(仮称)東北本線 岩○機関区

Yahoo!ブログの閉鎖に伴い、こちらに引っ越してきました。主にNゲージの精密加工をしております。機関車関連、客車、貨車等の加工ばかりで電車関係は少ないです。宜しくお願いいたします。

こんばんは

今日も夏日の関東地方でした。

このまま梅雨明けしちゃうのでは??

と言う事で、岩切ロンチキの続きです。

Katoのコキ5500の下回りを加工して床板をGボンドクリアーで貼り付けてから、サンポール溶液に浸けて錆を取った後にメタルブライマーを吹いてからモリタの赤3号をエアブラシで塗装工しました。
乾燥後、インレタを貼りました。

マークセッターを塗ってからまーくソフターを散布。
ついでに号車表示の部分を楊枝を使い艶消しイエローで塗った後にその辺にあったインレタ?恐らくkato583系の使わなかった号車番号順を転写しました。

イメージ 1

イメージ 2



いよいよ、大詰めです。

エプロン車の上物パーツを乗っけていきます。
接着剤はGボンドクリアーです。

イメージ 3

イメージ 4


おー、形になってきましたww

このごちゃごちゃ感がたまりません(笑)

中央両サイドにあるグリーンのシートはレポート用紙を切って緑に塗装後、被せていたら意外に上手くシートにみえたのでこれで良しとします(笑)

この後、ペアーハンズさん別売りのチキ用ブレーキセットのエッチングパーツを取り付けていきます。
ステップも一緒に付けていきます。
カプラーは、ラウンドハウスの車間短縮ナックルカプラー黒に交換

ブレーキパーツとステップは台車が首を振るので当たらない様に上手く調整して取り付けます。

わたしはコキのブレーキシューをニッパで切除するのですが、ブレーキパーツに当たる部分をデザインナイフで少しずつ削り落とし干渉する部分をクリアーにして取り付けました。

次回から岩切ロンチキ全13両を1両づつ紹介していきたいと思います。

今日も読んでくださり、ありがとうございましたm(_ _)m





こんばんは

毎日暑い日が続いてますが、梅雨明けはまだなのでしょうか??

熱中症には気を付けないといけませんね!


さて前回は上物を組み立てたところまでアップしたと思いますが、今回は下回りの加工です。

下回りはkato コキ5500を使います。
コンテナはまったく必要ありません。
最近のコンテナ貨車の様にコンテナ別で販売してくれたら非常にありがたいのですがww

イメージ 1



とりあえずコキのコンテナの爪やら出っぱっている所をニッパーでカットした後に400番のペーパーである程度平らにしてから1000番くらいまで磨いて平らにしました。

イメージ 2


手摺も画像の様にカットしてからボディーに戻します。
じゃないと床板を貼り付ける時に長さがあわなくなりますので

イメージ 3


それから先に組み立ててあった、エプロン車のパーツや、滑り台等を塗装します。

私がお手本にしてる方のブログにサンポールと水で割った溶液に付けて錆や脂を取ってから乾燥後、メタルブライマーを塗ってからタミヤの艶消しイエローに、オレンジを若干混ぜた色をエアブラシで吹きました

イメージ 4


細かい部品は割り箸に両面テープを巻いてそこに張り付けてから吹くとやり易かったです。

イメージ 5


数日間放置して乾いてから細かい部分を極細面相筆でさきに色指ししておきました。

イメージ 6


蛍光灯を表現するのに5ミリの真鍮棒があったのでそれを使ってみました。

イメージ 7


この後に下廻りのコキにデカールを貼ったり細かい色指しをしました。

その模様はまた次回にでもアップしたいと思います。

ちなみに、ここまではすでに1ヶ月以上のかかってます(笑)

今日も読んでくださり、ありがとうございましたm(_ _)m

こんばんは☆

毎日暑い日が続いてますね!
前回の更新からかなり空いてしまいましたが、まだボチボチアップしていきたいと思います。

前回のkato3076-1 ED79改 →ED75 767を作った理由はこのロンチキ編成を牽引する為でした。

ペアーハンズさんから出しているロンチキ上回りキット
ロンチキにも、色々なタイプがありますが私は東北本線の岩切常備、ロンチキSENタイプを作ってみる事にしました。

初のエッチングパーツ組み立てで不安がありましたが、ペアーハンズさんのロンチキEB編成を製作された方のブログを見つけ、その方のブログを教科書代わりに組んでみました。

イメージ 1

このキットの他にkato製のコキ5500が13両必要になります。

説明書

イメージ 2

イメージ 3


作り方は省力させていただきます。
とりあえずエッチングパーツをエッチングバサミで切り取りヤスリをかけてバリをとり組み立てていきます。

エプロン車の一部

イメージ 4

イメージ 5

最初はこれを、組み立てるだけで3~4時間かかり終了してしまいました。

段々とエッチングパーツの組み立ても慣れてきますので、とりあえずは出来るだけ組み立ててしまいす。

イメージ 6

イメージ 7

こんな感じで、上物を組んでいきました。

次回は下廻りの加工の様子をアップしたいと思います。。

今日は読んでくださり、ありがとうございましたm(_ _)m

↑このページのトップヘ