(仮称)東北本線 岩○機関区

Yahoo!ブログの閉鎖に伴い、こちらに引っ越してきました。主にNゲージの精密加工をしております。機関車関連、客車、貨車等の加工ばかりで電車関係は少ないです。宜しくお願いいたします。

タグ:後期型

 こんにちは☆

さて前回からの続きです
今回からボディーの加工に入りました

まずは自作ちびノミてフロントガラスしたの手すりのモールド、オデコの手すり、貫通扉支持器具、ヘッドマークステー、サイドの乗務員乗り口扉脇の手すりのモールドを除去します

20211015_214756

そしてまだモールドの跡が残ってるのと削った傷があるので、これらを消していきます

フロントガラスをクリアーにした時に使った自作サンダーをまた使います

#400で凹凸をなくし、#1000で#400の削った傷痕を消します
そして#1500でさらに磨きます

ついでに削ったモールドの部分に0.3㍉ピンバイスで穴を開けておきます
20211017_130859
そして次にコンパウンドを使い更に磨いていきます
タミヤコンパウンド粗目→細目→仕上げ目
そして仕上げにHASEGAWAのセラミックコンパウンドで仕上げました




そして次
屋根上、オデコの手すりを取り付け、銀河モデルさんのN-260 ED75用全面手すりを使用、ホイッスルカバーの手すりはレボリューションファクトリーさんの4997手すり1.0㍉、貫通扉支持器具、ヘッドマークステー上、下、標識掛け、貫通扉のストッパーはバルディローズさんのNB-501標識灯掛けセットを使ってます
20211017_181521
この後、マルチプライマーを筆塗り後、GMカラーの赤2号で色差ししておきました。


次にジャンパ栓の蓋を作っておきます。
Katoのassyパーツ EF64 1000のジャンパ栓を使います20211018_201730
裏の突起をカットし更にデザインナイフで出来るだけ薄くスライスしておきます

20211018_201743
そしてエアブラシで塗装
左のは銀河モデルさんのN-260ジャンパ栓
細かいパーツは筆塗りだと塗料が多くなりすぎてボテッとしてしまうので面倒でもエアブラシで塗装します
ガイアのマルチプライマーを吹いてからGMカラーの赤2号を吹きます
20211020_235707
もしかしたら蓋は使わないかも?知れません(笑)

そして今回も全般検査上がりのピカピカ仕様にしようと思うので先にクリアーを吹いておきます

GMカラーの#100
スーパークリアーIIIを吹きます20211020_201300

乾くのを待つ間に運転台の加工をやってしまいます

20211020_201912
いつもの様にエヌ小屋さんの運転室背面シール
ED79用 TOMIX製品を使います
20211020_211746
接着力がイマイチなので瞬間接着剤を塗って貼り付け

そして更に細かく加工しました
プラ棒から作った消火器、自弁単弁ブレーキ台座もモールドを削りプラ棒から製作
ブレーキレバーは0.2㍉真鍮棒で

20211020_233350
メーター周りも塗装、マスコンも塗装、時刻表差しにも、それらしく見える様にステッカーを張り付け
助手席にもスピーカーやらATSの電源供給機器類をプラ板なら自作し追加してます
ホイッスルレバーを作っておきました
20211020_233426

そしてクリアーを吹いた台車や、スカートが乾燥したのでダイカストに組み込んでみます
ダイカストの側面はタミヤXE-コックピット色と少量のXF-8フラットブルーを混ぜた色を筆塗りしておきました。

意外にサイドの採光窓から中が透けて銀色が目立ってしまうので
20211021_212105
そして線路に置いて砂撒き管が干渉しないかクリアランスを見ます
1END
20211021_212149
2END側
20211021_212203
お座敷レイアウトで試走させて見ましたがポイント通過も問題なくクリアーです

そして次にテールライト点灯化させます。

使うのはいつもお世話になってる美軌模型店さんのきらめきライトピコデュアルを使います

今回は2END側を点灯させようと思ってるので基盤に仮付けして点灯確認

左側のヘッドライトが点灯して、右側のきらめきライトピコデュアルが点灯してるか見ます

20211022_081826

間違いないことを確認してから基盤に半田付けしておきます
20211021_223234

そして両面テープでピコデュアルを固定
TOMIXの交流機はほぽ、この位置ですね
20211021_225616

ボディーの裏側を遮光しておきます。
ボディーが透けない様に艶消し黒で塗っておきます
20211021_225628
そして光漏れがないか?ちゃんと点灯するか再度確認

20211022_194227
大丈夫そうですね


そして解放テコと連結器を実車同様にO字のリンクで繋ぎます
きらめきライトのカットした銅線を使ってます
これが曲げやすく加工もしやすいので好んで使ってます
20211022_212710

そして運転台の窓から取り付けたホイッスルレバーやブレーキ台座の位置も確認しておきます

20211022_212755

前面フロントガラス下の手すりも取り付け
銀河モデルさんのN-260 前面手すりセットED75用を使ってます
ガイアのマルチプライマーを筆塗り後、GMカラー赤2号で塗装しておきました

20211022_224643

先にエアブラシで色を塗った銀河モデルさんのN-236 ジャンパ栓を取り付け

ケープルは0.37㍉ケンタカラーワイヤーで形を作り取り付け
20211022_224703

キリが良いのでここでアップしておきます

完成まで後少し
台車の速度検知装置、ケープル、サイドの乗務員乗り口扉脇の手すり、そのドア下のステップを取り付けたりして完成ですね

もう少しお付き合いください

本日も最後まで読んでくださり、ありがとうございましたm(_ _)m





こんにちは☆

先日の地震は大丈夫だったでしょうか?
かなり大きな揺れで驚きました!

我が家では、今まで精密加工した機関車を少し高めの棚に並べていたのですが、棚自体は耐震補強してあるので倒れたりはしないですが並べていた機関車20両近くが全て脱線…
のうち、katoのEF81 双頭連結器が落下寸前にキャッチ(汗)
ヤバかったです

後は長編成展示用ジオラマに並べてあったkatoの485系、583系、国鉄時代の2軸貨車メインの混成貨物列車等が全て脱線…

落下は大丈夫でしたが復旧させるのにかなり、時間を要しました

もう少し転落防止に何か対策しないと不味いと感じました

皆様方のコレクションは大丈夫でしたでしょうか?
落下させて壊れた時のショックは計り知れないものがありますからね(苦笑)

さて、前回からの続きです

台車の精密加工が終わったので次に床下機器の加工に入ります

とは言っても後期型700番台の床下機器は色々と改良され、あまり手を加えるところがありません。

とりあえずそれらしく見えるインレタを貼っておきます
20211008_195430

逆側には0.2㍉真鍮棒で作ったコックと0.24㍉ケンタカラーワイヤーで造ったケーブルを追加

20211008_211214

そして次にワイパーを別体化するのでフロントガラスを外しワイパーのモールドを削りクリアーにしていきます


まずは作業しやすい様に割り箸に両面テープを貼りそこに外したフロントガラスパーツを貼り付けます

そして自作したチビノミ(DAISOで売ってる精密ドライバーのマイナスの先端を砥石で研いで作ったもの)で、ワイパーのモールドを削ります
20211011_221147

そして次に削ったワイパーのモールドの跡を平らにしてききます
使うのは厚めのプラ板から切り出した棒状のものの先端にサンドペーパーを貼り付けた自作サンダーを使います
まずは#1000で磨きます
20211011_222315
あまりHコムに近づけると黒い部分も削ってしまえので注意が必要です


そして次に#2000で磨きました
20211011_222712
これでほぼワイパーの跡と凹凸がなくなったのでクリアーにしていぎます


まずはコンパウンド粗目を使って磨いていきます。
使う精密綿棒は最近お気に入りのガイアのG-04n
先が尖っていて固さもちょうど良く使い勝手がいいです
20211012_191742
粗めで磨くとこんな感じ
まだ少し雲ってますが先程の自作サンダーで磨いた傷消しが目的なので。


次に細目で磨きます

これで曇りは大方、取れます
20211012_192631

そして仕上げ目

ぱっと見はクリアーになりました
20211012_193908

これでも良いのですが、ここでもう一手間かけます
HASEGAWAのセラミックコンパウンドを使い仕上げます
20211012_194325
これで綺麗になりました。
フロントガラスの加工は終了

次にボディー関係の加工に入ります

秋田の777号機はランボードがグレーなのですが、今回製作する767号機はランボードはボディーと同色の赤なので、GMカラー赤2号をエアブラシで吹いておきます。

まずはマスキング

20211012_215828
そしてガイアのマルチプライマーを吹いてから赤で塗装しました

一晩放置してマスキングを外しました
20211013_205511
上手くいったようです(笑)

そして屋根上の配管のモールドを削り0.3㍉真鍮棒で配管を作り直しました
配管止めはレボリューションファクトリーさんの5120吊り金具を配管止めとして使ってます
20211013_221105
両エンド終了
20211013_221014


ED75の700番台は屋根上の配管が少ないので助かります(笑)

キリが良いのでここで一度あっしておきます。

今回は同じような地味な画像ばかりですいません(汗)

次回からボディー側の加工に入りたいと思います。
本日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
そしていつも拍手押してくださる方、ありがとうございますm(_ _)m

こんにちは☆

さて今回のED75 700 後期型
まずはスカート周りから加工を始めました

スカート周りをバラします
20210928_204749
そして当機関区はkatoのナックルカプラーが標準なのでkatoのナックルカプラーを取り付けます


今回もre-colorさんが出してるTOMIX→KATOナックルカプラーソケットを使います

これがまた便利な3Dパーツで、今まではTOMIXのマグネティックカプラーをベースに加工してナックル化してましたが、このパーツのお陰で手間がかなり省けました
20210928_205207

使うKATOのカプラーはEF66前期形ナックルカプラーです

のちに解放テコとO字のリングで繋げるのでカプラーに銀河モデルさんのN-637吊り金具を取り付けておきます

カプラーの梁の部分に0.5㍉ピンバイスで穴を開け瞬間接着剤で取り付けておきます
20210928_211859

そしてスカート左側のジャンパ栓ホースの取り付け0.37㍉ケンタカラーワイヤーで造形し取り付けますか、この形にするのに結構苦労します
ホースの下部はU字に曲げた0.2㍉真鍮棒で止めておきます
20210928_222958
両エンド終了
20210928_223011

そして次にエアホースの取り付け
これもre-colorさんから出てる汎用エアホースを使います

ただ実車同様にチェーンで吊るので小細工しておきます

エアホースにL字に曲げた0.2㍉真鍮棒を接着しガイアのマルチプライマーを筆塗り後、ホース部はタミヤXF-85ラバーブラックで塗り、コック部は白で塗っておきます
一つだけタミヤXF-56メタリックグレイで塗ってます

今回もウェザリングはせず全検明けのピカピカ仕様にしようと思ってるのでホース部にも青と黄色で色差ししておきました

そして一本づつチェーンで吊って取り付け

1END側のスカート周り完成
20210930_221035
20210930_221058

こちらは2END側

2END側は付属のダミーカプラーにしてみました
20210930_221114
20210930_221129

767号機で重連て運用する事はないと思うので

そして両エンド完成
20210930_221210



そして次です 

台車の精密加工をやってしまいます
20210930_230412

いきなり完成(笑)
1END側のDT-129

砂撒き管のモールドを削り0.3㍉真鍮棒を曲げて再現します
砂撒き管に繋がるシルバーの配管は0.24㍉カラーワイヤーを使ってます。柔らかい素材なので形は自由自在に作れるので重宝してます

そして台車の上部、梁の部分の配管は0.2㍉真鍮棒、配管止めはバルディローズさんの0.3㍉配管止めを使ってます

台車バネ下のケーブルは0.15㍉ステンレスワイヤーて再現
ブレーキシューは鉄道模型用カラー赤サビを先に塗っておきました
20211001_214736
逆側から
20211001_214748

下から
車輪に砂撒き管が接触しないようにクリアランスを見ます
20211001_214803
そして2END側も

20211004_214959

そしてついでに車輪も交換しました。
黒染め車輪には、なったものの画像左側の車輪が元のものですが車輪に穴が空いてません。
なので分別パーツのPW-051の方の車輪に交換します。
画像右の車輪がそうですが穴が空いてます

ほとんと目立たないのでやってもあまり効果はないです。なので気分的なものですね(笑)
20211004_220115

そして両エンドの台車の加工は大方、完成

速度検知装置や空転検知装置のケーブル、歯止め等は最後に取り付けます
20211004_215014
この後、色を塗っておきます 

ガイアのマルチプライマーを筆塗りした後にタミヤX-1ブラック、バネ脇のケーブルにはXF-85ラバーブラック、砂撒き管には白を色差しします

赤い矢印部分のシリンダーには、それらしく見えるインレタを転写しておきました
20211005_232150
1END側 DT-129
20211005_231631
2END側 DT-129
20211005_231700


キリがいいところで一度アップしておきます。

本日も最後まで読んでくださり、ありがとうございましたm(_ _)m

こんにちは☆

前回のアップからだいぶ時間が過ぎてしまいました。
特に何かあった訳でもなくなかなかやる気が起きなくダラダラと過ごしておりました(笑)

そして待ちに待った製品が入荷しました
20210928_192738
TOMIXから発売された、ED75 700 後期型サッシ窓ですね!

3両程まとめて入線です

当機関区には前期型をベースに精密加工した秋田の777'号機
20200520_205023

仙台の759号機
20200514_224329

そしてこの前、ペアーハンズさんのロンチキC編成をベースに岩切に転属した元C編成を製作した時に作った仙台の757号機

20210317_221720

なので今回はとりあえずナンバー設定のない秋田車の767号機にしようと思います。
20210928_192827

767号機が完成したら次にナンバー設定のある758号機をやろうと思ってます

という訳で取り急ぎご報告でした☆


最近はKATOさんがまったく新製品出さないのでTOMIXさんの製品に移行してます。

TOMIXさんもオレンジ色のヘッドライトも改善したし何よりも私好みの黒染め車輪になってきたのでKATOの製品に固執する理由もなくなってきたので(笑)

それにTOMIXさんの機関車の方がスロー走行が効くように思います。

どちらかと言うとKATOの機関車の方がスローが効かずロケットスタートするし、カクカク走行も多い気がします。

TOMIXさんの方がクオリティー高いのでは?と思ってます。

KATOさんにも頑張って欲しいけど再生産ばっかりで期待出来ないかな(苦笑)

あくまでも個人的見解です。すいません(汗)



そして、ブログアップもしてないのに毎日たくさんの方々がご訪問して頂きありがとうございますm(_ _)m

本日も最後まで読んで頂きありがとうございました☆

こんにちは☆
細部を少し手直しして完成としました。
当初軽くウェザリングしようかと思ってたのですが、とりあえず凹凸部に墨入れだけして全検明けから少し経った感じで終わりにしました

ED75 122号機『仙貨』

1END側
20210405_232409
JR化のパンダ塗装後の全検明けのJRマークなしを再現してみました

サイド
20210405_232611

正面
フロントガラスは分別パーツ PG6505 窓ガラス(ED75用・Hゴム黒・1両分入)に交換
ワイパーはBONA FIDE PRODUCTSさんのP-319 機関車用ワイパーCを取り付け、アーム部分はGMカラー赤2号に塗装
助手席側はわざと外側に向けてます

エアホースは実車同様にチェーンで吊ってます
今回初めてRe-colorさんの汎用エアホースを使ってみましたが曲がりが気に入りました☆
コック部も良い感じです
20210406_074758
1END側スカート部のアップ
付属のダミーカプラーにしてます
解放テコとカプラーを実車同様に繋いでます。
O字のリングは美軌模型店さんのきらめきライトの余った銅線を使ってます
画像左のジャンパ栓ホースは0.37㍉ケンタカラーワイヤーで。下部の留め具はU字に曲げた0.2㍉真鍮棒を使ってます

20210405_232555

オデコの手すり、フロントガラス下の手すりは銀河モデルさんのN-260 正面手すりED75用

ホイッスルカバー先端の手すりはレボリューションファクトリーさんの4997手すり1.0㍉
貫通扉支持器具、ヘッドマークステー上、下、貫通扉のストッパー、標識掛けはバルディローズさんのNB-501標識掛けセット
テールライト脇の手すりはTOMIXの付属品ですがプラ感満載だったので赤2号で筆塗りしてます

区名札は『仙貨』銀河モデルさんのN-507区名札ステッカー東日本方面から
乗務員乗り口扉の乗務員室はくろまやさんのインレタ
ドア脇の手すりは0.2㍉真鍮棒で自作です
手すり脇のカバン掛けはレボリューションファクトリーさんの5121ドアノブを流用してます
ドアノブも同じものてす
ホイッスルレバーもプラ板から切り出し0.2㍉真鍮棒も使い自作
20210405_232724

1END側運転台のアップ
配電盤はエヌ小屋さんのED79用 運転室背面シールTOMIX用を使ってます
助手席側にATS電源機器類をプラ板から作り出し追加
20210405_232838
ブレーキ台座はモールドを削りevergreen0.5㍉プラ丸棒で自作
自弁単弁ブレーキレバーは0.2㍉真鍮棒です
奥に見える赤いのは自作した消火器です
時刻表差しにもそれらしく見えるステッカー貼ってます
20210405_232905

1END側の台車 DT-129

砂撒き菅はモールドを削り0.3㍉真鍮棒で再現
その砂撒き菅に繋がる配管は0.24㍉カラーワイヤー
台車脇の細い方のケーブルは0.15㍉ステンレスワイヤー
バネ脇から床下に行ってるケーブルは0.37㍉ケンタカラーワイヤー
速度記録装置は銀河モデルさんのN-048
台車の上部、梁の部分の配管は0.2㍉真鍮棒で。
配管止めはバルディローズさんのNR-804配管止め(0.3㍉)を使用

ドア下ステップはevergreenのブラ平棒からの自作
20210405_232933
床下機器にはそれらしく見えるインレタを転写
20210406_183120
2END側の台車DT-129
黄色の歯止めはevergreen0.75×0.75プラ角棒から自作
20210405_232951
1END側 パンタグラフ周り
碍子は白にしてます
パンタグラフをグレーに塗装
折り目に実車同様に配線を表現、0.08㍉エナメル銅線を使ってます
わかりづらいですがフックはレボリューションファクトリーさんの5009EL吊り金具
パンタ上部はタミヤXF-28ダークコッパーで色差し
両脇は赤で塗装
20210405_233125

表現されてない配管を0.2㍉真鍮棒で追加
20210405_233139
交流避雷器からの配管は0.2㍉真鍮棒を曲げて追加してます
20210405_233149
2END側パンタグラフ
パンタに繋がる配管は0.3㍉真鍮棒、配管止めはバルディローズさんのNR-804配管止め0.3㍉を使用
20210405_233202
2END側
20210406_183949
サイド
20210405_234223
2END側正面
貫通扉窓にハシゴを取り付けた状態を表現
ワイパーは1END側とは逆に運転席側を外に向けてみました
ジャンパ栓は銀河モデルさんのN-238 KE70開
ケーブルは0.25㍉ケンタカラーワイヤーにしてみました
20210406_184125
2END側スカート部のアップ
こちらはkatoカプラーに交換
20210405_234005
2END側運転台のアップ
1END側とは異なる配電盤
20210405_234033
2END助手席側からのアップ
ホイッスルレバーもプラ板と0.2㍉真鍮棒からの自作てす
20210405_234117
2END側の台車DT-129
歯止めはこの位置
空転検知装置は0.25㍉ケンタカラーワイヤーで再現
20210405_234345
床下機器
空制装置の保温箱の手すりはレボリューションファクトリーさんの4997手すり1.0㍉
白いコックは0.2㍉真鍮棒で再現
20210405_234351
1END側の台車DT-129
こちら側の速度記録装置?空転検知装置?も0.25㍉ケンタカラーワイヤーで再現してます
20210405_234401
2END側
20210406_184205

そしていつもの場所で
1END側
20210406_204125
サイド
20210406_204134
2END側
20210406_204151
1END側のテールランプ点灯
20210406_204344

2END側
20210406_204700
サイド
20210406_204459
1END側テールランプ点灯
20210406_204533

そして走れる展示用ジオラマにて

実車の画像
20210406_222321
再現してみました
20210406_213701
20210406_213606
20210406_213321


これでTOMIX 7140 ED75 (ひさしなし・後期型)改 ED75 122号機『仙貨』は完成とします。
気が向いたら軽くウェザリングするかも?です(笑)

さて次も75をやってしまいます

本日も最後まで読んでくださり、ありがとうございましたm(_ _)m

↑このページのトップヘ