(仮称)東北本線 岩○機関区

Yahoo!ブログの閉鎖に伴い、こちらに引っ越してきました。主にNゲージの精密加工をしております。機関車関連、客車、貨車等の加工ばかりで電車関係は少ないです。宜しくお願いいたします。

カテゴリ: 直流EL

こんにちは☆

今回も64 1000の台車の精密加工整備は続きます

今回はこれ

Kato 3023-3 EF64 1001 茶色改
EF64 1001号機 [高]
20200714_202627

前回の加工整備内容はこちらからどうぞhttp://wipeout0512.livedoor.blog/archives/18706208.html


まずはボディーを外し台車を取り出します

砂撒き管とその周辺の配管のモールドをデザインナイフで削る事から始めます


そして0.3mmピンバイスで穴を開けます
ちなみに0.3mmピンバイスの刃はバリバリ折ってます(苦笑)
角度が悪いとすぐにポキッと行くので要注意です。
刃先を短くすればある程度は防ぐ事も出来るのですがどうしても刃先を長くしないと穴を開けれない所が多々あるので、ある程度は折れても仕方ないかな?とは諦めてます(笑)

ちなみに0.2mmのピンバイスの刃もありますが、私の技術ですと一回穴を開けようとするとほぼ折れます(苦笑)


そしていつもの通り完成の画像(笑)
1END側のDT-138A
20200715_201826
逆側から
20200715_201844
これは中間台車 DT-139A

歯止めを取り付け
速度記録装置も新たに作り直しました。

20200715_201908
逆側から
20200715_201916
そしてやっちまいました。
引張棒のモールドを削り棒状にしてるところ、つい地からが入りすぎ残さなきゃいけない部分をカットしてしまいました。

なので0.3mm真鍮棒とプラ棒を使い修復
片方だけ切り落としてしまい肩代わりだけの修復だとバランス悪いので左右両方やりました
20200715_202002


こちらは2END側のDT-138A
20200715_202023
逆側から
20200715_202032
これで台車の配管の別体は完了

メタルプライマーを筆塗りし少し放置しておきます


そしてホイッスルの製作
これが小さすぎるパーツなので作るのに結構イライラします(笑)
20200715_225817
レバーと配管は0.2mm真鍮棒です。


そしてATS-Psの車上子を作ります
ベースは銀河モデルさんのN-196ATS車上子EF81用を改良しました
20200716_234826
そして床下機器の空気溜めタンクの配管も別体化します
0.2mm真鍮棒です
20200716_234926

蓄電池Boxの手すりも別体化
レボリューションファクトリーさんの4997手すり1.0mmです
20200716_234949

そしてプラ板を切り出し名前のわからない床下機器を作ります
だいぶデフォルメしてますが雰囲気が出れば良いかな?と(笑)
20200716_235034
そしてもう少しATS-Ps車上子を作り込んでみました

20200717_192243
黒く塗装します
20200717_200047
20200717_200122
そして台車を組み込みダイキャストだけでお座敷レイアウトで試験走行

今回も不具合は出なくすんなり合格です

そしてボディーをはめ込みATS-Ps車上子を取り付け配管も設置
 
床下機器も追加して取り付け細部を手直しして完成としました

Kato 3023-5 EF64 1001 茶色改

EF64 1001号機 [高]
20200717_214602

いつもの通り細部を見ていきます

1END側の台車 DT-138A
20200717_215322
中間台車 DT-139A
20200717_215337
2END側の台車 DT-138A
20200717_215351

更にアップで
20200717_214748
20200717_214756

改良したATS-Ps車上子
20200717_214817
中間台車
20200717_214826
20200717_214832
空気溜めタンクの配管
20200717_214841
2END側DT-138A
20200717_214850
20200717_214913

改良したホイッスルレバー
20200717_215001
追加した助手席側の機器類
20200717_215036
こちらは助手席側から
20200717_215132

2END側
20200717_215516
2END側 DT-138A
20200717_215549
中間台車 DT-139A
20200717_215554
1END側 DT-138A
20200717_215609

スカート部のアップ
20200717_215637
蓄電池Boxの手すりも別体化
20200717_215752
20200717_215911
1END側
20200717_220009
2END側
採光窓から見えるのは機械室の表現ステッカー
20200717_220033
2END側
20200717_220150
1END側
20200717_220215


これでE64 1001号機[高]は完工とします。

全般検査明けのピカピカ仕様

今は国鉄復活色になってしまいましたが個人的にはこのぶどう色2号も好きです

これで当機関区のEF64 1000番台は4両終了

残りはあと一両

頑張って仕上げてきたいと思います。
本日も最後まで読んでくださり、ありがとうございましたm(_ _)m

コロナウィルスの感染者が増えてます。皆様どうぞお気を付けください








こんにちは☆

まぁ、今年の梅雨はよく雨が降りますね…
毎日ジメジメな陽気が続いてますが今回も64 1000の台車の追加精密加工をやります。

今回はこれ
Kato 3023-5 EF64 1000 JR貨物広島更新色タイプ改
EF64 1046号機 [愛]
20200710_184432
前回の精密加工整備内容はこちらから、どうぞ


これで64 1000は3両目
要領を得てだいぶ慣れてきました(笑)

1END側の台車 DT-138Aは完成
20200710_214910
20200710_214959

そして2END側の台車も完了
20200710_232516
20200710_232532
中間台車のDT-139

20200711_203533
歯止め付けるの忘れてました(笑)

引張棒はモールドを削り混み、棒状に加工してます
赤い矢印部分です
20200711_203711
そして中間台車の歯止めを取り付け各部、色差しして完成です
カラーは鉄道模型用カラーねずみ色1号に少量の黒を混ぜてみました
20200712_232043

1END側のDT-138A
20200712_231601
逆側から
20200712_231616
中間台車DT-139A
20200712_231736
逆側から
20200712_231808
2END側DT-138A
20200712_231904
逆側から
20200712_231955
そして改良したホイッスルレバー
めっちゃ小さく切り出したプラ板に0.3mmの穴を開け0.2mm真鍮棒でレバーと配管を取り付け、窓の内側からハイグレード模型用セメダインで接着
20200712_174453
これは白化しないので硬化まで少し時間かかりますが、こーいう見える部分に使ってます

外から見てるとこんな感じです
20200712_174504

そして運転台の加工、助手席側の機器類を追加しました
20200712_182532

そして銀河モデルさんのN-196 ATS車上子を少し改良してATS-Ps車上子を作ります

20200713_184944
こんな感じですね
極細プラ板をさらに細くカットし柱を立てます
中の配線は0.15mmステンレスワイヤーを使ってみました
20200713_213556
そして車上子を取り付け台車も組み込みお座敷レイアウトで試走


今回は一発でクリアー
特に不具合は出ずすんなりいきました~

そしてボディーを組み込み細部を手直しして完成です

Kato (ラウンドハウス)3023-5 EF64 1000 JR貨物広島更新色タイプ改

EF64 1046号機 [愛]

1END側
20200713_230442
細部を見ていきます

1END側の台車 DT-138A
20200713_230531

中間台車 DT-139A
20200713_230544
2END側の台車 DT-138A
20200713_230601

更に細かく

1END側DT-138A
20200713_230639
名前のよくわからない黄色い機器を床下に追加
20200713_230650

ATS-Ps車上子 車体に繋がる配線は0.24mmケンタカラーワイヤーを使ってます
20200713_230708

中間台車 DT-139A
こちらのボディー下に這ってるケーブルも0.24mmケンタカラーワイヤーで表現
20200713_230723
歯止めも自作し追加
20200713_230733

空気溜めタンクの配管も別体化
0.2mm真鍮棒で表現してます
20200713_230737

2END側 DT-138A
見ずらいですがバネ脇のケーブルは0.37mmケンタカラーワイヤーを使用
20200713_231001
20200713_231009

改良したホイッスルレバー
レバーだけではなく配管も表現
20200713_231035

助手席側の追加した機器類
20200713_231057

2END側
20200713_231259

2END側の台車 DT-138A20200713_231402
中間台車 DT-139A
20200713_231407
1END側の台車 DT-138A
20200713_231434

蓄電池ボックスの手すりも別体化
レボリューションファクトリーさんの4997手すり1.0mmを使ってます

20200713_231502

ATS-Ps車上子
20200713_231835

2END側のスカート周り
20200713_232801
20200713_231949
20200713_232020

1END側
20200713_232056
2END助手席側
20200713_232116
2END運転席側
サイドの採光窓から機械室の表現もみてとれます
20200713_232143
1END助手席側
20200713_232158

これで当機関区のEF64 1000 は3台完了
残りの64 1000はあと2両

少し飽きてきましたが今やっておかないとやり方忘れてしまうので次も同じく64の追加加工になります(笑)

いい加減見飽きてるかと思いますがお付き合いください(苦笑)

本日も最後まで読んでくださり、ありがとうございましたm(_ _)m

こんばんは☆

さて前回に引き続き今回もこれをやってしまいます
Kato3024-1 EF64 1024号機[愛]
20200705_221417
前回の精密加工が内容はこちらからどうぞ

ではいつものように台車を外し砂撒き管、そこに繋がる配管、別体化する油圧の配管のモールドをデザインナイフで削り取ります

そして引張棒を表現するのにデザインナイフで切れ目を入れてる時につい、力みすぎて引張棒のモールドも削ってしまいました(汗)

なので0.3mm真鍮棒と極細プラ棒で再現しました
20200706_215004
赤い矢印の部分です
本来なら全ての台車にこの引張棒も別体化しようと思ったのですがkatoの台車は床下機器との隙間が狭い為、別体化した真鍮棒が引っ掛かるんです

なので削る事によって、元の引張棒のモールドを活かそうと考えました

そして1END側の台車DT-138Aの加工は終了
20200706_214721
下廻り
20200706_214747

そしてこちらは2END側のDT-138A
20200706_230255
20200706_230352

そして中間台車 DT-139A

速度検出装置かな?を0.24mmケンタカラーワイヤーと極細プラ板、銀河モデルさんの速度検出装置の一部だけ使い製作しました。

歯止めもプラ棒から作り取り付け
留め具はレボリューションファクトリーさんの4997 手すり1.0mmを代用してます
20200707_201738
逆側
20200707_201750

これで台車の加工は完成
メタルプライマーを筆塗りしてガイアの鉄道模型用カラーねずみ色1号で色差ししました

台車の精密加工は完了です
20200708_203602
次はATS-Psの車上子を作ります
ベースは銀河モデルさんのN-196EF81用の車上子です
20200709_201803

evergreenの0.28mm×0.56mmのプラ平棒を更に小さく細くカットし柱を立てます
中の配線はランナーを引き伸ばしたものを使ってます

そして取り付け
ケンタカラーワイヤー0.24mmで配線を追加しました
20200709_203115

そしてプラ板を切り出し、名前がよくわからない機器を製作
めっちゃ小さいものなので大変でした(汗)
20200709_214319
そしてそれらの各パーツを取り付けやっと完成

Kato 3024-1 EF64 1000  JR貨物新更新色改
EF64 1024号機  [愛]
1END側
20200709_220115
細部を見ていきます

1END側台車 DT-138A
20200709_220158
中間台車 DT-139A
20200709_220207
2END側台車 DT-138A
20200709_220217

更にアップで
1END側から
20200709_220302
20200709_220311

EF64 1000用に改良したATS-Ps 車上子 
20200709_220421
0.24mmケンタカラーワイヤーで床下にケーブルを追加
20200709_220442_001
20200709_220510
空気溜めタンクも0.2mm真鍮棒で別体化
20200709_220519
2END側DT-138A
20200709_220619
バネ脇のケーブルは0.37mmケンタカラーワイヤーを使ってます
20200709_220655
改良したホイッスルレバー
20200709_220937
20200709_220953
追加した助手席側の機器類
20200709_221100
1END側サイドビュー
20200709_222043
2END側サイドビュー
20200709_222126

2END側
20200709_221233

2END側DT-138A
20200709_221306

蓄電池Boxの手すりはレボリューションファクトリーさんの4997 手すり1.0mmです
20200709_221324
中間台車DT-139A
20200709_221334
ATS-Ps車上子
20200709_221357
1END側DT-138A
20200709_221449
2END側のスカート周り
20200709_221729
20200709_221832
20200709_221905
2END側サイドビュー
20200709_221942
1END側サイドビュー
20200709_222007

これで2機目のEF64 1000 JR貨物新更新色の台車追加精密加工整備は完工とします。

残りはあと3両…
だいぶ疲れてきました(苦笑)

さて次もEF64 1000の台車追加精密加工をやってしまいます。

毎回同じ用な内容で飽きて来てるかと思いますがどうかお付き合いください(笑)

本日も最後まで読んでくださり、ありがとうございましたm(_ _)m

こんにちは☆

前回、当機関区在籍のEF81 全5両の台車の精密加工が完了したので次はEF64 1000の追加台車の精密加工整備を始めます

Kato 3024-1 EF64 1000 JR貨物新更新色改
EF64 1036号機[愛]です
20200630_230948

前回の精密加工整備の内容はこちらからどうぞ


まずはボディーを外し台車を外します
旧製品なのでボディーを外さないと台車が取れないタイプですね


まずは1END側の台車 DT-138Aから始めます

EF81と同じようDT-138台車がですが、よく見ると細部がだいぶ異なっています。山岳用のブレーキシリンダーロック装置が追加されてるDT-138A形です。
しばらく眺めてどこを別体化していくか考えます

結果、前回の81とは多少違う感じで始めました
20200701_203534
逆側
20200701_204058

下廻り
20200701_204205

2END側 DT-138A
20200701_224055
20200701_224127

そしてこれは中間台車 DT-139Aです
20200702_201416

20200702_201424
この後メタルプライマーを筆塗りし乾燥後にガイアの鉄道模型用カラーねずみ色1号で色差ししました。
色合いはほぼ同じかな?


そしてダイカストに台車を装着しお座敷レイアウトでテスト走行

いつもの様に不具合発生(苦笑)

床下にケーブルを追加したのでそのケーブル(0.3㍉ケンタカラーワイヤー)と台車が干渉し途中で停止してしまいます

リアルさを追及していくと床下のケーブルや台車の配管の別体化は欠かせないので不具合を一つ一つクリアーしていかないとならないので、ここで時間を取られてしまいました(汗)

でも何とか不具合をクリアーし走行に支障ないようにしました。
これでボディーを被せられます

そして次にホイッスルレバーを少し改良してみました
20200702_220639
そして助手席の機器類を追加
20200703_222950

そしてATS-Ps用の車上子を製作
ベースは銀河モデルさんのN-196 EF81用の車上子を使ってます
20200704_212536
極細プラ棒を更に小さくカットし柱を作ってます
車上子のケーブルはランナーを伸ばしたものを使ってます
20200704_212644

そしてボディーを被せ完成です

ボディーを被せてしまうと解放テコと連結器をO字のリングでつなぐので、この作業がなかなか面倒で、全て問題をクリアーしないといけないのでボディーを被せるのが最後になります。

最近のkatoの製品はボディーを外さなくても台車が取れるので楽ちんになりました

Kato3024-1 EF64 1000 JR貨物新更新色改
EF64  1036号機[愛]
1END側
20200704_222809

1END側の台車 DT-138A
20200704_222915
ATS-Ps 車上子
20200704_222930
中間台車 DT-139A
20200704_222936
2END側の台車 DT-138A
20200704_222957

アップで見ていきます
1END側から
20200704_223240

20200704_223250

ATS-Ps車上子
20200704_223106
車上子からの配管も増設しました。0.24mmケンタカラーワイヤーです
20200704_224846
中間台車DT-139A
20200704_223113
20200704_223121
2END側の台車のアップ
画像左の空気ダメタンクの配管も0.24㍉ケンタカラーワイヤーで別体化してます

見えづらいですがバネ脇のケーブルは0.37㍉ケンタカラーワイヤーで表現
20200704_223128
20200704_223141

これは改良したホイッスルレバー
20200704_223426
助手席の追加した機器類
20200704_223805
助手席側から
20200704_223551

そしてこちらは2END側
20200704_223903

ブレーキ台座、ホイッスルレバーも助手席側も見えて良い感じです
20200704_223916
2END側 DT-138A
このスカートと台車の間に実車ではATS-Pの車上子があるのですが、さすがにこのスペースに取り付け出来ず断念…

今後の課題にします
20200704_223923
蓄電池Boxの取っ手もレボリューションファクトリーさんの4997 手すり1.0mmで別体化
20200704_223934
中間台車DT-139A
20200704_223941
ATS-Ps車上子
20200704_224013
1END側DT-139A
20200704_224035

EF64 1000の台車の精密加工整備は初だったのでどういじるか手探りの状態で始めたので結構時間がかかってしまいました。

でもだいたいの手順が決まったので次からはもう少しスピードアップできるかな☆

名前のわからない床下機器類もプラ板から作ったりしたのでこれに時間取られたりもしましたが何とか形になったので良かったです

つぎももう一両あるEP64 1024号機の方も始めたいと思います。

本日も最後まで読んでくださりありがとうございました。
またいつも『拍手』押してくださる方々、ありがとうございますm(_ _)m

こんにちは☆

ついでにこの前やったkato EF65 1000番台 前期形改 EF65 1033号機[宇]の台車の精密加工を追加でやりました。


過去の精密加工記事はこちらから

20200513_234241


まずは中間台車のDT116Cからやりました
20200513_000131
赤丸の部分の砂撒き菅と油圧の配管のモールドをデザインナイフで除去しました

そして砂撒き菅は0.3mm真鍮棒で製作し油圧の配管は0.24mmステンレスワイヤーで製作
20200512_222153

なるべく実車に近付けるべく、車輪と線路ギリギリの所まで寄せてます
かなり攻めてみました(笑)
20200512_222216
これで砂が出れば空転もしないですね(笑)


そしてギア付き台車 DT115Bの方も追加加工しました
20200512_211711

20200512_211751
この後メタルプライマーを筆塗りし、タミヤXF-85ラバーブラックで色差ししました


そしてボディーに戻して見てみます
20200512_233633
20200512_233645
20200512_233840

いい感じになりました。

そしてレールに乗せてクリアランスを確認
20200513_234404
20200514_180012

20200513_234416
そしてお座敷レイアウトで試走させてみました。

たまにポイント通過する時に金属音がする時がたりましたが脱線することもなく合格です。


やはり精密加工しても走れなきゃ意味がないので☆

これで完成とします。

そして次も台車の追加精密加工は続きます(笑)

本日も最後まで読んでくださり、ありがとうございましたm(_ _)m

↑このページのトップヘ