こんにちは☆

さてここ最近はTOMIXの機関車の精密加工が続いてますが今回もTOMIXが続きます

TOMIX 7139 ED75(ひさし付・前期形)
20210407_201720
前回の75一般形の後期型と一緒に購入したものです

最近TOMIXの機関車ばかりいじってますがkatoのものより加工しやすい気がします

台車にしても簡単に外せますし、運転台もkatoより精密に出来てますし走りの方もTOMIXの機関車の方がスローが効く気がしますね!

なんかkatoの方が走り出しがロケットスタートになる様な気がします。

ちなみにkatoのユニトラックにパワーパックもkatoのハイパーDXなのですが(笑)

さてまずはカプラーの加工から始めます

TOMIXのマグネットのアーノルドカプラーを使いkatoのナックルカプラー化します

まずはバラします
20210407_203111
そして前回同様に2㍉厚のプラ角棒でかさ上げしkatoのassy Z01-0224 EF66前期形ナックルカプラーを取り付けます

加工内容は前回と同じなので割愛させて頂きます
知りたい方は前回のTOMIX 7140 ED75 (ひさしなし・後期型)を参考にしてみてください

完成の図
20210407_215540

そしてプラ板部分をブラックアウトしておきます

後に解放テコとO字のリングで繋げるのでカプラーの梁の部分に銀河モデルさんのN-637吊り金具を取り付けておきました
20210407_222841
そして次にスカート部の加工に入ります

デザインナイフでコックのモールドを除去します
そして後にエアホースを取り付ける穴を0.5㍉ピンバイスで開けておきます

そして画像左のジャンパ栓を加工
0.4㍉ピンバイスで穴を開けて0.37㍉ケンタカラーワイヤーを曲げて取り付けます
この『曲げ』がなかなか思うような形にならなくて意外と苦労します(笑)
ホースの下部をU字に曲げた0.2㍉真鍮棒で留め具を作り取り付け
20210408_200408
2END側も加工
20210408_200420
両エンド出来ました
20210408_200434
そして次にエアホースを取り付け

今まではTOMIXのPZ-001ブレーキホースLRを使ってましたが最近出たRe-colorさんの汎用エアホースがお気に入りなのでそれを使います

20210409_001417
左右5本づつ、曲がりの角度が異なるものがあるので好みのもので

四角いのはエアホースを保護する為にランナーで囲ってます
使う時に真ん中からカットしランナーを取り払います

いつもの様に実車同様にエアホースをチェーンで吊る為にエアホースを加工しますが、やり方は今までは通りなので割愛させて頂きますm(_ _)m

エアホースの先端の裏側にL字に曲げた0.2㍉真鍮棒を接着しておきました

スカート側もチェーンを引っ掻ける為のフックを0.2㍉真鍮棒で取り付けておきます

そしてエアホースを先に塗装しておきます。
ガイアのマルチプライマーを筆塗りした後に、コック部を白とタミヤXF-56メタリックグレーに塗装、ホース部はタミヤXF-85ラバーブラックで塗っておきます


そして一本づつチェーンを引っかけながらエアホースを取り付け
最近は慣れてきましたが、これがなかなか面倒臭い作業でして…

で完成の画像
こちらは1END側
カプラーは連結可能なkatoのナックルカプラー化した方です
20210408_233137
20210408_233428
そしてこちらは2END側

今回はこの2END側にダミーカプラーを仕込みました
20210408_233156
20210408_233231

そして次は台車の加工をやってしまいます
これはまだ何にもしてない状態

砂撒き菅のモールドをデザインナイフで除去します
引張棒のモールドも端の部分だけ除去します
20210409_194916
砂撒き菅は0.3㍉真鍮棒で
引張棒は0.4㍉真鍮棒
砂撒き菅への配管は0.24㍉カラーワイヤー
梁に沿ってる配管は0.2㍉真鍮棒、配管止めはバルディローズさんのNR-804配管止め0.3㍉
台車バネ脇のケーブルは0.15㍉ステンレスワイヤー
台車バネからの配管は0.37㍉ケンタカラーワイヤーで表現してます20210409_214955 
逆側
逆側の画像右側、スカート側には引張棒のモールドの表現がなかったので0.4㍉真鍮棒で再現してます
20210409_220022

2END側のDT-129
20210410_194933
逆側から
20210410_195033
歯止めが付く方ですがそれは最後に付けます
とりあえず配管は終了
そしてブレーキシリンダー部分にそれらしく見えるインレタを転写
20210412_222902
雰囲気重視と言う事で(笑)
もうこれ以上小さいインレタが見つからないので
そして空転検知装置
ケーブルは0.25㍉ケンタカラーワイヤーで、
軸受けは銀河モデルさんの速度記録装置のものを流用

20210412_222759


そしてマルチプライマーを筆塗り後、細部に色指しして台車は完成です

1END側DT-129
20210412_233123
逆側
20210412_233143

2END側DT-12920210412_233157

逆側
20210412_233212


キリが良いところで一度アップしておきます

次回からボディーの方の精密加工に入りたいと思います。

本日も最後まで読んでくださり、ありがとうございましたm(_ _)m