(仮称)東北本線 岩○機関区

Yahoo!ブログの閉鎖に伴い、こちらに引っ越してきました。主にNゲージの精密加工をしております。機関車関連、客車、貨車等の加工ばかりで電車関係は少ないです。宜しくお願いいたします。

2021年06月

こんにちは☆

さて、前回からの続きです
運転台の加工に入りました

まずは座席をタミヤXF-8フラットブルーに塗ってからいつものエヌ小屋さんの運転室背面シールを使います。
ED75用がないので、ED79で代用してます
粘着が弱いので瞬間接着剤を塗ってから貼ってます
20210531_233411

そしていつものブレーキ台座、自弁単弁のブレーキレバーは0.2㍉真鍮棒を使い、消火器、助手席側の機器類(列車無線の電源供給装置、スピーカー等)ホイッスルレバーを自作し取り付けました
詳細はいつもと同じなので細かい事は割愛させて頂きますm(_ _)m


1END側の運転台
20210601_205042
時刻表差し、メーターパネル周りにそれらしく見えるステッカーを貼ってみました

20210601_205115
こちらは2END側の運転台
20210601_205128
1END側と2END側の配電盤の表現は異なります
20210601_205140

そして次に床下機器の加工

シャバラのダクト下に穴を開け0.25㍉ケンタカラーワイヤーで配管を追加
あとはそれらしく見えるインレタを転写しておきました
20210601_231723
こちら側は俳風口に0.15㍉ステンレスワイヤーで配線を追加しL字に曲げた0.2㍉真鍮棒でコックを作りました
保温箱の取っ手を別体化
モールドを削りレボリューションファクトリーさんの4997手すり1.0㍉を取り付け
20210601_231733
各部を色差ししておきます


そして今回は軽くウェザリングしようと思ってますので組み上げる前に先に軽くエアブラシを使いウェザリングしておきます
20210602_224135

台車と床下機器
タミヤのXF-52フラットアースを相当量、希釈したものを作りスポット的に軽く吹きます

そして次に線路の乾いた錆び色を出すのにタミヤXF-64レッドブラウンに少量のオレンジを加え作った錆び色をスポット的に吹いておきます

イメージとしては先ほどの希釈したフラットアースはホコリ色
レッドブラウンは錆び色といった感じです
20210602_230110
スカート周りも同じ様に希釈したフラットアースのホコリ色を軽く吹いた後に連結器周りにはレッドブラウンを吹いてます
20210602_230146

パンタグラフも同様に
20210602_230201

ボディーも先にホコリ色をかなり薄く、スポット的に吹いてからレッドブラウンをその上に吹いて重ねていきます
実車の汚れ具合を見ると前面よりもサイドの方が汚れてるのでそのような感じに仕上げようと思ってます

屋根上も同じ様にホコリ色を吹いた後にレッドブラウンを軽く吹いておきました
20210602_230216


先にエアブラシで吹く事によって組み上げてからウェザリングするのにマスキングをしなくて済むので先にやりました

また最後に全体を見ながら修正していきます

そして一晩放置して乾燥させてから組んでいきます

まずは台車から

2END側の台車に歯止めを取り付けます
歯止めはプラ棒からの自作
レボリューションファクトリーさんの4998手すり1.2㍉を使い止めてます
20210603_200814
こちらは逆側
20210603_200837
そしてサイドのガラスにくろま屋さんのインレタ『乗務員室』を転写
転写後にタミヤのX-22クリアーを筆塗りし保護しておきます

20210603_200655

そしてベッドライトがオレンジ色なので基盤をクリエイト工房さんのものに交換します
20210603_200617

今回もテールライトを点灯させようと思います
いつもお世話になってる美軌模型店さんのきらめきライトピコデュアルを使います
20210603_202318

光らせたい方の基盤に仮止めし点灯確認
今回も2END側のテールライトを点灯させたいので2END側の基盤に取り付け
20210603_224411
画像左側1END側が進行方向なのでヘッドライトが光ってるのを確認、そして右側の赤丸がきらめきライトピコデュアル、テールライトの点灯を確認しておきます

そして決まったら2END側の基盤にパンダ付けしておきました

ちなみに逆に付けるとヘッドライトが光ながらテールライトも光ってしまいますので注意が必要です
20210603_204550

ダイキャストに組み込んで再度、点灯確認
20210603_205904

テールライトの位置はだいたいこの辺り
両面テープを小さくカットし貼り付けてます
20210603_220800
2END側のテールライト周りの遮光も忘れずに
ボディーが透けないように艶消し黒を塗っておきます

20210603_220731
そして運転台を取り付ける時にきらめきライトピコデュアルの基盤に少しだけ干渉してしまうので赤丸の部分を削っておきます

20210603_230453

そしてボディーを被せ再度点灯確認
2END側、前進
20210603_224130
スイッチを切り替えテールライト点灯確認
20210603_224138


大丈夫そうですね

そしてナンバーは1002、1005、1007、1011、とありますが調べてみたら黒Hゴムは1007号機のみだったので1007号機にしました


そしてジャンパ栓を取り付け
今回は0.37㍉のケンタカラーワイヤーにしてみました。
前回のより若干太いですが、こっちの方が良いかな☆
20210604_200100
そしてフロントガラス下に手すりを取り付け
銀河モデルさんのN-260 前面手すりED75用です
20210604_203842
そしてサイドの手すりは0.2㍉真鍮棒で自作
ドアノブも取り付け
レボリューションファクトリーさんの5121ドアノブです
20210604_205450
ワイパーはBONA FIDE PRODUCTSさんの機関車用ワイパーC
アーム部分は赤2号で塗装しておきました。
前面手すりとサイドの手すりもガイアのメタルプライマーを塗ってから赤2号で塗っておきました
20210604_221414

サイドの乗務員乗り口扉下にはステップを取り付け
プラ板からの自作です
20210604_221156

そしてパンタグラフも取り付け、だいたい完成に近付きました
20210604_221256
あとは墨入れをし細部を手直ししてウェザリングもバランスを見て追加して完成とします。

もう少しお付き合いください☆

本日も最後まで読んでくださり、ありがとうございましたm(_ _)m

そしていつも拍手押してくださる方、本当にありがとうございます☆

こんにちは☆

さて前回は台車の精密加工が終わったので今回からボディー関係の加工に入りました

20210526_182136
運転台、ヘッドライトの導光材、テールライト、フロントガラス等を外しておきます

そしてオデコの手すりのモールド、フロントガラス下の手すりのモールド、ヘッドマークステー等のモールドを自作したちびノミを使い削ります
20210526_225024
サイドの乗務員扉脇の手すりのモールドも削り、0.3㍉ピンバイスで穴を開けておきます
20210526_225037
屋根上の碍子も外しておいてフックのモールドを除去し0.3㍉ピンバイスで穴を開けます
パンタグラフへの配管のモールドも削っておきます
この作業が結構時間かかります

20210526_225051
そして2END側のジャンパ栓の上側を少し残し除去しておきます
残した部分は蓋にしようかと思ってます
20210526_225630

そしてフロントガラス下の手すりを削った痕を綺麗にしていきます

やり方はいつもと同じなので簡単にUPしておきます。
プラ板から削り出した棒の先端にサンドペーパーを接着した自作サンダーで傷跡を消していきます
#400→#1000→#1500まで磨いていきます
画像は#1000で磨いた所です

20210527_193219
そして#1500で磨いたら細かい傷があるのでタミヤコンパウンドを使い傷を消していきます
ガイアの精密綿棒Gr-04nを使い粗目で磨いた所です
まだ綺麗になってません。
20210527_194242
次に細目で磨きます
20210527_202226
最後に仕上げ目で磨きます
20210527_202702
これでだいたい綺麗に痕が消えました


つぎに屋根上の加工に入ります
パンタグラフへの配管を作ります
0.3㍉真鍮棒を曲げて取り付け
配管止めはバルディローズさんのNR-804配管止め0.3㍉を使ってます
20210527_210530
両エンドやったら次に吊り金具を取り付けていきます。
レボリューションファクトリーさんの5009EL吊り金具を使用してます
20210527_220955
作業しやすいように外しておいた屋根上機器の方にも吊り金具と空気遮断器には1.0㍉手すりを取り付けました
20210527_223946

そして元に戻し碍子を白に塗り、簡略化されて表現されてなかった配管を0.2㍉真鍮棒で再現
金色のが新たに作った配管です
20210528_225425
ガイアのマルチプライマーを筆塗り後、ガンダムマーカーのメッキシルバーを筆塗りしておきました
20210528_225904
そして前面に手すりを取り付け
オデコには銀河モデルさんのN-260前面手すりED75用
貫通扉支持器具、ヘッドマークステー、標識掛け、貫通扉のストッパーはバルディローズさんのNB-501標識掛けセットを使ってます
20210528_203412
標識掛けと貫通扉のストッパーを塗装しましたが白だと色が合いません。
どちらかというとアイボリーっぽい色なので、色々と試した結果、白にFARBEのクリーム色1号を混ぜたものが一番しっくりいきました。

白が10に対してクリーム1号が1、ないし2ぐらかいの比率で混ぜてみました。


そして次はフロントガラスのワイパーのモールドを削ります
DAISOで売ってる精密ドライバーセットのマイナスの先を砥石で研いで作った自作ちびノミ

これでワイパーのモールドを削りました
20210531_195455

これからモールドの痕をクリアーにしていきます
まずは厚めのプラ板を棒状に切り出し先端にサンドペーパーを接着した自作で磨いていきます

20210531_200706
まずは#1000で磨いてみました

そして次に#2000
20210531_200851
これでだいたいの凹凸がなくなりました

次にコンパウンドを使いクリアーにしていきます

ガイアの精密綿棒Gr-04nを使いタミヤコンパウンド粗目で磨いていきます
20210531_204615
まだ少し曇ってます

次に細目で磨きます
20210531_205138
段々曇りも取れてきます

そして最後に仕上げ目で磨きます
20210531_205638
前はこのあと、HASEGAWAのセラミックコンパウンドで仕上げてましたがこれでも肉眼だとじゅうぶん綺麗なのでここで止めてます

コンパウンドで注意して磨いてもHゴムの黒いのが消えてしまう所もあるので油性の極細マジックで修正しておきました
20210531_210532
これでフロントガラスはふいにです

20210531_205711

そして次
パンタグラフの赤丸の部分に0.08㍉エナメル銅線を使い実車同様に配線を表現してみました
20210531_212739

そしてガイアのメタルプライマーをエアブラシで吹き乾燥後にFARBEのねずみ色1号でパンタグラフを塗装
碍子を白で色差しし擦り板をタミヤのXF-28ダークコッパーで色差ししておきます

20210531_212547


とりあえずキリが良いのでここでアップしておきます。

次回から運転台の加工に入りたいと思います


本日も最後まで読んでくださり、ありがとうございましたm(_ _)m

↑このページのトップヘ