こんにちは☆

さて前回はエプロン車の端から二つ目の機器を作り
20201020_225351

三番目の機器のパーツを切り出した所で終わってました
20201020_232856

これを曲げて組んでいきたいと思います

同じように曲げていきGボンドクリアーで接着
20201021_224146
今回はこのパーツ
中央に取り付ける床パーツを曲げるのですが曲げる部分の幅が小さいので少し厄介でした
20201021_230326

そして1号車と13号車の両方が完成
20201021_234813

そして次はこの部分
20201021_235332
エプロン車最後の機器になります

まずは説明書に書いてある番号のパーツを切り出します
20201022_204015

画像はすでにバリは取ってあります


そしてこのパーツは折り畳むので180℃曲げます
なのでこの場合は

山折り

にします
20201022_204204
折り畳むとこんな感じ
ピタッと折っただけではきちんと重ならないので少量の瞬間接着剤を付けクリップで挟んで接着しました

20201022_205442

そしてこのパーツも重ねるので山折りにします
20201022_194745

このお立ち台の様なパーツは90℃に曲げるのでいつもの、溝を内側にして折る

谷折り



間違わないようにしましょう
20201022_204908

そして完成です
お立ち台の様なパーツは瞬間接着剤で接着しました
20201022_202629

エプロン車の1号車と13号車分、二つ完成
20201022_212808
これで1号車と13号車、エプロン車のエッチングパーツの機器類がほぼ完成しました

とりあえずkato 8059-2 コキ5500 を一両取り出しコンテナ積載の爪を折ったりと加工しなければならないのですが一両だけ爪を折り真鍮エッチング板の床板を載せ機器類を載せてみました

20201022_215452
20201022_215525

形になってきましたね(笑)

さて次の加工にいきます。

次はこれ
20201022_215948
7号車の中央締結車の機器と8号車の発電機を組んでいきたいと思います


キリが良いのでここで一度アップしておきます。

本日も最後まで読んでくださり、ありがとうございましたm(_ _)m