こんばんは☆

先日までとは一転、真冬の様な気温に戻ってしまった関東地方です。

みなさん、体調崩さないように注意してくださいm(_ _)m

さて、モデルアイコン チキ6000ですが苦手なインレタ貼りに苦戦して、インレタが足りなくなってしまいインレタの到着後待ちの状態です(汗)

それでも少しは作業を進めようと、とりあえず先にインレタを貼り終えた車両から組み立てる事にしました。

イメージ 1


ボディにオレンジに塗装した方の締結器と滑り台、tomixのチキ7000に付いてる梁を取り付けていきます。

イメージ 2

イメージ 3


この締結器がオレンジ色のチキは6両完成です。

そして時間があったので、積載するレールを作りました。

Katoのフレキシブルレールを買ってニッパーで切断して棒ヤスリで切断した面を整えます。

イメージ 4


Tomixチキ7000に付属してるレールは6本、長さは90ミリでした。

本来なら10メートルレールを1/150にするなら約67ミリ、25メートルレールですと16.6ミリにするべきなのですが、見た目を重視するという事と、16、6ミリですと2両1ユニットにまたいで載せるのでカーブで脱線する恐れがあるのでtomixチキの90ミリにカットしたものを搭載しました。



そしてtomixチキ用レールなら5本、katoのフレキシブルなら6本並べるのが限界です。

レールの脇に少量のGボンドクリアーを塗り接着して裏にはセロハンテープでバラけないように止めてます。

イメージ 5

メタルプライマーをエアブラシで吹いた後にタミヤXF-64レッドブラウンを吹きました。
そしてレールの切断面は水色を筆で色差しして完成です。

先に完成したチキ6000に載せてみました。

イメージ 6


そして我が家のお座敷レイアウトにて記念撮影ww

イメージ 7

イメージ 8


残り6両は締結器が黄橙色のタイプにします。
インレタ来たら一気にやっつてみます。

本日も読んでくださり、ありがとうございましたm(_ _)m