm真鍮棒を取り付け、左のジャンパ栓ホースの下部の抑えはU字に曲げた0.3mm真鍮棒を取り付けました
20200730_215043

そして連結器と解放テコをつなぐ部分の受けを銀河モデルさんのN-637吊り金具で代用しますがこのカプラー(ケイディーNo.5)が金属なんですね!
なので穴を開けれません

ない頭で考えた結果、0.2mmプラ板を切り出しそこに穴をあけ吊り金具を取り付け、そしてケイディーカプラーに接着しました20200730_212139

そしてエアホースの先端に0.3mmピンバイスで穴を開けそこにL字に曲げた0.2mm真鍮棒を差し込みました
20200730_222912


いつものように実車同様にチェーンで吊るします
20200730_214513
今回16番ですので使ったチェーンはフラグシップさんの超超極細チェーン 0.9ミリ×1.15ミリ を使ってみました

とりあえず1END側のスカート周りは完成
20200730_214531

そして2END側のスカートも完成
20200731_220429
20200731_220442
両エンド完成です
20200731_220642

どーでも良い所ですが、ちゃんとコックに穴を開けてます(笑)
20200731_220703

そして継ぎに運転台の加工をやりたいと思います。
16番(HO)の運転台は結構精巧に作られてますね
足らない部分を補う感じでやりました。
20200731_221245

1END側の運転台
配電盤の表現シールはいつもお世話になってる方のヤフオクからのものです
座席はタミヤXF-8フラットブルーで塗りました
20200802_204606
ブレーキ台座は1.0mmプラ丸い棒を切り出しブレーキレバーは0.3mm真鍮棒で表現
メーター周り、時刻表差しも同じくヤフオクで調達の表現ステッカーから
マスコンは鉄道模型用カラー、ステンレスシルバーで塗ってます
20200802_204616
いつもの様に消火器も作っておきました(笑)
20200802_204630
こちらは2END側の運転台
20200802_204641
20200802_204651
20200802_204658

とりあえずここでタイムアップ

Nゲージの精密加工とは勝手が違うので16番の場合、どこをどうするか?考えながらやっているので時間がかかってしまいますね

進み方が遅いですがとうぞお付き合いください☆

本日も最後まで読んでくださり、ありがとうございましたm(_ _)m

こんにちは☆

なかなか梅雨が明けない関東地方です
今年はやたら梅雨が長いと思いきや、去年も梅雨明けしたのが8月に入ってから明けたようです。

なので今年に限っての事ではないようですね

さて前回のEF64 1000番台 5両の台車精密加工をして少し疲れてきたのと飽きてもきたので、他の事をしました。

というのは今回は以前に製作したモデルアイコンのチキ6000のプラキット
20180311_131956
20180311_132223
前回の加工整備内容はこちらからどうぞ


プラキットなのでウェイトがなく軽い車両で以前、甲府のパンケーキコンテナさんに行った時に動画を撮ろうと走らせたらポイントで脱線しまくりでまともに走らなかったので今回は改良したいと思います。

まずはオレンジ色の緊締器のチキ6000 ×6両をやります

使うのはいつもお世話になってる美軌模型店さんのシールウェイト
20200727_225147

これを幅6ミリ、長さ21ミリにカットしたものを1両につき4枚使います
これはハサミで簡単に切れる優れもの☆
しかも安い!(笑)

20200728_185636
こんな感じに切りました


 
この切り出したシールウェイトを半分に折り返しチキの床下の真ん中にちゃうど隙間があるので、そこに折ったものを2枚詰め込み押し込みます
20200728_191855
画像左側の一枚は短くなってますが、ちゃうどそこにだけ凹凸がありピッタリ入らないのでウェイトを短くカットしました


計量器に乗せて重量を計ろうとしたら、軽すぎてうちにある計量器では使えなかったので実際、何クラム増えたかはわからないのですが持った感じでは確実に重くなってます(笑)


そして鉛のウェイトなので目立たないようにフラットブラックで筆塗りしておきました
20200728_210303

 
合計6両にウェイトを埋め込みお座敷レイアウトで試走
20200728_210348

とりあえずうちのお座敷レイアウトでは不具合もなく合格でしたが実際、貸しレではわからなきので今度試してみて、またご報告させて頂きます。

前回に台車の追加精密加工をしたkato3023-3 EF64 1001 茶色改

EF64 1001号機   『高』に牽引させてみました
20200728_210951
20200728_210959

また気が向いたら緊締器が黄色の方のチキ6000×6両もやりたいと思います。

今回は簡単な改良整備でした。

本日も最後まで読んでくださり、ありがとうございましたm(_ _)m

こんにちは☆

さて今回で64 1000は最後になります。
今回はこれ
Kato3023-1 EF64 1000 一般色改
EF64 1027号機 [高]
20200719_185908
はい、例のヤフオクで勝手に画像使われてた車輌です(笑)

前回の精密加工整備内容はこちらから、どうぞ
 
そしていつもの様にボディーを外し台車を外します。旧製品?旧タイプのダイキャストなのでボディーを一度は外さないと台車が外れません。
最近のkatoのELですと台車を軽くこじればボディーを外さなくても取れるので楽なんですが…

そして砂撒き管、その他配管のモールドを除去して0.3mm真鍮棒、0.2mm真鍮棒、0.24mmカラーワイヤー、0.15mmステンレスワイヤー、0.37mmケンタカラーワイヤー、0.25mmケンタカラーワイヤーを駆使して台車の精密加工をやりました。

いつもながらの同じ様な画像ですいません(笑)


1END側の台車 DT-138A
20200721_221432
逆側から
20200721_221442
中間台車 DT-139A
速度検知装置は銀河モデルさんのものを使い、ケーブルはケンタカラーワイヤー0.25mmに交換しプラ板を追加してます
歯止めも忘れずに追加
20200721_221525
逆側から
20200721_221537
2END側の台車 DT-138A
20200721_221552
逆側から
20200721_221608
そしてメタルプライマーを筆塗りして乾燥を待ちます


そしてタミヤXF-1フラットブラックで色差ししてボディーに組み込みました

1END側
20200724_205603
2END側
20200724_205628
中間台車
20200724_205636
ボディーを被せる前にお座敷レイアウトでテスト走行


床下にケーブルと機器類を追加したので台車に干渉しないか様子をみます

中間台車のケーブルが少し干渉したので直して再度走行させたら今度は大丈夫でした


そして助手席側にも機器類を追加しておきます
20200724_205724

そして空気溜めタンクのモールドを削り0.2mm真鍮棒で配管を別体化しました
20200725_193727

蓄電池ボックスの手すりも別体化
レボリューションファクトリーさんの4997手すり1.0mmを使ってます
20200725_194204

そして銀河モデルさんのN-196ATS車上子EF81用をベースに改良と作り込みをしATS-Ps車上子にして取り付けます
20200725_204825

そしてボディーを被せ細部を手直し視して完成としました。

Kato 3023-1 EF64 1000 一般色改
EF64 1027号機 『高』
1END側
20200725_214913

では細部を見ていきます

1END側の台車 DT-138A
20200725_215007
中間台車 DT-139A
20200725_215010
2END側台車 DT-138A
20200725_215013
更にアップで

1END側DT-138A
20200725_215037
空転検知は銀河モデルさんのN-119を使ってます
20200725_215041
改良したATS-Ps車上子
20200725_215122
中間台車DT-139A
20200725_215149
速度検知装置はケンタカラーワイヤー0.25mmを使い自作
歯止めも自作です
20200725_215154
配管を別体化した空転溜めタンク
20200725_215201
2END側DT-138A
バネ脇のケーブルは0.37mmケンタカラーワイヤーをつ買ってます
20200725_215214
20200725_215221
改良したホイッスルレバー
20200725_215353
追加した助手席側の機器類
20200725_215458

2END側
20200725_215951

2END側の台車 DT-138A
20200725_215613
中間台車 DT-139A
20200725_215649
ATS-Ps車上子と配線ケーブル
20200725_215659
1END側DT-138A
20200725_215710

2END側のスカート周り
20200725_215753
20200725_215822
20200725_215807

1END側
20200725_220032
2END側 採光窓から見える機械室の表現ステッカー
20200725_220052
2END側
20200725_220122
1END側
20200725_220129

これでEF64 1000番台の台車の追加精密加工は完了です

さて次は何をやりましょう??

まだまだ台車の精密加工やらなければならない機関車はたくさんあります
いい加減疲れてきました(苦笑)

本日も最後まで読んでくださり、ありがとうございましたm(_ _)m



↑このページのトップヘ