こんにちは☆

さて前回、いつもと勝手の違う16番ゲージの精密加工整備をやりましたが、その流れで今回も16番の精密加工をやりました。

追加整備したのはこれ

TOMIX HO-109 ED75 一般型
20200825_195633
前回の整備内容はこちらからどうぞhttp://wipeout0512.livedoor.blog/archives/19614434.html


さて、先日16番ゲージの試走線を走らせた時に、耳障りな異音がしました。

異音がどこから出てるのかバラして調べた所、台車のギア等ではなく、どうもモーターから鳴ってるような?

なのでモーターに直に電流を流し回してみたらフライホイール辺りが異音が…

ユニクリーンオイルを注してみたりしましたが異音が消えないのでモーターを丸ごと交換することにしました。
20200825_200725

新品を買いました
20200825_200757

交換は至って簡単
ダイカストの下に爪が引っ掛かってるのでそれを精密ドライバーのマイナスでこじってやれば簡単に外せます。

そして新しいモーターをはめ込みます。
少しコツが要りますがパチンとはめ込めばオッケーです

そしてモーターに直に電流を流して確認すると例の異音はしません。
なので原因はやはりモーター、フライホイール辺りから出てる異音でした。


これで走行音も静かになります(笑)

そしてバラしたついでに追加加工整備をする事にしました。

まずは台車の配管を追加します

1END側 DT-129A

台車上部の梁の部分に0.3mm真鍮棒を曲げて配管を追加
配管止めはレボリューションファクトリーさんの5120吊り金具 旧型用、Nのパーツを流用してます
20200826_225711
20200826_225753
そしてケーブルも追加
0.24mmケンタカラーワイヤーを使ってます
20200826_225745

こんな感じに配管しました。
サイドから
20200826_225753
20200827_224633
20200827_224920

そしてメタルプライマーを筆塗りした後にタミヤXF-1フラットブラックて色差ししました

プラ棒から自作した歯止めも取り付けておきます
20200828_201605
逆側から
20200828_201620

こちらは2END側の台車
20200828_201645
20200828_201654
先にブレーキシュー部分にガイアの鉄道模型用カラー赤サビを色差ししておきます。

ダイカストに組んでからだと筆先が入り辛く塗りづらいので

これで台車の精密加工は完了


次はボディー周りの加工にはいります。
 
前回やってなかった貫通扉上の支持器具
モールドを削り、その辺にあったエッチングパーツのランナー、調度良い太さの物をエッチングベンダーで曲げて取り付けます
20200828_220246

そして次に運転台の追加加工

消火器を自作して置いてみました。

重複してしまいますが自分自身がやり方忘れてしまうので再度細かく書いてる次第です(笑)
1.0mmプラ丸棒を4.0mmにカットし先端をデザインナイフで造形しサンドペーパーで仕上げます
ホース部は0.24mmケンタカラーワイヤー
取っ手は0.2mm真鍮棒です
20200831_210143

20200831_210213

そしてホイッスルレバーも作ります

1.0mmプラ角棒を使い0.3mmピンバイスで孔を開け0.3mm真鍮棒をL字に曲げて取り付けます。

色を塗って完成
20200831_230345

そしてまた機関士さんを塗装しました
20200831_230259

キリが良いところでここで一度アップしておきます。

つまらない内容ですが、最後まで読んでくださりありがとうございましたm(_ _)m

そしていつも拍手押してくださる方、ありがとうございますm(_ _)m
励みになります☆