(仮称)東北本線 岩○機関区

Yahoo!ブログの閉鎖に伴い、こちらに引っ越してきました。主にNゲージの精密加工をしております。機関車関連、客車、貨車等の加工ばかりで電車関係は少ないです。宜しくお願いいたします。

2020年04月

こんにちは☆


ついに緊急事態宣言出てしまいましたね(汗)
初めての事なのでこの先どうなるのか不透明ですが、早く終息して元の生活に戻れるよう願うばかりてす…

さて今回はウェザリングしました。
少し細かく書きたいと思います

まずはマスキングからします

車輪に塗料が付くと集電に影響するので念入りにします
20200406_201201
私はウェザリングはエアブラシを使います

まずは台車からサイドのフィルター下部にかけてタミヤXF-2フラットホワイトに少量のXF-59デザートイエローを混ぜたホコリ色を軽く薄く吹きます
このホコリ色はかなりの希釈をして薄めてます

目的は退色感とホコリ色を出す為です

20200406_202629


そして次に屋根に薄くタミヤX85ラバーブラックを吹きます
これも極薄く吹きます
屋根上のスス表現です
20200406_202602


そして次は台車にタミヤXF-10フラットブラウンをスポット的に吹きました
これは線路からの赤サビ表現です
20200406_203548

そして屋根上にもフラットブラウンを軽く吹いておきます
20200406_203557

次は屋根上、パンタグラフ周りにガイアの鉄道模型用カラー赤サビを吹きました
20200406_204143

そして次は台車のブレーキ部分にタミヤXF-9ハルレッドを少しだけ吹きます
20200406_204159

正面には先程のフラットブラウンを貫通扉下周りとスノーブロウに
連結器周りには赤サビをほんの少しだけ吹きました
20200406_204220

そして一晩放置して乾燥するのを待ちます
マスキングを剥がして細部を手直ししていきます
20200406_233831

一晩中放置してからマスキングを剥がしました
20200407_191815
サイドのホコリ表現の白い部分をタミヤX-20Aアクリル溶剤に綿棒を付けて縦にこすり、落としていきます


ある程度落としたら今度は水性のガンダムマーカー墨入れふでペンブラック(ふき取りタイプ)を使い雨垂れの表現をします
20200407_192745
雨垂れ入れたい所にペンで縦に塗り極細綿棒で拭き取っていきます。

水性なので慌てなくても拭き取れますのでご安心を

とりあえず画像を撮り様子を見ます
20200407_194209


そして追加したい所にまたガンダムマーカーを入れてふき取り、タミヤ墨入れ塗料ブラックをお皿に取り、極細面相筆でルーバーとか凹凸ある部分に墨入れします

また画像を撮り様子を見ます
20200407_200714

これを繰り返し納得するところまで突き詰めます


そしてサイドの運転台乗り口扉脇の手すりを0.2mm真鍮棒を曲げて作り取り付け
この後メタルプライマーを筆塗りしておきました
20200407_213352

そしてガイアの鉄道模型用カラー青15号を塗っておきます

サイドのドア下にプラ板から自作下ステップも取り付けました
20200407_223227

サイドのルーバーの雨垂れは少しサビの垂れも表現してみました。
20200407_223304
ガンダムマーカーのブラウンです。これも水性のふき取りタイプです。

もう少しウェザリングを煮詰めて、細部を手直しして完成とします。

もう少しですね☆

本日も最後まで読んでくださり、ありがとうございましたm(_ _)m





こんにちは☆

さて前回の続きです
屋根上の配管のモールドを削りました

ついでに貫通扉支持器具、ヘッドマークステー、フロントガラス下の手すり、標識掛け、サイドの乗務員乗り口扉脇の手すり等のモールドを全て除去しました。
20200329_181610
20200329_181617


そして次にパンタグラフ周りの配管を作ります。
配管止めはバルディローズさんのNR-804配管止め0.3mmとレボリューションファクトリーさんの5120吊り金具旧形用を配管止めとして使ってます
配管はケンタカラーワイヤー0.25mmを使いました
1END側
20200330_212742
高圧引き込み線もケンタカラーワイヤー0.25mmを2本まとめて配管止めはレボリューションファクトリーさんの4998手すり1.2mmを配管止めとして使ってます
2END側
20200330_212746
フックはレボリューションファクトリーさんの5009EL吊り金具を取り付けました


中央の高圧ケーブル?は作りが良いのでモールドのまま、いきます
色を塗っただけです
20200331_230730

屋根上のフックの全景
20200331_192303
そしてナンバーを付けようとしたらハプニング…
20200331_202503
簡単に折れましたトホホ
1027号機にしようと思ったのですが、急きょ1033号機に変更しました

こんな簡単に折れちゃうもの!?

そして正面に貫通扉支持器具、ヘッドマークステー、正面手すり、標識掛けを取り付けました
20200401_180303
手すりは銀河モデルさんのN-257前面手すり、その他はバルディローズさんのNB-501標識灯掛けセットからです


そして次に運転台の加工をしてしまいます
今回はエヌ小屋さんの運転室表現シールを使ってみます
20200401_224822
意外と粘着力が弱いので所々接着剤で止めてます
プラ角棒からマスコンの台座、ブレーキの台座を作り、ブレーキに関しては更にプラ丸棒を使い表現してます。
マスコンや自弁単弁レバー、ホイッスルレバーは0.2mm真鍮棒を使ってます
  
1END側です
20200401_233431
こちらは2END側
20200401_233441


時刻表差しにはそれらしい文字のステッカーを貼ってみました
20200401_233540

そして台車にケーブルを取り付け
今回は0.24mmの銀色のカラーワイヤーを使ってみました
20200402_210732

そしてプラ板からステップの製作
20200403_192812

そして最近やりだした歯止めの製作
20200403_192832

これだけで結構時間を取られてしまいました(汗)



そしてボディーを組みます
解放テコと連結器をO字のリングでつなぎます
いつものきらめきライトの余った導線です
20200403_224722
この後メタルプライマーを筆塗りしておきました


そして台車に歯止めを付けておきます
20200403_224626
こちらは中間台車
20200403_224631


そしてパンタグラフを乗せました

ただ付けるのでなく配管を実車同様にパンタグラフに差し込みました
20200403_225108

これがなかなか面等な作業で苦労しました(汗)


勿論正面からも差し込んでつないでます
20200403_225138

本日はこごでタイムアップ

意外に時間かかってるのは、思い付きで他の作業をやってしまうからですね(笑)

ここまで出来れば完成まであと少しです

このEF65 1000 前期形はウェザリングしようと思ってるのでもう少し時間かかりそうです


本日も最後まで読んでくださり、ありがとうございましたm(_ _)m

そしていつも『拍手』押してくださる方々、ありがとうございます


こんにちは☆

久しぶりに良い天気になりました

さて、Kato 3089-1 EF65 1000 前期形の加工整備をやってる途中ですが、つい思い付きでこんな事をやってみました☆


ED75 759号機
2END側
20200331_222657
この画像だと何を追加したのかわからないですね(笑)


これです
20200331_222725
わかりますでしょうか?




アップで
20200331_223330
そう、歯止めです(笑)
プラ角棒を三角にカットしコの字に曲げた0.2mm真鍮棒で止めました




ED75 777号機
2END側
20200331_233649
20200331_233705


20200331_233717
20200331_234041

こちらも施工

新しいアイテムが増えました(笑)

以上です


本日も最後まで読んでくださり、ありがとうございましたm(_ _)m
  

☆追加加工です

2END側の歯止めだけでしたが、1END側の歯止めの位置がやっとわかりました(笑)

ED75 759号機
1END側
20200403_230402
こんな所にありました(汗)
20200403_230428


ED75 777号機
1END側
20200403_231649
アップ
20200403_231708
これで完成とします。

ありがとうございましたm(_ _)m

↑このページのトップヘ