(仮称)東北本線 岩○機関区

Yahoo!ブログの閉鎖に伴い、こちらに引っ越してきました。主にNゲージの精密加工をしております。機関車関連、客車、貨車等の加工ばかりで電車関係は少ないです。宜しくお願いいたします。

タグ:1000

こんばんは☆

さて前回に引き続き今回もこれをやってしまいます
Kato3024-1 EF64 1024号機[愛]
20200705_221417
前回の精密加工が内容はこちらからどうぞ

ではいつものように台車を外し砂撒き管、そこに繋がる配管、別体化する油圧の配管のモールドをデザインナイフで削り取ります

そして引張棒を表現するのにデザインナイフで切れ目を入れてる時につい、力みすぎて引張棒のモールドも削ってしまいました(汗)

なので0.3mm真鍮棒と極細プラ棒で再現しました
20200706_215004
赤い矢印の部分です
本来なら全ての台車にこの引張棒も別体化しようと思ったのですがkatoの台車は床下機器との隙間が狭い為、別体化した真鍮棒が引っ掛かるんです

なので削る事によって、元の引張棒のモールドを活かそうと考えました

そして1END側の台車DT-138Aの加工は終了
20200706_214721
下廻り
20200706_214747

そしてこちらは2END側のDT-138A
20200706_230255
20200706_230352

そして中間台車 DT-139A

速度検出装置かな?を0.24mmケンタカラーワイヤーと極細プラ板、銀河モデルさんの速度検出装置の一部だけ使い製作しました。

歯止めもプラ棒から作り取り付け
留め具はレボリューションファクトリーさんの4997 手すり1.0mmを代用してます
20200707_201738
逆側
20200707_201750

これで台車の加工は完成
メタルプライマーを筆塗りしてガイアの鉄道模型用カラーねずみ色1号で色差ししました

台車の精密加工は完了です
20200708_203602
次はATS-Psの車上子を作ります
ベースは銀河モデルさんのN-196EF81用の車上子です
20200709_201803

evergreenの0.28mm×0.56mmのプラ平棒を更に小さく細くカットし柱を立てます
中の配線はランナーを引き伸ばしたものを使ってます

そして取り付け
ケンタカラーワイヤー0.24mmで配線を追加しました
20200709_203115

そしてプラ板を切り出し、名前がよくわからない機器を製作
めっちゃ小さいものなので大変でした(汗)
20200709_214319
そしてそれらの各パーツを取り付けやっと完成

Kato 3024-1 EF64 1000  JR貨物新更新色改
EF64 1024号機  [愛]
1END側
20200709_220115
細部を見ていきます

1END側台車 DT-138A
20200709_220158
中間台車 DT-139A
20200709_220207
2END側台車 DT-138A
20200709_220217

更にアップで
1END側から
20200709_220302
20200709_220311

EF64 1000用に改良したATS-Ps 車上子 
20200709_220421
0.24mmケンタカラーワイヤーで床下にケーブルを追加
20200709_220442_001
20200709_220510
空気溜めタンクも0.2mm真鍮棒で別体化
20200709_220519
2END側DT-138A
20200709_220619
バネ脇のケーブルは0.37mmケンタカラーワイヤーを使ってます
20200709_220655
改良したホイッスルレバー
20200709_220937
20200709_220953
追加した助手席側の機器類
20200709_221100
1END側サイドビュー
20200709_222043
2END側サイドビュー
20200709_222126

2END側
20200709_221233

2END側DT-138A
20200709_221306

蓄電池Boxの手すりはレボリューションファクトリーさんの4997 手すり1.0mmです
20200709_221324
中間台車DT-139A
20200709_221334
ATS-Ps車上子
20200709_221357
1END側DT-138A
20200709_221449
2END側のスカート周り
20200709_221729
20200709_221832
20200709_221905
2END側サイドビュー
20200709_221942
1END側サイドビュー
20200709_222007

これで2機目のEF64 1000 JR貨物新更新色の台車追加精密加工整備は完工とします。

残りはあと3両…
だいぶ疲れてきました(苦笑)

さて次もEF64 1000の台車追加精密加工をやってしまいます。

毎回同じ用な内容で飽きて来てるかと思いますがどうかお付き合いください(笑)

本日も最後まで読んでくださり、ありがとうございましたm(_ _)m

こんにちは☆

前回、当機関区在籍のEF81 全5両の台車の精密加工が完了したので次はEF64 1000の追加台車の精密加工整備を始めます

Kato 3024-1 EF64 1000 JR貨物新更新色改
EF64 1036号機[愛]です
20200630_230948

前回の精密加工整備の内容はこちらからどうぞ


まずはボディーを外し台車を外します
旧製品なのでボディーを外さないと台車が取れないタイプですね


まずは1END側の台車 DT-138Aから始めます

EF81と同じようDT-138台車がですが、よく見ると細部がだいぶ異なっています。山岳用のブレーキシリンダーロック装置が追加されてるDT-138A形です。
しばらく眺めてどこを別体化していくか考えます

結果、前回の81とは多少違う感じで始めました
20200701_203534
逆側
20200701_204058

下廻り
20200701_204205

2END側 DT-138A
20200701_224055
20200701_224127

そしてこれは中間台車 DT-139Aです
20200702_201416

20200702_201424
この後メタルプライマーを筆塗りし乾燥後にガイアの鉄道模型用カラーねずみ色1号で色差ししました。
色合いはほぼ同じかな?


そしてダイカストに台車を装着しお座敷レイアウトでテスト走行

いつもの様に不具合発生(苦笑)

床下にケーブルを追加したのでそのケーブル(0.3㍉ケンタカラーワイヤー)と台車が干渉し途中で停止してしまいます

リアルさを追及していくと床下のケーブルや台車の配管の別体化は欠かせないので不具合を一つ一つクリアーしていかないとならないので、ここで時間を取られてしまいました(汗)

でも何とか不具合をクリアーし走行に支障ないようにしました。
これでボディーを被せられます

そして次にホイッスルレバーを少し改良してみました
20200702_220639
そして助手席の機器類を追加
20200703_222950

そしてATS-Ps用の車上子を製作
ベースは銀河モデルさんのN-196 EF81用の車上子を使ってます
20200704_212536
極細プラ棒を更に小さくカットし柱を作ってます
車上子のケーブルはランナーを伸ばしたものを使ってます
20200704_212644

そしてボディーを被せ完成です

ボディーを被せてしまうと解放テコと連結器をO字のリングでつなぐので、この作業がなかなか面倒で、全て問題をクリアーしないといけないのでボディーを被せるのが最後になります。

最近のkatoの製品はボディーを外さなくても台車が取れるので楽ちんになりました

Kato3024-1 EF64 1000 JR貨物新更新色改
EF64  1036号機[愛]
1END側
20200704_222809

1END側の台車 DT-138A
20200704_222915
ATS-Ps 車上子
20200704_222930
中間台車 DT-139A
20200704_222936
2END側の台車 DT-138A
20200704_222957

アップで見ていきます
1END側から
20200704_223240

20200704_223250

ATS-Ps車上子
20200704_223106
車上子からの配管も増設しました。0.24mmケンタカラーワイヤーです
20200704_224846
中間台車DT-139A
20200704_223113
20200704_223121
2END側の台車のアップ
画像左の空気ダメタンクの配管も0.24㍉ケンタカラーワイヤーで別体化してます

見えづらいですがバネ脇のケーブルは0.37㍉ケンタカラーワイヤーで表現
20200704_223128
20200704_223141

これは改良したホイッスルレバー
20200704_223426
助手席の追加した機器類
20200704_223805
助手席側から
20200704_223551

そしてこちらは2END側
20200704_223903

ブレーキ台座、ホイッスルレバーも助手席側も見えて良い感じです
20200704_223916
2END側 DT-138A
このスカートと台車の間に実車ではATS-Pの車上子があるのですが、さすがにこのスペースに取り付け出来ず断念…

今後の課題にします
20200704_223923
蓄電池Boxの取っ手もレボリューションファクトリーさんの4997 手すり1.0mmで別体化
20200704_223934
中間台車DT-139A
20200704_223941
ATS-Ps車上子
20200704_224013
1END側DT-139A
20200704_224035

EF64 1000の台車の精密加工整備は初だったのでどういじるか手探りの状態で始めたので結構時間がかかってしまいました。

でもだいたいの手順が決まったので次からはもう少しスピードアップできるかな☆

名前のわからない床下機器類もプラ板から作ったりしたのでこれに時間取られたりもしましたが何とか形になったので良かったです

つぎももう一両あるEP64 1024号機の方も始めたいと思います。

本日も最後まで読んでくださりありがとうございました。
またいつも『拍手』押してくださる方々、ありがとうございますm(_ _)m

こんにちは☆

なかなか緊急事態宣言が解かれない当地域ですが、そろそろ解除になりそうですね

さて今回は16番ケージの入線報告です。
いっぺんに購入してのではなく、安いとちょくちょくポチッとしてしまい箱から出ることもなく段々溜まってきたのでアップしてみます。

時系列的にまずは最近の入線からです。

トラムウェイ ED71 1次形ブタ鼻2灯
20200521_213636
ED71 1次形 丸目1灯
20200521_213905
ED71は思い出のある大好きな機関車なので予約して購入しました。
スノープロウが付いてますが、必要ないですね


 
その前はこれ
TOMIX HO-2007 ED78 JR 1次形
20200221_194123
これはつい、ポチッとしてしまいました(笑)


Kato  1-320 EF81 一般色
20200202_193012
これも予約して購入になります


 
Kato 1-316 EF65  2000 後期形JR貨物2次更新色
20200521_214403
これは安かったのでポチッとしてしまいました

Kato 1-306 EF65 1000 後期形
20200521_214607ここれも安かったので(笑)


TOMIX HO-123 EF64 1000 JR貨物更新色
20200521_214903
これもポチッと…

TOMIX HO-159 EH500  3次形GPS付き後期形
20200521_214930
これはヤフオクで競ってしまって(汗)
まぁ、安かったので(笑)


そしてここからは前回アップ済みですが

トラムウェイ ED71 2次形
20190801_223755

TOMIX HO-165 ED75 700 後期形サッシ窓
20200521_221022


左側上段はTOMIX HO-110 ED75 ひさし付き
20170116_185757
右側下段はかなり前に加工整備したTOMIX HO-109 ED75 一般形になります



機関車関係は今のところこんなラインナップになります。

ただ、走らせる所がないのが難点でして、ただの観賞用もしくは箱の中で眠ってます(苦笑)

なぜ16番を集めてるのかというと昔子供の頃は当時HOゲージは大人の鉄道模型で夢のまた夢でして、それが月日が流れプラ製品の16番も比較的手の出せる金額になってきてまして、子供の頃の憧れの物を収集してる感じです(笑)


他にも客車はkatoの12系客車6両
TOMIXのオハネフ12×2両  スロフ62  オロネ10 
トラムウェイのマニ36

貨車ですとkatoのタキ1000日本オイルターミナル色 ワム8000×8両
TOMIXのタキ1000日本石油輸送
等ありますが、そればまた改めてアップします。

16番の方も精密加工したいのですが本気モードになるのは、いつになることやら(笑)

メインのNゲージも方もちょくちょく入線してますので、それもまたまとめてアップさせて頂きます。


本日も最後まで読んでくださり、ありがとうございましたm(_ _)m



いつもの場所で

常時点灯仕様にしてます
1END側
20200410_193342
20200410_193418
サイド
20200410_193435

2END側
20200410_193455
1END側正面
20200408_210637

2END側
20200410_193628
サイド
20200410_193647
1END側
20200410_193710
2END側正面
20200408_210922

そして長編成展示用ジオラマにて

14系客車時代の急行八甲田を牽引させてみました
103レ 青森行き
20200408_222103
20200408_222443
20200408_222310
20200408_222400
20200408_222600


上段には583系特急はつかり
104レ 上野行き
20200408_224127
20200408_224204
20200408_224240
20200408_224245
14系はJRマーク消さないと(汗)

これで完成としました。

新型コロナの影響で色々と自粛要請が出ておりますが、何を自粛し、どこまで自粛すれば良いのか判断に困りすね

ご飯を一人で食べに行くのは?

日曜品以外のものを買いに行くのは?

お客さんを待ってるお店があるのに、そこにお金を落としに行くのは悪いこと?

うーん、判断に困りますね

早くこの状況の解決を望みます

本日も最後まで読んでくださり、ありがとうございましたm(_ _)m

さて次は何をやりましょう?
時間はいくらでもあるので(笑)





こんにちは☆

さて前回ウェザリングをやり、少し手直しするつもりが、また思い付きで余計な加工を始めてしまいました(汗)


台車を精密加工しました。
パイピングを増設
0.2mm真鍮棒を現物会わせで曲げてレボリューションファクトリーさんの5120吊り金具旧型用を配管止めとして使ってます
20200409_205114
両サイドをやり、メタルプライマーを筆塗りした後にタミヤXF-85ラバーブラックで塗りました


こんな感じになりました
20200409_213115
20200409_213131
どうでしょう?あまり目立たないかな?(笑)


両端の台車にもパイピングを増設しました
20200409_220821
20200409_224524
こんな感じになりました
20200409_221713

そして今回新たにこんな加工もしてみました
20200409_235507
わかりますでしょうか?(笑)

サイドの乗務員乗り口扉脇の手すりの横にカバン掛けも取り付け

これはレボリューションファクトリーさんのドアノブです(笑)

これで完成とします
20200407_223227


それでは細部を見ていきます

EF65 1033号機 [宇]

1END側
20200408_204216
20200408_204356
1END側正面
貫通扉窓にハシゴを取り付けた状態にしてます
ワイパーはボナファイデプロダクトさんのP-319機関車用見ワイパーC
モールドは左右外側を向いてますが助手席側はわざと内側に向けてみました。


20200408_195735

1END側スカート部のアップ

エアホースはいつものTOMIX PZ-001エアホースLR
いつもの様に実車同様にチェーンで吊ってます

連結器と解放テコも導線を使いO字のリングで繋いでます
左右のエアホースコックの上に手すりも取り付け

20200408_204924

屋根上の避雷器からは0.25mmケンタカラーワイヤーで再現、実車同様にパンタグラフに繋がってます
屋根上手すりとオデコの手すりは銀河モデルさんのN-621屋上手すり1.2mmです
フロントガラス下の手すりも銀河モデルさんのN-257 EF65 1000用正面窓手すり
モールドを削りメタルプライマーを塗装後、ガイアの鉄道模型用カラークリーム1号を使ってます

Katoの付属の手すりも塗装が薄くプラ感満載なので塗装してます。

貫通扉支持器具、ヘッドマークステー、標識灯掛けはバルディローズさんの、NB-501標識灯掛けセットからです

20200408_200335

1END側運転台のアップ
20200408_200120
N小屋さんのNo.10270 EF65用運転室背面シールKATO(新規格)製品対応を貼ってみましたがイマイチ見えないですね


1END側運転台のアップ
自作したブレーキ台座、マスコン台、自弁単弁ブレーキレバー、マスコンハンドル、ホイッスルレバーは0.2mm真鍮棒からの自作です
20200408_200228
時刻表指しにもそれらしいステッカー貼ってみましたが見えないですねトホホ
運転台はこんな感じに作ったのですが(苦笑)
20200401_233540
1END側
20200401_233431
2END側
20200401_233441


1END側パンタグラフ周り
配管止めはバルディローズさんのNR-804配管止め0.3mmとレボリューションファクトリーさんの5120吊り金具旧型用を配管止めとして使ってます

配管はケンタカラーワイヤー0.25mm

実車同様にパンタグラフに繋いでます
20200408_201021


こちらは2END側パンタグラフ周り
20200408_201031

屋根上のフックはレボリューションファクトリーさんの5009 EL吊り金具を取り付けてます
20200408_201117

2END側
20200408_204500
20200408_204521
2END側正面
こちらもワイパーは運転席側はモールド通り外側、助手席側は内側に向けてみました
20200408_201444
2END側スカート部のアップ
20200408_201628

2END側運転台のアップ
辛うじて配電盤のステッカーが見えるかな?
20200408_203250

1END側台車 DT115B

新たに0.2mm真鍮棒で増設した配管、車止めはevergreenの0.75mm×0.75の角棒から自作、ケーブルはカラーワイヤー0.24mmを使ってます
20200410_194837


中間台車 DT116C
こちらも新た配管増設、車止め、ケーブルも0.24カラーワイヤーを使ってます20200409_235317

2E側台車 DT115B

こちらも新たに配管増設、左のケーブルは銀河モデルさんのN-048速度記録装置、右のケーブルはカラーワイヤー0.24mmです
20200409_235337

1END側ステップ
こちらもevergreenのプラ板からの自作
サイドの手すり脇にカバン掛けも取り付け
20200409_235507

2END側ステップ
こちらもカバン掛けを取り付け
20200410_000724


画像が多くなってきたので、次に続きます→

↑このページのトップヘ