こんにちは☆

さて前回からの続きで残り2両のシキ1000の加工をやってました

2両目です
20210626_201556
まずはこのモールド表現の解放テコを別体化します
20210629_204933
モールドをデザインナイフで切り取り支柱はモールドをそのまま使います
0.3㍉ピンバイスで穴を開けておきます

解放テコは0.2㍉真鍮棒で作ります
連結器側は曲げて輪にしてます

カプラーはラウンドハウスの車間短縮ナックルカプラー
銀河モデルさんのN-637吊り金具を取り付け、解放テコを実車同様にO字のリングで繋げてます
20210629_205029
O字のリングは銅線を使用
形を整えやすくやり易いので使ってます

モールドの手すりと手ブレーキのハンドルは大きすぎるので削って手すりは0.3㍉真鍮棒をハンダで作り取り付け
ハンドルは以前製作したペアーハンズさんのロンチキの余ったチキの手ブレーキのハンドル(エッチング製)を使ってます
ステップの補強のバーが表現されてないのでプラ平棒で表現
20210629_205044

そしてガイアのマルチプライマーを筆塗り後に艶消し黒で塗装しておきました
20210630_213805

20210630_214620
逆側も

20210630_214428

20210630_214450
両方の台車の精密加工は完成です
20210701_191525
そして次にボディー側の加工

前回削ってしまってこうかいしたこのフックはモールドに0.5㍉の穴を開けて表現
こっちの方が実車に近いかと思いますので
20210701_191723
逆側も
20210701_191803
そしてボディー下部の配管のモールドを削り0.3㍉真鍮棒で別体化
20210701_200208
このBOXには1.2㍉ピンバイスで穴を開けて手すりはレボリューションファクトリーさんの4998手すり1.2㍉を使ってます

20210701_225300
車番が被ってるので修正しておきます

TOMIX 2773 のシキは車番が全車1002なのでこれは1001に変更
1002の2だけ消すのは困難なので楊枝の先端をデザインナイフで削って尖らせたもので2の部分だけ艶消し黒で塗り潰してからレボリューションファクトリーさんの手持ちのインレタの中から比較的数字が小さいものを選んで転写しておきました

20210701_225318
インレタ保護の為タミヤX-22クリアーを筆塗りしておきます

0.3㍉真鍮棒で別体化した配管はマルチプライマーを筆塗り後艶化し黒で塗っておきます

そしてボディー内側に配管を増設
0.37㍉ケンタカラーワイヤーで再現
20210702_202424
逆側
20210702_202508

そして台車を取り付け、2両目完成です
シキ1001
20210702_212211
真鍮棒で作り直したステップと
20210702_212225
エアホースは今回はTOMIXのPZ-001を使ってみました。
最近はRe-colorさんの汎用エアホースを気に入っていてTOMIXのエアホースが大量に余ってしまってるので(汗)
20210702_231821


20210702_212233
ボディーのフックはモールドに穴を開けました
こちらの方が実車に近いですね
20210702_212330
ボディー内側の補強の梁はヤフオクて購入した3Dパーツです

センターに注意書かあるのでそれらしく見えるインレタを貼りました

その梁の下に『B』の表記かあったのでインレタで再現
20210702_212810
改番した1001
20210702_212350
20210702_212417
逆側から
20210702_212447
20210702_212528
20210702_212548
ボディー内側の追加した配管
20210702_212607
20210702_212643
こちら側には『A』のインレタを転写
20210702_212728

これで2両目が完成

残り一両もやってしまいます
なんか思ったよりなかなか進みません(笑)

最終的にはトランスを載せてワイヤーで固定までやっていきたいと思います。


毎回同じような内容ですいません(汗)本日も最後まで読んでくださり、ありがとうございましたm(_ _)m