(仮称)東北本線 岩○機関区

Yahoo!ブログの閉鎖に伴い、こちらに引っ越してきました。主にNゲージの精密加工をしております。機関車関連、客車、貨車等の加工ばかりで電車関係は少ないです。宜しくお願いいたします。

タグ:3037-2

いつもの場所で

ここで撮影したEF64 1000の画像がヤフオクで使われています。困ったもんです(苦笑)


コンデンサーを取り払い常時点灯仕様にしてます

1END側 交流区間を想定して片パンタです
20200216_124947
20200216_125003
サイド
20200216_125015
2END側
20200216_125033
1END側正面
20200216_125123

20200216_125144

2END側 直流区間を想定して両パンタ上げてます
20200216_125412
サイド
20200216_125422
1END側
20200216_125440
2END正面
20200216_125511

先に加工整備したkato 3037-1 EH500 3次形
EH500  27号機と並べてみました

20200216_125804

20200216_125822
20200216_125857
27号機の方は全検明けのピカピカ仕様です

そして長編成展示用ジオラマにて

東北本線の貨物をイメージしてみました
20200216_134655
上段にはEH500+タキ1000
20200216_134600
20200216_134742
20200216_134846

2END側から
20200216_135121
20200216_135210
20200216_135257
20200216_135452

いつもたくさんの[拍手]ありがとうございますm(_ _)m

凄く励みになります

さて次は何をやりましょうか??
まだまだやらなきゃならない車両がたくさんあります(笑)


本日も最後まで読んでくださり、ありがとうございましたm(_ _)m

YouTubeにパンケーキコンテナさんでの走行動画アップしました。良かったらどうぞ

こんにちは☆

相変わらず私の画像を変えずヤフオクで出品してるEF64 1000 ですが被害者出ない事を願うばかりですm(_ _)m

さて、ワイパーを取り付けました

使ったワイパーはトレジャータウンさんのTTP266-01国鉄汎用の適当なサイズのものを選び黒く塗ってから取り付けました


ナンバーは、81号機にしました。

いつも拝見させて頂いてる方のブログに[25-3 新製]のEH500はkatoの付属のナンバープレート 69  73  77  81のうち該当するのは81号機だけらしいので81号にしました。

詳しくて非常に参考になります。
ありがとうございますm(_ _)m
20200215_185723

そして次にこんなものを作りました
0.2mm真鍮棒を二本にまとめ接着、それをU字に曲げたものを2つ、作り計4本のケーブルにします

それをプラ板に切り込みを入れて差し込み接着
その後タミヤXF-85ラバーブラックに塗装し、エッチングパーツのランナー部分を使いL字に曲げた物に接着し、1ENDユニットと2ENDユニットを繋ぐ屋根上のケーブルにしました。
20200215_234813


こんな感じです
20200216_012531
手前の細いケーブル一本は0.25mmケンタカラーワイヤーを曲げて碍子に0.3mmピンバイスで穴を開け差し込んでます

片側だけ接着しもう片方は遊ばせてるのでカーブでも大丈夫です

そして次
Katoのassy 313系5000  車体間ダンパー Z04K5589を使います
20200216_004505
両端をカットしホース部を使います


片側のホースは一本にし、タミヤのラバーブラックで塗装します

これは1ENDユニットと2ENDユニットを繋ぐ車体間ケーブルにします

20200216_010151

そして取り付けて、ウェザリングの手直しをし、完成としました。
ウェザリングは、軽めにしたつもりですがどうしても肉眼で見ると薄く感じてアップで撮るとやり過ぎてしまうので、程よい加減が難しいんですよね…
20200216_121703

さてでは細部を見ていきます

1END側
20200216_121809

サイド
20200216_121900

1END側ユニット
20200216_121912
2END側ユニット
20200216_121916


台車周りのアップ
FD7F
0.25mmケンタカラーワイヤーでケーブルを追加しました
ポイントはステップ奥に穴を開けてケーブルを通しました
20200216_121938

FD7G
左側にケーブル追加
20200216_121943

FD7H
左側は0.25mmケンタカラーワイヤー、右側は銀河モデルさんのN-048速度記録装置を取り付けてます
20200216_121947

FD7I
左側にケーブルを追加
20200216_122023
台車のウェザリングは凹凸部にタミヤ墨入れ塗料ブラックを墨入れしタミヤXF-56メタリックグレイをドライブラシしてエッヂを出してます


1END側
フロントガラス下に0.2mm真鍮棒で手すりを自作、センターの梁も表現

前部標識掛けはバルディローズさんのNB-501 Bタイプを使用


連結器と解放テコを繋ぐO字のリングも再現、導線を使ってます
20200216_122102

1END側正面
ワイパーはトレジャータウンさんの国鉄汎用、モールド通り内側を向けて取り付け
20200216_122158

スカート部のアップ

連結器、スノーブロウもタミヤXF-56メタリックグレイでドライブラシして金属感を出してます
20200216_122300

1END側運転台のアップ
配電盤はヤフオクでお世話になってる方のEF510の運転台表現ステッカーを流用
20200216_122509

1END側運転台のアップ
メーター周り、運転台のマスコン部もEF510の運転台表現ステッカーを流用
運転台の台座やモニター、時刻表差しもプラ板から制作
ホイッスルレバーは0.2mm真鍮棒をL字に曲げて作りました
20200216_122627


1END側ユニットの採光窓
20200216_122641
2END側ユニットの採光窓
20200216_122657
共にEF510の表現ステッカーからの流用です


1END側パンタグラフ
配管は0.2mm真鍮とケンタカラーワイヤー0.25mmを使い別体化
20200216_122829


0.2mm真鍮棒から作った車体間ケーブル
20200216_122940
2END側パンタグラフ周り

こちらも0.2mm真鍮棒とケンタカラーワイヤー0.25mmを使い別体化

エッチングパーツのランナーを使い、曲げてからカバーに
20200216_123107

こちらは下回りの車体間ケーブル
こちら側はケーブル1本です
20200216_122952

2END側
20200216_123257

サイド
20200216_123349

2END正面
ワイパーはモールド通り内側を向いて取り付けました
20200216_123553

2END側スカート部のアップ
20200216_123610

2END側運転台のアップ
1END側の配電盤とは違う配電盤
20200216_123705

2END運転台のアップ

ドアノブも別体化、レボリューションファクトリーさんの5121ドアノブを使用

区名札は銀河モデルさんのN-507区名札ステッカー東日本、『仙貨』
20200216_123831

1END側から
屋根上の手すり、フック
 
手すりはレボリューションファクトリーさんの4998手すり1.2mm
フックもレボリューションファクトリーさんの5009 EL吊り金具を使ってます
20200216_123954

屋根上のウェザリングも鉄粉、サビ、ススを分けて表現しました
20200216_124020
20200216_124123
車体間ケーブル、こちら側はケーブル2本です
20200216_124601

画像が多くなってきたので次にアップします→







こんにちは☆

前回のブログの記事通り当ブログの私の車両の画像がヤフオクで使われてました(汗)

ブログの記事を紹介するとかでしたら全然構わないのですが、商品の画像にするなんてもっての他です
その画像を見て買われた方が、実物とは違うものが送られてきて被害に合うのが気の毒に思い皆様にお知らせした次第です

いつも同じような場所で撮影して、読んでくださる方には代わり映えのない、つまらない画像で申し訳ないと思いつつ、それが項をそうした事になりました。

自分の車両は一目でわかります!

私もヤフオクはよく利用させて頂いてますが、全て良い出品者だけではないので気を付けないといけないですね!

土曜に一旦落札されずに出品終了したようですがまた画像変更せずに再出品してるようです


写真と違うものが送られてきてトラブルになるの、わかってるのに…
 
何か対策考えないといけないようですね~(汗)
困ったもんです…



さて話を戻して前回の続きです。

20200210_212103
スーパークリアーIIIを吹きましたが、その前に標識掛けを取り付けたのを書き忘れました。

いつものバルディローズさんのNB-501標識掛けセットのBタイプを取り付けました

そして一晩放置して乾燥してのでボディーを組む前にこんな事をしてみました

窓枠なのですが、縁しか黒く塗られてなかったのでガラスを戻した時に赤が目立ったので縁の中も黒く塗装しておきました
20200212_201927

そしてボディーを組んでウェザリングするのにマスキングします
20200212_224535
これがけっこう面倒な作業でして、台車周りは集電に影響するので車輪に塗料がつかない様にしっかりとマスキングしました

そして今回は少し細かくアップします

今回は比較的まだ新しい機関車ですので艶があるけど少し汚れてるイメージで軽めのウェザリング

使う塗料はこの4種類のみ
20200213_193341
タミヤXF-9ハルレッド
XF-85ラバーブラック
XF-64レッドブラウン
ガイアの鉄道模型用カラー赤サビ


まずはエアブラシで台車周りをレッドブラウンで吹きます
あまり吹きすぎないように軽めに吹いてます
20200213_193648

次に屋根上
ラバーブラックをスポット的に吹きます
これはススをイメージしてます
20200213_194040

そして赤サビ
パンタグラフ周りを少し強めに
パンタグラフから離れた所は軽めに
20200213_194500

そしてハルレッドは連結器周りのみ
20200213_205137

エアブラシで吹くのはこれだけです

これから細部を手直ししていきます

一晩放置して乾燥したので細部を作り込んでいきます

まずは連結器と解放テコを実車同様にO字リングでつなぎます

いつもお世話になってる美軌模型店さんのきらめきライトの余った導線
これを使いリングとしました
20200214_193659
そして0.2mm真鍮棒を曲げてフロントガラス下の手すりを自作
センターの梁も表現します
20200214_203234
そしてサイドの乗務員乗り口扉の手すりも0.2mm真鍮棒で再現
20200214_214536
この後、メタルプライマーを筆塗りし、乾燥後にタミヤXF-7フラットレッドで塗装、
手すりの下のグレー部分はFARBEのねずみ色に黒を足して調合、解放テコのO字リングも塗っておきました

区名札も貼っておきます

銀河モデルさんのN-507区名札東日本方面の『仙貨』を貼ります
 

だいたいの形になってきました。

まだまだ細部を手直ししていきます
20200214_230903

本日はここで終了

完成まであと少し
本日も最後まで読んでくださり、ありがとうございましたm(_ _)m


こんにちは☆

ボディーの塗装の合間に運転台の加工をしました
KatoのこのEH500の運転台は3037-1 のEH500同様、運転台の作りは座席のみ

この辺はTOMIXの方がちゃんと作り込んでますね
 
なので走らせたり肉眼ですとまったく見えない部分ですが作り込んでみたいと思います

いきなり完成の画像(笑)

1END側
20200209_003719
何をやったかと言いますとメーターパネルをプラ板から切り出し作りました

画像中央もわかりづらいですが運転台のパネルを追加してます

ホイッスルレバーは0.2mm真鍮棒からの自作
20200209_003739

時刻表差しも追加しその脇もパネルを運転席に回り込む様にしてます
配電盤はいつもヤフオクでお世話になってる方のEF510用の運転台表現ステッカーを流用してます
20200209_003841


2END側
20200209_004052
1END側とは配電盤のステッカーが違います
20200209_003940
時刻表差しにも、それらしい文字のステッカーを貼ってみました

座席はタミヤXF-52フラットアースで塗装、メーター周りはXF-63ジャーマングレイで塗ってます


20200209_004021

そして次にタミヤXF-7フラットレッドをエアブラシで吹いて乾いたのでマスキングを外してみました。

マスキングした境目に少しだけ段差がついてたので精密綿棒にタミヤコンパウンド粗目を少しだけつけ磨いて段差を消しました

のちにMrカラー181 スーパークリアー半光沢を吹きました

どうでしょう?見た感じほぼ色は合ってるかと思います。

これをX-7のレッドで塗るとなぜか色が合わなくなるんですよね~
20200209_130042
そしてサイドの乗務員乗り口扉の手すりのモールドも削り、今回からこんなものを使ってみます
20200209_233304
レボリューションファクトリーさんの5121 ドアノブです
ドアノブのモールドを削りドアノブはガイアの鉄道模型用カラー ステンレスシルバーで塗装
0.3mmピンバイスで穴を開け取り付けてみました

アップです
20200209_231237
レボリューションさんからドアノブ出てるの知らなかったです

なのでこれからはドアノブも別体化します

時間見て過去の精密加工した車両も順次、ドアノブ取り付けてみます

果たして何両やらないといけないのか(汗)


そして次に外しておいたパンタグラフ、配管、碍子を塗装しました。
碍子はXF-2フラットホワイト、配管はXF-28ダークコッパー、パンタグラフの両端はXF-7フラットレッドで塗ってます
20200209_142354

そして次に台車にケーブルを取り付けます

厄介なのはこれ
実車の画像ですがFD7F台車のステップ奥にケーブルがあります
20200209_235145
 
Katoの台車にはステップの表現がされているのですがモールドで隙間がありません

とうしようか、ない頭で考えた結果0.4mmピンバイスで穴を開けそこにケンタカラーワイヤー0.25mmを通しました
20200209_152224
これで問題解決です(笑)


1END側から
FD7F 両方にケーブルを追加
20200209_165112

 
FD7G 左側のみケーブル追加
20200209_165132

FD7H  左側にケーブル追加 右側には後で銀河モデルさんのN-048速度記録装置を取り付けます
0.5mmピンバイスで穴だけ開けておきます
20200209_165135

FD7I  左側にケーブル
20200209_165140

そして次に台車の空気バネ部分、ダンバーのラバーのゴム部をタミヤXF-85ラバーブラックで塗装しておきました

1END側ユニット
20200209_213052


2END側ユニット
20200209_213108

そして8軸集電にするべくタムタムの極細電線 AWG30 黒 を使いだいたい50mm程にカットしてパンダ付けしました
20200209_170529

こんな感じです
20200209_202320
そして常時点灯仕様にするのにコンデンサーを取り払ってしまいました

20200209_165436
コンデンサーは1END側の赤丸の部分に付いてます

そして次にこのEH500はウェザリングしようと思ってるのですが比較的新しい機関車なので艶を出して少しだけ汚す感じにするのでボディーにスーパークリアーIIIを吹いておきます

1END側ボディー
20200210_212034
2END側ボディー
20200210_212103

これで一晩放置します

次回はボディーを組んでウェザリングまでいければ良いかな☆


本日も最後まで読んでくださり、ありがとうございましたm(_ _)m










こんにちは☆

さて、前回からの続きです

ワイパーのモールドを除去しクリアーにしたフロントガラスを一旦外します

そしてフロントガラス下の手すりのモールドをデザインナイフを使い除去しました

あまり深く削り過ぎないように注意が必要です
20200206_184223

そして次に厚めのプラ板から切り取った棒状の先端にサンドペーパーを貼り付けた棒サンダーで手すりのモールドの凹凸をなくします

#400→#600で磨いてみました
20200206_192325
これで見た感じ凹凸なくなった様にみえますが色を吹くとまだまだだったりするんですよね(汗)
とりあえずこのまま、いってみます



そしてこれを両エンドやり、次に1END側ボディーの屋根上の加工に入ります


とりあえずフックのモールドを削り後に吊り下げフックをとりつけるので0.3mmピンバイスで穴を開けておきました

これが意外に時間がかかります



そして次にパンタグラフ周りの配管の別体化をします

1END側先端のパンタグラフ周りの配管はモールドの表現がありません

なのでネットで調べて配管を新たに引いてみましたを

先にパルディローズさんのNB-501 配管止め0.3mmを4ヶ所に取り付けておきます

次に0.2mm真鍮棒をエッチングベンダーで曲げてほぼ現物合わせで作ります
20200206_213235
こんな感じです

そして配管を先に塗装しておきました
FARBEのねずみ色を筆塗りしてます


次に角棒をカットし銀色に塗装したものを作り、そこから別の配管を取り回し製作

この配管は美軌模型店さんの、きらめきライトの余った導線を再利用

ボディー側の黒い丸いパーツは、配線から剥いたビニールを輪切りにしたものを使ってます(笑)
20200206_221626


そしてタミヤXF-2フラットブラックで塗装


1END側先端のパンタグラフ周りの配管完成
20200206_222219
とりあえず周りにある使えそうな部品で作ってます(笑)

そして次に中央側のパンタグラフの配管を別体化します

0.2mm真鍮棒を曲げて配管止めは先のバルディローズさんのNR-804配管止め0.3mmとレボリューションファクトリーさんの4997手すり1.0mmを配管止めとして使ってます
20200207_194850

そしてモールドにない配管も追加
きらめきライトの導線を黒く塗って使ってます
20200207_211519

そしてカバーはエッチングハーツの使えそうなランナー部分を曲げてカバーとしました
20200207_212710


実車はこれ
20191221_095036



そして次に屋根上のフック、手すりを取り付けました

フックはレボリューションファクトリーさんの5009EL吊り金具をです
手すりはレボリューションファクトリーさんの4998手すり1.2mmです

1END側ユニット屋根上
20200207_215518

20200207_215533

2END側ユニット屋根上
20200207_220454
20200207_220505

そして次にフロントの手すりのモールドを削った部分を塗装しておきます
ガッチリ、マスキングをして
20200207_223750
Mr.サーフェイサー#1200をエアブラシで吹きました
20200207_224405

そしてタミヤXF-7フラットレッドで塗装
20200207_232228
吹いてみた所、凸凹はなく上手くいったような気がします

これで一晩放置します。


本日も最後まで読んでくださり、ありがとうございましたm(_ _)m



↑このページのトップヘ