こんばんは☆

明日辺りから梅雨入りしそうな関東地方です。
ジメジメした日が続くと思うと気が重くなりますが雨降らなきゃ困るし我慢のしどころですかね(笑)


さて、少しずつですが作業は進めてました。

屋根の塗装が乾く間にカプラー周りの加工をしました。

まずはEF66前期形ナックルカプラー、短い間方ですね☆
そこに0.5ミリピンバイスで穴を開けて銀河モデルさんのN-639吊り金具を取り付けます。
これは後で開放テコからの受けを引っかける為のものです。

イメージ 1



実物さながらに加工します☆

そして次にカプラー周りの加工
エアホースは当機関区標準装備のtomix PZ-001 ブレーキホースLR

先端に0.2ミリ真鍮棒をL字に曲げ少量の瞬間接着剤で取り付けブラックアウトしておきます。
後にチェーンを引っかける為です。

それぞれ向かって左側に2本、右側に3本、それを2セット作っておきます。

そしてスカート左側のジャンパ栓はケンタカラーワイヤー0.37ミリをそれらしく曲げてジャンパ栓ホースの下部は0.2ミリ真鍮棒をU字に曲げて0.3ミリピンバイスで穴を開け取り付けました。

エアホースの穴は0.6ミリピンバイスで開けてます。0.5ミリだとキツくて入らないです。
そこから問題のチェーンの引っ掛け(汗)
今回は全部で5本も引っ掛けるので大変

慣れてきたとは言え今回は苦労しました。
1END側スカート周り
アップ

イメージ 2

イメージ 3


2END側スカート
アップ

イメージ 4

イメージ 5


とりあえずの難関の加工が済んだので次は屋根の過去に入ります。
マスキングを外して、再度マスキングしてランボードの一部をガイアの鉄道模型カラーねずみ色1号に白を混ぜた薄いグレーを吹きました。
色々と画像検索してなぜか、この部分だけ薄いグレーになってますね

イメージ 6


モニターもタミヤX-1ブラックで吹いてます。

そしてパンタグラフ周りの配管
まさかこれが、一番の難関だったとは…

イメージ 7

配管は0.25ミリケンタカラーワイヤーワイヤーを使ってるのですがそれを止める配管止め
今回はバルディローズさんのNR-804配管止め(0.3)を使ったのですが避雷器からの配管は止めは5ヵ所
L字に曲げて付けるのですがこれがこの加工の最大の難点になりました。
中々上手く穴に入らず、入ったとしてもなんせ極細くて小さい部品なので簡単に形が崩れてしまうのです。

イメージ 8


しかし、この極小さい部品をエッチングパーツで作ってしまうその技術にびっくりします!
よくこの小さい穴が作れるなぁ~と感心します。
なので壊れても仕方ないかな(笑)

パンタグラフに行く配管は0.2ミリ真鍮棒を2本合わせて取り付け配管止めは銀河モデルさんのN-049パイピング用の割りピンで止めてます。

イメージ 9


いやー、これがほんと苦労しました(汗)

そして次に正面の手すり
このEF64は手すりがモールドだったので削って使う手すりは前回の加工で余ってたkato3057-4 EF63 2次形の手すりを使いました。
0.5ミリピンバイスで孔を開けて少量のハイグレード模型用セメダインで取り付けます。
これの良いところは乾いても白化しない事です。

この63の手すりは色が薄暗い透けて見えるのでガイアの鉄道模型用カラー、クリーム1号を筆塗りしてます。
先に完成させた63も全て筆塗りしてます。

開放テコは予備で買っておいたED71の開放テコを使いました。
同じく0.5ミリピンバイスで穴を開けて模型用セメダインで取り付けました。

そして次に屋根上のモニター

よく見たらさすが旧製品
モニターの窓は穴が空いてます。
このままだとカッコ悪いので、そこで過去に加工で使ったkato3061-2 EF65 1000 後期形JR仕様をEF65 2065に改造した時に交換した屋根のモニターが余ってとっておいたのでその中のガラスだけを使う事にしました。

イメージ 10


この黒い方が65のモニターです
このままだと当然合わないのでモニターのガラスを一つずつカットして分けます。
一つ合わせてみたら、やはりバッチリ
サイズは同じなので、ハイグレード模型用セメダインで、取り付けました。

イメージ 11

左が今回使う64のモニターです。


そしてワンセットでは足りず予備で買っておいたラウンドハウスのEF65 1000黒Hゴムガラスセットがあったので、先日再販されたEF65 1000のモニターをこの黒いHゴムモニターに交換して余った65のモニターのガラスを使いました。

この65 1000はまた時間ある時にでも加工したいと思ってます。


イメージ 12


そして屋根のモニターにフックを、取り付けてモニターは完成

イメージ 13

こんな感じになりました。

イメージ 14



やはり細かい事ですが、ガラスが入っていた方が良いですね♪

そして正面の加工です。

いつものようにバルディローズさんのNB-501標識掛けセットを使います
貫通扉支持器具、ヘッドマーク掛け上、下、前後部標識用ステー
貫通扉下のL字の留め具もこの部品の長い方の標識掛けステーを使ってます。

イメージ 15


フロントガラス下の手すりは銀河モデルさんのN-260前面手すりED75用を使ってます。
オデコの手すり、屋根上の手すりもこのED75用の手すりです。
正面から

イメージ 16

フロントガラスのワイパーのモールド除去はいつもの様に、#1500→#2000のペーパー掛け、タミヤコンパウンド粗目→細目→仕上げ目→HASEGAWAのセラミックコンパウンドで仕上げの行程をしてます。
やり方は前回のEF63同様なので割愛させて頂きましたm(_ _)m

逆側から

イメージ 17


各部メタルプライマーを筆塗り下後に、青15号はガイアの鉄道模型カラー青15号、クリーム色もガイアの鉄道模型カラークリーム1号を筆塗りしてます。

個人的には色々なところからカラー出してますが、このガイアの塗料がkatoには合ってる気がします。

さてここまででタイムアップ
ほぼ、細かい加工は済んだのであとは簡単に進んで行くと思います。

この64は当初、JR化後の38号機にしようかと思ったのですが、38号機にはデフロスターがないんですね!

さすがにデフロスターも削るのは面倒なので、34号機にしました。


本日も長々と最後まで読んでくださり、ありがとうございましたm(_ _)m