(仮称)東北本線 岩○機関区

Yahoo!ブログの閉鎖に伴い、こちらに引っ越してきました。主にNゲージの精密加工をしております。機関車関連、客車、貨車等の加工ばかりで電車関係は少ないです。宜しくお願いいたします。

カテゴリ: 16番ゲージ

こんにちは☆

なかなか緊急事態宣言が解かれない当地域ですが、そろそろ解除になりそうですね

さて今回は16番ケージの入線報告です。
いっぺんに購入してのではなく、安いとちょくちょくポチッとしてしまい箱から出ることもなく段々溜まってきたのでアップしてみます。

時系列的にまずは最近の入線からです。

トラムウェイ ED71 1次形ブタ鼻2灯
20200521_213636
ED71 1次形 丸目1灯
20200521_213905
ED71は思い出のある大好きな機関車なので予約して購入しました。
スノープロウが付いてますが、必要ないですね


 
その前はこれ
TOMIX HO-2007 ED78 JR 1次形
20200221_194123
これはつい、ポチッとしてしまいました(笑)


Kato  1-320 EF81 一般色
20200202_193012
これも予約して購入になります


 
Kato 1-316 EF65  2000 後期形JR貨物2次更新色
20200521_214403
これは安かったのでポチッとしてしまいました

Kato 1-306 EF65 1000 後期形
20200521_214607ここれも安かったので(笑)


TOMIX HO-123 EF64 1000 JR貨物更新色
20200521_214903
これもポチッと…

TOMIX HO-159 EH500  3次形GPS付き後期形
20200521_214930
これはヤフオクで競ってしまって(汗)
まぁ、安かったので(笑)


そしてここからは前回アップ済みですが

トラムウェイ ED71 2次形
20190801_223755

TOMIX HO-165 ED75 700 後期形サッシ窓
20200521_221022


左側上段はTOMIX HO-110 ED75 ひさし付き
20170116_185757
右側下段はかなり前に加工整備したTOMIX HO-109 ED75 一般形になります



機関車関係は今のところこんなラインナップになります。

ただ、走らせる所がないのが難点でして、ただの観賞用もしくは箱の中で眠ってます(苦笑)

なぜ16番を集めてるのかというと昔子供の頃は当時HOゲージは大人の鉄道模型で夢のまた夢でして、それが月日が流れプラ製品の16番も比較的手の出せる金額になってきてまして、子供の頃の憧れの物を収集してる感じです(笑)


他にも客車はkatoの12系客車6両
TOMIXのオハネフ12×2両  スロフ62  オロネ10 
トラムウェイのマニ36

貨車ですとkatoのタキ1000日本オイルターミナル色 ワム8000×8両
TOMIXのタキ1000日本石油輸送
等ありますが、そればまた改めてアップします。

16番の方も精密加工したいのですが本気モードになるのは、いつになることやら(笑)

メインのNゲージも方もちょくちょく入線してますので、それもまたまとめてアップさせて頂きます。


本日も最後まで読んでくださり、ありがとうございましたm(_ _)m



こんばんは☆

さてkato3066-4 EF81 139 双頭連結器の追加加工整備と並行して16番ゲージの方もやってました。

前回から少し進みました。

まずはボディーを被せて運転台の確認です。

追加したブレーキ自弁、単弁の位置確認
真鍮棒で作ったブレーキレバーも確認出来ます

長く見えたホイッスルレバーも良い位置にきました。

20190820_221322

そして正面から
おくに見える配電盤、室内表現シールはいつもお世話になってる方のヤフオクでの購入です。
20190820_221504


そして次にサイドの運転台乗り口扉下のステップ加工
Tomixのプラ製品はステップの表現はしてあるのですが、中が抜けてません。
20190821_195451
なのでこのステップの中を開けます。

まずは角角に0.3ミリピンクバイスで穴をあけ、後に0.5ミリピンバイスで穴を拡げてデザインナイフで抜きます。
20190821_195500
こんな感じです。
そしてデザインナイフとヤスリでバリを綺麗に整えます。
20190821_213211
こんな感じになりした。

そして次にサイドの運転台乗り口の手すりがプラでグニュグニュに曲がっててイマイチだったので真鍮棒で作り直しました。


0.4ミリ真鍮棒をエッチングベンダーで曲げて
エアブラシでメタルプライマーを吹いて下処理したのちにGMカラーの赤2号を吹きます
20190823_174159

取り付けてみました。
20190823_194245
シャープになりました☆

ここで細部を見ていきます

1END側
20190821_213236
サイド
20190821_213249
正面

20190821_213325
貫通扉内側にハシゴを取り付けてみました。

1END側スカート周りのアップ
20190820_221545

スカートのステップ、エアホースのコック部を白で色差し、よく見ると白のコックの取っ手の下はねずみ色1号で塗ってます

2END側

20190821_213407
サイド
20190821_213417
2END正面
20190821_213436
こちらにも貫通扉内側にハシゴを取り付け

2END側のスカート周りのアップ
20190820_221654

屋根の吊り金具は、やはり銀河モデルさんのN用ブック N-633吊り金具だと少し小さく感じたのでレボリューションファクトリーさんの2801  1:80  16.5mmサイズ EL吊り金具に変更しました。
20190831_222638
20190831_220414
20190831_222646

これでとりあえずの加工整備は完了です。
あとは時間あるときにウェザリングしてみようと思います。


子供の頃にHOゲージや16番に憧れてて高額なHOには手がまったく出ませんでしたが、tomixやkatoからブラ製品の16番が発売されて少しは手が出る金額になり少しづつですが集められるようになってきました。

走らせるのに場所が必要なので当機関区では観賞専用になってますが、いつかレンタルレイアウトで走らせてみたいです(笑)

また気が向いたら16番の方もブログアップしてみようかと思います。


本日も最後まで読んでくださり、ありがとうございましたm(_ _)m

こんばんは☆

お盆休み中は出掛けていたので、加工整備は出来ませんでした。

Nゲージの残りのkato 3023-4 EF64 1031 長岡車両センターの加工整備をやるつもりでいたのですが、ここ最近の64の加工整備に飽きてしまい、気分転換にTomixの16番 HO-109 ED75 一般形の加工整備をしてみました。

20170116_185744
20180531_220442
20170116_185757
これです。

手前のつらら切りのない方です
16番の加工整備は初になります。

とりあえずスカートを外しエアホース周りの加工から始めました。

まずはエアホースを外し本物さながらチェーンで吊りたいと思います。

その前にチェーンを引っ掛ける受けを作ります。

0.3ミリピンバイスで穴を開け0.2ミリ真鍮棒を少量の瞬間接着剤で取り付けました。

20190810_192619
そして次に外したエアホースの先端に0.3ミリピンで穴を開けます。

ここにL字に曲げた0.2ミリ真鍮棒を差し込み接着します。
先端にL字に曲げた真鍮棒あるの、わかりますでしょうか?
20190810_192424
これを両エンドのエアホース全てに行いました。

取り付けたL字の真鍮棒はブラックアウトしてときます。

そして取り付けるチェーンはこれ
20190810_192722
フラグシップスの超超極細チェーン

これはいつもNで使ってるチェーンより若干大きいです。
Nゲージだとオーバースケールかな

最初に買ってみたチェーンでしたがすぐに却下になり使い道なかったのですが、ここで出番がきました(笑)

エアホースの先端に引っ掛け、スカートに取り付けてみました。

1END側

20190810_195308
そしてこちらは2END側
20190809_223444
コック部を白、その先端をねずみ色1号で色差ししておきました。

どうでしょう?
16番だとチェーンの細さもこんな感じではないでしょうか?

いつもNをやってるので16番は大きいので楽ちんです(笑)

そして次に運転台を少し手を入れていきます。

元々16番の運転台はある程度作り込まれてますのでマスコン部分をタミヤX-11クロームシルバーで塗り、1.0ミリ丸棒を使いブレーキ台を追加しました。
単弁と自弁を追加
ブレーキレバーは0.2ミリ真鍮棒
0.3ミリピンバイスで穴を開け差し込んでます。

ホイッスルレバーもやたら長いですが取り付ける位置がここしか考えつかなかったので、こうしてみました。
これでもボディーを被せた時は窓から見えた時、良い位置にきます。
0.3ミリ真鍮棒を使いレバー部を少し放置して硬くなってきた赤色塗料を塗って盛ってます。



20190810_213442
メーターパネル、配電盤、ブロワー室入り口扉はヤフオクで購入した16番用の室内表現シールです。
違う角度から
20190810_220411
凹凸のある所は墨入れしてます。

そして次にボディー周りの加工

まずはヘッドマークステイのモールドを削ります。
上下2ヶ所です。

そしてテールランプ脇に前後部標識掛けを取り付けます。

16番はこのパーツが出てるのかわからいので、自作しました。

ペアーハンズさんのロンチキを作った時のエッチングパーツのランナー部の使えそうな所をカットしてエッチングベンダーで曲げて作りました。

穴は0.3ミリピンバイスで開けた後に0.5ミリピンで穴を広げ、デザインナイフで横に切り口を入れ穴を拡げてます。
20190816_222341

そして赤2号に色を塗っておきます。
使った塗料はGMカラーの赤2号です。

素人目にはほぼ同じ色かと思います。
20190816_223014

こんな感じです。

そして2END側も
20190816_230609
色を塗り
20190816_232108
そして次は屋根周りの加工
20190818_210920
吊り金具のモールドを削り別体化します。

使うパーツはN用の銀河モデルN-633吊り金具

N用ですが、16番に使ってもたいして違和感ないのでこのまま、いきます。

20190818_210929
20190818_210933
こんな感じで、屋根上の吊り金具14箇所、別体化しました。

パンタグラフからの配管はそのままにして留め具だけ後付けしました。
0.3ミリピンで穴を開け0.2ミリ真鍮棒をU字に曲げたものを取り付けます
20190820_191646

吊り金具のフック
違う角度から
20190820_204239
本日はここまで

16番はある程度別パーツ化されてますので追加でやる事は少ないなで楽チンですね(笑)

次回はウェザリングでもしてみようかと思ってます。


本日も最後まで読んでくださり、ありがとうございましたm(_ _)m

↑このページのトップヘ