(仮称)東北本線 岩○機関区

Yahoo!ブログの閉鎖に伴い、こちらに引っ越してきました。主にNゲージの精密加工をしております。機関車関連、客車、貨車等の加工ばかりで電車関係は少ないです。宜しくお願いいたします。

タグ:777号機

こんにちは☆

今回はこちら
20200515_195334
Tomix 9154 ED75 700 前期形サッシ窓改 ED75 777[秋] です
一通りの精密加工は終わってますが今回はテールライト点灯化と台車の精密加工をやる事にしました。


過去の精密加工記事はこちらから

まずはテールライト点灯化します。
使うのはいつもお世話になってる美軌模型店さんの、きらめきライトピコデュアル

これがめっちゃ小さく光量も抜群の優れもの
取り付け方も至ってシンプル

過去にテールライト点灯化したtomix 9154 ED75 700 前期形サッシ窓改 ED75 759号機と同じやり方にします。


まずはボディーを外しtomixのライト基盤を取り出します。
この基盤はLED電球色の明るいものに交換してます。
その基盤の裏にきらめきライトピコデュアルの足を取り付けるだけ

20200515_203753

ちなみに真ん中の黒いのはピコデュアルの基盤になりすがそこから先の青い矢印部分は絶縁処理されてるので、線同士が接触しても大丈夫です
ただ、赤い矢印の部分は絶縁処理しないとダメです
20200516_104818
線同士はもちろん、ダイキャストにも接触させたらNGなので絶縁処理してください


まだ絶縁処理してませんが、こんな感じで取り出します
20200515_204004
とりあえず点灯確認

進行方向と逆に点くか確認します
ヘッドライトと同じく向きで点いてしまう場合は配線を逆にすればOKです

20200516_150118



OKですね


そしてきらめきライトピコデュアルは光量が凄いのでボディーが透けてしまいます(笑)

なのでボディーの裏からデールライト付近をブラックアウトしておきます。
これで大丈夫
20200515_211730

そして運転席を外したついでにいつもの消火器を装備(笑)
20200515_215807

そしてボディーを被せ点灯確認
20200515_232718

バッチリです

と、ここまで順調に来てるように書いてますが実は、絶縁処理するのにマスキングテープやセロハンテープを駆使したら思いの外、取り付け場所が膨らんでしまい運転席の裏側を削る羽目にトホホ
20200516_194559
少し頑丈にマスキングし過ぎたかもです(汗)


テールライトの位置は、だいたいこの赤丸の辺りです
20200516_201551


そして運転台の裏側を結構削る羽目に…
20200516_194618
ここまで削りました。

これで結構時間をくいまして、悪戦苦闘してました

ほんと電気関係は苦手です(涙)

そして台車を加工します

これは1END側の台車DT129
台車上部の配管は0.2mm真鍮棒です
配管止めは今回はバルディローズさんのNR-804配管止め(0.3mm)を使ってみました

砂撒き菅につなぐ配管は0.24mmステンレスワイヤーを使い、砂撒き菅は0.3mm真鍮棒を使ってます
20200519_201830

2END側の台車DT129
歯止めは前回取り付けたものです
20200519_211658

砂撒き菅は車輪ギリギリにセッティング
20200519_211722

そしてまた前回のED75 759号機同様に床下機器の配管を追加
プラ棒と0.2mm真鍮棒で自作です
20200519_214138

こちら側はそれらしいインレタを貼ってみました
20200519_214222

そしてレールの上に置いてクリアランスを見ます
1END側
20200520_205023

1END側台車 DT129
20200520_205153
アップで
20200520_204728
20200520_204724

20200520_205158
2END側台車 DT129
20200520_205202
アップで
20200520_204755
20200520_204810

2END側の逆側から
20200520_205219
20200520_205230
1ENDの逆側
20200520_205241

追加した消火器
20200520_205414

そしていつもの場所で
1END側だけテールライト点灯にしました
20200520_232117

20200520_232328

これで完成とします。

ちょくちょく入線はしてるのですが、なかなか紹介出来ずですのでまた今度まとめて紹介させて頂きます。

まだまだ台車加工しなければならない車両がたくさんあって大変です(笑)

本日も最後まで読んでくださり、ありがとうございましたm(_ _)m

いつもの場所で

1END側
20191014_150035
サイド
20191014_150046
2END側
20191014_150108
1END正面
20191014_150131
ヘッドライドは確かヤフオクで購入したLED基盤のものと交換してます

2END側
20191014_150235
20191014_150225
2END正面
20191014_150247
サイド
20191014_150307
1END側
20191014_150349


そしていつもの長編成展示用ジオラマにて


岩切ロンチキを牽引させてみました

2END側
20191014_151433

20191014_151445
20191014_151503
20191014_151517
ロンチキはペアーハンズさんのロンチキSENタイプです

1END側から
20191014_151703
20191014_151740
20191014_151756

やはりED75 777号機はロンチキが似合いますね☆

今回はTOMIXのELを精密加工してみましたが、車輪を黒染めに変えればkatoに負けないクオリティーかもです
黒染め車輪が好きなのでKatoばかりいじってましたがTOMIXも発売間近のEF81から黒染めになるようなのでこれからは当機関区にも入線増えるかもです

さてまだ未整備のTOMIX9154 ED75 700 前期形サッシ窓があるのですが、何号機にしようか悩み中です。

次は何を整備するか考え中です。
本日も最後まで読んでくださり、ありがとうございましたm(_ _)m

こんばんは☆

さて細部を手直しして完成としました。

ED75 777号機『秋』です
全般検査明けのピカピカ仕様です

細部を見ていきます

1END側
20191014_144638
サイド
20191014_144648
1END助手席側
20191014_144717

1END正面
20191014_144739
ワイパーのモールドは外側を向いてますが助手席はモールドの通り外側、運転席側はわざと内側を向けてます。ちょっとした遊び心です(笑)

貫通扉内側にはハシゴの手すりを掛けた状態にしてます

Hゴムは元々はグレーたったので、ガラスを外しマッキー極細で黒に塗りました。

TOMIXのELのフロントガラスは二分割になってるので外しやすいです。
それに比べてkatoのフロントガラスは一体式なので外すのにコツが要りますね

1END側スカート部のアップ
20191014_144757
ジャンパ栓は銀河モデルさんのN-238ジャンパ栓KE70開を取り付けホースはケンタカラーワイヤー0.25ミリを付けてみました

向かって右側3本のエアホースと左側2本計5本のエアホースを本物同様にチェーンで止めてます

1END側運転席のアップ
20191014_144834
後付けした自弁単弁のブレーキレバー、ホイッスルレバーも確認出来ます
時刻表指しにもそれらしく見えるkatoのホームの余った使えそうなステッカーを貼ってみました

1END側運転席のアップ
20191014_144920
配電盤はエヌ小屋さんの運転室背面シールED79用TOMIX製品対応 を貼ってみました


 
1END側パンタグラフ周り
20191014_144944
碍子のグリーンはグリスを塗った状態を再現
FARBEの#009青緑1号を好んで使ってます


2END側パンタグラフ周り
20191014_144952
配管は0.2ミリ真鍮棒で別体化、配管止めはレボリューションファクトリーさんの5009EL吊り金具を配管止めとして使ってみました

屋根上のフックはレボリューションファクトリーさんの5120吊り金具 旧型用を12ヵ所取り付けました
20191014_145923
オデコの手すり2ヵ所とフロントガラス下の手すりは銀河モデルさんのN-260 ED75用前面手すりを使ってます。
ホイッスルカバーの上の手すりはレボリューションファクトリーさんの272 手すり1.0ミリです

貫通扉支持器具、ヘッドマークステー上、下、標識掛けはバルディローズさんのNB-501標識掛けセットを使ってます。付属の手すりはプラスチックでひかりを当てると透けるのでGMカラー赤2業で塗ってます。
20191014_210409
カプラーはkato(roundhouse)の車間短縮ナックルカプラーにちょい加工して交換してます

ナンバーはレボリューションファクトリーさんのインレタ 695 ED75 700 ナンバーインレタを使ってますが 777がなかったので770があったのでED75 77まで貼り後から7を足して777にしました。
区名札は銀河モデルさんのN-507区名札ステッカー東日本方面、秋田車両センターの『秋』
です


1END側台車周り
20191014_145011
ステップは最近お気に入りのプラ板からの自作ステップです。

速度検出装置は銀河モデルさんのN-045です

車輪はTOMIXの分別パーツ 0684 機関車用動輪(¢7.6プレート輪心付・ギア付・4個入り)に交換してます
2END側台車周り
20191014_145026
やはり車輪を黒染めにすりと足元が引き締まって見えますね♪
私はこっちの方が好みです

タミヤX-11クロームシルバーでドライブラシしてエッヂを出してます


2END側
20191014_145101
サイド
20191014_145111
2END助手席側
20191014_145732
2END側正面
20191014_145757
こちら側のワイパーはモールド通り左右共に外側を向けてみました。

2END側スカート部のアップ
20191014_145808

2END側運転席のアップ
20191014_145827
1END側の配電盤とは作りが違います


画像が多くなってきたので続きをアップし直します  続く→

こんばんは☆

皆さまの地域は台風の被害、大丈夫だったでしょうか?
当地は風より雨が凄くて近所で土砂崩れがありましたが怪我人は出なかったです


被災された方々には心よりお見舞い申し上げますm(_ _)m


さて前回の続きです


まずは屋根上の配管の別体化

配管のモールドを削ります。
配管はいつもは0.25ミリケンタカラーワイヤーを使ってるのですが、今回は0.2ミリ真鍮棒を使いました。

20191011_215418
エッチングベンダーで曲げました。
今回は配管をシャープな作りにしたかったので0.2ミリ真鍮棒にしてみました。

配管止めもいつもは、バルディローズさんのNR-804 配管止め0.3ミリを使ってたのですが、今回はレボリューションファクトリーさんの5009 EL吊り金具を使ってみました。
U字の吊り金具を配管止め代わりに、使ったという訳です。

3ヶ所止めました。



そして次にランボードを塗装します。

ED75 777 の画像を検索したらランボードはグレーでしたので
20191011_224527

そしてエアブラシでFARBEの#017 ねずみ色で塗ってみました。
20191012_112732

さて一晩放置してマスキングを外します
毎回ドキドキです。
失敗してなければ良いのですが…
20191012_113349

どうやら上手くいったようです(笑)


次は屋根上のフックを取り付けます。
レボリューションファクトリーさんの5120 吊り金具旧型用です
フックは全部で12ヵ所取り付けます
20191012_153311

そして屋根上の加工が終わったら次は正面の手すり等の別体化

オデコの手すり、フロントガラス下の手すり、ヘッドマークステー等ののモールドを削り、
ポンチを打ってから0.3ミリピンバイスで穴を開けていきます。


オデコの手すり、フロントガラス下の手すりは銀河モデルさんのN-260 ED75用手すりを使ってます。

貫通扉支持器具、ヘッドマークステー、標識掛けはバルディローズさんのNB-501標識掛けセット
屋根上のホイッスルカバーの手すりはレボリューションファクトリーさんの272 手すり1.0ミリを使いました

そしてGMカラーの赤2号で色差し
TOMIXのこの75の赤はkatoの75と比べて色合いが明るいのでGMカラーの赤2号をそのまま塗ってみました
色は合ってると思います。
屋根上のフックも黒で色差し

1END側
20191012_191552
こちらは2END側
20191012_191638

そして次は運転台の加工に移ります


今回もこれ
エヌ小屋さんの運転室背面シール TOMIX ED79用を使ってみます
20191012_193153

若干粘着が弱いので接着剤も使って貼ってます
20191012_210527

TOMIXの機関車はまず買わないので運転台見ることなかったらからわからなかったのですが、作りはkatoよりいいですね!
しっかりマスコンもブレーキ台も時刻表差しも表現してあるんですね

それでも少し手を加えました。
ブレーキ台座に0.2ミリ真鍮棒で自弁単弁のブレーキレバーを追加
ホイッスルレバーも追加
座席はタミヤXF-8フラットブルーで塗りました

マスコン、ブレーキ台座はタミヤX-11クロームシルバーで色差し

メーターにはkatoのホームの余ったステッカーの使える部分を貼ってます

時刻表指しにもそれらしい文字の入ったステッカー貼ってます
20191012_212149

これを両エンドやりました。



そして次です
台車をバラして掃除したついでに、こんなことをしてみました。

TOMIXの分別パーツ 0687  機関車用動輪(黒¢7.6プレート輪心付・ギア付・4個入)
20191012_214647
車輪を黒染め車輪に交換します。

車輪を手で抜いて入れるだけ

簡単に交換出来ます


そして次はサイドの乗務員乗り口扉の手すりの取り付け

0.2ミリ真鍮棒をエッチングベンダーで
曲げたものを取り付けます
20191012_232833

この後メタルブライマーを筆塗りしGMカラー赤2号で塗っておきました。

そして次にジャンパ栓
20191013_144731
銀河モデルさんのN-238 ジャンパ栓KE70開を取り付けホースはケンタカラーワイヤー#29 0.37ミリを曲げて取り付けました。

解放テコには銀河モデルさんのN-049 割りピンを付けてます。

そして最後にステップ
20191013_143259
evergreenのプラ棒(平)0.28ミリ×1.08ミリを切り出して作りました。

これをサイドの乗務員乗り口扉の下に瞬間接着剤で接着
20191013_143509
20191013_143529

こんな感じです


そしてぼぼ完成に近づいてきました。
20191013_143700

あとは細部を少し手直しして完工とします。

本日も最後まで読んでくださり、ありがとうございましたm(_ _)m











こんばんは☆

いよいよ台風19号直撃の予報が出てしまいました(汗)
被害ないことを祈ってますm(_ _)m

さて、相変わらず交流ELの整備が続いてます。

今回は当機関区には珍しいTOMIXの車両です。
TOMIXの車両は銀車輪で私の好みではないのでまず購入はしないのですが、このED75 700 だけは購入しました。
このED75 700 前期型 サッシ窓を加工整備がして現行のED75 777 にしました。20191009_214625
今回はこれを追加加工整備していきたいと思います。

とりあえずの一通りの整備はしてあります。

まずはスカート周りから
20191009_214830

右側はkatoカプラー、RoundHouseの短縮ナックルカプラーを付けてます。
左側はTOMIXのTMカプラーです

よく考えたら当機関区はtomixの貨車も全てRoundHouseの短縮カプラーに交換してるのでTMカプラーは意味ないので今回はこちら側もナックル化しようと思います。

やり方は皆さまそれぞれ色んな方法でやってるようですが、私の場合はカプラーの頭だけ交換しちゃいます
20191010_231619
これはTMカプラーですが赤線の部分をデザインナイフでカットします


そしてこれはRoundHouseの短縮カプラーを画像の位置あたりでカット

そして0.3ミリピンバイスで穴を開け0.2ミリ真鍮棒を差し込んで接着してます

カプラー側の本体の方にも矢印の位置に0.3ミリピンバイスで穴を開けてます。

瞬間接着剤だけでは不安なので中に芯を通しておけば、ある程度の強度は保てると思います。
20191010_231708
そして接着

20191010_203045

これだけです(笑)

そして次はスカート周りの加工

TOMIXのPZ-001エアホースLRを取り付けてましたが一度外します。

20191010_193304

そして左のジャンパ栓ホースはケンタカラーワイヤー0.3ミリを使い下部の止め金は、U字に曲げた0.2ミリ真鍮棒を取り付けてます。
カプラーの開口部脇にチェーンを引っ掛ける為のL字のフックを0.2ミリ真鍮棒で作り取り付けてます

そして鉄道模型模型用カラー、ねずみ色1号で塗っておきました
20191010_193715
そして、一度取り外したtomixのエアホースの先端にL字に曲げた0.2ミリ真鍮棒を接着しブラックアウトしておいたものを取り付けます。

やり方は、毎回同じなので割愛させて頂きますm(_ _)m

いきなり完成の図(笑)
向かって右側3本、左側2本、計5本のエアホースをチェーンに引っ掛けました
20191010_211302

両エンド完成
20191010_221044

そして次にボディーの方の加工に入ります。
まずはワイパーのモールドを削りました。

そしてオデコの、手すりのモールド、ヘッドマークステー、フロントガラス下の手すり、屋根上の配管、フック等のモールドも全て削りました。
20191010_225650
そしてポンチを打ってから0.3ミリピンバイスで穴を開けます


本日はここまで

さて万全の備えをして被害ないことを願います

本日も最後まで読んでくださり、ありがとうございましたm(_ _)m






↑このページのトップヘ