こんばんは☆

Kato3029 ED75 耐寒形をED75 85にする完成です。
全検出場しました(笑)

前回の続きです。

Hゴムを黒くする
乾燥させてる間に、屋根の孔子を白く塗りました。土崎から全検出場した際は孔子にはグリーンのグリスが塗られてましたが、今回はグリスが落ちた後の雰囲気にしてみました。なのであえて孔子は白です。

イメージ 1



その他、この3029は旧製品なので全面の手すり、開放テコ等はすでに加工取り付け済みです。

加工内容はいつもと同じで手すりは、ED79用、開放テコもED79用を黒く塗って取り付けてます。

ジャンパ栓も銀河モデルさんのN-238KE70開を取り付けてあります。

この辺の加工方法は割愛させてくださいm(_ _)m

ボディ外したついでに台車も外してバラバラにして整備しておきました。

そして次にヘッドライトを明るくします。
いつもお世話になってる美軌模型店さんの、きらめきライト水平型

取り付け方法は超簡単な、元の基盤に付いてる電球?をニッパーでぶった切りクルクルっと巻き付けるだけ(笑)

イメージ 10



ただきらめきライトの銀色の平らな部分を下向きに付ける時は配線はクロスさせて取り付けてください。じゃないと進行方向と逆が点灯してしまいますので☆
接触不良を起こさない用にクロスする部分にマスキングテープで絶縁対策しておきました。
尚、常時点灯仕様にするのにコンデンサーは撤去してます。

ボディ裏は美軌模型店さんから頂いた銀箔テープで遮光してテープが貼れない部分はフラットブラックを塗っておきました。



取り付けて点灯確認したら、クリアーオレンジとクリアーイエローを混ぜたものを少量塗っておきます。


そしてバラしたフロントガラスを組み立てて最後に塗装します。

先にタミヤ墨入れ塗料ブラックをお皿に取り極細面相筆でサイドのルーバー、乗務員扉、正面貫通扉等の凹凸ある部分に墨入れします。あくまでも陰影付けるだけなので☆

全般検査明けのピカピカ仕様なので、MrカラーGX スーパークリアーIII をエアブラシで吹きます。
このMrリターダーマイルドを入れるのを忘れずに(笑)

イメージ 2


区名札は銀河モデルさんのN-507東日本方面『仙貨』

メーカーズプレート日立は、銀河モデルさんのN-096直流電機用(茶)があったので、Mrカラーあずき色赤2号で色差しして使いました。


運転席扉には、くろま屋さんのインレタ『乗務員室』を貼りました。これがまためっちゃ小さくて虫眼鏡で見てもよく見えませんww
苦労しました(汗)

そして台車の各部白で色差しして完成です。
いつもの場所で

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7



JRマークのインレタ、貼りたいんですがどーも大人の事情やらで、表だって売ってないようなので何とかして入手次第貼りたいと思います(笑)

ちなみにこのkato3029 ED75耐寒形はもう一両在席してまして、こちらはウェザリングしてあります。

イメージ 8

イメージ 9


こんな感じです。
YouTubeに走行動画をアップしてみました。良かったら覗いてみてください。→https://youtu.be/nkSYs5OM45U

本日も読んでくださり、ありがとうございましたm(_ _)m