こんばんは☆

台風22号過ぎ去った台風一過の気持ち良い青空の広がった関東地方です。
北風が強くて木枯し1号になったみたいですね!
いよいよ、嫌いな冬到来です(涙)

さて、またまたtomix2731 ヨ8000旧製品の加工です。

ジャンク品が安かったのでつい買ってしまいましたww

イメージ 1


ジャンクの理由は、ガラスが古くて雲ってしまってます。テールランプは両方向共、点灯してくれました。


今回の過去内容は、ガラス交換、車掌室を再現、車掌室の点灯化です。

まず窓ガラスを外します。
正確に言うと、すんなり取れなかったので破壊してやりましたww
どうせ使い物にならないので(笑)

ラジオペンチでバキバキ音を立てながら撤去
そしてガラスを入れるのですが使う物は、いつもお世話になってる美軌模型店さんの
ポリカ窓ガラス☆
これが優れものでして折っても白く濁らない!透明度が半端ない!
そして何より安い!です(笑) 
8センチ×15センチでなんと108円☆

イメージ 7




十分過ぎる程です。

購入したのは0.2ミリ厚のポリカ窓ガラスでしたがおまけのお試しで0.3ミリと0.1ミリも付けて頂きました。いつもありがとうございますm(_ _)m

そして結局使ったのは、おまけの0.3ミリw

こちらの方が窓にはめ込むのにキッチリ入ったので☆

しかしまたこの作業が慣れない事でしたので大変大変…

寸法図って作ったつもりが、そんなピッタリ入らないので棒ヤスリで削ってみたりと試行錯誤…


やっとはまって接着しようとしたら、あまりの透明度にどこに置いたか行方不明続出ww

いやー、参りました(笑)

使った接着剤はこれ

イメージ 5


白くならないのが特徴みたいです。
楊枝の先に少量付けてはめ込みました。

大きい窓はちょい小さめに切り出し、大きめ切ったポリカ窓ガラスに貼って、それをボディ内側からはめ込みました。

小さい窓はスペースの関係上、直にはめ込みです。

あまりの集中力で画像撮り忘れです。すいません(苦笑)

そしてガラスがはまったとこで車掌室のテーブル、椅子製作ですがこれは前回やってるのでサクサクとすすみました。

イメージ 6



逆側から

イメージ 2

トイレの扉も作ってあげました。これで長距離乗務も安心ですww

そして室内灯ですが、光源はいつもの美軌模型店さんのきらめきライトを使います。
前回はきらめきライト水平型を使用しましたが今回は垂直型を使ってみました。

垂直型を屋根の天井に取り付け真下を照らす方法です。

あらかじめLED先端にはタミヤX-26クリアーオレンジとX-24クリアーイエローを混ぜたものを少量塗ってあります。前回同様、室内を目立たせる為に明るめにしてあります。蛍光灯の様な感じです。

室内の工作の模様、きらめライトの配線の取り回しは前回の記事を参考にしてみて下さい。

そしていつもの場所で

イメージ 3

イメージ 4


カプラーはいつものラウンドハウス車間短縮ナックルカプラーに交換、手すりやステップに白で色差しして完成としました。

今は常磐西線のED77重連のセメント輸送貨物列車を再現するべくタキ1900とコキ5000の国鉄時代のコンテナをウェザリング中です。
また完成しましたらご紹介させてきただきます。

今日も読んでくださり、ありがとうございましたm(_ _)m

そしていつも、Yナイスを押してくださる方
ありがとうございますm(_ _)m感謝感激しております。