こんばんは☆

さて今日は水曜日、雨降って湿気があってEF81 139 双頭連結器の塗装が出来なかった時に加工整備しました。

当機関区にはtomixのコキフ50000があり整備済みですが今回はkatoのコキフ50000の入線になります。

イメージ 1


テールランプ点灯タイプですがとりあえずバラバラにしてみました☆

イメージ 2


そして車掌室の塗装です。
床はタミヤXF-53ニュートラルグレイ、壁はXF-71コックピット色、座席はXF-8フラットブルー、テーブルはXF-16フラットアルミで塗ってみました。

イメージ 3


乾くのを待つ間にカプラーをいじります。
ボディマウントでいけそうなのでこれを使います。

イメージ 4


スハネフ14のボディマウントカプラーです。
それにナハフ11かもめナックルカプラーを使います。
余計な部分をカットして現物合わせGボンドクリアーで接着
台車のカプラーは根元からカットしてます。

イメージ 5


そして室内灯です。

イメージ 12



いつもお世話になってる美軌模型店さんの、きらめきライト水平型

車掌室の中に集電板が出てるのでクルクル巻き付けるだけのかんたん作業です(笑)

そして車掌室の壁の上部にプラ板を接着してきらめきライトを両面テープで貼った後に、余ってその辺に転がってたkatoの室内灯のアクリル板の切れ端を使い、コキフの屋根に貼り付けました。
コキフの屋根裏にはアルミテープを貼って光の反射を狙ってます。

ってこんな狭い部屋にギンギンに光らせてどうするつもりでしょうか?ww

ここまでやる必要はまったくありせん(笑)

ちなみにコキフのうち壁もガラスを外してタミヤXF-71コクピット色に塗ってあります。

そして良く見たら手すりの表現がなかったので急遽、0.3ミリ真鍮棒で作りました。

イメージ 6

0.4ミリピンバイスて孔を開けタミヤXF-2フラットホワイトで色差ししてGボンドクリアーを少量着けて取り付けました。

最後にtomix PZ-001ブレーキホースを一つだけ取り付け完成です。

凹凸部分にタミヤ墨入れ塗料で墨入れしてます。
ウェザリングはまた暇が出来た時にやるとします。

いつもの場所で

イメージ 7

車掌室内です。

イメージ 8


逆側から、室内と手すり

イメージ 9

後ろから

イメージ 10


トイレの扉も貼ってみました。

イメージ 11


やはりkatoの方が車掌室の表現もあり、こちらの方が個人的には好みです。

本日も読んでくださりありがとうございましたm(_ _)m