こんにちは☆

さて前回スカート周りの加工を終えたので台車の精密加工に入りました

まずは台車をバラしてみます
20210802_224514
今までやったED75の台車と同じかと思いきや、バラしたら中のギアが外れバラバラになってしまいました(汗)

どうやら作りが違うようです

なのでバラバラになってしまった台車をもう一度組み直し、作りを学習

そして作りを理解してから台車の加工を始めました

まずは砂撒き菅のモールドを削ります

このEF71の台車はモールドを削ると別体化する0.3㍉真鍮棒を差し込む部分が細く、なかなか厄介です

それでも何とか慎重に配管類を別体化しました
20210804_232347



砂撒き菅は0.3
㍉真鍮棒、引張棒も別体化、同じく0.3㍉真鍮棒で再現

台車上部の配管は0.2㍉真鍮棒
配管止めはレボリューションファクトリーさんの5120吊り金具旧型用を配管止めとし、使ってます
砂撒き菅への配管は0.24㍉カラーワイヤーを使用
台車バネ下のケーブルは0.15㍉ステンレスワイヤーを使ってます

下回りはこんな感じ
20210804_232414


逆側
20210804_232502


ここでサッシ窓にするレボリューションファクトリーさんの4976ELユニットサッシですが、筆塗りだと、どうもクオリティーに納得がいかず、やり直してみました
ガイアのマルチプライマーをエアブラシで吹いた後に、先に鉄道模型用カラーのステンレスシルバーを吹きます

そしてその後マスキングをしました

マスキングが面倒だったので筆塗りしてみましたが面倒臭がってはダメですね(笑)

20210802_215758

そしてマスキングしたのちにGMカラーの赤2号を吹きます

20210803_192234

そしてドキドキのマスキング剥がし

結果は
20210803_192607
まぁ、何とか上手くいったかな?

はみ出た部分を手直ししました
20210803_195232
これなら許容範囲かと思います

さて台車の加工に戻ります

2END側の台車
20210804_200951
配管のモールドを削り別体化していきます

20210804_232910
逆側
20210804_232938


そして最後に中間台車

20210805_233200
逆側から
20210805_233234
これで台車の加工は終わりました~

ガイアのマルチプライマーを筆塗りし、細部を色差ししました

1END側台車 DT-129M

20210806_232904
逆側
20210806_232916
中間台車 DT-137
20210806_233605

2END側台風 DT-129N

20210806_233017


20210806_233050

次に床下機器の加工をしました

1END側の床下機器
配管のモールドを削り、太い方は0.4㍉真鍮棒、細い方は0.2㍉真鍮棒、赤丸部分のケーブルは0.15㍉ステンレスワイヤーを使ってます
20210806_224134
逆側
こちらは0.2㍉真鍮棒
20210806_211540

そしてこっちは2END側の床下機器
0.4㍉真鍮棒と赤丸部分は0.24㍉ケンタカラーワイヤーを使ってます
20210806_224110
逆側
画像左の太い方は0.4㍉真鍮棒
細い方は0.2㍉真鍮棒です
20210806_223519
これで台車と床下機器の加工は修了

次回からボディーの方の加工に入っていきます。

今回TOMIXのEF71の精密加工は初めてなので色々と考えながらやってるのでなかなか進みません(苦笑)
完成までまだ時間かかってしまいそうですか、どうか飽きずにお付き合い下さい


本日も最後まで読んで下さりありがとうございましたm(_ _)m

またいつも拍手押してくださる方、ありがとうございます☆