(仮称)東北本線 岩○機関区

Yahoo!ブログの閉鎖に伴い、こちらに引っ越してきました。主にNゲージの精密加工をしております。機関車関連、客車、貨車等の加工ばかりで電車関係は少ないです。宜しくお願いいたします。

タグ:759

こんにちは☆

今回はこれ
20200514_230441

Tomix 9154 ED75 700 前期形サッシ窓改
ED75 759号機 [仙] の台車を精密加工しました

過去の精密加工記事はこちらから
とりあえず台車を外し観察
DT129
実車の画像を見て出来る限り実車に近付けるよう頑張りました
20200513_214453


台車の梁の部分の配管は0.2mm真鍮棒を曲げて作り留め具は、レボリューションファクトリーさんの5120吊り金具旧形用を流用してます。

本来は屋根上の吊り金具なのですが配管止める留め具に調度良いので使ってます
20200513_214400
砂撒き菅に繋がってる配管は0.24mmステンレスワイヤーを使いました砂撒き菅は0.3mm真鍮棒で作りました
20200513_225556
下から
20200513_225354
砂が出れば空転しません(笑)

アップで
20200513_225447

もう片方2END側の台車も同じく加工
20200513_233617
20200513_233630
アップで
20200513_233646


そしてメタルプライマーを筆塗りした後にタミヤXF-85ラバーブラックで色差ししました
20200514_200828

20200514_200846

やはり色を塗ってしまうと目立たなくなってしまいますね(汗)トホホ

そしてこんな物を作ってみました
20200514_204200
プラ角棒に0.3mmピンバイスで3ヶ所穴を開け、0.2mm真鍮棒を曲げて配管を作ります


そしてブラックアウトし先端はコックなので白く色差し
この後角棒を白と黒の間でカットします
20200514_204917

そしてこちらもプラ角棒に0.25mmケンタカラーワイヤーを2本使い0.3mmピンバイスで穴を開け差し込みます
20200514_211040

そして、取り付けるとこんな感じに
20200514_220132
配管を追加しました。


そしてボディーに取りつけます

1END側
20200514_220729

こちら側の床下機器には、余ってた何かのインレタを転写
それらしいインレタを使ってみました
20200514_223756

2END助手席側
20200514_220757

2END側
20200514_220601

自作した配管
20200514_220636

1END助手席側
20200514_220708

そしてレールに乗せてクリアランスを見ます

1END側
20200514_224310

20200514_223927
20200514_224053

2END側
20200514_224329
20200514_224129
20200514_224222
この後、お座敷レイアウトで試験走行させましたが、とりあえず合格
ただ先に台車加工したEF65 1033号機同様にポイント通過する時に金属が擦れる音が出ます

砂撒き菅がレールに当たってるんだと思いますが脱線もしないので、とりあえずこのままで(笑)
実車も金属音出ますからねww


これでED75 759号機[仙]は完工とします

本日も最後まで読んでくださり、ありがとうございましたm(_ _)m

こんにちは☆

久しぶりに良い天気になりました

さて、Kato 3089-1 EF65 1000 前期形の加工整備をやってる途中ですが、つい思い付きでこんな事をやってみました☆


ED75 759号機
2END側
20200331_222657
この画像だと何を追加したのかわからないですね(笑)


これです
20200331_222725
わかりますでしょうか?




アップで
20200331_223330
そう、歯止めです(笑)
プラ角棒を三角にカットしコの字に曲げた0.2mm真鍮棒で止めました




ED75 777号機
2END側
20200331_233649
20200331_233705


20200331_233717
20200331_234041

こちらも施工

新しいアイテムが増えました(笑)

以上です


本日も最後まで読んでくださり、ありがとうございましたm(_ _)m
  

☆追加加工です

2END側の歯止めだけでしたが、1END側の歯止めの位置がやっとわかりました(笑)

ED75 759号機
1END側
20200403_230402
こんな所にありました(汗)
20200403_230428


ED75 777号機
1END側
20200403_231649
アップ
20200403_231708
これで完成とします。

ありがとうございましたm(_ _)m

いつもの場所で

1END側
20191030_223516
ヘッドライトの基板はヤフオクで購入したled電球色のものに変えてあります
20191030_223525
サイド
20191030_223612

2END側 テールライト点灯
20191030_223559

1END正面
20191030_223718

20191030_223710

2END側
20191030_223753
サイド
20191030_224048

1END側 こちらテールライト非点灯
20191030_223842

2END正面
20191030_223823

2END側 テールライト点灯
20191030_224004


そして長編成展示用ジオラマにて

モデルアイコン チキ6000 岩切常駐を牽引させてみました

2END側
20191030_225507
20191030_225356

1END側はテールライト非点灯
20191030_225416
20191030_225545

1END側は単機で

20191030_225905
20191030_225852

2END側はテールライト点灯
20191030_225926

上の段の線路もEH500+タキ1000 にかえてみました。
東北本線で実際に有りそうなすれ違いにしてみました

気付いてくれた方が居たらうれしいです(笑)


さて次は何を加工しましょうか☆
まだまだ精密加工しなきゃならない機関車がたくさんあります(汗)


本日も最後まで読んでくださり、ありがとうございましたm(_ _)m



こんにちは☆

さて細部を手直しして墨入れだけやり完成とします

ED75 759号機[仙]です
それでは細部を見ていきます
1END側
20191030_221845
サイド
20191030_221903
1END助手席側
20191030_221941
サイドのルーバー、凹凸のある部分にサァーと流れる程度に墨入れしてます。
全検明けのピカピカ仕様なので汚すのではなくあくまでも陰影をつけるだけです

1END正面
20191030_222100
運転席配電盤はエヌ小屋さんのNo.10284 ED79用運転室背面シールTOMIX製品対応 を使ってます

1ENDスカート部のアップ
20191030_222149
左側のジャンパ栓ホースは0.25ミリケンダカラーワイヤーを使ってます
ホース下部の留め具はU字に曲げた0.2ミリ真鍮棒で作成
エアホースはTomix PZ-001エアホースLRです


1END
オデコの手すり、フロントガラスの下の手すりは銀河モデルさんのN-260正面手すりED75用を使用

貫通扉支持器具、ヘッドマークステー、標識掛けはバルディローズさんの、NB-501標識掛けセットを使ってます

テールライト脇の手すりは純正のプラ手すりなので若干色が透けるのでGMカラー赤2号で塗ってます

サイドのサッシ窓、乗務員乗り口扉の窓、サイドのルーバー上の採光窓はタミヤX-19スモークを塗ってます

乗務員乗り口扉手すりは0.2ミリ真鍮棒で作成
20191031_000325


1END側の運転台のアップ
20191030_222331
ワイパーは銀河モデルさんのN-040Wアームワイパー
モールドは内側を向いてますが、左右外側にしてみました
自作した自弁単弁のブレーキレバーも確認出来ますね
 
1END側サイドからの運転台アップ
20191030_222408
実車はサイドのサッシ窓、乗務員乗り口扉の窓がスモークになってるのでこれもタミヤX-19スモークをエアブラシで吹いてますが、
せっかく作った運転台ですがスモークで見えないかと思いましたがライトを当てて撮影したので何とか見えますね(笑)


助手席の消火器、時刻表差しのステッカーも何とか確認出来ます

こちらは助手席側から
消火器がバッチリです(笑)
20191030_222445

1END側の台車周り
20191030_222610
ステップはプラ板からの自作です
台車には銀河モデルさんのN-048速度記録装置を付けてます
区名札はJR東日本仙台車両センターの[仙]
くろまやさんのインレタを使ってます


2END側の台車
左側にケンダカラーワイヤー0.25ミリでケーブルを追加してます
20191030_222632

1END側パンタグラフ周り
20191030_222655
配管は0.2ミリ真鍮棒で表現
配管止めはレボリューションファクトリーさんの5009EL吊り金具を配管止めとして使ってます

碍子の色は仙台所属の75は全検明けのグリーンのグリスを塗って出場してるようですがすぐに拭き取ってしまうようで白にしてます

ランボードはボディー色と同じ、赤2号のままにしておきました。


2END側のパンタグラフ周り
屋根上のフックもレボリューションファクトリーさんの5120吊り金具を使ってます

ホイッスルカバー上の手すりはレボリューションファクトリーさんの272 1.0ミリ手すりです
20191030_222708

2END側

20191030_222757
サイド
20191030_222813
2END助手席側
20191030_222840

2END正面
20191030_223004
こちら側のワイパーは助手席側だけモールド通り内側に向けてみました
そして貫通扉内にはハシゴを付けたままの状態にしてます


2END側スカート部のアップ
20191030_223032
ジャンパ栓は今回は横着者してkatoのED75 1000のジャンパ栓パーツが余ってたので、0.6ミリの穴を開けて差し込んでみました。
横着した割には意外に良く見えますね(笑)

画像が多くなってきたので、次にアップします→







こんにちは☆

さて前回の続きです
前回点灯確認してきらめきライトピコデュアルの光量が凄すぎてボディーが透けてしまう事が起こったのですが、その解決策がこちら
20191028_195222

ライト周りとテールライトの穴をフラットブラックで塗装
これで遮光出来ます

20191028_224647



そしてこの辺りの位置がテールライトの位置になります
赤丸で囲ってあるのが、きらめきライトピコデュアル
ものすごく小さいけど光量は抜群です

このきらめきライトピコデュアルの優れてる所はこれだけでなく、一見ledから基板までの配線がごちゃごちゃしててショートしそうに見えますが、きらめきはledから基板まで絶縁処理してあるので配線が触れてもショートしません

なのでマスキングで絶縁処理してますが、ここまでやらなくても大丈夫だそうです

私は知らなくて念のためにやってるだけなので(笑)

※注意点※
ただ小さい四角い基板ならヘッドライトのled基板の裏から配線を取ってますがその後方の配線部分は絶縁処理なされてないのでダイカストに触れない様にマスキングテープ等で絶縁する必要があります


そしてボディーを被せる前にダイカストのサイドにタミヤXF-71コックピット色とXF-8フラットブルーを少量混ぜたオリジナルコックピット色を塗っておきました
20191028_195203
サイドのガラスの採光窓をスモークに塗装したので見えるかわからないですが、一応念のために

そしてボディーを被せるて再度点灯確認
20191028_202218
光漏れもなくバッチリです♪

そして屋根上の碍子を白に塗りパンタグラフも取り付けワイパーも取り付けました、

ワイパーはいつもの銀河モデルさんのN-040 Wアームワイパーです

1END側の台車にも銀河モデルさんのN-048速度検知装置ちを取り付けました 
2END側の台車には0.25ミリケンダカラーワイヤーでケーブルを取り付けました
20191028_233338

だいぶ形になってきました♪

そして次にサイドの乗務員乗り口扉の手すりを取り付け
0.2ミリの真鍮棒をエッチングベンダーで曲げて少量の瞬間接着剤で取り付けます
20191029_201253
このあとメタルプライマーを筆塗りし、乾燥後GMカラーの赤2号で色を塗っておきました


この後もう一度試しにお座敷レイアウトで試走させたらウンともすんとも言いません…

かすかなモーター音が聞こえますが、パワーパックの緑の表示灯が赤に変わってエラーしてしまいました。

どこか接触不良起こしてるようです
ボディーを外して走らせると大丈夫なんですが被せると走りません

ない頭で考えて恐らくボディーを被せた時に押す力がどこかに働ききらめきライトの絶縁処理されてない部分がダイカスト、もしくは線同士が触れてるか…

なので一旦基板なら外し、絶縁するマスキングをやり直し再び取り付けたところ、ボディーを被せても走るようになりました
やはり、どこか接触してたのかも知れません

結果、原因はここ!というのは解らずでした(汗)

この不具合で完成に大幅なロスをしてしまいましたトホホ


そして最後にステップの取り付け
いつものプラ板~の製作です
1END側
20191029_212959
2END側
20191029_213247
これでぼぼ完成に近付きました

あとは細部を手直しして墨入れして完成です

本日も最後まで読んでくださり、ありがとうございましたm(_ _)m





↑このページのトップヘ