(仮称)東北本線 岩○機関区

Yahoo!ブログの閉鎖に伴い、こちらに引っ越してきました。主にNゲージの精密加工をしております。機関車関連、客車、貨車等の加工ばかりで電車関係は少ないです。宜しくお願いいたします。

2018年08月

こんばんは☆

少し更新が空いてしまいました。

お盆休みは違う趣味に時間を取ってしまい模型関連は何にもしてませんでした。

8/17から開催されたJAM国際鉄道模型コンベンションにも行きたかったのですが、野暮用が入り行けずじまい…

ちなみに去年は日曜の午後に少しだけ行ってきました。

そしてここ最近はたいした加工整備はしてません。
やってる事と言えば、いつ入線したのか忘れてしまってたkato10-1432 コキ106+107 コンテナ無搭載10両セットと、8037-6 タキ1000 日本石油輸送色の車輪をグレーに塗ってます。

地味な作業なのでつまらないです(笑)

当機関区には、kato コキ106+107 14両がすでにウェザリングもして在籍してるので、予備増備的に買ったんですけどやっとケースから出して、とりあえず車輪だけでもと加工整備始めましたww

まずはカプラー交換も兼ねて台車を外し車輪も外します。
そしてメタルプライマーをエアブラシで吹きます。

イメージ 1


そして乾燥したら次にタミヤXF-53ニュートラルグレイに少量のフラットホワイトを混ぜたものを吹きます

イメージ 2


そして次は車輪の裏も吹いておきます。

イメージ 3

意外と車輪の裏の塗ってない部分が光ってしまうので塗っておきます。

そして乾くのを待つ間にラウンドハウスの車間短縮ナックルカプラーに交換します。以前に買っておいたグレーです。

イメージ 4


一晩おいて乾いたら台車に組み込みます。

イメージ 5

これはタキの台車かな?

そしてタキ1000は実車を参考に手すりやステップを白で色差しさて、タンクのボディーは、新車仕様なのでMrカラー GX-100 スーパークリアーIIIを吹いてみました。
はしごの下部は緑色だったので実車同様、グレーに筆塗りしておきました。

イメージ 6

イメージ 7


こんな感じです。

そしてコキです。
コキ107-325 ネコロジーコンテナ載せてみました。

イメージ 8


コキ107-289

イメージ 9


コキ107-266

イメージ 10


コキ106-561

イメージ 11



本日はここまで。


まだまだ続きます(笑)

本日も最後まで読んでくださり、ありがとうございましたm(_ _)m

こんばんは☆

台風こっち向かってきてますね!
スピード落としたから雨風強い時間帯が長そうです
用心しましょう~☆

さて今日は加工整備ではなく、雑学?(笑)

加工整備しながら、実は何なのかわからずやってましたww

そう、これです

イメージ 1


貫通扉の白いバーの様なもの

機関車によって付いてたり、付いてなかったり?

何の為のものか判明しました(笑)

スッキリ~(^o^)/

名称はわかりません(笑)

これです

イメージ 2


これは実は貫通扉内側に取り付ける梯子(はしご)らしいです☆

イメージ 3


画像上が取り付けてる状態
画像下は格納してる状態
右側(貫通扉下)の一つ目と二つ目のはしごの間に収納出来るようです☆

そして更に疑問解決

イメージ 10




貫通扉のある機関車には運転席側の屋根の上部に手すりが2つあります。
なんで片側だけ、こんなとこに手すりあるんだろ?と疑問には思ってたのですが、こーいう事です

イメージ 9


貫通扉を開けます。
そして、屋根に昇る為の手すり?はしごだったんですね!

イメージ 4


確かに昇れる(笑)

疑問解決、スッキリしましたww

名称は未だにわかりませんが(笑)
どなたか知ってたら教えてくださいm(_ _)m

EF65 2065 実車

イメージ 5


当機関区所属のEF65 2065

イメージ 6


ED75 767 実車

イメージ 7

当機関区所属 ED75 767

イメージ 8


ほんと知識に乏しくて困ります(苦笑)

本日も最後まで読んでくださり、ありがとうございましたm(_ _)m

こんばんは☆
毎日暑い日が続いてますが皆さま体調は大丈夫でしょうか?

さて、EF65 2065にするの続きです。

台車廻りのケーブルとかで時間食ってしまいました。
何かと細かい作業が多く少しずつしか進みませんでした(汗)

イメージ 2


ケーブルはケンタカラーワイヤー0.4ミリで表現します。台車にもピンバイス0.4ミリで穴を開け、それらしく曲げたケンタカラーワイヤーを少量のGボンドクリアーで接着します。
ある程度形が、決まってからタミヤX-32チタンシルバーで塗っておきました。

台車にも白やチタンシルバーで色差ししてあります。


とりあえずバラしたついでに全検明けのピカピカ仕様にするので、Mr.カラー スーパークリアーIIIをエアブラシで吹いておきました。

揮発性の高い塗料なので真・溶媒液で薄めて尚且つリターダーマイルドを添加して薄め液でかなり薄めてから吹きました。

乾く間に次の加工

イメージ 1

ナンバーはレボリューションファクトリーさんの4083 EF65 2000赤ナンバー1 katoサイズを使い、事務員扉下のステップは5005誘導員ステップ3.2ミリを使いますます。


そして次にこれ
実車です

イメージ 3

窓のダクト

これを表現するのにまたいつもの量販店さんのジャンクパーツコーナーで何か使えそうなものを物色

こんなものがありました。

イメージ 4

メーカー不明、何かの床下パーツ
使うのは矢印の部分

拡大画像

イメージ 5

ここだけです(笑)

デザインナイフでカットしてヤスリで薄く削り半分に切断
これをダクトとして使います。

そしてボディーにラウンドハウスのEF65 1000黒Hゴムガラスセットを取り付け、ボディーを組み上げて行きます。

最後に銀行モデルN-040Wアームワイパーを、取り付け完成☆

EF65 2065号機 全検出場です
貫通扉、サイドの乗務員扉のみ墨入れしてます。

1END側

イメージ 6

正面

イメージ 7

パンタ下の碍子はエメラルドグリーンに塗装、グリス表現ですね☆
パンタの折り目は赤とオレンジを混ぜたものを筆塗り
サイド

イメージ 8


2END側

イメージ 9

正面

イメージ 10

2END側にある貫通扉奥の白いバー?はプラ板0.3ミリで作りました。
サイド

イメージ 11


そして乗務員扉横の窓のダクト

イメージ 12


区名札は新鶴見の『新』銀河モデルN-507区名札ステッカー東日本方面を使ってます。

イメージ 13


これでEF65 2065号機は完成とします。

今回はいつも以上に手間がかかりました。
そもそも、katoのEF65 1118のカプラーセットがあれば、こんなに苦労もしなかった?(笑)

まっ、そのカプラーがなかったお陰でこの加工をやりだしたので結果オーライと言う事で(笑)

本日も最後まで読んでくださり、ありがとうございましたm(_ _)m

☆YouTubeに走行動画をアップしました。良かった覗いてみてください→https://youtu.be/PHiBqBPfjxE

その2 https://youtu.be/uplTvPYYGxk

こんばんは☆
毎日暑い日が続いてますが皆さま体調の方は大丈夫でしょうか?
ご自愛くださいm(_ _)m

さて当機関区には珍しい直流機の整備をしました。

前に入線ブログでアップしたkato 3061-2 EF65 1000JR仕様後期形です。

イメージ 13



今回はこれを現行機のEF65 2065にしたいと思います。

イメージ 14


画像はネットからの借りものです(笑)

これに必要な物はラウンドハウスAssyのEF65 1000黒Hゴムガラスセット

イメージ 1

と3061-3C3
EF65 1118カプラーセット

イメージ 2


これが売ってない!!どこにも!
ホビセンにも在庫なし!
発売日の次の日に量販店に行ったのですけど時すでに遅し…

Katoには言いたい事は多々たるのですが、ここはぐっとこらえて

ないなら作っちましまいしょう~♪といつもの様にない頭をフル稼働させて、とりあえず量販店のassyコーナーで使えそうなこんなものをゲットしてきました。

イメージ 3


EF510のカプラーが使えそう
方法はいくつかあると思うのですが今回はこのカプラーのスノーブロウとステップを使います。

やり方は二通り☆
その1、EF65 1000のステップをそのまま使いセンターの下のコの字の部分をカットしてスノーブロウを接着する

もう一つその2、510のスノーブロウを取り付けあとから510のステップをつける


私はその2でやってみました☆
とりあえず、510の赤丸のステップをカットし、スノーブロウを使います

イメージ 4


スノーブロウは赤線の部分が干渉するのでデザインナイフでカットしておきます。

イメージ 5

スノーブロウはこれで、パチンとはまります。
問題はステップ☆

接着剤だけではすぐに取れちゃうと思い強度を上げる為、0.3ミリ真鍮棒を入れました。
ステップに0.4ミリピンバイスで穴を開け0.3ミリ真鍮棒を少量の瞬間接着剤を付けて取り付けます。

イメージ 6


そしてスカートにも0.4ミリピンバイスで穴を開けます。

イメージ 7


そしてステップとスノーブロウをタミヤX-2ブラックで筆塗りした後に、ステップを瞬間接着剤を付けて接着

イメージ 9




ついでにスカートのエアホースのモールドを二ヶ所だけ削り当機関区標準装備のTomix PZ-001エアホースを左右一つずつ取り付けます。
その他のモールドは実車を見たらそのまま使えそうなので残しておきました。

画像左のエアホースはコックのみ白、右側はXF-53ニュートラルグレイで色差しさておきました。
乾いたら取り付け

イメージ 8


おっ、それらしくなりました(笑)

もう再販に期待しなくても良いですw


次にタミヤXF-71コックピット色にXF-8フラットブルーを混ぜた当機関区オリジナルコックピット色に塗り直し座席をフラットブルーで塗っておきました。

イメージ 10


今回は全般検査明けのピカピカ仕様にするので、台車に白で色差し

イメージ 11


いつもは全て組んでからマスキングしてスーパークリアーを吹いたりすんですが、どうもマスキングしただけでは、塗料が入り込み集電に影響が出てる気がするので、今回から台車をバラした状態で塗装してから組んで見ようと思ってます。

イメージ 12


本日はここでタイムアップ
続きはまた後日という事で☆

最後まで読んでくださり、ありがとうございましたm(_ _)m

↑このページのトップヘ