(仮称)東北本線 岩○機関区

Yahoo!ブログの閉鎖に伴い、こちらに引っ越してきました。主にNゲージの精密加工をしております。機関車関連、客車、貨車等の加工ばかりで電車関係は少ないです。宜しくお願いいたします。

カテゴリ: 貨車

こんにちは☆
さて、前回からの続きでまた余計なことを始めてしまいました(笑)

前回、カプラーをkatoのナックルカプラー化しましたが最後尾に反射板だけ付けるつもりか色々とやりだしてしまいまして

20210609_214818

まずは解放テコのモールドを削り、0.2㍉真鍮棒で自作してみました

手前の支点のモールドは削らず0.3㍉ピンバイスで穴を開け利用してます

中央の支点部分は銀河モデルさんのN-637吊り金具を使ってます
連結器の部分も同じ吊り金具です

20210611_201526
そして解放テコと連結器を繋ぐO字のリングはいつものエナメル銅線を使ってます
20210611_210538
そして右側の縦にあるモールド、なんでしょう?雨樋でもないし…

そのモールドも削ってみました
補強の為に浪板状になってる妻面に合わすように削るのが面倒でした

そこをサンドーペーパーをかけて面を整えます

0.5㍉真鍮棒を使い留め具はレボリューションファクトリーさんの4998手すり1.2㍉を使ってみましたが、面が四角いので逆側は0.2㍉真鍮棒をU字に曲げたものに変更しました
20210611_212835
そして側面の手すりとフックのモールドを削り別体化しました
20210612_202933
手すりはレボリューションファクトリーさんの4998手すり1.2㍉
フックは5009EL吊り金具を使ってみました

20210612_202943

20210612_203000

そして色を塗る前にガイアのメタルプライマーを塗っておきます

そしてカラーですか色は貨物ブルーと言う色らしいのですが、その名前では塗料が出てないので試しにFARBEの#031ディープブルーを塗ってみたら意外に色が合ってるように見えるのでこのまま使ってみました
20210613_213554
解放テコを繋ぐエナメル銅線はつや消し黒でとそうしておきます

標識掛けのモールドも削りパルディローズさんのNB-501標識灯掛けセットの標識掛けを使ってます
20210613_213629
ドアが開閉出来るのが良いですね
20210613_213720
別体化した手すりとフック
20210613_213751
妻面
20210613_213821
そしてエアホースを取り付け
Re-collarさんの汎用エアホースを使ってます
20210615_232814
実車同様にチェーンで吊ってます
20210615_232845

20210615_233020

そして最後にウェザリングしてみました

ボディーには艶消し白を相当量希釈したものを遠目に吹いて退色感を出してます
反射板はレボリューションファクトリーさんの127後部反射標識を取り付けてます
20210616_214100
サイド
下廻りはタミヤのXF-64レッドブラウンを軽く吹いてます

そして墨入れ
Mrウェザリングカラーのステインブラウンとマルチブラックを使ってます
20210616_214111
所々に錆の流れた痕はタミヤX-26クリアーオレンジを相当量希釈して流してます

20210616_214203
逆側も同じ様に加工しました
20210616_214409
仕上げに連結器、台車周りはガンダムマーカーのメッキシルバーでドライブラシして金属感を出しました
20210616_214638
20210616_214719
20210616_214804
これで完成とします。

とりあえず一両やってみましたが残りの14両はどうしましょ?(笑)
かなり面倒なのでそのうち気が向いたらやろうかな(汗)

と言うことで本日も最後まで読んでくださり、ありがとうございましたm(_ _)m

次回はもう一両、TOMIXのED75 1000 JR貨物更新車を精密加工やろうと思ってます。
あまり内容に変化がえりませんがどうぞお付き合いください☆

こんばんは☆

さて前回、TOMIX 9061 ED75 1000 (前期形・JR貨物更新車)を精密加工しマイクロエースのワム8000(380000番台)を牽引させ画像を撮ったのですが、その時、カプラーをアーノルドからkatoカプラーに交換した際に、一筋縄ではいかない事に気が付き、ない頭で考えて無事、katoカプラー化する事が出来ました
少し面倒ですが、その時の事を記事にしたいと思います


ちなみにマイクロエースのワムは作りが良いですね!
扉の解放も出来ますし手すりもちゃんと表現されてます。

他のメーカーのと比べても断トツで作りが良いです♪
a3560_mc

単純に車間短縮カプラーに交換すればいいだろうぐらいに考えてたら…

まずはカプラーをバラしてみます
20210608_183107
これでとりあえずラウンドハウスの車間短縮カプラーに交換したら干渉しまくりで、まったくを持ってNG

これは使えません(トホホ)

で、カプラーポケットを眺めながらうちにあるkatoのカプラーは、これ
20210608_184134
このかもめナックルカプラーを普通に取り付けてみたら、あまり車間が短縮されません…

うーん、しばらく眺めながら考えた結果

0.75㍉角のevergreenのプラ角棒を2.5㍉にカットし
20210608_183525
カプラーの中に接着
カプラーをセットバックさせます
20210608_183546
かもめナックルカプラーも赤いラインの所でカット
コの字の出っ張りが邪魔なので
20210609_091401
そしてカプラーポケットに組み込んでみたら
20210608_184359
これが意外に上手くいきました☆

車間が約5㍉に
20210608_195704
アーノルドのままですと約8㍉
20210608_195733
上から見たら
20210608_195623
数値的には3㍉程しか短縮してませんが見映えは効果絶大!

これならイケルと思い残りの14両分を大量生産
0.75㍉角棒を2.5㍉にカットし、ひたすらカプラーポケットに接着
ポイントはカプラーポケットの幅より少し狭めの位置に接着します
20210609_204101
一応艶消し黒を塗ってブラックアウトしておきました
20210609_211228
かもめナックルカプラーもコの字の部分をカットし揃えておきます
20210609_211757
組み込む時にカプラースプリングを約二巻き程カットしておくと収まりが良いです☆

後はひたすら取り付け
たまにカプラーとボディーが干渉するものが出てきますがカプラーの方の干渉する部分を少し削ってやればオッケーです
20210609_214804


と、ここまでやってやめておけば良いものを、また悪いクセで精密加工を始めてしまいました(汗)

ネットで色々と調べていたら、この方法で車間短縮しておられる方がすでにおりました☆
もっと早く検索してれば、ない頭で悩まずに済んだのに(笑)
その方はGMのカプラーを使っておられましたが、そっちの方が良いかもしれませんね♪

話を戻しますが、精密加工の記事は次に続きます。

とりあえずキリが良いので一度アップしておきます。

本日も最後まで読んでくださり、ありがとうございましたm(_ _)m

こんにちは

朝起きてみたら雪積もっててびっくりです(汗)
天気予報、当たりましたね(笑)
こんな日は家で大人しくしてます

さて前回ポポンデッタ 7505 ホキ25000の最後尾の精密加工をしたついでに、安中貨物の逆側の最後尾のタキ1200も精密加工してみました。

20200325_194647

とりあえず台車を外してどういう風に加工しようか考えてみます…
20200325_195641

前回のトキ25000の様に下からビズで止めるとデッキにビスが飛び出してしまうのでNG

次に考えたのがKatoのスハネフ14のassyを使ってボディーマウント化しようとしたのですが、タキの場合シャーシが短いのでどうしても台車と干渉してしまい、これもNG
20200325_202005
限界まで削って小さくしてもやはりダメでしたね…
なのでボディーマウント化は諦めましたトホホ

で次に進みます。

ポポンデッタのタキ1200は解放テコも頑張ってモールド表現してはあるんですが、どうも太い(笑)

なので解放テコを作り直します

まずはモールドの解放テコを除去


20200325_212717
そして画像の様に解放テコのデッキ面の支柱は銀河モデルさんのN-639吊り金具を代用

0.2mm真鍮棒を現物合わせで曲げて解放テコを作りました

画像左側の支柱の支えはレボリューションファクトリーさんのEL吊り金具旧型用を代用してます

カプラー側の先端にはチェーンを吊るしておきました

これで実車同様に解放テコはパカパカ動きます(笑)

そして次は
20200326_191152
evergreenのプラ板平 幅1.0×厚さ0.39mmを4.0mmに切ります。
画像左のプラ板には0.3mmの穴を開けて右側には0.5mmの穴を開けておきます。

それを画像の部分に接着20200326_191345
真ん中の隙間はカプラーの首振りのクリアランスをとってます。

そして台車の方にも加工を
20200325_231428
赤丸の部分をデザインナイフでカットします。
先程のプラ板に干渉してしまうので



そしてカプラーポケットの下の部分もカットします。赤丸の部分ですがすでに切り落としてます
20200325_231321

そしてエアホースを取り付けてました。
TomixのPZ-001ブレーキホースLRです
いつもの様にチェーンで吊ってます
20200326_202934
反射板はレボリューションファクトリーさんの4977後部反射板を使ってます

こんな感じになりました。
20200326_202906
20200326_202949


そしてついでに逆側も同じようにやりました
20200325_231005
20200325_231025
20200325_231027

こちら側は手すりとステップに白で色差ししてます
20200325_231052
20200325_231127
どちら側が最後尾になるのか、わからないのでとりあえず先頭?最後尾のタキ1200はこの様な加工をしてみました。


本当は全車両やれば良いんでしょうけど、なかなか面倒なのでとりあえず、これだけにしておきます(笑)

あとはタキ1200残り11両とトキ25000残り5両のステップ等の色差しをしなければ(汗)


本日も最後まで読んでくださり、ありがとうございましたm(_ _)m

そして、いつも『拍手』押していってくださる方ありがとうございますm(_ _)m




こんにちは☆

前回完成のkato 3062-1 EF80 1次形の加工整備中、部品待ちの間にこちらも手をつけてました

トキ25000 東邦亜鉛 安中貨物ですね
その最後尾になるトキ25000を精密加工してみました
20200324_232558

ネットから借りてきた画像ですがトキ25000の最後尾です
20200324_232936

こちらが模型
解放テコの表現も頑張ってはいますがイマイチなので最後尾ぐらいしっかりとやってみようと思います(笑)
20200324_232613

まずは最後尾だけボディーマウントカプラーにしてみます
とりあえずバラしてみました。
20200315_215613

色々と考えた結果カプラーはkato ナックルカプラー灰(Z01P0224)を使ってみます


ボディーにダイレクトに取り付けてみます
けど高さが少しあわないので適当に切った0.5mm厚のプラ板を間に入れてみました。
20200319_233308

使ったネジはこれ
いつもお世話になってる美軌模型店さんのプラ用ナベビス
20200319_233322
M1.7で食い付きも良く万能のネジです
何かに困ったらとりあえず美軌模型店さんのHPを見れば工作に役立つ便利パーツが必ずあるので、いつも助かってます(笑)


そしてボディマウント化した側の台車はカプラーが邪魔になるので根本から切断しました
20200325_182102

そして台車を取り付けてカプラーの高さ確認

画像左側ボディーマウント化したトキ25000
右側は車間短縮ナックルカプラーに交換してあるトキ25000
20200320_000421
まっ、すこし低いですが許容範囲内なので、このまま行きます


そして次
ボテッとした解放テコのモールドをデザインナイフと自作チビノミで削除しました

そして解放テコの支柱の部分は残しておいて0.3mmピンバイスで慎重に穴を開けました
20200324_191813
そこに0.2mm真鍮棒を曲げて解放テコを作り穴に通して取り付けました


ここで気が付いたのですが…


こちら側はボディーマウント化した方ではなく、車間短縮ナックルカプラー側!
つまり最後尾にならない方でしたトホホ

なのでこっちはこっちでこのまま進めます(笑)


こちら側はボディーマウント化した方です
20200324_194030
解放テコを0.2mm真鍮棒で作り取り付け


そしてこんなものを0.5mmプラ板から切り出しました
だいたい3.0mm角ぐらいに切り出し現物合わせで作ります

左に0.3mmピンバイスで、右側は0.5mmピンバイスで穴を開けておきます
20200324_195658

そして最後尾側に瞬間接着剤で取り付け


手すりのモールドも削りレボリューションファクトリーさんの4997手すり1.0mmを取り付けておきます
20200324_202632

MrホワイトパテR 低粘土タイプを使い接着面に盛って段差をなくします
20200324_221545

こちらは逆側
20200324_202641


そしてパテを持った方は自作棒サンダーに#1000→#1500でペーパー掛けして平らにしました
手すりと解放テコにメタルプライマーを筆塗りして乾燥後にエアブラシで塗装します

使った塗料はモリタのモリタ鉄道カラー赤3号です
20200324_204536

画像撮り忘れましたが赤3号吹く前にMrサーフェイサー1200を吹いてます

そのあとにモリタの赤3号を吹きました


そして台車を組み込みます。
先程切り出した0.5mm厚のプラ板に穴を開けておきましたが左側の0.3mmの方にはL字に曲げた0.2mm真鍮棒を

0.5mmの穴にはエアホース、いつものtomix PZ-001です
それを取り付けて実車同様にチェーンで吊るしてます



後部反射標識板はレボリューションファクトリーさんの4977です

シートカバーの側面にも0.3mmピンバイスで穴を開け0.25mmケンタカラーワイヤーでシートのゴムを表現してみました

そして完成
20200324_231502
20200324_231546
アップで、

20200324_231835
20200324_231854


こちらは、ついでにやった車間短縮ナックルカプラー側
20200324_231908

アップで
20200324_231919
20200324_231929

これで安中貨物の最後尾を引き立ててくれるかな?(笑)


本日も最後まで読んでくださり、ありがとうございましたm(_ _)m

タキ1200の最後尾の方も、やるようかな?(笑)

こんにちは☆


最近ちょくちょくと色んなものが入線はしているのですがご紹介がなかなか出来ていません。
また追ってご報告させていただくとして、少しお財布が豊かになったので前々から欲しくて高くて躊躇してましたがポチっとしてしまいました(笑)

追加精密加工整備中のkato3043-3 EF64 37 茶色の合間ですが


ポポンデッタ 7501 タキ1200  東邦亜鉛 12両セット
いわゆる安中貨物ですね
20200304_184602

色々と発売してすぐにトラブルがあった様ですがこれはリコール後のロットです

いつも参考にさせて頂いてる方のブログを参考に見てみると…

車輪が少しオーバースケールの様です
ノギスで計ってみるとポポンデッタの車輪は直径約5.8mm 
以前、katoの黒染め車輪に交換した際の銀色の車輪が大量にあったので外形計ってみると約5.5mm

黒染め車輪も5.5mmだったので同じサイズのようです

車輪もいつもの様にグレー染めしてしまうのでこの余ってた車輪を使う事にしました。

台車にはめてみると長さも転がりも特に問題なさそうです

これで少しは車輪が小さく見えるのかな?


そして台車
20200304_185314
うーん…

色が薄いと言うか、プラ感満載です(苦笑)
しかもボディーの赤3号の色が飛んでしまってます…

うーん、値段の割にはクオリティーは低いかも

まっ、他のメーカーが出してないのでこれしか選択権はないので我慢所でしょうか

なので車輪をグレー染めするついでに台車も塗ってしまいましょう


いつものようにメタルプライマーを少し薄めてエアブラシで塗装
20200304_182513

乾いたら次はグレー染め
今回はガイアの鉄道模型用カラーねずみ色1号にしてみました
20200305_195650
車輪の裏側もちゃんと吹きます
これをやらないと撮影した時に意外に目立ってしまうので

台車も吹きます
20200305_210953


そして試しに組み込んでみました
カプラーはラウンドハウスの車間短縮ナックルカプラーに交換してます
FT21A
20200305_211439
車輪にはタミヤ墨入れ塗料ブラウンを先に墨入れしました


そしてボディーに組み立てみます
こんな感じです
20200305_211633
20200305_211648

そして車輪を交換する前と比べてみました

上が車輪を交換し台車も車輪も塗装した加工後
20200305_213120
下段は加工前、ノーマルの上体です


とうでしょうか?

少しは変わったかな(笑)

とりあえずこれを12両分やります
一度に出来るのは4両ぐらいなので3回に分けてやりました

とりあえずタキ1200の車輪の加工は終了
20200307_210610
ステップ、手すりの色差しはまた時間ある時にでもやりたいと思います

そして次はこちら
ポポンデッタ 7505 トキ25000 東邦亜鉛  6両セット
まっ、これもなきゃダメなので買いました(笑)
20200305_192816

台車を外してみます
20200307_213223
こちらの台車はボディーの塗装の飛びはないようです

車輪はタキ1200と同じもの
外形約5.80mmのポポンデッタの車輪です


タキはkatoの中空軸車輪が大量に余ってたのでそれを同じくグレー染めしました。

今回はこのクリップを使ってみました
20200307_193324

こちらは前回
20200304_182513
これ、滑って台車を良く飛ばします(笑)

なので新しく購入したMR.HOBBYのMR猫の手ww

このクリップは挟む部分がギザギザになってるので中空軸を挟んでも飛びません

これは使える(笑)

そしていつもの工程
メタルプライマーをエアブラシで吹き、鉄道模型用カラーねずみ色1号に塗装
乾燥後、塗装保護の為にスーバークリアー半光沢を吹いてその後タミヤ墨入れ塗料ブラウンを車輪の表の溝に墨入れしておきました

結構手間かかってます(笑)

そして台車を組んでみました
カプラーは車間短縮ナックルカプラーに変えてます

FT1C
20200308_210305
どうでしょう?鉄道模型用カラーねずみ色1号に塗装した台車と車輪
車輪にはブラウンを墨入れしてます


ボディーに組んでみました
20200308_210613
20200308_210532

こんな感じになりました

6両全てグレー染め完了です
20200308_213010

タキ1200との並び
20200308_210916

ちなみにタキ1200の台車はFT21A
トキ25000の台車はFT1C

ネットから借りてきた画像ですが比べてみると
20200308_215629
若干異なる所がありますが、ほぼ同じ形ですね(笑)

模型ですとタキもトキも台車は同じでした☆


とりあえずタキ1200 12両+トキ25000  6両
合計18両の台車と車輪のグレー染め化でした。


また時間ある時にもう少しいじります。

タキ1200の最後尾のボディーマウントカプラー化と解放テコ等の精密加工

トキ25000の最後尾のボディーマウントカプラー化と解放テコ等の精密加工


またご報告させていただきます


さて話は変わりますが例のヤフオクの画像パクりの件
懲りずにまた再出品してきました。
Screenshot_20200307-175112_!

説明の追記分に[良く見ると画像が覆製になってるので誤魔化されないように]と(笑)

もう言い分が幼稚すぎて(笑)
二重の複製に見えるらしいです。マズい症状が出てるので早めの精密検査をお薦めしますm(_ _)m

なので私の注意喚起の出品の方の画像をもう一枚追加しときました
3/7土曜日の日付の新聞をバックに☆

次は何で言ってくるのか少し楽しみでもあります(笑)



本日も最後まで読んでくださり、ありがとうございましたm(_ _)m

いつもたくさんの[拍手]ありがとうございます













↑このページのトップヘ