こんばんは☆

さて前回、甲府のパンケーキコンテナさんに行ってからまた精密加工整備を始めました。

EH500とどちらをやるか悩んだ結果、とりあえず先にこっちをやってしまいます
20191210_224344

まずはいつも通りにカプラー周り、スカートの加工から

20191211_072446
矢印の部分にホースがあるので、美軌模型店さんのきらめきライトの余った導線

これを黒に塗って0.3mmピンバイスで穴を開け取り付け

次にナックルカプラー短の梁の部分に0.5mmピンバイスで穴を開け銀河モデルさんのN-639吊り金具を使い少量の瞬間接着剤で取り付けます
20191210_234833

そしてカプラーの開口部の両脇に手すり
レボリューションファクトリーさんの4997 手すり1.0mmを取り付け

20191210_234837

そして同じくきらめきライトの余った導線で解放テコと連結器を繋ぎました
20191211_181935
この後メタルプライマーを筆塗りし、タミヤXF-53 ニュートラルグレイに黒を少し混ぜ調合したネズミ色を色差ししました。


そしてTOMIX PZ-001 ブレーキホースLRを使い、裏にL字に曲げた0.2mm真鍮棒を瞬間接着剤で取り付け乾いたらタミヤXF-85ラバーブラックで塗ります。
コック部はタミヤXF-2フラットホワイトとXF-56メタリックグレイで塗り、本物同様にチェーンで引っ掛けカプラー周りは完成
20191211_202828

そして次は運転台の加工に入ります
20191211_204655
バラしてみました
これはEH200と比べたら結構細かく表現されてます。
マスコン、自弁単弁のブレーキレバー

室内表現シールはいつもヤフオクに出品なさってる方のものを使います

その配電盤の表現シールを貼ると座席が隠れてしまうのでプラ板から新規に座席を作りました


20191211_220918

一応肘掛けも付いてのわかりますでしょうか?(笑)
時刻表差しとその他の機器も切り出します

さてkatoのEF510のコックピット色はタミヤX-17ピンクに少量の黒を混ぜれば色は合います

そして出来上がった運転台
1END側
20191211_231351

サイドから

20191211_231407
メーター周りも表現してます。
時刻表差しの文字もそれらしいステッカーを貼ってみました
ホイッスルレバーも0.2mm真鍮棒から作りました


2END側
20191211_231428
1ENDとは配電盤の表現が異なります

サイドから
20191211_231437
マスコン、ブレーキレバーはタミヤXF-1フラットブラックで
レバーの周りをX-11クロームシルバーで色差ししてます


両エンド完成です

20191211_231508

本日はここでタイムアップ

次回からはボディーの加工に入っていきます

本日も最後まで読んでくださり、ありがとうございましたm(_ _)m