こんにちは☆


さてボディー加工の次は動力周りを加工します
20191128_212331

ネットで調べて先駆者様がやったやり方を真似したいと思います
左の集電板と右側の集電板をつなぎます
20191128_215906

タムタムで買った極細電線 AWG30 黒 を約48mmにカットしたものを2本用意します

そして半田付けしました
20191128_220807
あまり長くしてしまうと下のシャフトに当たる様なので適度にたるませて、カーブ曲がった時に伸びきらない程度にしました

ここで一旦テスト走行☆

バッチリです


そして次にこんな事もしてみました

以前EH500を加工整備した時にやった1END側と2END側のユニットをつなぐホース


これもいつも参考にさせて頂いてる方の真似をさせて頂きましたm(_ _)m

20191128_230540
KATOのassy
Z04K5589  313系5000  車体間ダンパー
他の車体間ダンパーでも良いのですが、これがたまたまグレーの色が合ったから

それだけの理由です(笑)

上の画像のようにカットします


そして片側にだけGボンドクリアーで接着しました
20191128_230834

そしてコンデンサーを取り外し常時点灯仕様にしました。
コンデンサーは片側のユニットのLEDの裏にあります
画像の赤丸の部分です

20191129_222054

そしてボディーを組み込みマスキングしました

軽くウェザリングしようと思います
20191129_210523
軽めのウェザリングして乾かしてる間にワイパーの加工をします。

EH200のワイパーのはシングルアームのワイパーなので今回はこれを使ってみます
TAVASAさんのPX307SP-1(ABC詰合)
WP35・50型機関車ワイパー


20191130_190907

これのブレードが長く足の短いものを選んで取り付けます


とりあえず曲げて黒に塗装しました
20191130_194348


そして一日置いて乾いたのでマスキングを外してみました
20191130_194250
屋根上と下廻りの軽いウェザリングです

ボディーにはスーパークリアーIIIを吹いてみました。
ナンバーはラストナンバーの24号機にしたので最近の機関車、新しいのでそこまで汚れてないイメージで☆

そして次にこんなものを作りました
0.2mm真鍮棒を2本接着して、それを二組
20191130_214831

何に使うかと言うと
20191201_220204
実車の画像です
1END側と2END側をつなぐ配線ケーブルです
これを表現はします

先程真鍮棒で作ったケーブルを今度は4本に束ねタミヤのタイヤブラックに塗装し、屋根上の配管に取り付けます

この時配管の差し込む部分に穴を開けるのですが、0.5mmピンバイスで穴を開けたあとにデザインナイフの刃先で碍子と碍子の間まで穴を拡げます


20191201_211219

片側に接着し、もう片側はフリーにしておきます

配管を戻してこんな感じです
20191201_211342
片方はフリーなのでカーブでも遊びがあり曲げても大丈夫です


そしてサイドの運転台乗り口扉に手すりをつけます
0.2mm真鍮棒で自作しました
20191201_212323

この後メタルプライマーを筆塗りし乾燥後、タミヤX-4ブルーとX-2ホワイトを混ぜ調合したブルーを塗ります


そしてだいたい完成に近づいてきました。

20191201_221155

後は細かい手直しをして細部をもう少し手を加えたら完成とします。


本日も最後まで読んでくださり、ありがとうございましたm(_ _)m