(仮称)東北本線 岩○機関区

Yahoo!ブログの閉鎖に伴い、こちらに引っ越してきました。主にNゲージの精密加工をしております。機関車関連、客車、貨車等の加工ばかりで電車関係は少ないです。宜しくお願いいたします。

こんにちは☆

さて前回に引き続き、TOMIX ED75 700  後期型サッシ窓の精密加工です
20211101_202907



やり方忘れないうちにやってしまおうという魂胆です(笑)

代わり映えない画像続きますがお付き合い下さいm(_ _)m

まずはいつも通りバラします

そしてスカート周りの加工から
20211101_203549

画像左のジャンパ栓、ホースは0.37㍉ケンタカラーワイヤーを曲げて取り付け
ホースの下部にU字に曲げた0.2㍉真鍮棒を取り付けてます
20211101_233849
両エンド完了 
20211101_233903
次にMR管、ブレーキホース等のエアホース類を取り付け

いつものようにre-colorさんの汎用エアホースを使います
ただ実車同様にチェーンで吊りますので、ちょい加工します


TOMIXのカプラーをkatoカプラーに交換します
今までは付属のアーノルドのマグネティックカプラーを加工して取り付けてましたが、こんな便利なものごが発売されてるのて、これを使います
re-colorさんから出てるTX091 TOMIX→KATO ナックルカプラーソケット
KATOのZ01-0224  EF66前期形ナックルカプラーを使い差し込むだけです

ナックルカプラーには梁の部分に銀河モデルさんのN-637吊り金具を0.5㍉の穴を開けて差し込んでます
後に解放テコとO字のリングで繋ぐためです
20211104_201005
こちらは付属のダミーカプラー
こちらにも吊り金具を差し込んでおきます
20211104_202531

そして、ちょい加工したre-colorさんのエアホースをチェーンを付けて取り付けていきます
エアホースはガイアのメタルプライマーを筆塗りしたあとにコック部をガンダムマーカーのメッキシルバーに(一部はメタリックグレー)、
コックの取っ手を白で
ホース部はタミヤXF-85ラバーブラックで
それに青と黄色を色差し
先端部はタミヤXF-56メタリックグレーて塗装してます

そしてスカート部の加工は完成
1END側
20211104_231857
20211104_231912
こちらは2END側
ダミーカプラーにしてます
20211104_231932
20211104_232010

そして次
台車の精密加工をやってしまいます

まずは一旦バラします
この方がやり易いので☆
20211105_194651

まずは砂撒き管、引張棒などのモールド類をデザインナイフで削り取ります

そしてピンバイスの先端に家庭用の針を付けたものでポンチを打ってから0.3㍉ピンバイスで穴を開けいぎます。

穴を開けるスペースがわずかしかないので、ずれると修正が利かないので慎重に開けていきます

台車の上部、梁の部分の配管は0.2㍉真鍮棒で、配管止めはバルディローズさんのNR-804配管止め0.3㍉を使用
砂撒き管は0.3㍉真鍮棒を曲げて自作
砂撒き管への配管は0.24㍉カラーワイヤーで再現してます
引張棒は0.4㍉真鍮棒です
台車バネ下のケーブルは0.15㍉ステンレスワイヤーで再現してます
台車バネ上のケーブルは0.37㍉ケンタカラーワイヤーです
20211109_193850
逆側
20211109_193916

そして、両エンドの台車の加工は終了
20211109_210644

この後、ガイアのマルチプライマーを筆塗り後、色差しします


ブレーキシリンダー部分にもそれらしく見えるインレタを転写しておきました
20211109_224532_001
20211109_224434
これで台車は完成てす

今回も全般検査明けのピカピカ仕様にするつもりなので台車にもクリアーを吹きます

ですのでまだ台車は組まないでこのままにておきます


とりあえずキリが良いのでここでアップしておきます

次回からボディーの方の加工にはいります
本日も最後まで読んでくださり、ありがとうございましたm(_ _)m

こんにちは☆

さて今回でようやく完成になりました

とりあえず細かなパーツを取り付けました
まずは速度検知装置
銀河モデルさんの鋳物パーツだけ取り付けケーブルは0.24㍉カラーワイヤーにしてみました
自由に曲げれるので好みの形にできますので
20211026_205926
そしてガンダムマーカーのメッキシルバーで塗装
20211026_210727
こちらは2END側DT-129台車
空転検知装置はevergreenのプラ丸棒と平棒で自作
ケーブルは0.37㍉ケンタカラーワイヤー



20211026_205957
艶消し黒で色を塗りました
20211026_210816
こちらは1END側の台車
先程と同じく自作
20211026_210003
艶消し黒で色差し
少しケーブルが太いかな?
後で0.25㍉ケンタカラーワイヤーに変えるかも?です
20211026_210820

やはり、太く感じので変えました(汗)

0.25㍉ケンタカラーワイヤーにしました
20211028_204905

20211028_204916



そしてサイドの乗務員乗り口ドア脇の手すりを取り付け
0.2㍉真鍮棒で自作
20211026_212437
手すりもガイアのマルチプライマーを筆塗り後、GMカラーの赤2号で塗装
ドア下にプラ板から自作したステップも取り付け
20211026_221235

そしてサイドのルーバーと貫通扉、雨樋とか凹凸のあるところに墨入れしました

汚す目的ではなく、あくまでも陰影を出す目的なので濃すぎない様に注意します


そして完成です
細部を見ていきます

TOMIX 7157  ED75 700 後期型

ED75 767号機[秋]

1END側
20211028_205303
サイド
20211028_210028

1END正面
こちら側のカプラーは連結出来るkatoのナックルカプラーにしてます

20211028_210126
1END側スカート部のアップ
エアホースはre-colorさんの汎用エアホースを使用
実車同様にチェーンで吊ってます
画像左のジャンパ栓ホースは0.37㍉ケンタカラーワイヤー
ホースの下部をU字に曲げた0.2㍉真鍮棒で止めてます
20211028_210203
1END側運転台のアップ
配電盤はエヌ小屋さんの運転席表現シールED79用を代用してます
ワイパーはBONA FIDE PRODUCTさんのP-319機関車用ワイパーCを使用
遊び心で運転席側はわざと外側に向けてます20211028_210239
1END側
正面フロントガラス下の手すり、オデコの手すりは銀河モデルさんのN-260前面手すりED75用てす
ホイッスルカバーの手すりはレボリューションファクトリーさんの4997手すり1.0㍉
貫通扉支持器具ヘッドマークステー、貫通扉ストッパー、標識灯掛けはバルディローズさんのNB-501標識灯掛けセットを使用
秋田車には1END側と2END側両方にジャンパ栓が付いてます
ジャンパ栓は銀河モデルさんのN-238ジャンパ栓KE70開を取り付け
ホースはケンタカラーワイヤー0.37㍉を曲げて取り付け
連結器と解放テコをO字のリングで繋いでますテールライト点灯に使ったきらめきライトの余った銅線を使ってます
誘導員の手すりてすがTOMIXの付属のパーツを取り付け、ただプラ感満載なのでGMの赤2号で色を塗ってます
サイドの乗務員乗り口ドア脇にカバン掛けも取り付け
レボリューションファクトリーさんの5121ドアノブを流用してます
ドアノブもシルバーに塗装して同じものを取り付けてます
ドア下のステップはプラ板からの自作です
20211028_210314
1END側運転席のアップ
サッシ窓から自弁単弁ブレーキレバー、台座、自作したホイッスルレバーも確認出来ます
区名札は銀河モデルさんのN-507区名札東日本方面から[秋]の下段の小さい方を貼ってます
20211028_211431

1END側台車 DT-129
砂撒き管は0.3㍉真鍮棒で、
砂撒き管に繋がる配管は0.24㍉カラーで
台車バネ下のケーブルは0.15㍉ステンレスワイヤーで
台車上部の梁の配管は0.2㍉真鍮棒で
台車脇の太いケーブルは0.4㍉ケンタカラーワイヤーで表現してます
速度検知装置は銀河モデルさんのものを使いケーブルは0.24㍉カラーワイヤーを使ってます
引張棒はモールドを削り0.4㍉真鍮棒を使ってます
台車のブレーキシリンダー部分にはそれらしく見えるインレタを転写してます
20211028_210659
床下機器
こちらもそれらしく見えるインレタを転写してます

20211028_210634
2END側台車 DT-129
こちら側の台車の端にプラ角棒から自作した歯止めを取り付け
レボリューションファクトリーさんの4998手すり1.2㍉で止めてます

20211028_210645
1END側屋根上
ランボードはグレーてしたが767号機はボディーと同色なのでGMの赤2号で塗装しました
ちなみに同じ秋田車の777号機はランボードはグレーでしたね

碍子も秋田車の特徴でもある塩害対策の緑のグリスかぬられてるのでFARBEの#009青緑1号で塗ってます
屋根上の配管はそれほど曲がってなかったので真鍮棒に交換せずにそのまま使ってます

吊り金具(フック)はレボリューションファクトリーさんの5009 EL吊り金具を使用
20211028_210350
2END側パンタグラフ
パンタグラフの折り目に0.08㍉エナメル銅線を使いコーベルを取り付け
エアブラシを使いガイアのマルチプライマーを原液のまま吹いて乾燥後、鉄道模型用カラーねずみ色1号を吹きました
刷り板はタミヤXF-28ダークコッパーを筆塗りしてます
パンタグラフへの配管は0.3㍉真鍮棒で別体化してます
配管止めはレボリューションファクトリーさんの5120 EL吊り金具を配管止めとして流用してます
20211028_210418
2END側

20211028_211530
サイド
20211028_211546
2END正面
テールライト点灯化
こちらは付属のダミーカプラーにしてみました。
貫通扉内側にハシゴを取り付けた状態にしてます

ナンバーはレボリューションファクトリーさんの698 ED75ナンバーペース  インレタ貼り付け用TOMIXサイズを使い、695 ED75 700 ナンバーインレタを使いました

ただ、TOMIXサイズとありますがインレタが大きいのか、貼るのにギリギリの大きさなのでかなり注意が必要です(汗)
20211028_211605
2END側スカート部のアップ

20211028_211625
2END側運転台のアップ
こちら側のワイパーは助手席側を外側に向けてみました
助手席側の自作した機器類もなんとか見えますね
20211028_211824
2END助手席側からのアップ
運転席側のホイッスルレバー、自弁単弁ブレーキに焦点が合ってしまいました
20211028_211719
2END側
20211028_212012
2END側台車 DT-129
2END側の台車にはここに歯止めか
付きます
空転検知装置はプラ丸棒と平棒で自作
ケーブルは0.25㍉ケンタカラーワイヤーで再現してます
20211028_212042
床下機器
右側の主平滑リアクトル装置?脇のコックはプラ角棒と0.2㍉真鍮棒で別体化しました
20211028_212046
1END側台車 DT-129
こちらにも空転検知装置を追加してます
バネ脇の太いケーブルは0.4㍉ケンタカラーワイヤーで表現
20211028_212053

そしていつもの場所で

1E側
20211028_220923
20211028_220941
サイド
20211028_220959
2END側テールライト点灯
20211028_221026
2END側
20211028_221142
サイド
20211028_221158
2END側テールライト点灯
20211028_221221

先に精密加工したTOMIX 9154 ED75 700 前期型改
ED75 777号機[秋]と並べてみました
手前が777号機
20211028_221456

そして長編成展示用ジオラマにて

秋田車なので上段にマイクロエース A-
491 701系秋田色を置いてみました

工臨 ホキ800を牽引させてみました

こちらは2END側から
20211028_222950
20211028_223006
1END側
20211028_223207
20211028_223318
20211028_223421


これで完成とします。

そして、ついでの勢いでこのまま同じくED75 700 後期型をやり仙台の758号機を作りたいと思ってます

これをやれば現役の75.全てコンプリートとなります(笑)

引き続きお付き合い下さい

本日も最後まで読んでくださり、ありかとうございましたm(_ _)m

 こんにちは☆

さて前回からの続きです
今回からボディーの加工に入りました

まずは自作ちびノミてフロントガラスしたの手すりのモールド、オデコの手すり、貫通扉支持器具、ヘッドマークステー、サイドの乗務員乗り口扉脇の手すりのモールドを除去します

20211015_214756

そしてまだモールドの跡が残ってるのと削った傷があるので、これらを消していきます

フロントガラスをクリアーにした時に使った自作サンダーをまた使います

#400で凹凸をなくし、#1000で#400の削った傷痕を消します
そして#1500でさらに磨きます

ついでに削ったモールドの部分に0.3㍉ピンバイスで穴を開けておきます
20211017_130859
そして次にコンパウンドを使い更に磨いていきます
タミヤコンパウンド粗目→細目→仕上げ目
そして仕上げにHASEGAWAのセラミックコンパウンドで仕上げました




そして次
屋根上、オデコの手すりを取り付け、銀河モデルさんのN-260 ED75用全面手すりを使用、ホイッスルカバーの手すりはレボリューションファクトリーさんの4997手すり1.0㍉、貫通扉支持器具、ヘッドマークステー上、下、標識掛け、貫通扉のストッパーはバルディローズさんのNB-501標識灯掛けセットを使ってます
20211017_181521
この後、マルチプライマーを筆塗り後、GMカラーの赤2号で色差ししておきました。


次にジャンパ栓の蓋を作っておきます。
Katoのassyパーツ EF64 1000のジャンパ栓を使います20211018_201730
裏の突起をカットし更にデザインナイフで出来るだけ薄くスライスしておきます

20211018_201743
そしてエアブラシで塗装
左のは銀河モデルさんのN-260ジャンパ栓
細かいパーツは筆塗りだと塗料が多くなりすぎてボテッとしてしまうので面倒でもエアブラシで塗装します
ガイアのマルチプライマーを吹いてからGMカラーの赤2号を吹きます
20211020_235707
もしかしたら蓋は使わないかも?知れません(笑)

そして今回も全般検査上がりのピカピカ仕様にしようと思うので先にクリアーを吹いておきます

GMカラーの#100
スーパークリアーIIIを吹きます20211020_201300

乾くのを待つ間に運転台の加工をやってしまいます

20211020_201912
いつもの様にエヌ小屋さんの運転室背面シール
ED79用 TOMIX製品を使います
20211020_211746
接着力がイマイチなので瞬間接着剤を塗って貼り付け

そして更に細かく加工しました
プラ棒から作った消火器、自弁単弁ブレーキ台座もモールドを削りプラ棒から製作
ブレーキレバーは0.2㍉真鍮棒で

20211020_233350
メーター周りも塗装、マスコンも塗装、時刻表差しにも、それらしく見える様にステッカーを張り付け
助手席にもスピーカーやらATSの電源供給機器類をプラ板なら自作し追加してます
ホイッスルレバーを作っておきました
20211020_233426

そしてクリアーを吹いた台車や、スカートが乾燥したのでダイカストに組み込んでみます
ダイカストの側面はタミヤXE-コックピット色と少量のXF-8フラットブルーを混ぜた色を筆塗りしておきました。

意外にサイドの採光窓から中が透けて銀色が目立ってしまうので
20211021_212105
そして線路に置いて砂撒き管が干渉しないかクリアランスを見ます
1END
20211021_212149
2END側
20211021_212203
お座敷レイアウトで試走させて見ましたがポイント通過も問題なくクリアーです

そして次にテールライト点灯化させます。

使うのはいつもお世話になってる美軌模型店さんのきらめきライトピコデュアルを使います

今回は2END側を点灯させようと思ってるので基盤に仮付けして点灯確認

左側のヘッドライトが点灯して、右側のきらめきライトピコデュアルが点灯してるか見ます

20211022_081826

間違いないことを確認してから基盤に半田付けしておきます
20211021_223234

そして両面テープでピコデュアルを固定
TOMIXの交流機はほぽ、この位置ですね
20211021_225616

ボディーの裏側を遮光しておきます。
ボディーが透けない様に艶消し黒で塗っておきます
20211021_225628
そして光漏れがないか?ちゃんと点灯するか再度確認

20211022_194227
大丈夫そうですね


そして解放テコと連結器を実車同様にO字のリンクで繋ぎます
きらめきライトのカットした銅線を使ってます
これが曲げやすく加工もしやすいので好んで使ってます
20211022_212710

そして運転台の窓から取り付けたホイッスルレバーやブレーキ台座の位置も確認しておきます

20211022_212755

前面フロントガラス下の手すりも取り付け
銀河モデルさんのN-260 前面手すりセットED75用を使ってます
ガイアのマルチプライマーを筆塗り後、GMカラー赤2号で塗装しておきました

20211022_224643

先にエアブラシで色を塗った銀河モデルさんのN-236 ジャンパ栓を取り付け

ケープルは0.37㍉ケンタカラーワイヤーで形を作り取り付け
20211022_224703

キリが良いのでここでアップしておきます

完成まで後少し
台車の速度検知装置、ケープル、サイドの乗務員乗り口扉脇の手すり、そのドア下のステップを取り付けたりして完成ですね

もう少しお付き合いください

本日も最後まで読んでくださり、ありがとうございましたm(_ _)m





↑このページのトップヘ