(仮称)東北本線 岩○機関区

Yahoo!ブログの閉鎖に伴い、こちらに引っ越してきました。主にNゲージの精密加工をしております。機関車関連、客車、貨車等の加工ばかりで電車関係は少ないです。宜しくお願いいたします。

カテゴリ: ロンチキ

こんにちは☆

さて前回上物エッチングパーツとコキにガイアのマルチプライマーをエアブラシで吹いて乾燥したので塗装していきます


まずは滑り台のホワイトメタルパーツと中央締結車と発電機搭載車の上物パーツをエアブラシで塗装します
使った塗料はGMカラーの12  黄5号を使いました
20210122_224956

そして両端のエプロン車のパーツ類は岩切に転属した元C編成を見ると塗装し直したのか色が他の機器より濃い黄色になってます
それを再現するのにMrカラーの113 半光沢のイエローにMrカラー59 オレンジをほんの少量だけ混ぜた色を調合してみました
20210123_210559

そしてエプロン車の滑り台の操作台をマスキングしてFARBEの#009  青緑1号で吹いてみました
20210123_211128

そしてコキの方は、GMカラー10の黒で塗装しました
20210123_232907
20210123_232923


ついでにウエイトも黒に塗っておきました
ここだけ赤3号なのも変なので(笑)

20210124_181510

そしてエプロン車の先端
色を塗り分けた所はこんな感じになりました
色が薄い黄色はGMの黄5号
照明器具部分はMrカラーの113半光沢黄色にほんの少量のオレンジを混ぜた色
20210124_181714
エプロン車滑り台部分の操作台の塗り訳は上手くいきました
20210124_181721
余談ですがメタルプライマーを吹くよりガイアのマルチプライマーを吹いた方が塗装の食い付きが良い用に思えます
マスキング外しても塗装が剥げなかったです☆

そして黒く塗装したコキにウエイトを付けて、車番をコキの裏側に書いてあったのですが消えてしまったのでプラ板に車番と号車と向きを書いたものを貼り付けました
20210124_204147
こんな感じ
20210124_204153
号車ごとにリブの数や穴の数、向きも違うのでこっちゃにならないようにしてます☆


そして上物パーツを塗り分けようと中央締結器を塗ってる時にハプニングが!(汗)

説明書の赤い矢印部分
照明器具を取り付けるステー部分を折り曲げて照明を差して接着してるのですが、どこかに当たったみたいでポロリと取れてしまいました(汗)

20210126_183727

なのでどうせならハンダで溶接してしまえと言う事で無事、溶接しました
20210126_183803
逆側もポロリと取れてしまったのでこっちもハンダで溶接
20210126_183851
色を塗り直したらわからなくなりました(笑)
20210126_202244
無事、塗装完了
20210126_202303


余談ですがハンダがめっちゃ苦手だったのですが、前回のB編成を作った時から苦手を克服すべくハンダを何回もやり直したりしたのですが、ハンダ初心者の私でも出来たのでポイントを少しお話しさせて頂きます

まず一番のポイントはほんの少量のハンダを流せば頑丈にくっつくのでハンダをデザインナイフでほんとに小さくカットする事をオススメします

この小さくカットしたハンダをコテ先に付けて流すだけで意外と簡単にくっつきました

ヤニ入りハンダを使わす、フラックスをお皿に取りハンダを流す部分に爪楊枝の先でちょんと付けて、ヤニなしハンダを流してます

調べてみたらヤニ入りハンダより、ヤニなしハンダの方が流れると書いてあったので☆

そして皆さんご存知かと思いますか塗装してあるとハンダはくっつないのでデザインナイフの刃先等で塗装を剥がしてからハンダをします


そしてもうひとつのポイントは何とか工夫して取り付ける部分を固定する事です
私の場合はたまたまクリップで照明器具と取り付ける部分を固定出来たのでハンダを流せたので良かったのですが、挟めない場合はどうしたらいいんでしょう?(笑)

その時はまた考えてみます


そして塗装の塗り分けが終わったので上物パーツを積み立てて照明器具に蛍光灯を浸けていきます

蛍光灯にするのはこれ
evergreenの0.64mmプラ丸棒

個人的にはこのサイズが一番合ってるような気がして気に入ってます
20210126_215340


こんな感じに
接着はハイグレード模型用セメダイン
これは白化しないのでよく使ってます
20210126_215624

そしてまずはエプロン車の先端の滑り台を組み立てました
接着はGボンドクリアーを使ってます
20210126_220410
20210126_220424
エプロン車の端から二つ目の機器
20210126_220533
20210126_220544
これは三番目
手すりと足を鉄道模型用カラーねずみ色1号で筆塗りしました
チェーン部分は鉄道模型用カラーのステンレスシルバーです
20210126_220645
20210126_220718
4番目の機器
20210126_220817
20210126_220833

そして発電機搭載車の発電機が現行のモデルの発電機と異なるのでプラ板とプラ角棒を使い現行型に作り替えました
20210126_222600
20210126_222616
こんな感じです
20210126_231210
20210126_231218
ケーブルを這わせる予定ですがそれはまた後程やる事とします


そして両端のエプロン車を除いた11両分の照明器具に蛍光灯を取り付けました
20210127_205631

号車ごとに数が違うのでケースに号車と車番を書いて分けておきます

ここでキリが良いのでアップしておきます

次回からコキをチキに改造
まずはデカール貼りからやっていきます。

本日も最後まで読んでくださり、ありがとうございましたm(_ _)m

こんにちは☆

さて部品待ちのTomixの分別パーツ0652 黒染め車輪が着たので銀車輪と交換しました。


そして削り終えたコキを削りカスを落とすのに中性洗剤を薄めた溶液で洗浄しました
20210119_195037
これからエッチングの真鍮床板を貼っていきます。

前回製作したB編成の時は各号車によりエッチング板の模様が異なってましたが、このC編成はすべて同じ模様です

20210119_222414
エッチングバサミでカットし、エッチングヤスリでバリを取っておきます

そしてGボンドクリアーで接着していきます

ただ向きが決まってますので、その向きに従って貼っていきます
真ん中に二つに分けてある模様をセンターとしたら片側に四角が3つと逆が2つ
1.2位側(手すり、ハンドルが付いてない方)に四角が2つになるよう貼っていきます

20210119_222526


左から12号車1号車~と続き一番右が13号車になります

エッチング板を貼った向きはこんな感じになります
20210120_204319

そして後で黒に塗装した時にどれがどの車番かわからなくらない様にプラ板を切り出し、車番、号車番号、向きを書いたものを用意しておきました

20210120_213101

そして次に上物のエッチングパーツと真鍮床板の手あか取りと塗装の準備をします

手あか取りはサンポールを使います
サンポールと水を1:1ぐらいにした溶液をザルとボウルがセットになってるものに浸します
20210120_223149
こんな感じ
20210120_223557
そして1分ぐらい浸したら引き上げ、次はザルの中に入れ水で流します
20210120_223604

それを上物エッチングパーツと滑り台をやりました
20210120_225947

次に真鍮床板を貼ったコキ
歯ブラシで軽く擦ってやればピカピカになります
20210120_230814
同じく水で流したら次は

中性洗剤で洗います
これは塗装の準備
塗装のノリを良くする為に油分を取り除きます
20210120_231105
これも先程と同じように中性洗剤と水を混ぜた溶液に浸し水で流します

上物エッチングパーツと滑り台
20210120_234016

真鍮床板も同じように
20210120_233538
そして乾かします
20210120_234020
これで塗装の準備は完了

まずは塗装のノリを良くするのに今回はメタルプライマーではなく、ガイアのマルチプライマーを使ってみます
20210121_001328
これ、薄めずにそのままエアブラシで吹けると言うのでやってみました

いつもの様に割り箸に両面テープを貼り上物エッチングパーツ、滑り台、コキに吹いてみました
20210121_220903
20210121_220909
20210121_220917
乾燥待つのに放置します。



キリが良いので一度アップしておきます。

次回は上物エッチングパーツの塗装、コキの塗装まで行けば良いかな☆

本日も最後まで読んでくださり、ありがとうございましたm(_ _)m

こんにちは☆

さて前回のアップからだいぶ時間が経ってしまいました(汗)


上物が前回でほぼ完成したので次は下回り
コキをチキに改造していきます。

使うのはkato 8059-2 コキ5500 6000形コンテナ搭載 です

コンテナは不要になりますが(苦笑)

20210108_192926
付属の真鍮床エッチング板、画像ですと3枚1シート足りませんがこのECタイプは真鍮床は全部同じ模様ですね
20210108_193540
前回のEA改タイプはそれぞれ号車ごとに模様が異なっているので。

付属の説明書を見ながら加工していきます
実車の画像を見ながら説明書に精密加工するパーツの位地や、デカールの貼る位地が多少説明書と違うので修正してます
20210108_224418

まずはエプロン車12号車のチキ15902を作っていきます

まずkatoのコキ5500をバラします
20210108_194337

そしてコンテナをはめ込む爪をニッパーでカットしました

画像左の手すりは後程使うのでなくさないように☆
20210108_194630

そして説明書と比べながらサイドの梁(リブ)の位置を確認します。
20210108_195025
C編成はコキ5500のリブと変わらないですね
削る手間が省けました


そして収納ケースの要らないウレタンにサンドペーパーを貼り付け凹凸を取っていきます


#400→#600→#1000で研きました
20210108_221451

そして次に手すりの加工です


20210108_221516
デザインナイフで手すりとステップをカットします
20210108_221904

そして付属の真鍮床エッチング板をコキに合わせると長さが違います


20210108_222018

そこで先程の手すりをカットした部分をコキに戻します
これで長さがバッチリ合います
20210108_222047
手すりの正面部分も標識掛けやハンドルのモールド表現があるのでデザインナイフで削りペーパー掛けして平らにしておきます

そして次
コキの標示しを削ります
ここに後程『レール輸送専用』のデカールを貼るので標示しの出っ張りが邪魔になるので

デザインナイフもしくは、自作した100円精密ドライバーのマイナスを研いだ自作チセル、チビのみを使い標示しのモールドを削りました

20210108_222158

そして割り箸の先を細くカットした先端に両面テープでサンドペーパーを貼り付け磨きます
20210108_222747


そして次にコキの側面に穴を開けます
これも実車の画像を参考に丸いタイプ、細長い楕円形のタイプとありますのでそれぞれに合わせて空けていきます。

位地もそれぞれ違うので実車画像を参考に調べました

この12号車チキ15902はこの位地に丸い穴

ポンチを打ち0.5mm→1.0mmピンバイスで穴を開けました
20210108_223156

ついでに台車の加工も一緒にやってしまいます

ブレーキシューの部分は不要なので画像の赤いラインの所をカットします
20210112_202210

左側が加工後、右側が加工前です
20210112_201338

そしてカプラーはラウンドハウスの車間短縮ナックルカプラーに変更します
20210112_201244

両側の台車の加工完了
20210112_201752
こんな感じにどんどんやっていきます

これは1号車 チキ15506になりますが、コキ側面の穴は丸長になります
20210112_211428
アップで
20210112_211638
ピンバイス0.6mmの穴を2ヶ所開けてデザインナイフで穴を拡げていきました

とりあえずこんな感じです
20210112_213033
2号車 チキ15601
20210112_215740
3号車 チキ15501
20210112_231213
4号車 チキ15505
20210113_221855
5号車 チキ15701  
20210113_232543
6号車 チキ15801
20210114_214838
7号車 チキ15503 
20210114_231310
8号車 チキ15504
20210115_201605

9号車のチキ15507はTomixのコキ5500を使うのでそれは後回しで後程アップします
なので飛ばして

10号車 チキ15502
20210115_213327
11号車 チキ15602
20210118_211620
そして最後尾のエプロン車
12号車 チキ15901
20210118_221421
C編成はコキの側面のリブ(梁)の位置が同じなので特別削らなくても良かったので楽でした

そしてリブの数が少ない9号車 チキ15507はkatoのコキ5500ではなくtomixの2755 コキ5500を使ってみます
20210115_201704
バラしてみます
サイドの手すりはkatoのコキ同様、手すり部分をカットします
20210118_222300
そして手ブレーキのハンドルの軸と、標識掛けのモールドを削り平らにしました
20210118_222801

そしてこのままではリブの数が少ないので再生します

赤い矢印の部分にリブを追加
20210118_225000
使ったのはkatoのカットした手すりの部分
これが太さも調度良かったので長さを合わせ瞬間接着剤で接着し再生させました。

そして台車ですがtomixのコキの台車は加工する必要がありませんのでこのまま使います
20210118_221649
カプラーはラウンドハウスの車間短縮ナックルカプラーに交換しておきます

車輪は銀車輪なのでtomixの分別パーツ 0652 黒染め車輪(ф5.6 ギア無し・黒・4個入り)を使います
画像左が黒染め車輪、右側が元から付いてる銀車輪
20210120_180020

左が黒染め車輪に交換済み、右はノーマル状態20210120_175949
やはり黒染め車輪は足元が締まりますね☆当機関区では黒染め車輪が標準化なのて全て交換してます

ちなみに余談ですが台車がグレーのものはグレーに塗装してます


いやー、穴開けては削って磨くの繰り返しの単純作業ではっきり言って飽きました(笑)

画像も同じ様なものばかりで申し訳ございませんww
次回からはコキの真鍮床板を貼ってチキと上物のパーツの塗装まで行ければ良いかな☆

本日も最後まで読んでくださり、ありがとうございましたm(_ _)m

遅ればせながら明けましておめでとうございますm(_ _)m

今年もまた精密加工を中心に何か新しい事にもチャレンジ出来ればと思っております。

また宜しくお願いいたしますm(_ _)m

さて、去年からの続きで岩切に転属したC編成を岩切常備にしようと製作してますが去年はエッチングパーツの上物を作り終えた所で終わってました
20201225_210241


お正月休み中はあまり進んでおらず、ホワイトメタルパーツの滑り台の製作が少しだけ進んだ程度でした

説明書と実車の画像を見比べて作ってます

まずは上野方面1号車の滑り台から作っていきます

照明器具を取り付ける時に滑り台の赤い矢印の部分が照明器具の梁に当たるので赤線の所でカットします
20201229_232932

こんな感じ
20201229_222143
そして0.6mmピンバイスで穴を開け照明を取り付けるとこうなります
20201229_233007
先程カットした部分がギリギリ干渉しなくなります

こんな感じで照明器具を取り付ける部分の滑り台のホワイトメタルパーツを加工していきます

照明器具付けない所は加工する必要はありません

1号車 チキ15506
20201228_215415

2号車 チキ15601
20201228_222405

3号車 チキ15501
20201228_225704
4号車 チキ15505
20201229_221723
5号車チキ15701は発電機搭載車なので滑り台はもう作ってあります

6号車チキ15801も中央締結車なのですでに滑り台は作ってあります

7号車 チキ15503

20201229_223238
8号車 チキ15504
20201229_221723
9号車 チキ15507
20201229_224846
10号車 チキ15502
20201229_230322
11号車 チキ15602
20201229_232259


これで上物は、ほぼ完成です

次はコキをチキに改造していきます

キリが良いところで一度アップしておきます。
本日も最後まで読んでくださり、ありがとうございましたm(_ _)m

こんにちは☆

さて前回はエプロン車1号車と13号車のエッチングパーツの加工が完了しました
20201224_205348


今回は7号車 中央締結車のエッチングパーツを組んでいきます

20201224_205554

パーツを切り出しました
バリは取ってあります
20201224_215234

そして瞬間接着剤で組んでみたのですが

20201225_001131
イマイチくっつきが悪く隙間が出来てしまうのでハンダで溶接しておきました
20201224_232102
20201224_232925

そしてこの中央締結器のベース部分
20201225_001142
これも手すりの部分をを180°折り返す

山折り


だったの補強の為に赤い線の所にハンダを流して補強しておきました20201225_000637


そして説明書に部品番号が抜けてました
20201225_000425
赤いラインの部分です

このパーツ、ただの棒にしか見えないので残ったランナーの不要部分と見分けつかないので一瞬、ないのかと思ってしまいましたがよく見ればあるので探してください(笑)

そしてその赤いラインの48番のパーツを四角に折り曲げます

これは90°に曲げるので

谷折り

になります。間違わない様に要注意です!20201224_224825



そして次に照明器具のエッチングパーツを加工してしまいます
切り出しバリを取りました
20201225_200028

説明書ですと照明器具が高いものと低いものとの記載がありますが長さは全部同じでした。

そして一本足の絵でしたが全て二本足でした

20201225_203508
なのでこのまま進めていきます

6号車中央締結車の照明器具付き滑り台を作ります
照明器具を差し込む土台部分のホワイトメタルパーツに0.6mmピンバイスで穴を開けます
20201225_204412

接着は瞬間接着剤を使います
20201225_210414
一部エッチングパーツが当たるのでその部分はカットして当たらない様に加工してます


そしてチキの上に乗せてみました
20201225_210241

良い感じですね☆
20201225_210302

そして次
5号車の発電機を作ります
これがエッチングパーツ最後の組み立てになります
20201225_212140
パーツを切り出しバリを取りました
20201225_213624
照明器具付き滑り台も組み立て、発電機は一部接着してますが本接着は塗装した後に組み立てます
20201225_221711
この発電機、なぜかもうひとつ組めます
エッチングパーツの余りがあるので加工して現行の発電機に改造してみようかな☆

とりあえずは説明書通りに組んでみました

そして発電機がもう一つ組めるので現行型の発電機を自作してみます

ネットから借りてきた画像です
Screenshot_20201228-142221_Gallery


ちょうどエッチングに穴が空いていたので0.4mm真鍮棒を曲げてハンダで溶接しました
20201226_200350
そして形を整えて極薄のプラ板を切り出し、横の手すりを追加
20201226_221329
20201226_221342
右側のスペースには発電機とカバーが付きます

たぶんこっちの発電機を使うと思います

そしてキリが良いのでここで一度アップしておきます

次回からはホワイトメタルパーツの滑り台を大量に作っていこうと思ってますが恐らくアップは来年になってからだと思います。


今年はコロナのせいで大変な年になってしまいましたが来年は平穏に暮らせる一年になって欲しいものです。

今年一年間ご訪問してくださった方々ありがとうございました☆
来年も自分自身の備忘録の様なブログではありますが懲りずに覗きにきてください。

本日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
皆さま方よいお年をお迎えください




↑このページのトップヘ