(仮称)東北本線 岩○機関区

Yahoo!ブログの閉鎖に伴い、こちらに引っ越してきました。主にNゲージの精密加工をしております。機関車関連、客車、貨車等の加工ばかりで電車関係は少ないです。宜しくお願いいたします。

タグ:1000前期形

こんにちは☆

前回はボディーの加工が終わったので今回は運転台を作り込んでいきたいと思います。

いきなり完成の画像
20210512_205624
まずはいつものエヌ小屋さんの運転台表現ステッカーを貼っていきます

ED75用は出てないので79用で代用します
1END側2END側と分かれてるので間違わないようにします
20210511_185834
粘着がイマイチ弱いので瞬間接着剤を塗って貼り付けてます

いつもの様に消化器は自作
20210512_205014
自弁単弁ブレーキ台座はevergreenの0.5㍉プラ丸棒で
レバーは0.2㍉真鍮棒
時刻表差しにはそれらしく見えるステッカーを貼ってます
メーター周りを塗装、メーター周りにもそれらしく見えるステッカーを貼りスイッチ盤を再現
ホイッスルレバーも自作
20210512_205439

助手席には列車無線の電源供給機器を自作し追加しました
20210512_205455

そして次に床下機器に手を加えます

左の空制装置の保温箱?でいいのかな?取っ手のモールドを削りレボリューションファクトリーさんの4997手すり1.0㍉を取り付け

画像右側の俳風口横にケーブル3本追加、ステンレスワイヤー0.15㍉で再現、その横のコック3本は0.2㍉真鍮棒で再現しました
20210513_193330
そして逆側

蛇腹下にはそれらしく見えるインレタを転写
ケーブルは0.15㍉ステンレスワイヤー
バッテリーBOXのインレタは以前EF62で使ったレボリューションファクトリーさんの5068  EF62床下標記インレタを使ってみました
20210513_193356

そしてガイアのマルチプライマーを筆塗り後、艶消し黒で色差ししておきました
20210513_195623
20210513_195640

そして次にボディー屋根上、台車、床下機器、パンタグラフを塗装
タミヤのXF-64レッドブラウンを少しだけエアブラシで吹いておきました
20210513_212942

乾燥を待つ間にダイカストをバラし、積りに積もってた綿ホコリとグリスを掃除して軽くオーバーホールしておきます
20210513_194403

そしてオーバーホール後に組み込み次にテールライトを点灯化をします

使うのはいつもお世話になってる美軌模型店さんのきらめきライトピコデュアル

20210514_192238

基盤にセロハンテープで仮止めして点灯確認

今回は2END側を点灯させるので左の矢印が1END側のヘッドライト点灯を確認し、赤丸がテールライトです
20210514_232955
基盤に取り付ける位置が決まったのでパンダ付けしました

20210514_193840

そしてお座敷レイアウトで再度点灯確認
20210514_201213

TOMIXのED75のテールライトの位置はだいたいこの辺りです
20210514_233053
そしてきらめきライトピコデュアルは光量が凄いのでそのままですとボディーが透けてしまうので内側を艶消し黒で遮光しておきます
20210514_205610

そしてボディーを被せ再度、点灯確認
20210514_223808
バッチリです☆


そしてフロントガラス下に手すりを取り付け
銀河モデルさんのN-260 前面手すりED75用

ワイパーも今回は銀河モデルさんのものを使いました
20210515_201641
サイドの乗務員乗り口ドア脇の手すりは0.2㍉真鍮棒で自作
扉のドアノブはレボリューションファクトリーさんの5121
乗務員室のインレタはくろまやさんのものです
20210516_213613

1END側の解放テコと連結器をO字のリングでつなぎました。
きらめきライトの余った銅線を使ってます
20210516_213438
こちらは2END側
KE70開からのホースは0.25㍉ケンタカラーワイヤーにしました。
0.37㍉でも良かったかも?です
20210516_213631
そしてプラ板から自作したステップを取り付け
20210517_224027

パンタグラフも取り付けてとりあえず形になりました

20210517_223845
あとは細部を少し手直しして完成とします。

本日も最後まで読んでくださり、ありがとうございましたm(_ _)m

こんにちは☆

さて、前回は台車の加工を終わらせてキリがいいところでアップしました

今回からボディーの加工に入ります

まずはバラしてみます
20210506_193529
フロントガラス、サイドガラス、邪魔になる屋根上機器を外し、手すり、フック等を取り付けるのでそれらのモールドを削り0.3㍉ピンバイスで穴を開けておきます
20210507_192750
屋根上
ここも吊り上げ金具やフックを取り付けるのでモールドを削って先に穴を開けておきます
20210507_193541

そして次
フロントガラス下の手すりのモールドを自作ちびノミを使い削りました

このままだと手すりの削った痕が残ってるので消していきます
20210507_200409
厚めのプラ板から切り出し先端にサンドペーパーを貼り付けた自作サンダーで手すりの削った痕を消していきます
まずは#400から
20210507_200731
次に#1000
20210507_200942
そして#1500
20210507_201127

そして手すりの痕がだいたい消えたので次にガイアの精密綿棒極細G-04nにタミヤコンパウンドをつけて艶を出していきます

まずは粗目から
20210507_201511
そして細目
20210507_202121
最後に仕上げ目
これでほぼ手すりのモールドの後はなくなりました
20210507_202403

両エンドやり1END側のジャンパ栓の加工をします

1010号機の実車の画像を見るとJRに引き継がれ全検を通った後に1END側のジャンパ栓が撤去されてるようです
なのでジャンパ栓のモールドを削り薄めのプラ板を切り出しGMの赤2号で塗り接着しました。
そして貫通扉の取っ手を最近買ったガンダムマーカーのメッキシルバーで塗装しておきました
20210507_203223
そして次です
屋根上のパンタグラフにつながる配管のモールドを除去したので配管を別体化します
0.3㍉真鍮棒を曲げて配管止めはバルディローズさんのNR-804配管止め0.3㍉を使用
1END2END両側をやります
20210507_231325

そして次に屋根上のフック、手すり等を取り付け
オデコの手すりは銀河モデルさんのN-260ED75用前面手すりを使ってます
タイフォンカバーの手すりはレボリューションファクトリーさんの4997手すり1.0㍉を使用
屋根上のフックは5009EL吊り金具を使用
20210508_232634
全部で19ヵ所取り付けました
20210508_232702

そして空気遮断器のカバーに手すりを取り付け
レボリューションファクトリーさんの1.0㍉です
20210509_154859

そして屋根上の配管
足りない配線を追加しました
0.2㍉真鍮棒を曲げて取り付け、金色の部分です
20210509_173935
そしてガイアのマルチプライマーを筆塗りした後にガンダムマーカーのメッキシルバーを筆塗りしておきます
20210509_214248

パンタグラフの折り返しの部分に0.08㍉エナメル銅線をU字に曲げたものを取り付けておきます
20210509_211226
両エンド取り付けました
あとで塗装し直します
20210509_211250

そして次
ワイパーを別体化するのでフロントガラスのワイパーのモールドを自作ちびノミを使い削りました
20210509_215354
そしてガラスをクリアーにしていきます

まずは厚めのプラ板から切り出し先端にサンドペーパーを貼り付けた自作サンダーで磨きます
#1000で磨いた跡です
白くくすんでますが、これはちびノミで削った凹凸を平らにするのが目的なのでクリアーにするのはまだ先の工程です

20210510_194218
そして次に#2000で磨きます
これでだいたいワイパーのモールドの跡は消えました
20210510_195027

そしてここから曇ったガラスをクリアーにしていきます

ガイアの精密綿棒G-04nを使いタミヤのコンパウンド粗目から磨いていきます

先程の曇りが少し取れました
20210510_195805

次に細目
だいたいクリアーになってきました
が、コンパウンドを付けすぎたかHゴムの黒が消えてる箇所かあります

ですが最後に修正しますので大丈夫
20210510_203954

最後に仕上げ目で磨きます

これでほぼクリアーになりました
若干ワイパーのモールドの痕が残ってますが肉眼だとわからないから、いいか(笑)
20210510_210223

そして最後に油性の極細マジックでHゴムを修正します
これが一番塗りやすいかな☆
20210510_231139

キリがいいので、ここで一度アップしておきます。

次回は運転台の加工をやります。

本日も最後まで読んでくださり、ありがとうございましたm(_ _)m


こんにちは☆

さて今回もTOMIX製のED75をいじっていきたいと思います

今回はこれ
TOMIX 2105 ED75 1000 (前期形・JR貨物新更新車)

この車両はNゲージ復活した際に2回目に購入したものです(笑)

ちなみに一番最初に購入したのはkatoの3075-1 ED75 1000 前期形でした☆

子供の頃少し集めててやがて興味が他のものに移り、30数年の月日が流れ技術の進歩にびっくりしました(笑)
ここまで精巧になってるとは!
20210426_235228

そんな訳で以前にある程度加工してあったもの更に細かくやっていこうと思います。
軽くウェザリングはしてました

とりあえずオーバーホールも兼ねてバラバラにしました
20210427_185823
まずはカプラーの加工から
当機関区はkatoナックルが標準なのでTOMIXの付属のアーノルドカプラーを元にkatoナックル化します
20210427_201646
詳しいやり方はこちらをご覧下さい

http://wipeout0512.livedoor.blog/archives/25907745.html

そして次にスカート周りの加工
tomixの分別バーツPZ-001ブレーキホースLRを取り付けていましたが一旦外し、左のジャンパ栓ホースからやり直し
0.37㍉ケンタカラーワイヤーを使い、ホースの下部をU字に曲げた0.2㍉真鍮棒で実車同様に止めます
20210427_220248
この後ガイアのマルチプライマーを筆塗り後、farbeのねずみ色1号で塗っておきました

そして最近お気に入りのRe-colorさんの汎用エアホースに付け替えました

エアホースの先端にL字に曲げた真鍮棒を取り付けて実車同様にチェーンで吊るしてます

1END側のスカート
20210428_220426
実車ですとスカート右側のジャンパ栓、連結器横のジャンパ栓は撤去されてないのですが面倒だったのでそのままにしてます
気が変わったら直すかも?です(笑)
20210428_220504
2END側のスカート
20210428_220524
20210428_220543
とりあえずスカート周りの加工は終わりました

そして次に台車の加工をやってしまいます
この75も銀車輪なので黒染め車輪に交換します

使うのはTOMIXの分別パーツ 0687 機関車用動輪(黒'ф7.6プレート輪心付.ギア付.4個入)を使います
本来ならPW-051機関車用動輪(黒'ф7.6輪心付.ギア付.4個入)の方を使うのですが、この0687
が余ってたので使ってしまいます
20210429_170600

そしていつもの様に砂撒き菅のモールドを削り別体化します

台車上部の梁のパイピングは0.2㍉真鍮棒で再現、配管止めはバルディローズさんのNR-804配管止め0.3㍉を使用
砂撒き菅へのケーブルは0.24㍉カラーワイヤー
砂撒き菅は0.3㍉真鍮棒
引張棒は0.4㍉真鍮棒
台車バネ脇のケーブルは0.15㍉ステンレスワイヤー
バネ脇のケーブルは0.37㍉ケンタカラーワイヤーと使い分けてます
こちらは1END側の台車DT-129
20210429_220558
逆側
20210429_220632
2END側の台車も同じく加工しガイアのマルチプライマーを塗った後に艶消し黒と白で色差ししました
2END側の台車DT-129
20210505_224625
逆側
20210505_224646


あとでウェザリングし直すので台車をバラしておきます

とここでキリが良いので一度アップしておきます。

本日も最後まで読んでくださり、ありがとうございましたm(_ _)m

こんにちは

ようやく緊急事態宣言の解除となりました当地域

少しずつですが日常取り戻せたら良いですね

さて今回も台車の追加精密加工が続きます
忘れないうちにと、いう事で今回も75をやってしまいす。

今回もこれ
Kato 3075-1 ED75 1000 前期形改
ED75 1033号機[青]  JR Hゴム黒仕様にしてます

過去の精密加工記事はこちらから
20200525_185728

まずは台車外し砂撒き菅部分のモールドをデザインナイフで除去します

そしていつもの様に砂撒き菅は0.3mm真鍮棒で、
そこにつながる油圧の配管は0.24mmステンレスワイヤーを使ってます

いきなり完成の画像(笑)
1END側の台車 DT129
20200525_231349
逆側
20200525_231427

そして2END側の台車
20200525_232809

少し細かくアップします
モールドの削除部分はこんな感じに削ってます
20200525_232832

逆側の砂撒き菅部分のモールド削除
20200525_232844

結構ギリギリまで削ってます
気を付けないと余計な部分も削れてしまうし手の指も切りそうになるので要注意です


そして砂撒き菅は0.3mm真鍮棒を曲げて取り付け油圧の配管は0.24mmステンレスワイヤーを使いってます
20200526_211440
足りない部品はプラ板を切り出し補ってます

アップで
20200526_211448


20200526_211502


逆側から
歯止めの位置が異なります
20200526_211514

上から


20200526_213522

下から
20200526_213531
そして配管を増設
プラ棒と0.25mmケンタカラーワイヤーを使ってます
20200526_222826

そして台車の完成
配管にメタルプライマーを筆塗りし乾燥後にタミヤXF-1フラットブラックに塗装しました。
砂撒き菅と油圧の配管?の接合部のジョイントは白で色差ししました
20200527_183144

ボディーに戻します
20200527_183703
1END側の台車 DT129
20200527_183843
2END側
20200527_183856

2END逆側から
20200527_183923
1END逆側
20200527_183932

アップで
20200527_184056
レールとのクリアランスはギリ大丈夫です
20200527_184108
この後試験走行させましたがポイント通過も脱線する事なく擦れる金属音も出なかったので今回は上手くいきました


20200527_184811

これでED75 1033号機[青] JR仕様Hゴム黒 台車の追加精密加工を完成とします

まだまだ75があるので、まだ台車の追加精密加工は続きます

同じような内容で飽きてきたかと思いますがお付き合いください(笑)

本日も最後まで読んでくださり、ありがとうございましたm(_ _)m




こんにちは☆

相変わらず台車の精密加工を続けてます
今回はこれ

過去の精密加工記事はこちらから

20190924_215330
Kato 3075-1 ED75 1000 前期形改 ED75 1014号機[青]の台車DT129を精密加工しました。

まずは台車を外して観察
20200522_220115

赤丸の部分、砂撒き菅のモールドをデザインナイフで除去しました
20200522_232903

Katoの75の台車は実物と比べると結構ざっくりと作ってますね
前回やったTOMIXの75の方が少しだけ実車に近く作り込んでると思います

なので砂撒き菅は0.3mm真鍮棒を曲げて自作

砂撒き菅につなぐ油圧の配管は0.24mmステンレスワイヤーで作りました

そして極細プラ角棒を使い足りない部品を補ってます

台車の梁に沿う配管は0.2mm真鍮棒で
配管止めはレボリューションファクトリーさんの5120吊り金具旧形用を配管止めとして使いました
20200522_230648

アップで見るとこんな感じにしました
20200522_230657
逆側
20200522_230927

下廻り
20200522_230940
2END側の台車も同じように加工しました
20200523_220922
20200523_220932
歯止めは少し前に施工済みです

これでメタルプライマーを筆塗りし、タミヤXF-1フラットブラックで塗装しました

20200524_213539
20200524_213559
やはり黒く塗ると目立たなくなっちゃいますね(苦笑)


レールに置いてクリアランスを見てみます
20200524_213653
アップで
20200524_213735
とりあえずいけそうです

ここでお座敷レイアウトで試運転しましたが片方の台車がポイント通過時に脱線しました

砂撒き菅の位置を少しは攻めすぎたかな(笑)

調整して再度、試運転したら今度は大丈夫でした


では精密加工した台車を見ていきます

1END側のDT129
20200524_215123

20200524_215127
2END側のDT129
20200524_215143


こちらは逆側の2END側
20200524_215207

追加で0.25mmケンタカラーワイヤーを使い配管を追加しておきましま
20200524_215211

1END側
20200524_215226

これで完成とします
20200524_215358
20200524_215453
本日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

そしていつも[拍手]押して下さる方、本当にありがとうございますm(_ _)m

↑このページのトップヘ