こんばんは☆

EF63 2次形の加工整備、おおよそ終わりました☆

では前回の続きからです

イメージ 1


屋根上のモニターに釣り金具を取り付けました。
銀行モデルさんのN-634釣り金具です。

イメージ 2


そして運転台の後ろ、配電盤にいつものkatoのホームのあまりのステッカー、自販機のサンプル部分、ボイラー室入り口ドアはエヌ小屋さんの583系室内表現力シートのドア部分をカラーコピーして使ってます。


そして次に台車の加工
AG7A空転検地用車軸発電機のケーブルを再現
0.25ミリケンタカラーヤイヤーの塗料を剥がしてそれらしく曲げて0.3ミリピンバイスで穴を開け少量の瞬間接着剤で取り付けます。

イメージ 3



イメージ 4


サイドのルーバーの上の窓から見える部分はオリジナルで作ったコックピット色に塗っておきました。


そして屋根上の配管
避雷器からの配管は0.25ミリケンタカラーヤイヤーで作成
配管を別体化してます。

イメージ 5


そしてボディに運転台を組み込んで組み直してみました。

イメージ 6


フロントガラス下の手すりはTAVASAさんのEF63用です。
サイドの運転席入り口扉のてすりも別体化
同じくTAVASAさんのものです。

Katoの付属パーツの手すりは撮影すると色が薄いのか透けて見えるので今回は、ガイアの鉄道模型用カラークリーム色1号で塗ってみました。

そしてとりあえずの完成
ナンバーは19号機にしました。
相変わらず、katoのくっつかないクソインレタは何度やっても転写出来ません!

なのでレボリューションファクトリーさんのEF63用インレタを使いました。
19号機がないので EF63 1まで使い転写した後に9を後から転写してます。

これでも、katoの転写出来ないものを使うより数倍楽です(笑)

1END側

イメージ 7

アップ

イメージ 8

まだワイパーは取り付けてません。
ウェザリングでフロントガラスをマスキングするので一番最後にとりつけします。


運転台のアップです。

イメージ 9

消火器が見えますね(笑)

イメージ 10

増設したブレーキ台もレバーも確認出来ます。
ボイラー室へのドアも見えます。

マスコンはクロームシルバーに塗った部分も辛うじて見えます

助手席側

イメージ 11

消火器、ハンドルレバー、ホイッスルのレバーも確認出来ます。


1END側のスカート部分

イメージ 12


2END側

イメージ 13

台車の第二軸に銀河モデルさんのN-120を取り付けてます。これはSRD40-機械式記録計用車軸発電機のケーブルになります。

2END側のスカート周り

イメージ 14

このごちゃごちゃ感がいい感じです。取り付けるの面倒ですが(笑)

さて、今日でおおよそ加工整備は終わりました。
残すはウェザリングのみ

前回の3号機よりも、19号機の方が新しいので若干ウェザリングは抑えようかと思ってます。

また完成しましたら、ご報告させて頂きます。

本日も最後まで読んでくださり、ありがとうございましたm(_ _)m