こんにちは☆

さて前回からの続きです
今回からボディーの加工に入りました
20210326_201841
まずはバラバラにバラします
前回のTOMIX9154のED75 700と然程変化ありませんが、画像に写ってませんがテールライトの形が変わってるのでそのテールライトの形のパーツが内側から付いてますね

それとヘッドライトが電球色LEDに変わったのでライトの導光材、プリズムが遮光されていたり反射するように工夫されてますね
それでもまだイマイチ暗い様な気もしますが(笑)
とりあえずこのまま行きます。
20210326_202632

ボディーのモールドを自作したちびノミで除去します
この画像だとプラ感満載ですね(笑)

20210326_222520
屋根の配管のモールドも除去、別体化します。
フックのモールドも除去しました
20210326_222531
そして実車の画像ですがステップ上のシリンダーの表記
Screenshot_20210301-235027_Gallery
これも以前使わなかったレボリューションファクトリーさんのインレタから細かいそれらしく見えるものを転写してみました
20210326_225547
車輪を外し、砂撒き菅、配管等を色差ししました。
これは1END側のDT-129
20210326_201539
逆側
20210326_201655
そしてこちらは2END側の台車
20210326_201718
逆側
20210326_201738
速度検出装置や空転検知装置も取り付け色差しして台車はとりあえず完成
歯止めは最後に取り付けます

そして屋根の配管から作ります


0.3㍉真鍮棒を曲げて配管止めはバルディローズさんのNR-804配管止め0.3㍉を使ってます
こちらは1END側
20210328_121601
2END側
ガイアのマルチプライマーを筆塗り後タミヤXF-56メタリックグレーを塗っておきました
フックも取り付け、レボリューションファクトリーさんの5009EL吊り金具を取り付けてます
20210328_121710
そしてフロントガラス下の手すりのモールドも除去
20210326_222520
アップで
結構傷が目立ちますね
なので綺麗にしていきます
20210327_204155
傷を消すのに厚めのプライマー板を切り出したものの先端にサンドペーパーを貼り付けた自作サンダーで磨きます
#400でざっくり平らにしたのちに#1000で傷を消しました
20210328_115636
そしてさらに、磨きます
タミヤコンパウンド粗めで磨きその後、細目で仕上げます
だいたいこれぐらいで目立たなくなるのでいいかな?と
このガイアの精密綿棒G-04rが使いやすく気に入ってます
20210328_120458
こちらは逆側
20210328_121448
とりあえずモールド跡は目立たなくなりました

次に何号機にしようかなやんでましたが、とりあえず122号機にしてみます

これを選んだ理由はJR化後も一旦パンダ顔になりましたが、その後土崎で全検受けた後に赤に戻されHゴムも黒になりJRマークも入らなかったようなので、そんな理由から122号機にしました

なのでルーバー上の採光窓の縁を黒にします
いつものマッキー極細で塗ってます
20210328_155808
ナンバーは付属の122号機
屋根上、おでこの手すりは銀河モデルさんのN-260 ED75前面手すりのものです。

吊り金具はレボリューションファクトリーさんの5009EL吊り金具、屋根上端のカバーの手すりはレボリューションファクトリーさんの4997 
1.0㍉手すり
ヘッドマークステー、貫通扉支持器具、前部標識掛けはいつものバルディローズさんのNB--501標識掛けセットから
20210328_163709


そして屋根上の配管が省略されているので新たに0.2㍉真鍮棒で再現しました
20210329_220519
金色の配管が新たに増設したものです

そしてパンタグラフ
折り目の部分に実車通りに配線を追加
0.08㍉ポリウレタン銅線を使ってます
20210329_225231
20210329_225314

そして今回は全般検査から少し時間が経ったイメージで、軽くウェザリングしようと思ってるのでとりあえずMrカラーのスーパークリアーIIIを吹いておきました
20210329_232742
パンタグラフはガイアのマルチプライマーを原液のままエアブラシで吹いて、乾燥後鉄道模型用カラーねずみ色1号で塗装しておきました
20210329_232757


本日はキリが良いここまで☆

次回は運転台の加工に入ります

本日も最後まで読んでくださり、ありがとうございましたm(_ _)m