(仮称)東北本線 岩○機関区

Yahoo!ブログの閉鎖に伴い、こちらに引っ越してきました。主にNゲージの精密加工をしております。機関車関連、客車、貨車等の加工ばかりで電車関係は少ないです。宜しくお願いいたします。

カテゴリ: ロンチキ

こんにちは☆

なかなか梅雨が明けない関東地方です
今年はやたら梅雨が長いと思いきや、去年も梅雨明けしたのが8月に入ってから明けたようです。

なので今年に限っての事ではないようですね

さて前回のEF64 1000番台 5両の台車精密加工をして少し疲れてきたのと飽きてもきたので、他の事をしました。

というのは今回は以前に製作したモデルアイコンのチキ6000のプラキット
20180311_131956
20180311_132223
前回の加工整備内容はこちらからどうぞ


プラキットなのでウェイトがなく軽い車両で以前、甲府のパンケーキコンテナさんに行った時に動画を撮ろうと走らせたらポイントで脱線しまくりでまともに走らなかったので今回は改良したいと思います。

まずはオレンジ色の緊締器のチキ6000 ×6両をやります

使うのはいつもお世話になってる美軌模型店さんのシールウェイト
20200727_225147

これを幅6ミリ、長さ21ミリにカットしたものを1両につき4枚使います
これはハサミで簡単に切れる優れもの☆
しかも安い!(笑)

20200728_185636
こんな感じに切りました


 
この切り出したシールウェイトを半分に折り返しチキの床下の真ん中にちゃうど隙間があるので、そこに折ったものを2枚詰め込み押し込みます
20200728_191855
画像左側の一枚は短くなってますが、ちゃうどそこにだけ凹凸がありピッタリ入らないのでウェイトを短くカットしました


計量器に乗せて重量を計ろうとしたら、軽すぎてうちにある計量器では使えなかったので実際、何クラム増えたかはわからないのですが持った感じでは確実に重くなってます(笑)


そして鉛のウェイトなので目立たないようにフラットブラックで筆塗りしておきました
20200728_210303

 
合計6両にウェイトを埋め込みお座敷レイアウトで試走
20200728_210348

とりあえずうちのお座敷レイアウトでは不具合もなく合格でしたが実際、貸しレではわからなきので今度試してみて、またご報告させて頂きます。

前回に台車の追加精密加工をしたkato3023-3 EF64 1001 茶色改

EF64 1001号機   『高』に牽引させてみました
20200728_210951
20200728_210959

また気が向いたら緊締器が黄色の方のチキ6000×6両もやりたいと思います。

今回は簡単な改良整備でした。

本日も最後まで読んでくださり、ありがとうございましたm(_ _)m

こんばんは☆

すでに年内仕事を終えお正月休みに入ってらっしゃる方も多いと思いますが、私は本日年末の仕事を終えました。

世間がお休みの間に働いてらっしゃる方もいるとは思いますがご苦労様ですm(_ _)m

さて、ネットで注文しておいた物が届きました。、
GreenMaxグリーンマックスから発売日された2198 プラ素材レール(ブラウン 10本入り)

イメージ 1



モデルアイコンのチキ6000を岩切常駐のレール輸送
これに、積載しよう思い買ってみました。

以前はウェイト代わりにフレキシブルレールをカットして載せてましたがカーブを曲がる際に金属のレールですと曲がらないので走行に支障が出るので短く90ミリにして積んでました。

25MレールをNサイズに直すと、
2500センチ÷150=16.6センチ

このGMのプラ素材レールの長さは16.6センチなので買ってみた次第です。

そこで長さを計り締結装置に入る幅はレール6本が限界

これをまとめるのに透明のプラ板を適当な長さにカットしてGボンドクリアーで両端を接着してみました。

イメージ 2



真ん中はレールの裏側です。

そしてレールの両端切り口をブルーで塗装し、チキに載せてみました。

いつもの場所で

イメージ 3

イメージ 4


お座敷レイアウトで走らせてみたら、カーブでも特に問題もなく走行出来ました。
ただ、当機関区のお座敷レイアウトのカーブのRはkatoの複線曲線線路R480/447 カント付きなので、R282とかで障害もなく曲がれるかは不明です。

『仙』75の758に牽引させてみました。

イメージ 5

イメージ 6


そしてペアーハンズのUT-20A 5000 タンクコンテナキットも買ってみました。

イメージ 7



これはまた時間ある時に組み立てたいとおいます。

年末はバタバタと細かい加工は出来ませんでしたが、また来年になってから再開したいと思います。

今年一年、当ブログにご訪問して頂き誠にありがとうございました。
また来年もお時間ある時に覗きにきてみてください。

それではみなさま、良いお年をお迎えください。

最後まで読んでくださり、ありがとうございましたm(_ _)m

こんばんは☆

さて長々と引っ張ってきましたモデルアイコン チキ6000レール輸送プラキットの最終回になります☆

ディティールアップをしましたのでアップしたいと思います。

最後尾のチキにレボリューションファクトリー製の反射板を取り付けて、解放テコ、ブレーキホースも付けました。

解放テコは、0.3ミリの真鍮棒を5ミリにカットしてエッチングベンダーを使いL字に曲げてとりつけます。

イメージ 1

イメージ 2


ブレーキホースはtomix PZ001ブレーキホースの余り部品です

そして次に側ブレーキ上部にある手すりを自作しました。
同じく0.3ミリ真鍮棒をエッチングベンダーを使いコの字型に曲げます。

イメージ 3


この小さい手すりを24個近く作りました。

そしてそれを4ミリの長さに揃え側面のブレーキ上部側面にタミヤセメントをほんの少量付けて取り付けます。

イメージ 4


Gボンドクリアーだと量がつき過ぎてNG
ハケ付の瞬間接着剤でも試したのですが名前だけ瞬間接着剤で全然くっつきません(苦笑)

タミヤセメントがある程度粘りもあるのでこれが使いやすかったです。

そして乾燥したらタミヤXF-1フラットブラックを極細面相筆で塗り上部だけフラットホワイトで塗りました。

イメージ 5

イメージ 6


締結器がオレンジ色のチキ、残り5両完成

イメージ 7

締結器が黄橙色のチキ、残り5両完成

イメージ 8


これで全部で12両完成とします。

イメージ 9


あとは、積載用のレールをkatoのフレキシブルレールから切り出し作りたいと思います。
また時間ある時にウェザリングもしたいと思います。

本日も読んでくださり、ありがとうございましたm(_ _)m

YouTubeに走行動画アップしました。良かったら覗いてみてください→https://youtu.be/z8RZuBQ71tE

こんばんは☆

暖かくなったと思えばまた寒さが戻ったりと体調崩してませんか?

体調管理にはじゅうふん、お気をつけください☆

さて、レボリューションファクトリーさんのインレタが届いたので一番厄介なインレタ貼りをしました。

残りの締結器と滑り台が黄橙色の6両です。

イメージ 1


インレタ保護の為、エアブラシでクリアーを吹きました。
今回はいつも失敗するMrカラーGX100 スーパークリアーIIIです。
乾きが速いのでリターダーマイルドを混ぜます。
艶を出すというよりインレタ保護なので適当に吹きました(笑)

サッと吹くだけならカブリもなく仕上がる事に今更ながら気が付きました(苦笑)

イメージ 2


そして乾燥したら締結器と滑り台をGクリアーボンドで接着剤します。

イメージ 3


そしてtomixチキ7000の付属の梁を0.6ミリのピンバイスで穴を開けてGボンドクリアーを少量着けて取り付けます。

台車もはめ込み6両完成です

イメージ 4


最後尾のチキだけレボリューションファクトリー製の反射板を取り付け、解放テコとブレーキホースを取り付けしました。

イメージ 5


また後程、解放テコ自作と、側ブレーキ上部の手すり等のディティールアップの内容はアップします☆

とりあえずいつものお座敷レイアウトにて

イメージ 6

  

イメージ 7


とりあえず合計12両のチキ6000は完成です
後は暇見てまた積載用のレール作りと細かなディティールアップ、ウェザリングをやりたいと思います。

このモデルアイコンのチキのキットは簡単です。

けど最大の難関は何と言ってもインレタ貼り!

側面の幅のない部分に転写するのにセロハンテープで固定しようにも固定する面積がないのでこすってる時にずれてしまってもう、どうにもなりませんw
何か良い方法があるんでしょうけど私の技術と頭ではこれが限界です(笑)

上手に貼ってらっしゃる方も居ますけど尊敬します☆

まっ、走らせてる時はほとんどわかりませんので良しとします(笑)

本日も読んでくださり、ありがとうございましたm(_ _)m

こんばんは☆

先日までとは一転、真冬の様な気温に戻ってしまった関東地方です。

みなさん、体調崩さないように注意してくださいm(_ _)m

さて、モデルアイコン チキ6000ですが苦手なインレタ貼りに苦戦して、インレタが足りなくなってしまいインレタの到着後待ちの状態です(汗)

それでも少しは作業を進めようと、とりあえず先にインレタを貼り終えた車両から組み立てる事にしました。

イメージ 1


ボディにオレンジに塗装した方の締結器と滑り台、tomixのチキ7000に付いてる梁を取り付けていきます。

イメージ 2

イメージ 3


この締結器がオレンジ色のチキは6両完成です。

そして時間があったので、積載するレールを作りました。

Katoのフレキシブルレールを買ってニッパーで切断して棒ヤスリで切断した面を整えます。

イメージ 4


Tomixチキ7000に付属してるレールは6本、長さは90ミリでした。

本来なら10メートルレールを1/150にするなら約67ミリ、25メートルレールですと16.6ミリにするべきなのですが、見た目を重視するという事と、16、6ミリですと2両1ユニットにまたいで載せるのでカーブで脱線する恐れがあるのでtomixチキの90ミリにカットしたものを搭載しました。



そしてtomixチキ用レールなら5本、katoのフレキシブルなら6本並べるのが限界です。

レールの脇に少量のGボンドクリアーを塗り接着して裏にはセロハンテープでバラけないように止めてます。

イメージ 5

メタルプライマーをエアブラシで吹いた後にタミヤXF-64レッドブラウンを吹きました。
そしてレールの切断面は水色を筆で色差しして完成です。

先に完成したチキ6000に載せてみました。

イメージ 6


そして我が家のお座敷レイアウトにて記念撮影ww

イメージ 7

イメージ 8


残り6両は締結器が黄橙色のタイプにします。
インレタ来たら一気にやっつてみます。

本日も読んでくださり、ありがとうございましたm(_ _)m

↑このページのトップヘ