(仮称)東北本線 岩○機関区

Yahoo!ブログの閉鎖に伴い、こちらに引っ越してきました。主にNゲージの精密加工をしております。機関車関連、客車、貨車等の加工ばかりで電車関係は少ないです。宜しくお願いいたします。

タグ:700

こんにちは☆

昨日の朝方の地震は大丈夫でしたでしょうか?
当地もかなり揺れて飾ってあった車両が複数脱線転覆し、そのうちの一両が落下してバラバラになってました(涙)

これが終わったらそちら修理しないとです

さて、そして話を戻し細部を手直しして凹凸のある部分に少しだけ墨入れして完成としました。

それでは細かく見ていきます

TOMIX 5157 ED75 700 後期型改

ED75 758号機[仙]
1END側
20211202_215645
サイド
サイドのルーバーのみ墨入れしました
20211202_215709
1END正面
20211202_215739
1END側スカート部のアップ
ジャンパ栓の蓋はKatoのassy EF64 1000用のジャンパ栓の蓋を薄くスライスして取り付け

エアホースはre-collarさんの汎用エアホースを取り付け
実車同様にチェーンで吊ってます
画像左のジャンパ栓ホースは0.37㍉ケンタカラーワイヤーを使用、ホース下部をU字に曲げた0.2㍉真鍮棒で止めてます
カプラーはkatoのナックルカプラー化
20211202_215750
1END側運転台のアップ
配電盤はエヌ小屋さんの室内表現ステッカーED79用を流用してます
わかりづらいですが助手席にはATS電源供給装置やスピーカー等の機器類をプラ板から製作し追加してます
ワイパーはBONA FIDE PRODUCTさんのP-317機関車用ワイパーBからチョイスして取り付け
モールド表現とは逆に左右ともに外側に向けてみました
20211202_215856

ホイッスルカバーの手すりはレボリューションファクトリーさんの4997手すり1.0㍉
屋根上、オデコの手すりは銀河モデルさんのN-260 ED75用前面手すりセットから使用
貫通扉支持器具、ヘッドマークステー、標識掛け、貫通扉のストッパーはバルディローズさんのNB-501標識灯掛けセットから使用
フロントガラス下の手すりは銀河モデルさんのN-260
誘導員手すりはTOMIXの付属品を使用、ただプラ感消すのにGMカラー赤2号で塗ってます
連結器と解放テコをO字のリングで繋いでます。O字のリングはきらめきライトの余った銅線を使ってます
全検明けのピカピカ仕様にしたのでMrカラーのスーパークリアーIIIを吹きましたが、いい感じにテカテカ感が出てくれました
20211202_220632
1END側運転台
仙台車の75、3機共に(757  758  759)サッシ窓はスモーク貼られてますのでタミヤX-19 スモークを吹いて上手くスモーク化出来ました
せっかく作り込んだ運転台が目立たなくなってしまいましたが仕方ない(笑)
かろうじて消火器、ブレーキレバーも見えるかな?
区名札の[仙]はくろまやさんのインレタを使用してます
乗務員乗り口ドア脇の手すりは0.2㍉真鍮棒で自作
ドアノブはレボリューションファクトリーさんの5121ドアノブを使用してます

20211202_215916
1END側 DT-129台車
砂撒き管は0.3㍉真鍮棒で表現
砂撒き管へのケープルは0.24㍉カラーワイヤー
その他の配管は0.2㍉真鍮棒で
バネ下のケーブルは0.15㍉ステンレスワイヤーで表現
バネ脇の太い方のケーブルは0.37㍉ケンタカラーワイヤー
速度検知装置は銀河モデルさんの物を使いケーブルは0.24㍉カラーワイヤーを使ってます
ブレーキシリンダ部分にはそれらしく見えるインレタを貼ってます
ドア脇のカバン掛けはレボリューションファクトリーさんの5121ドアノブを流用してます
20211202_215942
床下機器
こちらもそれらしく見えるインレタを貼ってます
20211202_220005
2END側 DT-129 台車
台車隅には自作した歯止めを取り付けました

20211202_220009
1END側 パンタグラフ
パンタグラフ折り目にコーベルを表現、0.08㍉エナメル銅線を使ってます
屋根上のフックはレボリューションファクトリーさんの5009 EL吊り金具を使ってます
20211202_220139
2END側 パンタグラフ
パンタグラフの内側折り目に赤く色差ししてます
擦り板はタミヤXF-28ダークコッパーで色差ししてます
碍子は仙台車は白で塗ってます
20211202_220151
2END側
20211202_220250
サイド
20211202_220304
2END正面
こちら側の貫通扉内側にはハシゴを取り付けたままの状態を表現しました
20211202_220325
2END側 スカート部のアップ
こちら側のカプラーは付属のダミーカプラーにしてます
ジャンパ栓は銀河さんのN-236ジャンパ栓KE70開を取り付け、ホースは0.37㍉ケンタカラーワイヤーで表現
下のジャンパ栓の蓋も表現してみした
薄くスライスしたKATOのassy EF64  1000用のものです

20211202_220338
2END側運転台のアップ
こちら側の
ワイパーは運転席は内側、助手席は外側に向けてみました
20211202_220358
助手席側
かろうじて消火器が見えるかな?
20211202_220431
運転席側
20211202_220455

20211202_220644
2END側 DT-129
歯止めはevergreenのプラ角棒からの自作でレボリューションファクトリーさんの4998手すり1.2㍉を使い止めてます
空転検知装置はevergreenのプラ丸棒と平棒を使い自作、ケーブルは0.25㍉ケンタカラーワイヤーで表現してます
20211202_220518
床下機器
こちらの白いコックは0.2㍉真鍮棒で、
ケーブルは0.25㍉ケンタカラーワイヤーて表現
20211202_220525
1END側 DT-129
こちらも空転検知装置を自作し取り付け
20211202_220533
台車のアップ
ステップはプラ板からの自作
かなり重量感出たかと思います
20211202_220811
20211202_220847
そしいつもの場所で線路に乗せて記念撮影

1END側
20211203_205241
サイド
20211203_205329
2END側
こちらはテールライト点灯
20211203_205358

2END側
20211203_205502
サイド
20211203_205527
2END側テールライト点灯
20211203_205605

そして仙台の現役の75を並べてみました
左からED75 759号機、ED75 757号機、そして今回製作した758号機になります
20211203_210029

20211203_210051
前回は秋田車の767号機、過去に777号機も製作したので、これで現役の75はコンプリートしました


さて次回は何をやりましょうか?
少し考えてみます

本日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

そしていつも拍手押してくださる方ほんとうにありがとうございますm(_ _)m

こんにちは☆

さて、前回からの続きです。
スモークを吹いたガラスか乾燥したのでボディーを被せてみました
20211127_203538
スモークを吹いたガラスもいい感じに黒くなりました
20211127_203556
そして再度、お座敷レイアウトでテールライトの点灯確認
20211127_203709
大丈夫そうなので先に進みます

速度検知装置を取り付けます
1END側のDT-129
鋳物の部品だけ銀行モデルさんの物を使いケーブルは0.24㍉ステンレスワイヤーを使用
20211128_202103

2END側の台車
こちらは空転検知装置?
極細のevergreenのプラ丸棒と平棒で自作しケーブルは0.25㍉ケンタカラーワイヤーを使ってます
20211128_202125
2ENDのDT-129の逆側
20211128_202146
そして塗装
ガイアのマルチプライマーを筆塗り後、ガンダムマーカーのメッキシルバーをお皿に取り分けて筆塗りです
20211128_213454
こちらはタミヤXF-01艶消し黒で塗ってケーブルはラバーブラックで塗ってます
20211128_213552
20211128_213611
そして2END側のジャンパ栓を取り付け
銀河モデルさんのN-238KE-70開、ホースは0.37㍉ケンタカラーワイヤーを曲げて取り付け

20211129_205336
そして今回新たにジャンパ栓の蓋も取り付け
Katoのassy Z-03-1271 EF64 1000 ジャンパ栓
これをデザインナイフで出来るだけ薄くスライスしたものを取り付けみました。赤い矢印部分

よりリアルになったかと思います
20211129_232609

そして手すりを取り付け
フロントガラス下は銀河モデルさんのN-260
ED75用前面手すり、サイドのドアにはレボリューションファクトリーさんの5121ドアノブを取り付け、カバン掛けもこのドアノブを流用、サイドの手すりは0.2㍉真鍮棒を曲げて取り付けました
20211129_232352

そしてプラ板から自作したステップを取り付け
手すりもGMカラー赤2号で塗り
20211130_210018

パンタグラフ、屋根上の配線を戻してほぼ完成
20211130_210004
後は凹凸ある部分に墨入れして陰影をつけて細部を少し手直しして完成とします。

もう少しお付き合いくださいm(_ _)m

本日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました☆

こんにちは☆

さて、ボディーの方の加工を進めてます。

付属の部品、ホイッスルや無線アンテナ等を取り付けて屋根上の吊り金具を取り付けました。
レボリューションファクトリーさんの5009 EL
吊り金具を使ってます
ホイッスルカバーの手すりはレボリューションファクトリーさんの4997 手すり1.0㍉
オデコの手すりは銀河モデルさんのN-260 ED75前面手すりセットのものを使ってます
20211117_225249
屋根上のモニターにも吊り金具を取り付け
20211117_225350
先に区名札を入れておきました
くろまやさんのインレタ『仙』です
20211117_225305
そして1END側ジャンパ栓の蓋を取り付けてみました。
20211117_225425
前回使わなかったKATOのASSY EF64 1000のジャンパ栓の蓋を薄くスライスしたものです
なかなか、良い感じになってませんか?(笑)


そして各エッチングパーツにメタルプライマーを筆塗りした後にGMカラー赤2号を色差ししてボディー、スカート、台車、床下機器等にMRカラーのスーパークリアーIIIを吹きました
20211119_191732

クリアー塗装が乾燥するまで2~3日放置しておきます

その間に運転席を作り込んでいきます
20211119_193625
座席をフラットブルーに塗った後にいつものエヌ小屋さんの運転室背面ステッカーを貼っておきます

20211119_194325
そして、こんな感じにしました。
助手席にはプラ棒から自作した消火器、スピーカーやATSの電源供給機器類を追加
20211124_222355
ブレーキ台座もモールドを削りプラ棒から作り直し、自弁単弁ブレーキレバーは0.2㍉真鍮棒、時刻表差しにもそれらしく見えるステッカーを貼り、メーター周りも色差ししてます
マスコンはガンダムマーカーのメッキシルバーで塗ってます
20211124_222419

20211124_222452
両エンド完成
20211124_222508
パンタグラフも折り目の部分にコーベルを取り付け
0.08㍉エナメル銅線を使ってます

メタルプライマーをエアブラシで吹いた後に鉄道模型用カラーのねずみ色1号で塗装、碍子は艶消しホワイト、擦り板はダークコッパーで色差ししておきました
20211124_222141
20211124_222156
両エンド完成
20211124_222205

そしてスーパークリアーを吹いたボディー、だいしゃ、スカート周りを4日近く放置しておきました。
塗装も固まったようなので組み立てていきます

まずはダイカストにスカート、台車を組み線路に乗せて砂撒き管が干渉しないかクリアランスを見ます
20211125_195108
20211125_195114
大丈夫そうなのでお座敷レイアウトで試走させてみました。
問題なしです

なので次に進みます

これも2END側のテールランプを点灯させたいと思います
使うの美軌模型店さんの、きらめきライトピコデュアル
簡単にテールライト点灯化出来るので好んで使ってます
20211125_195454

ヘッドライトの基盤の裏に仮止めして点灯確認します
逆に取り付けてしまうとヘッドライト点灯しててテールライトも点灯してしまうので(笑)

大丈夫ですね
左側のヘッドライトが点灯して右側のきらめきライトピコデュアルが点いてるのを確認
20211125_200238

そして基盤にハンダ付けしておきます
20211125_201347
こちらは表側
20211125_201415
そして基盤とピコデュアルを両面テープで貼り付け再度、点灯確認
20211125_204630
TOMIXのED75のテールライトの位置はこの辺になります
20211125_204705
そしてボディー側の遮光も忘れずに
艶消し黒を塗っておきます
これをやっておかないときらめきライトの光量が凄いので透けてしましまいますので☆

そしてもう一つ加工を
2END側の運転台の裏側、赤丸の部分、ここにきらめきライトの基盤が当たってしまうのでデザインナイフで削って逃げを作っておきます
画像を良くみると削り過ぎて向こう側が見えちゃってますが、ここはボディーを被せたら見えない所なので大丈夫です(笑)
20211126_204357
 
そしてホイッスルレバーを取り付け
位置はだいたいこの辺り
20211125_220917 
助手席はこの高さ
20211125_220937
これで、外から窓の中を覗くといい位置になります

ここで思い出しました!
仙台の75は、サイドのガラス(サッシ窓)がスモークだった事を…
せっかく作り込んだ運転台が見えなくなってしまうかな?トホホ

タミヤX-19スモークをエアブラシで吹きました。
一度吹いただけでは塗料のノリが悪いので二回に分けて吹いてます
20211126_223221
乾燥待ちです

なので、ここで一度アップしておきます

次回はボディーを組み上げ細かい部分を作り上げ完成になるかな?

本日も最後まで読んでくださり、ありがとうございましたm(_ _)m





こんにちは☆

さて前回からの続きです
床下機器の加工をやりました

L字に曲げた0..2㍉真鍮棒でコックを作りました
そして0.2㍉真鍮棒で配管を増設

その他に0.25㍉ケンタカラーワイヤーでケーブルを2本追加

20211110_205906
逆側には、それらしく見えるインレタを転写しておきました
剥がれないようにタミヤX-22 クリアーを筆塗り
水性のクリアーを塗ってます
エナメル系ですとインレタが溶けてしまうので
20211110_205937

そしてボディー側の加工に入ります

その前にワイパーを別体化するのでフロントガラスのワイパーのモールドを除去しておきます 

使うのはDAISOで売ってる精密トライバーのマイナスを砥石で研いで作った自作のちびノミです(笑)
これが使い勝手がよく、便利です
20211112_193455

削ったところです
20211112_194109

次に削った段差をなくしていきます
使うのは厚めのプラ板からカットした棒状の先端にサンドペーパーを貼り付けたもの
#1000で研きました

20211112_200247
そして次に#2000

白く濁ってますが、これで段差やちびノミで削った傷は消えました
20211112_202314

そして次
濁ったガラスをクリアーにしていきます
まずはタミヤコンパウンド粗目を使って磨きます
ガイアの精密綿棒G-04nが使いやすく気に入ってます
ただ注意点はHゴムにコンパウンドが付いてしまうと黒いのがすぐに落ちちゃうので注意が必要です
ただ、落ちちゃったらマッキーの超極細油性マジックで塗り直せば修正利きますが☆
20211112_202709
次に細目

20211112_203123
そして仕上げ目
これでほぼクリアーになりました
20211112_203627
まだ傷が気になるようでしたら最後にHASEGAWAのセラミックコンパウンドを使って仕上げますが今回はやりません。

そして次
20211116_191238
手すりを別体化するのでフロントガラス下の手すりのモールドをちびノミで除去します

20211116_194614

そしてちびノミで削った跡の傷を消していきます

まずはプラ板の先端にサンドペーパーを貼り付けた自作のサンダーで磨きます
まずは#400で

20211116_200501
これで大まかな凹凸が取れました

そして次に#1000で#400で削った跡の傷を更に綺麗に消していきます
20211116_201155

そして最後に#'2000で
20211116_201504

そして、次に艶を復元していきます

タミヤコンパウンド粗目をガイアの極細綿棒G-04nを使い磨いていきます
20211116_203730
次に細目
20211116_204147
そして最後に仕上げ目

20211116_204736
2END側も完了
少し色目が違いますが、後でクリアーを吹いたら気にならなくなります
20211116_195749

そして次に屋根のパンタグラフへの配管のモールドも除去します

0.3㍉真鍮棒を曲げて配管を再現
配管止めはレボリューションファクトリーさんの5120旧形用吊り金具を配管止めとして使ってます
20211116_213304
こちらは2END側
20211116_213333

キリが良いので一度ここでアップしておきます
毎回同じような画像で申し訳ございません

次回はボディーのフックや手すりの取り付けをしていきます。


本日も最後まで読んでくださりありがとうございましたm(_ _)m

こんにちは☆

さて前回に引き続き、TOMIX ED75 700  後期型サッシ窓の精密加工です
20211101_202907



やり方忘れないうちにやってしまおうという魂胆です(笑)

代わり映えない画像続きますがお付き合い下さいm(_ _)m

まずはいつも通りバラします

そしてスカート周りの加工から
20211101_203549

画像左のジャンパ栓、ホースは0.37㍉ケンタカラーワイヤーを曲げて取り付け
ホースの下部にU字に曲げた0.2㍉真鍮棒を取り付けてます
20211101_233849
両エンド完了 
20211101_233903
次にMR管、ブレーキホース等のエアホース類を取り付け

いつものようにre-colorさんの汎用エアホースを使います
ただ実車同様にチェーンで吊りますので、ちょい加工します


TOMIXのカプラーをkatoカプラーに交換します
今までは付属のアーノルドのマグネティックカプラーを加工して取り付けてましたが、こんな便利なものごが発売されてるのて、これを使います
re-colorさんから出てるTX091 TOMIX→KATO ナックルカプラーソケット
KATOのZ01-0224  EF66前期形ナックルカプラーを使い差し込むだけです

ナックルカプラーには梁の部分に銀河モデルさんのN-637吊り金具を0.5㍉の穴を開けて差し込んでます
後に解放テコとO字のリングで繋ぐためです
20211104_201005
こちらは付属のダミーカプラー
こちらにも吊り金具を差し込んでおきます
20211104_202531

そして、ちょい加工したre-colorさんのエアホースをチェーンを付けて取り付けていきます
エアホースはガイアのメタルプライマーを筆塗りしたあとにコック部をガンダムマーカーのメッキシルバーに(一部はメタリックグレー)、
コックの取っ手を白で
ホース部はタミヤXF-85ラバーブラックで
それに青と黄色を色差し
先端部はタミヤXF-56メタリックグレーて塗装してます

そしてスカート部の加工は完成
1END側
20211104_231857
20211104_231912
こちらは2END側
ダミーカプラーにしてます
20211104_231932
20211104_232010

そして次
台車の精密加工をやってしまいます

まずは一旦バラします
この方がやり易いので☆
20211105_194651

まずは砂撒き管、引張棒などのモールド類をデザインナイフで削り取ります

そしてピンバイスの先端に家庭用の針を付けたものでポンチを打ってから0.3㍉ピンバイスで穴を開けいぎます。

穴を開けるスペースがわずかしかないので、ずれると修正が利かないので慎重に開けていきます

台車の上部、梁の部分の配管は0.2㍉真鍮棒で、配管止めはバルディローズさんのNR-804配管止め0.3㍉を使用
砂撒き管は0.3㍉真鍮棒を曲げて自作
砂撒き管への配管は0.24㍉カラーワイヤーで再現してます
引張棒は0.4㍉真鍮棒です
台車バネ下のケーブルは0.15㍉ステンレスワイヤーで再現してます
台車バネ上のケーブルは0.37㍉ケンタカラーワイヤーです
20211109_193850
逆側
20211109_193916

そして、両エンドの台車の加工は終了
20211109_210644

この後、ガイアのマルチプライマーを筆塗り後、色差しします


ブレーキシリンダー部分にもそれらしく見えるインレタを転写しておきました
20211109_224532_001
20211109_224434
これで台車は完成てす

今回も全般検査明けのピカピカ仕様にするつもりなので台車にもクリアーを吹きます

ですのでまだ台車は組まないでこのままにておきます


とりあえずキリが良いのでここでアップしておきます

次回からボディーの方の加工にはいります
本日も最後まで読んでくださり、ありがとうございましたm(_ _)m

↑このページのトップヘ