こんにちは☆

さて前回はスカート周りの加工、台車の加工も終わったので今回からボディーの加工に入ります

パンタグラフやガラスパーツ、運転台等を全て外して作業のやり易い様にボディーだけにします

今回はJR化後のひさし付きのラストナンバー100号機にしようと思います
ボディーをよく見てたら、色々と面倒な事が判明
20210413_211354
まずはホイッスルカバー?でいいのかな?
どなたかわかる方居たら教えて下さいm(_ _)m


わかりました!この大きなカバーはタイフォンのカバーでした☆タイフォン(AW5笛)

このヒサシの上にあるタイフォンのカバーがありません

20210413_223714
なので、プラ角棒から自作しようと思ったのですがkatoのED75 1000番台の要らないボディーがあったので、そこから部品をカットし移植する事にしました

ランボードが長く表現されてるので、このタイフォンカバーが付くところまでカットしました。
20210413_223703
そして適当にヤスって取り付け
ハイグレード模型用セメダインで接着
20210413_230727
そしてよく見てたら、TOMIXの75のヒサシにはワイパー部分に穴が空いてませんトホホ

うーん、katoの75にはヒサシにちゃんと穴が空いてるけど、すぐに取れちゃって紛失したりしてしまうんですよね(苦笑)

スルーするわけにもいかず、仕方ないので穴を空けてみる事に
とりあえず運転席側だけ試しに空けてみました
20210414_213224
おっ、上手くいったので逆側も
やり方としては空け位置に0.3㍉ピンバイスで穴を何ヵ所か空けてデザインナイフで切り取る方法

だいたい空いたら慎重にデザインナイフで穴を拡げていき綺麗に整形しました
ギザギザも#1000のサンドペーパーで形を整えました
20210414_215107
2ED側も
20210414_223014

そしてオデコの手すりのモールド、貫通扉支持器具、ヘッドマークステー、フロントガラス下の手すり、サイドの乗務員乗り口扉の手すりのモールドをチビノミを使い除去しました

そして0.3㍉ピンバイスで穴を空けておきます
20210414_222947 次に屋根上のパンタグラフにつながる配管のモールドを除去
フックのモールドも削り、0.3㍉ピンバイスで穴を空けておきます20210414_222954
20210414_223000
そして配管を製作
0.3㍉真鍮棒を曲げて取り付け
配管止めはバルディローズさんのNR-804配管止め0.3㍉です
2END側
20210415_201905
1END側
20210415_204842

フックはレボリューションファクトリーさんの5009 EL吊り金具です
屋根上全体で17ヵ所取り付けました
20210415_220407

そしてフロントガラス下の手すりのモールドをちびノミで除去しました

モールドの跡が残るのでプラ板から切り出し先端に#400のサンドペーパーを貼り付けた自作サンダーで痕を消しました
20210415_232033
その後、自作サンダー#1000で磨き、次にタミヤコンパウンド荒目→細目で磨いて傷を消しました

そーいえば気に入って使ってたガイアの精密綿棒G-04r

これが生産中止になり変わりに出てきたのがこのG-04n
20210416_224653


使ってみた結果、04rより少し大きめなんですが先端はより細くなっててしっかりしてるので細い所でも使いやすくいい感じです
これからはこのG-04nにお世話になりそう(笑)


で、こんな感じです
だいぶ削ったフロントガラス下の手すりのモールドの跡がなくなりました
20210416_205717

そして次に屋根上機器
0.2㍉真鍮棒で配管を追加しました。
20210416_221111

そしてガイアのマルチプライマーを筆塗り後、今世間で話題のこんなもので塗ってみました

ガンダムマーカーのメッキシルバー

こお皿の上に垂らし極細面相筆で塗ってみましたが、良いですね♪

めっちゃメッキ色ですね!

20210417_180023
配線をメッキシルバーで筆塗り
20210417_202657
手すりのモールドを精密面相にコンパウンドで磨いたら飾り帯の上側が少し色が落ちてしまったのでここも塗ってみました
20210417_202620
このガンダムマーカーメッキシルバーは色々と使えそうです

そしてナンバーを貼り付け

ナンバーはレボリューションファクトリーさんの698 ED75ナンバーベース  インレタ貼り付け用 TOMIXサイズに7012 ED75ナンバーインレタ1白を使いました

ただこの7012 ED75ナンバーインレタ1白は最近?出たものらしく文字が以前のインレタより少し文字が大きめでナンバーベースに転写しようとするとかなりギリギリです

相当気を付けて転写しないと文字がはみ出てしまうので厄介です

で何とか上手く転写出来たのでタミヤX-22クリアーを塗って保護しておきました。

クリアー塗る時に気を付けるのはインレタは溶けやすいのでエナメル系、アルコール系のクリアーはNGです
なのでタミヤの水性、アクリル系のクリアーで保護します
20210417_235429
サイド 製造銘板も取り付け
20210417_235444

次にJR化のヒサシ付きラストナンバーは黒Hゴムなのでサイドの採光窓の縁をブラックアウトします
Katoの75はここがガラス表現でガラス窓の方を黒に塗ったりしますがTOMIXの75はボディーの方にHゴム表現してあるので、ボディーの方を塗ります

使うのはこの油性の超極細のマジックです
20210417_235606
区名札も先に貼っておきます
銀河モデルさんのN-507区名札東日本方面から『仙貨』
20210417_235512

そしてJRのインレタも転写しておきます
20210418_002401
この以前ヤフオクで購入したJRインレタは弱いのでタミヤのX-22クリアーを筆塗りすると溶けちゃいました。


20210418_131455
なのでエアブラシで薄く吹いて様子見

そのあいだにパンタグラフの加工
折り目に0.08㍉エナメル銅線をU字に曲げ、取り付け
マルチプライマーをエアブラシで吹いてから鉄道模型用カラーねずみ色1号で塗装しました
20210418_152523
折り目のアップです
20210418_152613

そして今回もとりあえずスーパーカラーIIIで先に塗装しておきます
20210418_131400



本日はここまで

次回は運転台の加工に移ります

本日も最後まで読んでくださり、ありがとうございましたm(_ _)m