こんばんは☆

毎日暑い日が続いてますが、体調は大丈夫でしょうか?
夏ってこんなに暑かったっけ?なんて思ったりもしておりますが、今回も64の1000番台です(笑)

20190730_222352
こちらです。
kato 3023-1 EF64 1000 一般色
一通りの加工整備とウェザリングは以前にやっておりましたがここからさらに精密加工整備していきます。

当機関区所属の64 1000番台は加工整備の内容、やり方忘れてしまう前にやっつけてしまおうっていう魂胆です(笑)

とりあえず車輪も綿ぼこりも拾い汚れてたので全般検査も兼ねてやります。

まずはバラバラにしてスカート周りの加工からやり直します。

20190731_223625
以前取り付けたtomix PZ-001エアホースを取り外し、長さを微調整してカットし先端にチェーンを引っ掛ける為のL時に曲げた0.2ミリ真鍮棒を取り付けました。

ブラックアウトしてカプラーの板バネも正面から見ると金色が目立つのでブラックアウトしてあります。
20190731_223645
細かい内容はここ最近の64の加工と同じなので割愛させていただきますm(_ _)m

ただこの一般色はEF64 1001と同様に向かって左側のジャンパ栓ホースを0.3ミリケンタカラーワイヤーを使い追加してます。

そしてバラバラにして台車から掃除します。
20190731_223930

20190731_224103
結構な量の綿ボコリを拾い上げてたのでkatoのレールクリーナーを綿棒に付けて掃除しました。


そして次にワイパーのモールドの除去です。
自作のちびノミ、モデリングチゼルでワイパーのモールドを削りました
20190801_194049

ここからプラ板から作った治具、棒サンダーを使い磨きその後、タミヤコンパウンド
荒目→細目→仕上げ目→HASEGAWAのセラミックコンパウンドで磨き終了です
20190801_212105
そして、次は屋根の加工
モニターを外し旧製品なのでモニターの窓が穴が空いてるので裏から透明のプラ板を切り出し接着しました。
モニター内側面にフックをつけました。
レボリューションファクトリーさんの5120吊り金具です
20190802_222129
もう一つの大きいモニターにも吊り金具を取り付けました
20190802_222143
側面の大きい吊り金具は銀河モデルさんのN-639吊り金具を使いました。


そして次に屋根の配管の別体化、それと手すりのモールドを削りこれも別体化

配管止めはバルディローズさんの0.3ミリ配管止め
配管はケンタカラーワイヤー0.25ミリを使ってます。

手すりはレボリューションファクトリーさんの4998手すり1.2ミリ幅です。

扇風機カバーと吊り金具はレボリューションファクトリーさんの5120吊り金具旧型用を使ってます。
20190803_195648
違う角度から
20190803_195636
そして次に正面のパーツの別体化

貫通扉支持器具、ヘッドマークステー、前後部標識掛け、貫通扉下のストッパーはバルディローズさんのNB-501標識掛けセットを使い、フロントガラス下の手すりは銀河モデルさんのN-604 EF64 1001茶色の正面手すりを使いました。

前回追加加工整備したEF64 1001の手すりが残ってたのでどうせ色を塗ってしまえば良いことですし、もう1001は作らないと思うので(笑)

20190803_210509

こんな感じです。
正面から
20190803_210556
そして、取り付けた手すり等に色を塗りました。
FARBEの青15号を筆塗りです。

20190803_212232
正面から
20190803_212243
新たに塗った部分は色が違いますが、後程ウェザリングして修正しないといけませんね(苦笑)

ちなみにこの旧製品は手すりもモールドでしたのでkatoの64 1000の余ってた手すりを取り付けてます。

本日はここまでで終了です

本日も最後まで読んでくださり、ありがとうございましたm(_ _)m