こんばんは☆

やっとやる気が出てきたので今回はこれを加工整備していきます(笑)

イメージ 1

 

Kato3066-4 EF81 双頭連結器です☆
再販される前の製品でとっくに入線してたのですが放置してましたww

双頭連結器のカプラーはフック付きの旧モデルなのでこれをフックなしの双頭連結器に変えます。
ただ、ずぅーと気になってたのがこのやたら長いカプラー…

イメージ 2


どうにかならないものかと考えた結果

イメージ 3

真ん中から、ぶった切ってくっつけましょう(笑)

イメージ 4


この余計な?真ん中の部分をデザインナイフでカットしてみました。
これだけでくっ付けるのは不安だったのでピンバイスで0.4ミリの孔を開け0.3ミリの真鍮棒があったので適当な長さにカットして瞬間接着剤で着けてみました。

イメージ 5


元の長さのものと比べてみます。

イメージ 6


カットした分、2ミリ程味覚くなりました♪
続きましてスカート周りの加工をします。

エアホース等のモールドをデザインナイフで除去します。

イメージ 7


そして当機関区標準装備のTomix PZ-001ブレーキホースLRを取り付けします。
0.5ミリピンバイスで孔を開けます。
エアホースは先にタミヤXF-2フラットホワイトでコック部分を色差ししておきます。
エアホースを取り付ける前に先にケンタカラーワイヤー0.5ミリを使い適当に曲げて左右のジャンパ栓?を作っておきます。

それをGボンドクリアーで接着した後に続いて先程色差ししておいたエアホースを少量のタミヤセメントを付けて接着します。

イメージ 8


こんな感じになったのですが黒で目立たないのとまた全般的検査明けのピカピカ仕様にするつもりなので、連結器に繋がってるエアホース?もピカピカのシルバーにしてみました。実車のこの赤い矢印の部分

イメージ 12


こんな感じです

イメージ 9


これを2END側も作ります。

そしてバラしたついでに運転席もタミヤXF-71コックピット色に塗り座席をXF-8フラットブルーで塗りました。
ついでにプラ板を切り出し時刻表指し?も作ってみました。

イメージ 10


色を塗り取り付けると

イメージ 11


こんな感じです。

本日はここでタイムアッフ
続きはまた後日☆


本日も読んでくださりありがとうございましたm(_ _)m