こんにちは☆

さて前回の続きです
エアブラシでウェザリングしました

20200229_195946
今回は少しキツめのウェザリングとしました

サイドの乗務員乗り口扉の両脇に手すりを取り付けました
0.2mm真鍮棒で作ります
20200229_204113
この後メタルプライマーを筆塗りし乾燥後にグレーとブルーで塗装しました。


そして墨入れをし細部を手直ししました
20200301_165211

そして完成
20200301_203008

細部を見ていきます。

1END側
20200301_203140


サイド
20200301_203230

1END正面
20200301_203407

1ENDスカート周りのアップ
20200301_203502
実車同様にエアホースをチェーンで吊ってます

連結器から解放テコを導線で作ったO字リングで繋いでます

画像右側のエアホースの上にはケンタカラーワイヤー0.25mmでケーブルを追加

スノーブロウと連結器もタミヤXF-56メタリックグレイをドライブラシして金属感を出してます

プラ板から自作したステップ
20200301_203254

こちらは2END側のステップ
20200301_203303

台車を見ていきます
1END側の台車 FD7E
20200301_203312
タミヤXF-64レッドブラウンをエアブラシで吹きブレーキの鉄粉をタミヤXF-9ハルレッドで表現
仕上げにタミヤXF-56メタリックグレイをドライブラシし金属感を出してます

空気バネ、ダンパーのカバー部分はタミヤXF-85ラバーブラックで色差ししてます

速度記録装置は銀河モデルさんのN-048を取り付け

中間台車 FD8
20200301_203316
ケンタカラーワイヤー0.25mmでケーブルを追加

2END側の台車 FD7E
20200301_203323

1END側運転台のアップ
配電盤に表現ステッカー貼ってます

ワイパーはボナファイデプロダクツさんの機関車用ワイパーD  P-320  EF210を使ってます
モールド通り内側に向けて取り付けました

運転席側天井から吊り下がってるのはプラネッツという運転支援機器らしいです。
それもプラ板から自作してます
20200301_203654

1END側運転台のアップ
メーター周りいつもヤフオクでお世話になってる方のEF210用運転台表現シールを使ってます

メーター周り、その隣にモニター、プラ板から自作した時刻表差しに、それらしいステッカーも貼ってみました

辛うじて0.2真鍮棒て作ったホイッスルレバーも確認取れますね

わかりづらいですがマスコン、ブレーキレバーも色差ししてます
20200301_203718


1END側パンタグラフ周り

本来なら115号機はシングルアームパンタなんですが一時、下交差のPS22Dに交換してたら時期がありました。
その時の仕様にしてます
20200301_205345
結構、面倒臭かったですがパンタグラス周りの配管も別体化しました


三角マークはレボリューションファクトリーさんの5064三角マークインレタを転写


2END側パンタグラフ周り
20200301_205322

0.3mmラインユニットを3本束ねて別体化した屋根上の配管

屋根上のウェザリングはタミヤXF-85ラバーブラックを、スポット的に主に屋根の両脇中心に吹いてスス汚れを表現
中央には鉄道模型用カラー赤サビを吹いてます
20200301_203843


フロントガラス下の手すりは0.2mm真鍮棒から自作、
微妙なアールをつけてます
センターの支柱の梁も表現
色は黒に少量のグレーを混ぜて調合してます
20200301_204117
標識掛けはバルディローズさんのNB-501標識掛けセットのBを使用

区名札は銀河モデルさんのN-507区名札ステッカー 新鶴見機関区車属の『新』にしてます


1END側運転台乗り口扉の手すりはブルーはタミヤXF-8フラットブルーに白を混ぜて調合

グレーの部分はFARBEのねずみ色に少量の黒、それにタミヤXF-64レッドブラウンを少量混ぜてます

扉のドアノブも別体化
レボリューションファクトリーさんの5121ドアノブを使ってます
20200301_205002

2END側の運転台乗り口扉
その脇の手すりのハシゴはレボリューションファクトリーさんの4998手すり1.2mmを使ってます
20200301_205112


2END側
20200301_204026

サイド
20200301_204047

2END側正面
20200301_204211

2END側スカート周りのアップ
20200301_204226

2END側運転台のアップ
1END側とは異なる配電盤の表現ステッカー
20200301_204254

2END側採光窓からの機械室表現ステッカー
20200301_204820

こちらは採光窓が4つ並び
左側1END側
20200301_204838

屋根からの錆びが飛び散る表現は、タミヤXF-64レッドブラウンを相当量、希釈し極細面相筆で、ちょんと垂らしたらエアブラシを使いエアーだけ吹いて実車同様に飛び散る感じにしてみました。
エアーの強さ、角度によってどこに飛び散るかわからないので行き当たりばったりです(笑)

画像が多くなってきたので次にアップします→