(仮称)東北本線 岩○機関区

Yahoo!ブログの閉鎖に伴い、こちらに引っ越してきました。主にNゲージの精密加工をしております。機関車関連、客車、貨車等の加工ばかりで電車関係は少ないです。宜しくお願いいたします。

タグ:3024-1

こんばんは☆

世間様は三連休らしいのですが、貧乏暇なしのわたくしはやっと今日から連休です(笑)

相変わらずよく降りますがそろそろ梅雨明けも間近なのでしょうか?

さて前回の続きです。

20190711_225420
まずはこんなものを購入してみました。

何かというと
20190714_092939
いつも参考にさせて頂いてる方のブログに載ってたEF64 1000用のジャンパ栓です。
いつもは銀河モデルさんのN-231ジャンパ栓KE70開を使っているのですが、今回はこれを試してみようかと☆

とりあえずエアブラシでガイアの鉄道模型用カラーねずみ色1号を吹いてみました。
20190713_215932

そして地味な作業が続きます。

屋根上の配管やフック等のモールドを削り別体化します。
20190712_200230

今回も配管はケンタカラーワイヤー#32  0.25ミリを使い配管止めはバルディローズさんの0.3ミリ配管止めを使います。
0.3ミリピンバイスで穴を開けて少量のハイグレード模型用セメダインで接着します。

前回は向かって左側の避雷器にいく配管止めを二ヶ所に設置して取り付けるのに凄く苦労したので、よくモールドを見てみると配管止めは一ヶ所だけだったので今回は一ヶ所にしてみました。


一ヶ所ならば配管通すのも楽勝です(笑)

こんな感じになりました。
20190712_215308
左のパンタグラフへの引き込み線は0.2ミリ真鍮棒を二本重ねてタミヤXF-85タイヤブラックで塗装しておきました。
留め具は銀河モデルさんのN-049配管止めを使ってます。
逆側
20190712_215319
そして次は屋根上の手すりの別体化です。

とりあえずモールドを削る作業で丸一日使います。

モールドを削ったあとはポンチを打ち0.3ミリピンバイスで穴開けです。

ヘッドライト脇の手すり、屋根上の手すり、クーラーBOXの手すり、乗務員入り口扉の上の手すりを取り付けます。

今回はいつも使ってる銀河モデルさんのものではなくレボリューションファクトリーさんの4998  1.2ミリ手すりを使ってみました。

こちらの方が細くてシャープですが、その分目立ちにくいかも?です。
今は色を塗ってないので目立ってますが(笑)
20190713_204734

横から
20190713_204746

そして次にU字フック
吊り金具の取り付け。これも今までは銀河モデルさんのN-吊り金具を使ってましたが以後、再生産の予定もなく欠品するかと思われるので今回からレボリューションファクトリーさん5120を使ってみました。

20190713_221113

本日はここでタイムアップ

地味な作業、面白くない画像が続きますがご容赦下さい(笑)


本日も最後まで読んでくださり、ありがとうございましたm(_ _)m


こんばんは☆

毎日曇った梅雨らしい日が続いてます関東地方
今年は冷夏になると言う話しらしいですが、暑い日が少なく感じますね☆

さて最近64の加工整備ばかりしてますが、今回も引き続き64の精密加工整備になります。

kato3024-1 EF64 1000 JR貨物新更新色
20190707_210215
中古での入線です

今回は細かくアップしていこうと思っております。
まずはボディを外し、運転台、ダイカストのサイドをタミヤXF-71コックピット色にタミヤXF-8フラットブルーを混ぜたオリジナルコックピット色を作りました。
少し青みを強くしました。
20190708_225957
そしてまずはスカート周りの加工から
20190709_202955
スカート上部に運転台のメーターパネルがあるのでここも忘れずに先に塗っておきます。

そしてエアホースのコックの部分のモールドをデザインナイフで削ります。
削った後にケガキ棒でポンチを打ち0.6ミリピンバイスで穴を開けます。

穴の位置は元のコックの位置より少しずらしたりしてます。
これは後にTomix PZ-001エアホースを取り付ける時に隣どうしが干渉しないようにする為です


そしてカプラーの穴の両脇にチェーンを引っ掛けるステーを0.2ミリ真鍮棒をL字に曲げたものを0.3ミリピンバイスで開けた穴に接着しておきます。
色も先に塗っておきます。
ガイアの鉄道模型用カラーねずみ色1号です。

そして当機関区標準装備のTomix PZ-001エアホースLRをまずは加工にします。

エアホースをチェーンで止めるのにまずは0.2ミリ真鍮棒をL字に曲げ少量の瞬間接着剤で接着します。
20190708_230022
そしてタミヤXF-85タイヤブラックで塗った後にコック部をそれぞれ、白、グレー、赤に塗り先端をタミヤX-11クロームシルバーで、ホースの真ん中を水色で色差ししておきます。

エアホースの長さは微妙に調整してカットしてます。


そしてカプラー内側の板バネもブラックアウトしておきます。
正面から画像撮った時にあの金色の光が気になるので(笑)



20190709_213539

そして精神集中させて一本づつチェーンを引っ掛けてエアを取り付けて行きます。

エアホースはGボンドクリアーで接着剤してます。
20190709_213421

両エンド完成
20190709_223354

そして次にワイパーのモールドを除去します。

20190709_224112
自作のちびノミで運転席側だけ削ってみました。
こんな感じで両方削ります。

そしてモールドが平らになってちびノミで引っ掛からなくなればオッケー

次に磨きをかけてクリアーにしていきます

まずはプラ板から作った板状のサンダー
先端に#1500のサンドペーパーを接着して取り付けたものです。
20190709_225526
#1500で磨くと白く濁りますが大丈夫です。
この時点では本当にクリアーになるか不安になると思いますが大丈夫です(笑)

そして次は#2000のサンドペーパーで磨きます
20190709_230010
まだ白く濁ってます。
これは先ほど削ったちびノミの傷を平らにする目的ですのでまだクリアーには、なりません


そして次から白く濁ったガラスをクリアーにしていきます。

まずはタミヤコンパウンド粗目を使います。
ガイアの精密綿棒G-04rを使います。

20190710_213506
粗目のコンパウンドで磨いた後です。

つぎにタミヤコンパウンド細目で磨きます。
20190710_214132
段々クリアーになってきました。

そして次にタミヤコンパウンド仕上げ目で磨きます
20190710_223410
肉眼ですともうこれでじゅうぶんかと思いますが最後にもうひと手間かけます。

最後の仕上げにHASEGAWAのセラミックコンパウンドを使い磨きます。

20190710_223958
こんな感じです

画像ですと光の反射でイマイチ傷があるように見えますが肉眼ですとまず、わからないと思います。

これでワイパーのモールド除去は終了です。

月曜から少しづつ始めて、本日はここでタイムアップ

次回からはボディ側、屋根上の配管の別体化をしようと思います。

本日も最後まで読んでくださり、ありがとうございましたm(_ _)m

いつもの場所で
1END側
20190630_110703
ヘッドライトはそのままだとオレンジ色なのでkatoのassy 3023-6G EF64-1032ライトユニットに交換してます。
コンデンサーを取り払い常時点灯仕様にしてます。
サイド
20190630_110719
2END側
20190630_110849
1END側正面
20190630_110913
2END側
20190630_110958
サイド
20190630_111019
1END側
20190630_111042
2END正面
20190630_111229

そして長編成用の展示用のジオラマにて
20190630_120030
20190630_120114
20190630_120140
タキ1000を牽引させてみました。
20190630_120213
20190630_120248
この大宮更新色の64はタキ1000が似合いますね!

よく重連で運用されてたようなのでもう1両、時間見て作ります。

本日も長々と最後までお付き合いして頂きありがとうございましたm(_ _)m

このlivedoor Blogでも、引き続き宜しくお願いいたします☆


追加整備
製造銘板忘れてました
20190709_235046
レボリューションファクトリーさんの4956
東洋電機/川崎重工です

こんばんは☆

引っ越ししてからの二回目の投稿になります。

Yahoo!ブログでは記事を書いても途中で下書き保存が出来なくて大変不便に感じてましたが、ここのlivedoor Blogだと一時保存が出来て、しかも画像もたくさん貼れるので便利ですね!


さて前回、運転台の加工までやりましたがボディを被せて右側のジャンパ栓ホースを0.3ミリケンタカラーワイヤーで作り直し、乗務員乗り口ドアの手すりを、0.2ミリ真鍮棒で作り完成しました。
20190629_235013
それでは細部を見ていきます。
1END側
20190630_104250
正面
貫通扉内側にハシゴを0.3ミリプラ板で表現しました。色はコックピット色ではなく色のようです

ワイパーは銀河モデルさんのN-040を使い別にパーツ化してます
20190630_104406
1END側スカート周りの拡大
解放テコはkatoのEF71用のassyを使ってます。
解放テコからの受けは銀河モデルさんのN-049割りピンを使ってます
20190630_104631
今回からTomixのエアホースをそのまま取り付けると長すぎるので、適当な位置でカットしてみました。
1本2本ならカットしなくても良いのですが、この64みたいに左右で5本のエアホースをチェーンで引っ掛けるとなると、短くカットしないと厳しいですね(汗)

1END側の手すり類です
オデコ、屋根上に3つ、クーラーボックス上に一つ、サイドの乗務員入り口の上に二つ、貫通扉支持器具、ヘッドマークステー上下、前部標識掛け、貫通扉下の右側にL字の止め器具も追加しておきました。

カラーは今回はFARBEの青15号を使ってみました。
個人的な見解ですが、katoのEF65 1000はガイアの鉄道模型用カラー、青15号が合うように思いますが、このkatoのEF64 1000 JR貨物大宮色は、FARBEの青15号の方が色合いが明るいのでこっちにしてみました。

見た感じは合ってるように思います。

20190630_104829

サイド
1END側の台車には銀河モデルさんのN-045速度検出装置を取り付け中間台車にも0.25ミリケンタカラーワイヤーでケーブルを取り付けました。
20190630_104949
1END逆側
20190630_105719

屋根上のフック
20190630_105232
パンタグラフ周り
1END側
20190701_184528
2END側
20190701_184546


2END側
20190630_105317
2END側正面
20190630_105533
2END側スカート周りの拡大
20190630_105558
2END逆側
20190630_105029

そして自作した運転台のアップ
20190630_105930
ブレーキ台やレバーも良い位地にきました。
時刻表差しも見えますね

画像はまだ貼れるようですが、多くなってきたので分けます。

続きます→

こんばんは☆

ブログの引っ越しをして最初の投稿になります。

この新しいブログのURLをYahoo!ブログの最後の記事にアップしようとしたらすでに編集が出来なくなっており載せる事が出来ませんでした。

もしYahoo!ブログからの読者の方がこのブログを見つけて頂いて観覧してたら大変ご迷惑お掛けして申し訳ございませんでしたm(_ _)m

自分で編集、アップ等を出来なくなるとか書いておきながらお恥ずかしい限りです。

そしてとりあえずはここでアップしていこうと思ってますので引き続き宜しくお願いいたします。

さてブログの引っ越しの間に以前、ある程度の加工整備してあった、kato3024-1 EF64 1000 JR貨物新更新色の追加精密加工を初めました。

20190624_193719
これです。ナンバーは1036号機

とりあえずはカプラー周りの加工から
20190625_205717
Tomix PZ-001エアホースを一旦取り外し、今回からホースの先端を少しカットして短くしました。
既製の長さですとチェーンを引っ掛けるのに長すぎてまとまらないので

そして画像はありませんがエアホースの先端に0.2ミリ真鍮棒をL字に曲げて瞬間接着剤で固定しブラックアウトしておきました。

チェーンを引っ掛けるフックも0.3ミリピンバイスで穴を開けて0.2ミリ真鍮棒で作ります。

そして全神経を集中させて、引っ掛けて完成(笑)
作業中に外れるので引っ掛けたらほんの少しのハイグレード模型用セメダインを着けて外れないようにしてます。

20190625_205639
そして次に屋根上のパイピングの別体化をするのにパンタグラフを外しモニターも外します。

この64も旧製品?なのかモニター窓はガラスが入ってません。

前回のkato3041 EF64 0番台前期形の時の用に
65のモニターの余ってたガラスはもうないので、透明のプラ板で塞ぐことにしました。
まっ、穴が開いてるよりマシかな?程度ですが(笑)
こんな感じです
20190626_184050

そしてパンタグラフ周りのパイピング

モールドを削り、0.25ミリケンタカラーワイヤーで表現します。

止め金具はバルディローズさんのNR-804 配管止め0.3ミリです
20190627_201822
そして次に正面の手すりの取り付け
貫通扉上の手すりは銀河モデルさんの幅1.2ミリのもの、クーラー上の手すりも銀河モデルさんの幅1.0ミリ
貫通扉支持器具、ヘッドマークステー、前部標識掛け等はバルディローズさんのNB-501を使ってます。
20190627_231552
正面から
20190627_231626
サイドの乗務員入り口ドアの上にも手すり
20190627_231643
そして次に運転台の加工をします。

プラス板0.3ミリを切り出してメーターパネルを作り、マスコンの台の部分はタミヤの2.0ミリ角棒の角を削ったもの、ブレーキ台の下部は同じくタミヤ2.0ミリ角棒、上はevergreen0.64ミリ丸棒、マスコンのハンドル部分は0.2ミリ真鍮棒とTomixのカプラーのスプリングを半分にカットしたもの、ブレーキレバーも0.2ミリ真鍮棒で作ります。

20190628_220145
正面から
20190628_220208

時刻表差しはモニターの窓を塞ぐのに使った透明のプラ板に色を塗りTomixの駅のホームの余りのステッカーの文字らしき部分を貼ってそれらしくしてみました。
20190628_220607
まっ、走らせたらこれらの加工はまったく見えませんがww


本日はここまでです。

後は右側のジャンパ栓のエアホースを作り直してサイドの乗務員入り口の手すりを取り付けたら完成です

本日も最後まで読んでくださり、ありがとうございましたm(_ _)m


↑このページのトップヘ