(仮称)東北本線 岩○機関区

Yahoo!ブログの閉鎖に伴い、こちらに引っ越してきました。主にNゲージの精密加工をしております。機関車関連、客車、貨車等の加工ばかりで電車関係は少ないです。宜しくお願いいたします。

2021年04月

こんにちは☆

さて前回の続きです

正面フロントガラス下の手すりとサイドの乗務員乗り口扉脇の手すりも取り付けました

正面の手すりは銀河モデルさんのN-260 ED75正面手すり

サイドの手すりは0.2㍉真鍮棒から作りました
ガイアのマルチプライマーを筆塗りした後にGMカラーの赤2号で塗装
20210403_214553

そしてドア下にステップを取り付け
プラ板から自作です
20210403_214628
で、ここで完成を目前にやはり、テールランプを点灯させたくなり一旦分解(苦笑)

点灯化に伴い使うのはいつもお世話になってる美軌模型店さんの『きらめきライト ピコデュアル』
20210405_191902
この上の部分の先端の小さいLEDが光ります

真ん中の小さいのが基盤です。
基盤より下の部分は絶縁が必用ですが基盤より上の細い方の配線は絶縁処理されてるので接触してもショートしません。


そして基盤に取り付け点灯確認
1END側はダミーカプラーを付けてるので連結しません。
なので今回はダミーカプラーの1END側のテールランプを点灯させる事にしました

こちらは1END側前進
20210405_200419

そして2END側を前進にすると1END側のテールランプが点くようにします

20210405_200430

基盤のプラスマイナスを確認したので取れないようにパンダ付けしておきました
20210405_195618
そして1END側に仕込みます
テールランプの位置は大体この辺りです
両面テープで取り付けます
そしてきらめきライトの基盤をこのように立てて貼り付けます
20210405_225053
基盤は非常に薄くなってるので付けるところには苦労しないのですが若干運転台の赤丸の部分を削らないとボディーがはまりませんので適当に?削っておきました(笑)

そしてきらめきライトピコデュアルは非常に光量があるのでボディーが透けちゃいます
なので画像のようにボディーの裏側をフラットブラックでブラックアウトしておきます
20210405_225122
削り過ぎてボディー透けちゃいましたが大丈夫です(笑)

そしてボディーを被せ再度、点灯確認

1END側前進
20210405_223104
スイッチを変えて2END側前進
20210405_223153
しっかりテールランプ点きますね

さて後は少し細部を手直しをして完成とします。

本日も最後まで読んでくださり、ありがとうございましたm(_ _)m

こんにちは☆

さて前回MrカラーのスーパークリアーIIIをエアブラシで吹きました

今回は発揮性が高い塗料なので薄め液で薄める前に培養液で少し緩くし、そしてスーパークリアーにリターダーマイルドを添加してさらに薄め液で薄めて吹いてみました

前回よりは格段に詰まる事もダマになる事もなく上手くいったかのように思えましたが、吹きすぎるのか吹くのが近すぎるのか、やはり梨肌が出てしまうのでタミヤコンパウンド粗め→細目で磨いてみました。
20210331_191232

まっ、後で軽くウェザリングしてみようと思ってるのでそこまで気にする程でもないのですが(笑)

で今回の122号機は黒Hゴムなので今回はTOMIXのこの分別パーツを使ってみます

PG6505 窓ガラス(ED75用・Hゴム黒・1両文入)

使うのはフロントガラスのみなのですが
20210330_185616
このサイドのガラスはHゴム表現はないのでつかいません。元々付いてるガラスと同じものですね
20210330_185825

そしてワイパーを別体化するのでワイパーのモールドをこの自作ちびノミで除去します
20210330_190515
こんな感じですね
まだワイパーの跡が残ってます
20210330_191246
このワイパーのモールドの跡を消すのにプラ板を切り出し先端にサンドベーパーを貼り付けた自作サンダーで磨きます
これは#1000で磨いた跡です
20210330_195407
つぎに#2000
20210330_195735
ワイパーのモールドの跡は消えました
けどガラスが曇ったので、これからクリアーにしていきます

ガイアの精密綿棒G-04rを使いタミヤコンパウンド荒めから磨きます
20210330_200420
次に細目で
20210330_200826
そして仕上げ目
20210330_201652
これでほぼクリアーになりました

けどよく見ると黒いHゴム部分の色が落ちてしまったので油性マジックマッキー極細で修正しました

結局黒く塗り直すのでわざわざ分別パーツ買ってやる程でもないですね(笑)
元のHゴムグレーをマッキーで塗り直せば同じ事ですww


そして次に運転台の加工に入りました

いつもの様にエヌ小屋さんの運転室背面シール
ED75用はないのでED79用を使います

相変わらず粘着が弱いので瞬間接着剤を使い貼り付けます
20210330_224053

そして、いつもの様に作り込みました
自弁単弁ブレーキ台座はevergreenの0.5㍉プラ丸棒、ブレーキレバーは0.2㍉真鍮棒
消化器は自作、助手席側の機器類も追加して自作しました
20210331_224924
メーターパネルは塗り分けましま
時刻表差しにもそれらしく見えるステッカーを貼ってみました
20210331_224938
こちらは2END側の運転台
20210331_224947
20210331_224956

そして床下機器に少し手を加えます
右の3連のコックのモールドを除去し0.2㍉真鍮棒で再現
わかりづらいですが3連コックの隣にケープルを0.28㍉ケンタカラーワイヤーで再現
左側の取手のモールドも除去します
20210331_233953
そしてコックを白で色差しし、空制装置の保温箱の手すりはレボリューションファクトリーさんの4997  手すり1.0㍉を取り付け20210401_190716
逆側には、それらしく見えるインレタを転写しておきました
採光窓から見えるダイカスト部分はタミヤXF-71コックピット色に少量のフラットブルーを混ぜた濃いめのコックピット色で塗っておきました
20210402_194312

そしてボディーに運転台を戻します
ホイッスルレバーも自作し取り付け
乗務員乗り口の窓ガラスには、くろまやさんのインレタ『乗務員室』を転写しました
20210402_191413
助手席側
自作した消化器、ききるい、ホイッスルレバーも見えますね
20210402_191611

そして2END側の台車に歯止めを取り付け
歯止めはプラ角棒ならの自作
レボリューションファクトリーさんの4998手すり1.2㍉で止めてます
20210402_201710
こちらは逆側
20210402_201719

そしてダイカストに台車を組み込みボディーを装着

解放テコを取り付け、カプラーに付けた留め具と解放テコを実車同様にO字のリングで結びます
こちらは1END側、ダミーカプラーの方ですね
20210402_225012
そしてこちらは2END側
銀河モデルさんのN-238ジャンパ栓KE70開を取り付け
ケーブルは今回は0.25㍉のケンタカラーワイヤーにしてみました。
前回の757号機の時は0.37㍉ケンタカラーワイヤーにしてみましたが若干太く感じたので今回は0.25㍉にしてみましたが、これはこれで少し細いような気が…
まっ、好みの問題でしょうか?(笑)
20210402_225034
そしてガイアのマルチプライマーを筆塗りしたのちにタミヤXF-85ラバーブラックで塗装しました
1END側
20210402_231444
2END
20210402_231516
さて完成まであと一息


次回はワイパーを取り付けて、サイドの乗務員乗り口の手すり、そしてドア下のステップを取り付けて完成です

キリが良いところで一度アップしておきます。

今回も最後まで読んでくださり、ありがとうございましたm(_ _)m

↑このページのトップヘ