こんにちは☆

だいぶ気温も下がりすっかり秋めいてきましたね☆

前回のEF81 101号機の追加加工整備が終わったので、これからはしばらく大好きな交流機の加工整備を始めたいと思います。

まずはこれ

Kato 3075-1 ED75 1000  前期形
20190914_194012

Katoから来年1月に再販されるアナウンスがありましたね

ED75 1014号機
以前に一通りの加工整備はしてあります。

ここからさらに精密加工していきたいと思います。
まずはスカート周りから
Tomix PZ-001ブレーキホースLRを取り付けてますが一度全部外します。

そしてカブラーから
ナックルカプラーの真ん中辺りに0.5ミリピンバイスで穴を開け銀河モデルさんのN-639 吊り金具を取り付けます
20190918_204002
解放テコとつなぐ受けの部分ですね
吊り金具がグレーだったので先に黒で塗っておきました

そして次にスカート部分
20190918_204031
板バネはブラックアウトしておきます。
正面からアップで撮ると板バネの金色が目立つので

そしてスカート部分
左のジャンパ栓の下部はU字に曲げた0.2ミリ真鍮棒で止めてます

カプラー開口部の両脇にはL字に曲げた0.2ミリ真鍮棒を取り付けてます
これに後程エアホースからのチェーンを引っかけます


そして一旦外したtomixのエアホースの先端にL字に曲げた0.2ミリ真鍮棒を瞬間接着剤で取り付けこれもタミヤXF-1フラットブラックで塗っておきます。

そして乾いたらわかりづらいですがエアホースの先端はタミヤXF-56メタリックグレーで色差ししておきました。


20190918_204043

そしてスカートに取り付け

1END側
20190918_211402
2END側
20190918_214815
カプラー周りは完成です

さて次はボディーの方の加工です
まずは、自作のちびノミでワイパーのモールドを除去しました
20190918_215343
そしてここから自作プラ棒サンダー#1500→#2000で磨いて傷を消してからタミヤコンパウンドでクリアーにしていきます

粗目→細目→仕上げ目→HASEGAWAのセラミックコンパウンドで仕上げます。

20190918_231730
こんな感じに綺麗になります。

そして正面の顔を立体的にするのに手すり等を別体化します

まずは貫通扉支持器具、ヘッドマークステー、標識掛け、フロントガラス下の手すりのモールドを除去しました
20190918_231651

今回はここまで☆

次回は屋根上の配管、フック等を取り付けたいと思います。

本日も最後まで読んでくださり、ありがとうございましたm(_ _)m