(仮称)東北本線 岩○機関区

Yahoo!ブログの閉鎖に伴い、こちらに引っ越してきました。主にNゲージの精密加工をしております。機関車関連、客車、貨車等の加工ばかりで電車関係は少ないです。宜しくお願いいたします。

こんばんは☆

昨日に引き続き、ふと思い立ったのでこんな加工をしてみました。

前からウェザリングと連結器周りの加工はしてましたけど、車掌室を作って室内灯を入れてみようと☆

イメージ 1


まずはボディーを外して中を見てみます。

使う室内灯は、いつもお世話になってる美軌模型店さんの、きらめきライト水平型

またこれが便利で明るくて万能なのです☆

電気関係の弱い私にでも扱えるというw

まずはボディー側のガラスを外し裏側の側面をタミヤXF-71コックピット色に塗っておします。

そして、シャーシがわの壁も同じくコックピット色に塗り床はXF-53ニュートラルグレイに塗りました。

そして、その辺に転がってた0.3ミリのプラ板を2×3ミリに二枚切り出しXF-20ミディアムグレイに塗ります。これは後にテーブルになります。

そしてプラ坂を適当な長さに二枚切ってL字にGボンドクリアーで接着して乾いたらXF-8フラットブルーに塗っておきます。これは、後に座席になります。

そして、きらめきライトを画像の位置に両面テープで貼って配線は、床板の真ん中辺りに集電板が見えてたので、そこにきらめきライトの銅線をグルグル巻きに☆


これだけです(笑)

イメージ 2


配線と配線が接触しないようにマスキングテープで絶縁しておきました。
配線汚ないですけど見えないとこなのでこのままでww

乾いたパーツをGボンドでくっつけて終了です☆

イメージ 3


画像は撮ってませんが、きらめきライトの先端から車掌室の端まで、余ってたkatoの室内灯のアクリル板を適当な長さにかっとして、そのままの幅では入らないので幅も両脇をカットして細くして取り付けてあります。


車掌室を目立たせる為にわざと明かりに着色はしてません。

イメージ 4

イメージ 5


カプラーはラウンドハウスの車間短縮ナックルカプラー

両脇の解放テコや、ブレーキホース等はTomixの分別パーツ PZ6255 マニ24用をデザインナイフでカットしてGボンドで接着してます。

逆エンド

イメージ 6


こちらも連結器周りを同じ様に加工してます。

イメージ 7

イメージ 8


これで車掌さんも仕事がやりやすくなったでしょう(笑)

さて、次はこの前入線したワサフも車掌室を作って室内灯も入れてみようと思います。

本日も読んでくださり、ありがとうございましたm(_ _)m

YouTubeに走行動画アップしてみました。良かったら覗いてみてください→https://youtu.be/LK6Jq930jK8

 

こんばんは☆

さて昨日のEF65 1103とED75 85のプチ加工と平行して、カワイのタキ1900住友セメントもいしってました。

相変わらずのピカピカの銀車輪なので、黒染め化をします。

カプラー交換もするので台車を外してMrメタルプライマーを薄め液で割って筆塗りしす。

イメージ 1


そして乾燥後にエアブラシにてタミヤX-19スモークにXF-1フラットブラックを少し混ぜて吹きます。

丸一日放っておいて乾いたら次は、ドライブラシにて角を目立たせます。
使う塗料はタミヤXF-56メタリックグレイ

イメージ 2


ドライブラシして乾いたら次はパステルを使って錆びを表現します。

パステルの焦げ茶と茶色を混ぜたものを平筆でサッサと塗っていきます。

そして台車に組み込みます。
カプラーはラウンドハウスの車間短縮ナックルカプラーです。


イメージ 3


黒染め化してドライブラシしてパステルを塗ると

イメージ 4

こんな感じになります。

そしてウェザリングはまた後日やりますが、余ったパステルがもったいないので適当に塗っておきました(笑)

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7


新たにタキ1900住友セメントが6両増備したので全部で13両になりました。

DD51重連で引っ張ってもカッコいいかもですね!

当機関区にはDD51在籍してませんが…
DE10耐寒型が2両ありますけど、代用しますか☆

また時間ある時にウェザリングしたいと思います。
本日も読んでくださり、ありがとうございましたm(_ _)m

こんばんは☆

また少しずつ簡単な加工整備を再開しました。

とりあえず後日アップしますが、kato スニ40と河合商会KP-106 タキ1900 住友セメント6両(また増備しました)の黒染め車輪化をしてます。

その合間に大人の事情でなかなか表だって売ってないJRマークインレタが手に入ったのでやっと完成を迎えた機関車2両です。

まずは、kato3029 ED75 耐寒型改 ED75 85号機です

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3



そしてもう1両はkato3019-3 EF65 1000後期型改 EF65 1103 田端運転所です。

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6



インレタ保護の為タミヤX-22クリアーを筆ぬりしておきました。

これにてやっと完工です。

今日も読んでくださり、ありがとうございましたm(_ _)m

↑このページのトップヘ