(仮称)東北本線 岩○機関区

Yahoo!ブログの閉鎖に伴い、こちらに引っ越してきました。主にNゲージの精密加工をしております。機関車関連、客車、貨車等の加工ばかりで電車関係は少ないです。宜しくお願いいたします。

2019年11月

こんばんは☆

先日いつもお世話になってる美軌模型店さんのブログに前々回アップしたTOMIX 9154改 ED75  759号機のテールランプ点灯の記事を載せて頂いたお陰で当ブログの観覧数が物凄い事になってます(汗)
ありがとうございますm(_ _)m

もともとマニアックな改造のせいで?(笑)そんなに凄い観覧数でもないのですが普段の4~5倍ぐらいまで跳ね上がり焦ってますww


そんなこんなで前回のkato 3079-1 EF71 1次形の流れで今回はkato 3080-1 ED78 1次形の追加加工整備に入りました。
20191109_203727
一通りの整備とウェザリングはしてあります
ここから更に追加加工していきたいと思います


いつも見てくださってる方には申し訳ないのですがいつもと同じような画像が続きます(苦笑)
飽きずにお付き合いくださいww

まずはスカート周りとカプラーの加工から
20191111_194321
ナックルカプラー短の梁の部分に0.5ミリピンバイスで穴をあけ、銀河モデルさんのN-639 吊り金具を使い、解放テコとつなぐ受けを作ります


そして次にスカート周り
画像左のジャンパ栓ホースは、0.37ミリケンダカラーワイヤーで作り直しました。
ホースの下部に実車同様に留め具を作ります
U字に曲げた0.2ミリ真鍮棒です
20191111_203159
0.3ミリピンバイスで穴を開け少量の瞬間接着剤で止めます


そして次に取り付けてあったTOMIX PZ-001ブレーキホースLRを一旦外し、裏にL字に曲げた0.2ミリ真鍮棒を接着します。後に実車同様にチェーンで吊るします。

ついでに板バネは正面から画像撮ると金色が目立つのでブラックアウトしておきました。
20191111_222251
この後、エアホースもL字に付けたホース部をブラックアウトしておきました


そして一つずつエアホースを取り付け組んでいきます

こちらは1END側のスカート周り
20191111_224331

こちらは2END側のスカート周り
20191111_230107

そして次です

手すり、フック等のモールドを削り立体化します

20191112_195552

そしてワイパーのモールドも削除します。
これからガラスをクリアーにしていきます

20191112_200739

パンタグラフにいく配管のモールドも削り立体化します。
配管止めはバルディローズさんのNR-804 配管止め(0.3mm)を取り付けます
こちらは1END側のパンタグラフ周り
20191112_201550

こちらは2END側

20191112_201610
そして0.25mmケンダカラーワイヤーの塗装を剥がして配管を差し込んで形をくりました
1END側
20191112_213838
こちらは2END側
20191112_213817

最後にパンタグラフに差し込みますのでとりあえずこのまま放置しておきます

本日はキリが良いので、ここまでです


次回はフロントガラスをクリアーにするところから始めたいと思います

本日も最後まで読んでくださり、ありがとうございましたm(_ _)m

いつもの場所で
コンデンサーを取り払い常時点灯化してます

1END側

20191108_231347
サイド
20191108_231405
2END側
20191108_231606
1END正面
20191108_231518

20191108_231535
2END側
20191108_231645

2END側
20191108_231724
サイド
20191108_231405
1END側
20191108_231806

2END正面
20191108_231659

そしていつもの長編成展示用ジオラマにて

50系客車を牽引してみました
1END側
20191109_190225

20191109_190242
20191109_190255

2END側
20191109_190434
20191109_190656
20191109_190523
上段は住友セメント貨物 タキ1900 
奥羽本線をイメージしてみました。

さて次回はこの流れでED78を精密加工しようと思います。

本日も最後まで読んでくださり、ありがとうございましたm(_ _)m

こんばんは☆

さていよいよ完成に近付いてきました

乗務員の乗り口ドアに手すりを付けます
0.2ミリ真鍮棒をエッチングベンダーで曲げたものです
20191107_204904

そしてこれはワイパーです
今までは銀河モデルさんのN-040 Wアームワイパーを使ってたのですが生産中止という事でこの先手に入らないと思うので今回から新しくボナファイデプロダクツさんのワイパーを使ってみようと思います。
このワイパーは内側を向いてるタイプと外側を向いてるタイプと二種類あり形が微妙に違います
EF71は画像を調べるとほぼ全ての車輌はワイパーのアーム部がボディーと同じ赤2号で塗装されてるので、ワイパーのアーム部だけをGMカラーの赤2号で筆塗りしておきます
20191107_211705
ワイパーはウェザリングの手直しをするのにフロントガラスをマスキングする関係で一番最後に取り付けます
20191107_220539

このマスキングの時、ヘッドライトのレンズも忘れずにマスキングしてください
じゃないとヘッドライトに色が付いて暗くなってしまいますので!

そして屋根周りのウェザリングを終えたら、プラ板から自作したステップを取り付け、最後にワイパーを取り付けて、細部を手直しして完成です



EF71  9号機 [福] です
20191108_211556

それでは細部を見ていきます
1END側
20191108_211707

サイド

20191108_211731

1END助手席側
20191108_211827
1END正面
貫通扉内側にハシゴを付けた状態にしました

20191108_211900
1END側スカート周り
解放テコと連結器を実車同様につないでます
20191108_211916
1END側運転台のアップ

配電盤はエヌ小屋さんの室内表現シール kato ED79用を流用してます

ワイパーは今回はボナファイデプロダクトさんのP-318機関車用ワイパーB[WP50]とP-319機関車用ワイパーC[EF66.EF65PF後期、EF64 1000ほか]からチョイスして取り付けました。

運転席側と助手席側の形状が違うので使い分けてます
モールドは左右、外側を向いてますが助手席はモールド通り外側を向けて(P-319機関車ワイパーCのB部分から一つ)と、運転席は内側に向けてみました(P-318機関車用ワイパーBのA部分)
ワイパーのアーム部分だけ赤に塗ってます
20191108_211939
1END側運転台のアップ
追加制作したブレーキ台座、自弁単弁ブレーキレバーも確認出来ます
ホイッスルレバーも辛うじて見えますね
時刻表差しはこの角度からだと見えませんね
20191108_212121
1END側の手すり等

オデコとフロントガラス下の手すりは銀河モデルさんのN-260 ED75用のものを取り付けてます。
貫通扉支持器具、ヘッドマークステー上、下、標識掛けはバルディローズさんのNR-501標識掛けセット
フックはレボリューションファクトリーさんの5120  吊り金具 旧形用を使ってます
ホイッスルカバー上の手すりはレボリューションファクトリーさんの272 手すり1.0ミリです

テールライト脇のkatoの純正手すりは、プラで透けるので手すりを塗った時についでに塗装してます。
20191109_182943

1END側の自作ステップ
20191108_212143
2END側の自作ステップ20191108_212243

1END側の台車周り DT129
速度検出装置のケーブルは0.25ミリケンダカラーワイヤーで、表現してみました
20191108_212310

中間台車
20191108_212317
2END側の台車
台車のウェザリングはブラウン系で汚した後にエッヂを効かせる為にタミヤX-11クロームシルバーでドライブラシしてます
20191108_212328

1ENDパンタグラフ周り
20191108_212353
2END側のパンタグラフ周り
実車同様に配線をパンタグラフに差し込んでます
20191108_212423
2END側
20191108_212516

サイド
20191108_212532
2END助手席側
20191108_212619
2END正面
助手席側のワイパーはP318機関車用ワイパーBからのA部分
運転席側は同じくP318のB部分を使ってます
20191108_212650
2END側のスカート周りのアップ
20191108_212719

2END側運転台のアップ
こちらの配電盤の室内表現シールは1END側と作りが違ってます
ワイパーは、こちらは1END側と逆に助手席側を内側に向け運転席側を外側に向けてみました。
20191108_212752

屋根上のフック等
20191108_213303

画像が多くなってきたので別にアップします→


こんにちは☆

最近朝晩の冷え込みに体がついていかず体調崩しております…
皆様もお気をつけください

さて前回の続きです
体調良くないのでいつもより時間かかってます

1END側のモールドを削りました
20191104_205520

そしてこちらは2END側のモールドを除去しました
20191104_205447


そして次に除去したモールド部分を立体化します。
まずは貫通扉支持器具、ヘッドマークステー上、下、標識掛けはバルディローズさんのNB-501 標識掛けセットを使ってます
貫通扉下のストッパーもバルディローズさんの標識掛けAを使ってます

20191105_223911
オデコの手すり、フロントガラス下の手すりは銀河モデルさんのN-260 前面手すりED75用です

屋根上の手すりは1.0mm幅なので今回はバルディローズさんのNR-803屋上1mm手すり(ひげ付き)を使ってみました。
ホイッスルカバーの手すりはレボリューションファクトリーさんの272  手すり1.0mmを使ってます

こちらは2END側のモールドを立体化した画像です
20191105_224015

そして屋根上のフック
これはレボリューションファクトリーさんの5120吊り金具 旧型用を取り付けました。

パンタグラフにいく配管は0.25ミリケンダカラーワイヤーの塗装を剥がし使ってます。
最後にパンタグラフを取り付ける時に長さを調整して実車同様に差し込みます
20191105_223956

そして取り付けた手すり等に色を塗ります
まずはメタルプライマーを筆塗りして乾燥後に
GMカラーの赤2号を塗ります。

TOMIXの交流機ですとそのまま塗ってもそんなに色は変わらないと思うのですがkatoの交流機だと色が合いません。
私の場合、赤2号に少量の黒を混ぜると調度いい色合いになるかと思います

1END側
20191105_232835
2END側
20191105_232905
ウェザリングをしてしまってるので新しく塗った所は浮いて見えますが最後にまたウェザリングしてボカシます


そして次に運転台の加工制作に入ります
今回もこれを使います

20191106_184001
エヌ小屋さんの運転室表現シール
Kato ED79用を使います


20191106_211344
Katoとtomixの運転台を見比べるとやはり、tomixの造形の方が一枚上手ですね

Katoの運転台にはマスコン、ブレーキ台座等の造形がないのでプラ棒から自作しました。

時刻表差しも追加します

こんな感じになりました。
自弁単弁ブレーキレバーも0.2ミリ真鍮棒で作りました。
辛うじてマスコンも見えるかな?
時刻表差しにも、それらしいステッカーを貼ってみました。

ホイッスルレバーも追加しました。
20191106_211436

そしてボディーを組み込んでみます


そして難関
連結器と解放テコをつなぐ受けを導線から作ります。

導線は自由に曲がるからいいのですが難点は少し柔らか過ぎる事です
なかなか形が決まりません
なんとか形にしました(汗)

1END側
20191106_230845

2END側

20191106_231136
この後フラットブラックで塗っておきました


そしてパンタグラフを取り付けます

実車同様にパンタグラフに配線を差し込みました

1END側

20191106_231224

2END側
20191106_231234

だいぶ形になってきました。

残るはサイドの乗務員乗り口扉の手すりとその下に付くステップ

ワイパーも取り付けないとですね

あと一息です。

本日も最後まで読んでくださり、ありがとうございましたm(_ _)m



こんばんは☆

前回のtomix9154 ED75 700(前期型・サッシ窓)改 ED75 759号機に続き今回も交流ELの精密加工になります。

今回はkato 3079-1 EF71 1次形になります。
20191101_193734
一通りの加工整備とウェザリングはしてあるので、今回は更に精密加工していきたいと思います

まずはスカート周りの加工から
20191101_212146
一度tomixのPZ-001エアホースを外し、チェーンで引っ掛ける為のブックをエアの裏側にL字に曲げた0.2ミリ真鍮棒を取り付けます

板バネは正面から画像撮ると金色が目立つのでブラックアウトしておきます

カプラーの開口部の左右両脇ににもチェーンを引っ掛ける為のフックをL字に曲げた0.2ミリ真鍮棒を取り付けておきます

エアホースは接着完了したらホースと取り付けた真鍮棒を艶消し黒で塗っておきました


そして次にカプラーの加工
これはナックルカプラー短のほうです

カプラーの真ん中の梁の部分に0.5ミリピンバイスで穴を開け、銀河モデルさんのN-吊り金具を差し込んでおきます。
後に解放テコと繋ぎます
20191101_211145


そしてエアホースを取り付けチェーンを引っ掛けました。

画像左のジャンパ栓ホースも0.37ミリケンダカラーワイヤーで作り直しホースの下部を0.2ミリ真鍮棒をU字に曲げた留め具で止めてます

1END側のスカート
20191101_223527

こにらは2END側
20191101_233327

そして次にボディーの加工に入ります

まずはオデコの手すり、貫通扉支持器具、ヘッドマークステー、フロントガラス下の手すり、標識掛け、屋根上のフック、ワイパー、配管等のモールドを立体化するので全て削りました。

20191104_154430

そして配管から作っていきます
まずは配管止め
今回はいつものバルディローズさんのNR-804配管止めを付けます
20191104_154448

本日はここでタイムアップ

次回はフロントガラスのワイパーのモールドを除去したのでコンパウンドを使いクリアーにしてから各部のパーツを立体化していきたいと思います。

本日も最後まで読んでくださり、ありがとうございましたm(_ _)m

↑このページのトップヘ