こんばんは☆

さて当機関区にもう一機、kato3075-1 ED75 1000が在籍してるので、引き続き追加加工整備したいと思います。

20190924_234354
1008号機になってますが、なぜかHゴムを黒にしてます
なのでHゴム黒なので改番して、JR後の1033号機にしたいと思います。

まずはボディーを外しスカート周りの加工から始めます

まずナックルカプラー短の真ん中に0.5ミリピンバイスで穴をあけ銀河モデルさんのN-621吊り金具を差し込んでおきます
20190925_200539

で一度取り付けたtomix PZ-001 ブレーキホースを一旦外し、先端にチェーンを引っ掻けるL字に曲げた0.2ミリ真鍮棒を取り付けます。

やり方は前回と一緒なので割愛させて頂きますm(_ _)m

そしてスカート部
20190925_202104

スタート左のジャンパ栓を0.3ミリケンタカラーワイヤーで作り直しその下部を、画像下の小さいU字のもの、0.2ミリ真鍮棒を曲げたものを抑えとして取り付けます。
穴は0.3ミリピンバイスで開けてあります


そして加工したエアホースをスカートに戻します。

いつもの様にチェーンを引っ掛けます

こちらは、1END側のスカート
20190926_213130
こっちは2END側
20190926_213205
そして次に改番するためのナンバープレートですが、レボリューションファクトリーさんのものがあったので、これを使います
20190926_213922
ただ、エッチングパーツなので、このまま取り付けると上手く取り付けられないので、こんな風にしてみました
20190926_221224
元の1008号機のナンバープレートをヤスって平らにします。

そしてハイグレード模型用セメダインで接着してあとではめ込みます。
4つ作っておきます。

そして次に屋根のフックのモールドを削り、0.3ミリピンバイスで合計12ヵ所、穴を開けておきます。

そしてフロント部分も立体化するのに、オデコの手すりのモールド、貫通扉支持器具、ヘッドマークステー、前部標識掛け等のモールドも削っておきました
20190926_225919
ワイパーのモールドを削りワイパーも別体化します。
普段はフロントガラスをは外さないでやるのですが、以前に塗ったHゴム黒化があまりに下手過ぎて雑になってるので今回はフロントガラスを外しやってます
20190927_203621
画像はモールドを除去しプラ板自作サンダーの#1500→#2000で磨いたあたりです。

この後タミヤコンパウンド粗め→細目→仕上げ目といった様に磨いてクリアーにしていきます。

画像は毎回同じなので割愛させて頂きますm(_ _)m

そして次は屋根の配管の別体化
20190927_225537
配管のモールドを削りバルディローズさんのNR-804配管止め0.3ミリを4ヵ所に取り付けます


そしてケンタカラーワイヤー0.25ミリを使い配管を表現

屋上フックはレボリューションファクトリーさんの5120吊り金具を14ヵ所取り付けます。

20190928_204147

部分的に5009EL吊り金具も使い分けてます
20190928_204154
そして実車同様にパンタグラフに配管を繋ぎます
こちらは1END側パンタグラフ周り
20190929_010222

こちらは2END側パンタグラフ周り
この中央のフックはレボリューションファクトリーさんの5009EL吊り金具を使ってます。

とりあえずフック等は黒で色差ししておきました。

20190929_010202

外してワイパーのモールドを除去しタミヤコンパクトで磨きをかけてクリアーにしたフロントガラスは再度、油性マジック、マッキーを使いHゴムを黒に塗っておきました。
乾くのに丸一日放置しておきました。

それをボディーに戻し、フロントの立体化をします。
20190929_010255
フロントガラス下の手すりは銀河モデルさんのN-260 ED75.79用です、オデコの手すりも付属してる1.2ミリ幅のヒゲ付き手すりです。


貫通扉支持器具、ヘッドマークステー上、下、標識掛けはバルディローズさんのNB-501を使ってます。
貫通扉扉下のステップに付いてる扉のストッパーは標識掛けのBを使ってます

2END側
20190929_010313

そしてGMカラー赤2号に少量の黒を混ぜたもので色を塗っておきました。

本日はここでタイムアップ

次は運転台の追加加工等をして一気に仕上げたいと思います。

毎回同じような画像ですいません(笑)
本日も最後まで読んでくださり、ありがとうございましたm(_ _)m