(仮称)東北本線 岩○機関区

Yahoo!ブログの閉鎖に伴い、こちらに引っ越してきました。主にNゲージの精密加工をしております。機関車関連、客車、貨車等の加工ばかりで電車関係は少ないです。宜しくお願いいたします。

タグ:EF210

EF210 115号機 新鶴見機関区 
いつもの場所で

コンデンサーを取り払い常時点灯にしてます

1END側
20200302_220322

20200302_220440


サイド
20200302_195219

2END側
20200302_195353
1END正面
20200302_195506
屋根上
20200302_195523

2END側
20200302_195620
サイド
20200302_195631
1END側
20200302_195646

2END正面
20200302_195739


そして長編成展示用ジオラマで

東北本線の貨物列車
タキを牽引させてみました

1END側
20200302_211432

20200302_211256
20200302_211328
20200302_211350

2END側
上段にはEF65 2063号機+コキ107を置いてみました
20200302_211601
20200302_211648
20200302_211724
20200302_211735

これでkato3034-3 EF210 100番台の追加精密加工整備は完成とします。

いつも[拍手]ありがとうございますm(_ _)m

当機関区にはkato 3034-4 EF210 もあるのですが、この機関車はお座敷レイアウトの掃除用
TOMIXのマルチレールクリーニングカーとベアーハンズさんのレールクリーニングカー牽引専用になってるので精密加工してもなぁ~と思っておりまた暇な時にでもやってみようかと(笑)

さて次は何をやりましょう?

本日も最後まで読んでくださり、ありがとうございましたm(_ _)m

こんにちは☆

さて前回の続きです
エアブラシでウェザリングしました

20200229_195946
今回は少しキツめのウェザリングとしました

サイドの乗務員乗り口扉の両脇に手すりを取り付けました
0.2mm真鍮棒で作ります
20200229_204113
この後メタルプライマーを筆塗りし乾燥後にグレーとブルーで塗装しました。


そして墨入れをし細部を手直ししました
20200301_165211

そして完成
20200301_203008

細部を見ていきます。

1END側
20200301_203140


サイド
20200301_203230

1END正面
20200301_203407

1ENDスカート周りのアップ
20200301_203502
実車同様にエアホースをチェーンで吊ってます

連結器から解放テコを導線で作ったO字リングで繋いでます

画像右側のエアホースの上にはケンタカラーワイヤー0.25mmでケーブルを追加

スノーブロウと連結器もタミヤXF-56メタリックグレイをドライブラシして金属感を出してます

プラ板から自作したステップ
20200301_203254

こちらは2END側のステップ
20200301_203303

台車を見ていきます
1END側の台車 FD7E
20200301_203312
タミヤXF-64レッドブラウンをエアブラシで吹きブレーキの鉄粉をタミヤXF-9ハルレッドで表現
仕上げにタミヤXF-56メタリックグレイをドライブラシし金属感を出してます

空気バネ、ダンパーのカバー部分はタミヤXF-85ラバーブラックで色差ししてます

速度記録装置は銀河モデルさんのN-048を取り付け

中間台車 FD8
20200301_203316
ケンタカラーワイヤー0.25mmでケーブルを追加

2END側の台車 FD7E
20200301_203323

1END側運転台のアップ
配電盤に表現ステッカー貼ってます

ワイパーはボナファイデプロダクツさんの機関車用ワイパーD  P-320  EF210を使ってます
モールド通り内側に向けて取り付けました

運転席側天井から吊り下がってるのはプラネッツという運転支援機器らしいです。
それもプラ板から自作してます
20200301_203654

1END側運転台のアップ
メーター周りいつもヤフオクでお世話になってる方のEF210用運転台表現シールを使ってます

メーター周り、その隣にモニター、プラ板から自作した時刻表差しに、それらしいステッカーも貼ってみました

辛うじて0.2真鍮棒て作ったホイッスルレバーも確認取れますね

わかりづらいですがマスコン、ブレーキレバーも色差ししてます
20200301_203718


1END側パンタグラフ周り

本来なら115号機はシングルアームパンタなんですが一時、下交差のPS22Dに交換してたら時期がありました。
その時の仕様にしてます
20200301_205345
結構、面倒臭かったですがパンタグラス周りの配管も別体化しました


三角マークはレボリューションファクトリーさんの5064三角マークインレタを転写


2END側パンタグラフ周り
20200301_205322

0.3mmラインユニットを3本束ねて別体化した屋根上の配管

屋根上のウェザリングはタミヤXF-85ラバーブラックを、スポット的に主に屋根の両脇中心に吹いてスス汚れを表現
中央には鉄道模型用カラー赤サビを吹いてます
20200301_203843


フロントガラス下の手すりは0.2mm真鍮棒から自作、
微妙なアールをつけてます
センターの支柱の梁も表現
色は黒に少量のグレーを混ぜて調合してます
20200301_204117
標識掛けはバルディローズさんのNB-501標識掛けセットのBを使用

区名札は銀河モデルさんのN-507区名札ステッカー 新鶴見機関区車属の『新』にしてます


1END側運転台乗り口扉の手すりはブルーはタミヤXF-8フラットブルーに白を混ぜて調合

グレーの部分はFARBEのねずみ色に少量の黒、それにタミヤXF-64レッドブラウンを少量混ぜてます

扉のドアノブも別体化
レボリューションファクトリーさんの5121ドアノブを使ってます
20200301_205002

2END側の運転台乗り口扉
その脇の手すりのハシゴはレボリューションファクトリーさんの4998手すり1.2mmを使ってます
20200301_205112


2END側
20200301_204026

サイド
20200301_204047

2END側正面
20200301_204211

2END側スカート周りのアップ
20200301_204226

2END側運転台のアップ
1END側とは異なる配電盤の表現ステッカー
20200301_204254

2END側採光窓からの機械室表現ステッカー
20200301_204820

こちらは採光窓が4つ並び
左側1END側
20200301_204838

屋根からの錆びが飛び散る表現は、タミヤXF-64レッドブラウンを相当量、希釈し極細面相筆で、ちょんと垂らしたらエアブラシを使いエアーだけ吹いて実車同様に飛び散る感じにしてみました。
エアーの強さ、角度によってどこに飛び散るかわからないので行き当たりばったりです(笑)

画像が多くなってきたので次にアップします→




こんにちは☆


相変わらず再出品続けてる悪質出品者の件ですが、そろそろ次の手を打とうと思っております(笑)
その件につきましては、またご報告させて頂きますm(_ _)m


前回の続きです
台車をバラしてみました
20200225_222532
よく見てみると集電金具も指紋等で汚れが酷いですし、綿ゴミも結構拾ってついてました

その前にトラクションタイヤが切れて紛失してたので新しくしました。
20200225_222917

そして集電金具のサビ取りもしました。
サンポールの原液に15分ぐらい浸けて水洗いして乾かします


どうでしょ?ピカピカになりました♪
20200225_225904

そしてこのウォームギアにも綿ゴミがたくさん巻き付いてました
20200225_230652
この車両は確か中古を格安で落札したと思うのですけど当機関区では拾うはずのない赤い糸ホコリがたくさん巻き付いてたので前オーナーの家の絨毯か何かの綿ゴミかと思われます

バラしたついでにここも綺麗にホコリを取り除いておきました

そして台車を組み上げて採光窓から見える部分に機械室の表現ステッカーを貼りました

こちらは採光窓が4つの左側が1END
20200226_222312
こちらは採光窓3つ、左側が2ENDになります
20200226_222321

そして追加で中間台車にケーブルを2ヶ所追加しました。
ケンタカラーワイヤー0.25mmを使ってます
20200226_211347

そしてボディーを被せ連結器と解放テコをO字のリングでつなぎました。
これも、きらめきライトの余った導線を再利用してます(笑)
20200226_235237


そしてパンタグラフを取り付け、避雷器から配管を作り実車同様にパンタグラフに差し込みます
配管はケンタカラーワイヤー0.25mmです

20200227_205622

そしてここを忘れてました(汗)手すりを取り付け
レボリューションファクトリーさんの4997手すり1.0mmです

20200227_220235


標識掛けも忘れてました(笑)
バルディローズさんのNB-501標識掛けセットの標識掛けBを取り付けました、
20200227_205735

フロントガラス下の手すりは0.2mm真鍮棒で自作
センターの梁とボディーな合わせたアールを付けたのもこだわりです
20200227_214747
この後メタルプライマーを筆塗りして乾燥後、色差しします


そしてとりあえず、形になってきました
20200227_224144
あとはサイドの乗務員乗り口扉脇の手すり、そのドア下のステップ、ワイパーを取り付けたら完成ですが先にウェザリングしたいと思います。

取り急ぎマスキングだけしました
20200227_234224


次回で完成させたいとおもいます。

本日も最後まで読んでくださり、ありがとうございましたm(_ _)m





こんにちは☆


ヤフオクで画像勝手に使われてる件てすが、まだこの事実を知らない方?のウォッチが少し増えてきて心配です…

ヤフーには出品取り消しの処置をしてくれる様にお願いしてますが、そこまでの権限が無いような回答を頂きました。
ただ、私のブログのURLも提示し記事の確認もしていただいて状況はわかって頂いてます。

なのでヤフーにはこれ以上期待出来ないので次なる手段を考えてます。
それはまた時期を見てご報告させて頂きますm(_ _)m


さて前置きが長くなりましたが、前回の続きです
一番面倒な屋根上の配管が終わったので気分的に楽になりました(笑)


次にワイパーのモールドを除去しました
デザインナイフとDAISOの100円精密ドライバーのマイナスを磨いで作ったちびノミを使います

20200221_213431
こんな感じです傷だらけです
これをここからクリアーにしていきます


まずはいつもの様にプラ板から切り出した棒にサンドペーパーを貼り付けた棒サンダー
#1500で磨いたあとです
20200221_214447
続いて#2000
20200221_224410

これはあくまでもモールドの凸凹が取るのが目的なのでガラスはそんなに綺麗にならないです


ここからコンパウンドを使いクリアーにしていきます
極細綿棒を使いまずは粗目から
20200222_192043
少し曇りがとれてきました

次に細目
20200222_192542
だいぶ透明になってきました


そして仕上げ目
20200222_193110
肉眼ですともうこれでじゅうぶんかと思いますが


最後にHASEGAWAのセラミックコンパウンドで仕上げです
20200222_193639


そして次にボディーの手すりのモールド、正面の標識掛けのモールドを除去しました

20200222_211005

そして色合わせを兼ねて筆塗りで塗装
グレーはFARBEのねずみ色に黒を混ぜました
こう見てみると少しずつ茶色を入れれば合いそうです

ブルーはタミヤXF-8フラットブルーに白を混ぜました。

もう少し白を入れた方が良いですね
20200222_220756
そして次は運転台の加工に入りました

過去の加工整備である程度は作り込んでいたので今回は少しだけ変更しました。

変更点は配電盤のステッカー
前回はkatoのホームの余りのステッカー
コカ・コーラの販売機のサンプル部分を使ってましたが今回からいつもヤフオクでお世話になってる方のEF210 運転台表現ステッカーを使ってます

1END側
20200225_211651
メーター周りのステッカー
マスコン、ブレーキレバーは色差ししてます。
ホイッスルレバーは0.2mm真鍮棒で製作し
プラ板から時刻表差しも追加
それらしいステッカーも貼ってみました
20200225_211905

こちらは2END側
20200225_211914
20200225_212042
そして次
サイドの乗務員乗り口扉脇のはしごのモールドを削り別体化しました。

レボリューションファクトリーさんの4998 手すり1.2mmを使いハシゴにしました。
ドアの取っ手も別体化
レボリューションファクトリーさんの5121ドアノブを使ってます
こちらは2END側
20200225_221035
1END側
20200225_221044

本日はここでタイムアップ

次回は台車をハラしてオーバーホールしボディーを組み立ててみす。

本日も最後まで読んでくださり、ありがとうございましたm(_ _)m






こんにちは☆

相変わらず私の画像使ったまま出品続けてるようですがよく見てみたら送料1500円!
しかも定形外発送で1500円取るなんて(笑)

どこまで悪質なのか…

ウォッチが46あったのが質問欄読んでくださった方々と皆様のご協力があり、ウォッチ1に←これ私です(笑)

あと3日程で終了しまた再出品になったら質問欄のコメントも消えてしまうので私はブラックリストに追加されたので質問が出来ません。


本人が画像を自分のものに変えてくれさえすればそれで済む事なのですが、どーいう訳かその気もないようなので次の対策も考えなければ…

こんな事に時間を割きたくはないのですが、
皆様お気をつけくださいm(_ _)m



さて、前置きが長くなってしまいましたがEH500  81号機の加工整備が終わり何をいじろうか考えた結果、ここ最近ずぅーと新系列のELばかりやっておりまして、この辺の整備内容を忘れないうちに片付けてしまおうと思い、ほぼ当機関区では休車状態のEF210を出してきました(笑)


Kato3043-2 EF210  100番台
  EF210 115号機
20200218_184233

過去の整備内容はこちら

これを精密加工していきたいと思います


まずはボディーを外しカプラーの加工、スカートからバラすのですが、このEF210は少し厄介です

バラし方忘れて試行錯誤

20200218_194720
画像の様に裏から精密ドライバーのマイナスを差し込んで軽くこじってスノーブロウの爪を外せば簡単に取れました


そしてカプラー
ナックルカプラー短てすね
これの中央の梁の部分に0.5mmピンバイスで穴を開け、銀河モデルさんのN-637吊り金具を取り付けます。
20200218_220725

そして一度取り付けたTOMIXの分別パーツPZ-001 ブレーキホースを外し加工します

裏にL字に曲げた0.2mm真鍮棒を瞬間接着剤で接着しタミヤXF-85ラバーブラックでブラックアウトしておきます。

それと板バネ
正面から画像撮ると金色が目立つのでグレーに塗っておきました
20200218_223739


そしてスカート部の手すりのモールドをデザインナイフで削り0.3mmピンバイスで穴を開けレボリューションファクトリーさんの4998手すり1.2mmを取り付けました
画像右側の手すりの上には、美軌模型店さんのきらめきライトの余った導線、それを黒く塗りケーブルとして使います
20200218_220640

そしてエアホースを取り付け
実車同様にチェーンで引っ掛けます
20200218_225528

両エンドやりました
20200218_225552

そして次
屋根上の加工に入ります
ここで思い出しました!
なんで今までEF210の精密加工整備をやらなかったのかと…

遠回しにしてた理由はこの屋根上の配管
20200219_190633
モールドでもじゅうぶんだと思う精密な配管です
これを削って新たに配管を別体化するとなるとかなり面倒臭いというか…

EF210をやり始めちゃったので、とりあえず片側の配管のモールド削ってみました
20200219_210732

そして0.3mmピンバイスで配管止めの穴を開けておきます

そしてない頭をフル回転させて結局こうしました

20200219_235852
0.3mmLINEユニットを3本用意し、バルディローズさんのNR-804 配管止め0.3mmを使い仮止め
そしてレボリューションファクトリーさんの4998手すり1.2mmを8ヵ所に配管止めとして使いました。

そして画像左の碍子に集まる3本のケーブルは0.25mmケンタカラーワイヤーで表現しました。

モールドですとキチッと線がはっきりしてますが実車はケーブルがそれぞれ曲がって付いてたりします。

それを表現しました。揃ってないのはわざとです。

屋根上中央の配管はケンタカラーワイヤー0.25mmで作成
20200220_210256

パンタグラフ周りの配管もケンタカラーワイヤー0.25mm
配管止めはレボリューションファクトリーさんの4997手すり1.0mmを配管止めして使ってます
20200220_210309

1END側パンタグラフ周りの配管
20200220_221602
中央
20200220_221605

2END側パンタグラフ周りの配管
20200220_221612

そしてメタルプライマーをエアブラシで吹いて乾燥後、グレーで塗装
鉄道模型用カラーねずみ色1号に少量の黒を混ぜて調合し、屋根全体に吹きました
20200220_225347
色吹いたらパッと見、モールド変わらなくなってしまった様な?(苦笑)

まっ、いいか(笑)


そしてパンタグラフ周りの配管をケンタカラーワイヤー0.25mmで作り配管止めはバルディローズさんのNR-804を使い、フックも取り付け

20200221_212441
屋根上はとりあえず完成です

本日はキリが良いここまで☆

最大の難関、屋根上の配管の別体化が済んだのであとは簡単だと思います

本日も最後まで読んでくださり、ありがとうございましたm(_ _)m

いつもたくさんの『拍手』ありがとうございますm(_ _)m





↑このページのトップヘ