こんばんは☆

さて昨日の続き

6号車 オハ47の加工整備です。
この車輌は以前、ドアを開けた加工をしておりましたので、本日は室内を少し加工して車番、所属表記を消して新たにインレタを転写した程度なので簡単に終わりました☆

以前の加工内容はこちらから→https://blogs.yahoo.co.jp/wipeout0512/19825322.html


オハ47 2103

イメージ 1


これはkato 10-817 10系寝台急行『能登』6両増結セットからのバラシになります。


すでにウェザリングはしてあります。

とりあえずバラしました。

イメージ 2

通路を塗ってなかったので、鉄道模型カラーねずみ色1号に塗っておきました。

車内の仕切り板等の製作は前回の記事同様なので割愛させて頂きますm(_ _)m

ボディーを被せて

イメージ 3


所属は金フイ
号車番号は、美軌模型店さんのL`xルクス 急行津軽、八甲田、十和田からの余りです。


車番はオハ47 2231
サポはレボリューションファクトリーさんの越前用

イメージ 4


妻面 検査表を転写しました。

イメージ 5


そしていつもの場所で

イメージ 6

サイド

イメージ 7


逆エンド

イメージ 8

自作した室内の仕切り板

イメージ 9

トイレの窓は開けてみました(笑)

イメージ 10

愛称札、越前はレボリューションファクトリーさんの越前用愛称札から

とりあえず、これで完成とします。もしかしたらドアの手すりを追加してつけるかも?です☆

さて、次はオハ46×2両の加工整備に移ります。
残すところあと3両

本日も最後まで読んでくださり、ありがとうございましたm(_ _)m