(仮称)東北本線 岩○機関区

Yahoo!ブログの閉鎖に伴い、こちらに引っ越してきました。主にNゲージの精密加工をしております。機関車関連、客車、貨車等の加工ばかりで電車関係は少ないです。宜しくお願いいたします。

タグ:100番台

こんばんは☆

さて昨日の続きです
このkatoのEF210は運転席が広く加工しやすいのでもう少し加工してみました。

ネットから勝手に借りてきた実写の画像です。

イメージ 1


運転席

イメージ 2


モニターの横に時刻表差し?運行票入れ?を追加しました。
これは、例のガラクタ箱から探しただした何かの部品の欠片(笑)

そして窓にはモニター?ナビの様なものが付いてます。
これもプラ板をそれらしくカットして0.3ミリ真鍮棒をステー代わりに取り付け、タミヤX-32チタンシルバーで塗ってみました。

イメージ 3

なんせ小さい部品なので加工か大変で(汗)

このナビの様なものは、プラネッツといい、運転支援機器らしいです☆

運転席もこんな感じにしました。

イメージ 12


運転席中央の配電盤はなんと!katoのホーム付属のステッカー、コカ・コーラの自販機の見本とボタンの部分をカットして貼ってみましたww

座席の後ろは扉を表現

そしてボディーを組み込んで、横から運転席を除くと

イメージ 4

メーターとモニターが見えます(笑)

イメージ 11


そしてナンバーなんですが、これが欠陥商品
このタイプ(3034-3)はナンバーがインレタ式なんですが、粘着が弱く貼り付きません!
いくら擦っても転写しません…

ネットで調べてみたら、皆さんこれで苦労してる様であまりに苦情が多かったのか、次のモデル3034-4は、いつものはめ込み式のナンバープレートに変わってます。

ちなみにkatoから4種類EF210が出てますが、3034はライトが古く暗い電球
その次の3044もライト周りの作りが古く電球

そしてこのインレタがダメな3034-3
このタイプからライト周りは改良されて明るいLEDになってます。

そして最新の3034-4ですが、買うなら間違いなく一番新しい3034-4にした方が賢いと思います☆

さてこの困ったインレタはレボリューションファクトリーさんから出てるので、そちらを購入します(涙)

イメージ 5


ナンバーは115号機にしました。
この機関車は落成時はシングルルームのパンタグラフだったのですが、故障して一時期だけPS22の下交差のパンタグラフにしてた時期があったので、これにしました。
なので、パンタグラフはkatoのassy3061-1F EF65 1000のパンタグラフに交換しました。

台車には銀河モデルさんのN-048速度記録装置を、0.5ミリピンバイスで孔を開け取り付けてます。
乗務員入り口扉下のステップはレボリューションファクトリーさんの5005乗務員手すり汎用3.2ミリを取り付けてます。

区名札は銀河モデルさんのN-507区名札ステッカー東日本方面、新鶴見の『新』にしました。

さて、こんな感じになりました。

イメージ 6


その辺の部品の寄せ集めですが、意外に良く出来ました(笑)

いつもの場所で

イメージ 7

サイド

イメージ 8

正面

イメージ 9


イメージ 10


サイドのルーバーや台車はタミヤ墨入れ塗料で墨入れしてます。
乗車扉のコックはシルバーで色差し

レボリューションファクトリーさんのインレタが来たら、ウェザリングでもしてみようかと思います。

とりあえず整備加工は完工とします。

本日も最後まで読んでくださり、ありがとうございましたm(_ _)m

こんばんは☆

さて前回のブログの最後に載せてた、kato3034-3 EF210 100番台シングルルームパンタグラフの加工整備を始めたいと思います。

当機関区には珍しい直流EL、しかも最近の現行機関車☆

Kato EF65 2065号機を作ってから少しづつですが直流機も増備してます

さて、オークションで安く手に入ったこれ

イメージ 1


とりあえずバラしてみます。

ボディーを外したまずはカプラー交換から

イメージ 2


これは初めていじるタイプのカプラーです。
分解するのに四苦八苦
どこから、どうバラしたらいいのか、しばらく眺めてスノーブロウを外すんですね(汗)
しかもスノーブロウ先端の爪が隠れてて見えないのでどうやって外すのか悩んだ結果、隙間から爪を中心方向に精密化ドライバーで、こじったら外れました

いやー、わかりにくい!


そして次にエアホースの取り付け
モールドを削り0.5ミリピンバイスで穴を開けておきます

イメージ 3


当機関区標準装備のtomix PZ-001 ブレーキホースLRを取り付けます。
最近の現行機関車はエアホース類が少ないので加工は楽ですが、さっぱりし過ぎててイマイチ面白味に欠けます。

イメージ 4

予め、コック部分を白で色差ししておきました。

次に運転席をバラして色を塗り直しました。
タミヤXF-15フラットフレッシュ
最初は筆塗りしたのですが、色の乗りが悪く角が出てしまうのでエアブラシに変更
サーフェイサーを吹いてからフラットフレッシュを吹きました。

座席はMrカラー100 マルーンを筆塗りしました。

イメージ 5


そしてここでお遊びw
ネットから運転席の画像を見て、運転周りを再現してみました。
フラットでメーターパネル周りを塗り、楊枝でメーターをチョンと色差ししてブレーキ、マスコンレバーを黒とシルバーで

そして、メーター右側の液晶パネルは、透明のプラ板を小さくカットして貼り付けました。

イメージ 6


どうせ見えなくなる所ですがww

そして、フロントガラスのここが気になるという記事を見つけたので

イメージ 7


ガラスの淵に隙間があり向こう側が透けてます。
うん、確かに気になります

なのでガラスを外しタミヤX-1フラットブラックで裏から淵の隙間を塗りました。

イメージ 8


これで、オッケーです

本日はここでタイムアップ

続きはまた明日に持ち越しです。
本日も最後まで読んでくださり、ありがとうございましたm(_ _)m

↑このページのトップヘ