こんばんは☆

ここ最近一気に涼しく?というか寒くなってきちゃいましたね!
体調崩さないようにお気をつけください☆

さて、相変わらずタキ1000スパイラルにハマり、ちょいちょい増備してはいじってますが、今回は最後尾のタキ1000をボディーマウントカプラー化してみました。

今回はこのタイプ

イメージ 1


日本オイルターミナル色を加工してみました。

最初は

イメージ 2

このキハ80ボディーマウントカプラーの使い道がなく、これを試しに加工してみましたが、車輪とボディーマウントカプラーのクリアランスが取れなく車輪に干渉してしまうので、あえなく却下

そして次にこれを使ってみました。

イメージ 3

スハネフ14前面用カプラー

カプラーはかもめナックルカプラーに交換します。

イメージ 4

そして画像の様に出来るだけ小さくカットします。
もうこれ以上カット出来ないという位まで小さくしてみました(笑)

イメージ 5

前面もカット

そして上側のカプラーを止めてる爪もカットして平らに仕上げておきます。
爪をカットしてしまうのでカプラーがバラけて分解しないようにGボンドクリアーで接着しておきました。

そして次に解放テコを自作、
0.3ミリ真鍮棒を適当な長さにしてエッチングベンダーで曲げて作りました。

イメージ 6


解放を止める部品はその辺に転がってた0.3ミリプラ板を小さくカットしてます。

そしてGボンドクリアーで取り付け

イメージ 7

こんな感じです。
そして、Farbeの青15号で塗ります。
右側のエアホースは、余ってたロスト製のブレーキホースをコック部分を白、ホース部分はタイヤブラックで塗り取り付け
カプラーはXF-53ニュートラルグレイをそのまま筆塗りしました。

イメージ 8


そして最後にレボリューションファクトリーさんの反射板をGボンドで取り付けて完成です。

車輪はいつものようにMrメタルプライマーをエアブラシで吹いた後にタミヤXF-53ニュートラルグレイにXF-2フラットホワイトを調合した色を吹きました。
今回はグレイと白を50:50ぐらの比率にして調合してみました。

台車にはタミヤ墨入れ塗料で墨入れしてあります。

いつもの場所で

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11


こん感じになりましたが、あえてボディーマウントカプラー化しなくても良かった様な?(笑)

とりあえず試しにやってみましたがww

また時間ある時にスーパークリアーでも吹いて新車時のピカピカ仕様にしてみたいと思います。

本日も最後まで読んでくださり、ありがとうございましたm(_ _)m