こんにちは☆

さてワイパーを取り付け細部を手直しし、完成としました

いつもの様に細部を見ていきます

EF80 10号機[田]としました

1END側
20200322_223848
20200322_222013
サイド
20200322_222100

1END正面
ワイパーはモールドだと外側に向いてますがわざと内側に向けてみました
20200322_222123
1END側スカート部のアップ
20200322_222132

1END側運転台のアップ
20200322_222229
配電盤のステッカーはわかりづらいですね(笑)

自作したマスコンのレバーは確認出来ますね☆
ワイパーはメッキだったりローズピンクだっとりと個体によって違うのですけど10号機はボディーと同色に見えたのでガイアの鉄道模型用カラー、ローズピンクで塗装しました。ブレード部分は艶消し黒に塗ってます




1END側運転台のアップ
20200322_222251
自作したホイッスルレバー、自弁単弁のブレーキレバーも何とか確認出来ます

乗務員乗り口扉のドアノブも別体化、レボリューションファクトリーさんの5121ドアノブを使ってます

区名札は銀河モデルさんのN-507区名札ステッカー東日本方面から田端機関区の『田』を貼ってます


1END側のアップ
20200322_223625
フロントガラス下の手すりは銀河モデルさんのN-256 EF65 500番台用を流用してます

手すりの色はシルバーだったり色々とあるようですが数少ない画像の中から10号機は車体色と同じローズピンクになってたのでローズピンクにしました

ヘッドマークステー、標識掛けはいつものバルディローズさんのNB-501標識灯掛けセットを使ってます

Katoの付属のプラの手すり色合いが違うのでついでにガイアのローズピンクに塗り直してます


解放テコと連結器をつなぐO字のリングは導線から自作してます。
実車と同じようにつなげてます


1END側台車 DT127
20200322_222321
ウェザリングした後にタミヤXF-56メタリックグレイをドライブラシして金属感を出してます

中間台車 DT128
20200322_222325
台車の中心軸から、左右のケーブルは導線を使ってます

2END側台車 DT127
20200322_223003
ケーブルは0.25mmケンタカラーワイヤー使ってます


2END側パンタグラフ周り
20200322_223028
フックはレボリューションファクトリーさんの5009EL吊り金具を使用、手すりはレボリューションファクトリーさんの4998手すり1.2mmです

配管は0.25mmケンタカラーワイヤーで実車同様にパンタグラフに差し込んでます
配管止めはバルディローズさんのNR-804配管止め0.3mmとレボリューションファクトリーさんの5120吊り金具 旧型用を配管止めとして使ってます


交直切り替え器の部分がグリーンだったのでタミヤXF-28ダークコッパーで塗り直ししました。実車のこの部分は銅製のバーなので
20200322_223033

2END側パンタグラフ周り
20200322_223055


2END側
20200322_223142
20200322_223228

サイド
20200322_223315

2END側正面
20200322_223336
ワイパーはボナブァイデプロダクツさんの機関車用ワイパーB [WP35/50]を使用

助手席側はモールド通り外側に向け運転席側はわざと内側に向けてみました


2END側スカート部のアップ
20200322_223424

屋根上
20200322_223735

画像が多くなってきたので別にアップしますm(_ _)m