こんにちは☆

今回はこちら
20200515_195334
Tomix 9154 ED75 700 前期形サッシ窓改 ED75 777[秋] です
一通りの精密加工は終わってますが今回はテールライト点灯化と台車の精密加工をやる事にしました。


過去の精密加工記事はこちらから

まずはテールライト点灯化します。
使うのはいつもお世話になってる美軌模型店さんの、きらめきライトピコデュアル

これがめっちゃ小さく光量も抜群の優れもの
取り付け方も至ってシンプル

過去にテールライト点灯化したtomix 9154 ED75 700 前期形サッシ窓改 ED75 759号機と同じやり方にします。


まずはボディーを外しtomixのライト基盤を取り出します。
この基盤はLED電球色の明るいものに交換してます。
その基盤の裏にきらめきライトピコデュアルの足を取り付けるだけ

20200515_203753

ちなみに真ん中の黒いのはピコデュアルの基盤になりすがそこから先の青い矢印部分は絶縁処理されてるので、線同士が接触しても大丈夫です
ただ、赤い矢印の部分は絶縁処理しないとダメです
20200516_104818
線同士はもちろん、ダイキャストにも接触させたらNGなので絶縁処理してください


まだ絶縁処理してませんが、こんな感じで取り出します
20200515_204004
とりあえず点灯確認

進行方向と逆に点くか確認します
ヘッドライトと同じく向きで点いてしまう場合は配線を逆にすればOKです

20200516_150118



OKですね


そしてきらめきライトピコデュアルは光量が凄いのでボディーが透けてしまいます(笑)

なのでボディーの裏からデールライト付近をブラックアウトしておきます。
これで大丈夫
20200515_211730

そして運転席を外したついでにいつもの消火器を装備(笑)
20200515_215807

そしてボディーを被せ点灯確認
20200515_232718

バッチリです

と、ここまで順調に来てるように書いてますが実は、絶縁処理するのにマスキングテープやセロハンテープを駆使したら思いの外、取り付け場所が膨らんでしまい運転席の裏側を削る羽目にトホホ
20200516_194559
少し頑丈にマスキングし過ぎたかもです(汗)


テールライトの位置は、だいたいこの赤丸の辺りです
20200516_201551


そして運転台の裏側を結構削る羽目に…
20200516_194618
ここまで削りました。

これで結構時間をくいまして、悪戦苦闘してました

ほんと電気関係は苦手です(涙)

そして台車を加工します

これは1END側の台車DT129
台車上部の配管は0.2mm真鍮棒です
配管止めは今回はバルディローズさんのNR-804配管止め(0.3mm)を使ってみました

砂撒き菅につなぐ配管は0.24mmステンレスワイヤーを使い、砂撒き菅は0.3mm真鍮棒を使ってます
20200519_201830

2END側の台車DT129
歯止めは前回取り付けたものです
20200519_211658

砂撒き菅は車輪ギリギリにセッティング
20200519_211722

そしてまた前回のED75 759号機同様に床下機器の配管を追加
プラ棒と0.2mm真鍮棒で自作です
20200519_214138

こちら側はそれらしいインレタを貼ってみました
20200519_214222

そしてレールの上に置いてクリアランスを見ます
1END側
20200520_205023

1END側台車 DT129
20200520_205153
アップで
20200520_204728
20200520_204724

20200520_205158
2END側台車 DT129
20200520_205202
アップで
20200520_204755
20200520_204810

2END側の逆側から
20200520_205219
20200520_205230
1ENDの逆側
20200520_205241

追加した消火器
20200520_205414

そしていつもの場所で
1END側だけテールライト点灯にしました
20200520_232117

20200520_232328

これで完成とします。

ちょくちょく入線はしてるのですが、なかなか紹介出来ずですのでまた今度まとめて紹介させて頂きます。

まだまだ台車加工しなければならない車両がたくさんあって大変です(笑)

本日も最後まで読んでくださり、ありがとうございましたm(_ _)m