こんにちは☆

さて前回のアップからだいぶ時間が経ってしまいました(汗)


上物が前回でほぼ完成したので次は下回り
コキをチキに改造していきます。

使うのはkato 8059-2 コキ5500 6000形コンテナ搭載 です

コンテナは不要になりますが(苦笑)

20210108_192926
付属の真鍮床エッチング板、画像ですと3枚1シート足りませんがこのECタイプは真鍮床は全部同じ模様ですね
20210108_193540
前回のEA改タイプはそれぞれ号車ごとに模様が異なっているので。

付属の説明書を見ながら加工していきます
実車の画像を見ながら説明書に精密加工するパーツの位地や、デカールの貼る位地が多少説明書と違うので修正してます
20210108_224418

まずはエプロン車12号車のチキ15902を作っていきます

まずkatoのコキ5500をバラします
20210108_194337

そしてコンテナをはめ込む爪をニッパーでカットしました

画像左の手すりは後程使うのでなくさないように☆
20210108_194630

そして説明書と比べながらサイドの梁(リブ)の位置を確認します。
20210108_195025
C編成はコキ5500のリブと変わらないですね
削る手間が省けました


そして収納ケースの要らないウレタンにサンドペーパーを貼り付け凹凸を取っていきます


#400→#600→#1000で研きました
20210108_221451

そして次に手すりの加工です


20210108_221516
デザインナイフで手すりとステップをカットします
20210108_221904

そして付属の真鍮床エッチング板をコキに合わせると長さが違います


20210108_222018

そこで先程の手すりをカットした部分をコキに戻します
これで長さがバッチリ合います
20210108_222047
手すりの正面部分も標識掛けやハンドルのモールド表現があるのでデザインナイフで削りペーパー掛けして平らにしておきます

そして次
コキの標示しを削ります
ここに後程『レール輸送専用』のデカールを貼るので標示しの出っ張りが邪魔になるので

デザインナイフもしくは、自作した100円精密ドライバーのマイナスを研いだ自作チセル、チビのみを使い標示しのモールドを削りました

20210108_222158

そして割り箸の先を細くカットした先端に両面テープでサンドペーパーを貼り付け磨きます
20210108_222747


そして次にコキの側面に穴を開けます
これも実車の画像を参考に丸いタイプ、細長い楕円形のタイプとありますのでそれぞれに合わせて空けていきます。

位地もそれぞれ違うので実車画像を参考に調べました

この12号車チキ15902はこの位地に丸い穴

ポンチを打ち0.5mm→1.0mmピンバイスで穴を開けました
20210108_223156

ついでに台車の加工も一緒にやってしまいます

ブレーキシューの部分は不要なので画像の赤いラインの所をカットします
20210112_202210

左側が加工後、右側が加工前です
20210112_201338

そしてカプラーはラウンドハウスの車間短縮ナックルカプラーに変更します
20210112_201244

両側の台車の加工完了
20210112_201752
こんな感じにどんどんやっていきます

これは1号車 チキ15506になりますが、コキ側面の穴は丸長になります
20210112_211428
アップで
20210112_211638
ピンバイス0.6mmの穴を2ヶ所開けてデザインナイフで穴を拡げていきました

とりあえずこんな感じです
20210112_213033
2号車 チキ15601
20210112_215740
3号車 チキ15501
20210112_231213
4号車 チキ15505
20210113_221855
5号車 チキ15701  
20210113_232543
6号車 チキ15801
20210114_214838
7号車 チキ15503 
20210114_231310
8号車 チキ15504
20210115_201605

9号車のチキ15507はTomixのコキ5500を使うのでそれは後回しで後程アップします
なので飛ばして

10号車 チキ15502
20210115_213327
11号車 チキ15602
20210118_211620
そして最後尾のエプロン車
12号車 チキ15901
20210118_221421
C編成はコキの側面のリブ(梁)の位置が同じなので特別削らなくても良かったので楽でした

そしてリブの数が少ない9号車 チキ15507はkatoのコキ5500ではなくtomixの2755 コキ5500を使ってみます
20210115_201704
バラしてみます
サイドの手すりはkatoのコキ同様、手すり部分をカットします
20210118_222300
そして手ブレーキのハンドルの軸と、標識掛けのモールドを削り平らにしました
20210118_222801

そしてこのままではリブの数が少ないので再生します

赤い矢印の部分にリブを追加
20210118_225000
使ったのはkatoのカットした手すりの部分
これが太さも調度良かったので長さを合わせ瞬間接着剤で接着し再生させました。

そして台車ですがtomixのコキの台車は加工する必要がありませんのでこのまま使います
20210118_221649
カプラーはラウンドハウスの車間短縮ナックルカプラーに交換しておきます

車輪は銀車輪なのでtomixの分別パーツ 0652 黒染め車輪(ф5.6 ギア無し・黒・4個入り)を使います
画像左が黒染め車輪、右側が元から付いてる銀車輪
20210120_180020

左が黒染め車輪に交換済み、右はノーマル状態20210120_175949
やはり黒染め車輪は足元が締まりますね☆当機関区では黒染め車輪が標準化なのて全て交換してます

ちなみに余談ですが台車がグレーのものはグレーに塗装してます


いやー、穴開けては削って磨くの繰り返しの単純作業ではっきり言って飽きました(笑)

画像も同じ様なものばかりで申し訳ございませんww
次回からはコキの真鍮床板を貼ってチキと上物のパーツの塗装まで行ければ良いかな☆

本日も最後まで読んでくださり、ありがとうございましたm(_ _)m