(仮称)東北本線 岩○機関区

Yahoo!ブログの閉鎖に伴い、こちらに引っ越してきました。主にNゲージの精密加工をしております。機関車関連、客車、貨車等の加工ばかりで電車関係は少ないです。宜しくお願いいたします。

タグ:FD7F

こんにちは☆

さて前回マイクロエースの新製品A0185   ED77 の精密加工をやろうと思ってましたが、その前にもう一両あるKatoのEH500の台車の精密加工をやってしまいました
品番は3037-2の方です
20220602_193402

前回の精密加工の内容はこちらからどうぞ→
また間を開けてしまうと加工内容、やり方を忘れてしまうのでさっさと片付けてしまおうっていう魂胆です(笑)

ボディーを外し、台車を外しました
1END側の台車 FD7Fから始めます
この砂撒き管のモールドをデザインナイフで削ります
20220602_194042

そして砂撒き管は0.3㍉真鍮棒を曲げて取り付けました
砂撒き管のステーもプラ板を切り出し再現
砂撒き管を止めるu字クランプも再現してます
U字クランプはレボリューションファクトリーさんの5009EL吊り金具を代用してます
20220602_212541
逆側から
障排器のモールドの作りが良いのでこれを生かします
ギリギリまで削り先端にはプラ板を切り出し張り付けてます

20220602_212610

そして次
FD7G  
こちらも同じく加工しました
20220602_222317
逆側から
20220602_222327
砂撒き管を支えるステーを追加
U字クランプも再現してます
20220602_222400

そして2END側のユニットの台車  FD7H
すでに色を塗ってます
今回はfarbeのねずみ色1号にかえてみました
前回使った鉄道模型用カラーのねずみ色1号ですと色目が薄く感じたので
20220604_212948
逆側から
20220604_212958
こちらはFD7I
20220604_213017
逆側から
20220604_213029
これで台車の加工は完了です

次にATSを作ります
ベースはいつもの銀河モデルさんのN-196
 車上子EF81用です

後程、真ん中からカットしますが、とりあえず先に加工します

すでに加工済みですが、中央にエッチングパーツのランナーをカットし接着
0.5㍉丸棒に0.3㍉の穴を開け0.24㍉のケンタカラーワイヤーを差し込みケーブルを再現
プラ棒を細くカットし柱を追加しました 
20220604_211924
二つにカットしました
20220604_212323
20220604_212406
これでATS車上子は完成

次にパンタグラフを加工します
PS-22E
パンタグラフの折り目の部分に0.08㍉ポリウレタン銅線を接着
擦り板部に0.3㍉ピンバイスで穴を開けポリウレタン銅線を取り付けました
20220606_224120
もう一つの方のパンタグラフも同じく加工
20220606_224131
そしてコンデンサーを取り払っただけの常時点灯仕様だったのですが、逆側のライトのチラつきが気になりだしたので最近やってる0.033μのチップ積層セラミックコンデンサーを取り付けました
KATO-3037-1GAのヘッドライトユニット、1END側の元々付いていた所にハンダ付けしました
20220607_192403
そして基盤を戻し台車を取り付けボディーをはめて、細部の手直しをし完成としました

Kato 3037-2 …EH500 3次形 後期仕様改
EH500  81号機[仙貨]
1END側
20220607_220420
細部を見ていきます

1END側 台車 FD7F
障排器は元のモールドを生かしギリギリまで削り立体感を出しました
砂撒き管は0.3㍉真鍮棒で再現、砂撒き管を止めるステーもプラ板で作りU字クランプも再現しました
ステップ奥に0.24㍉ケンタカラーワイヤーを使いケーブルを再現してます
20220607_220442
自作したATS-PS車上子
床下機器の取っ手もレボリューションファクトリーさんの5121ドアノブを流用してます
20220607_220452
FD7G  台車
20220607_220500
2END側ユニットの台車 FD7H
20220607_220511
ATS-SF車上子?
20220607_220523
FD7I  台車
20220607_220533
1END側パンタグラフ PS-22E
折り目と擦り板に0.08㍉ポリウレタン銅線を使いコーベルを再現
20220607_220722
2END側パンタグラフ
20220607_220755

レールに乗せてみました
20220607_220950
クリアランスはこんな感じです

2END側台車 FD7I
20220607_221007
ATS-SF?車上子
20220607_221017
FD7H  台車
20220607_221024

1END側ユニット FD7G  台車
20220607_221035
FD7F 台車
20220607_221048

そして常時点灯時のヘッドライトの明るさはこんな感じです。
20220607_221445
20220607_221505
走行しても、チラつきが抑えられ良い感じてす

これでEH500の精密加工は完成です。
ただKato 3037-3  EH500  3次形  新塗装、いわゆるJFRのマークがなくなったEH500が手付かずであるので、またそのうち精密加工したいと思ってます。

次はkatoとTOMIXのEH200の台車の精密加工もやらなきゃならないのですが、そろそろマイクロエースのED77が入線しそうにで、そちらを先に精密加工したいと思ってます。


本日も最後まで読んでくださり、ありがとうございましたm(_ _)m

こんにちは☆

さて、今回はkato 3037-1 EH500  3次形改
EH500  27号機[仙貨]の台車の精密加工をやっていきます
20220524_181823
前回までの詳しい加工内容はこちらからどうぞ→ まずはボディーを外し台車をパラします

1END側の台車から加工しました
FD7F
20220524_223242
ステップの奥にケーブルを通しました
0.24㍉ケンタカラーワイヤーを使ってます
砂撒き管は0.3㍉真鍮棒で作りました
20220524_223257
こちら側の砂撒き管には取り付けステーをプラ板から切り出し取り付け
そして砂撒き管を固定してるU字の取り付け金具、U字クランプも再現してみました
ケーブルは0.24㍉ケンタカラーワイヤーです
20220524_223305

20220524_223325
こちらは障排器
プラ板で少し大きめに作りました
20220524_223704
障排器のアップ
モールドの作りが良いのでデザインナイフで極限まで削り立体感を出してます
20220524_223734
そして次の台車
FD7G
砂撒き管のモールドを削り0.3㍉真鍮棒で再現
ケープルは0.24㍉ケンタカラーワイヤーを使用
20220525_232411
砂撒き管を支えるステーをプラ板で再現
砂撒き管を固定してるU字クランプも再現しました
20220525_232219
逆側
20220525_232236
そして次
2END側ユニットの台車 FD7Hの加工です

左側のケーブルは0.24㍉ケンタカラーワイヤー 、台車側にケーブルを固定する留め具もレボリューションファクトリーさんの5120吊り金具旧型用を代用して取り付けてます。右側は銀河モデルさんの速度検知器を取り付けました
20220526_225639
砂撒き管は0.3㍉真鍮棒
砂撒き管のステーはプラ板から自作
砂撒き管とステーを固定するU字クランプも再現しました
20220526_225659
逆側から
20220526_225715
そして最後の台車
FD7Iの加工
20220527_202606
ステップの部分に穴を開け0.24㍉ケンタカラーワイヤーを通してケーブルを表現しました

20220527_202645
こちらは砂撒き管を支えるステーをプラ板で自作しU字クランプも再現
20220527_202726
こちらは障排器
モールドの表現が素晴らしいので自作せずに生かす方向で
極力、モールドを削りました

20220527_202757
そして全ての台車の加工は完了
ガイアのマルチプライマーを筆塗り後、鉄道模型用カラーねずみ色1号で色を塗りました
20220527_215105

そして次
ATSを自作
パルディーローズさんのATS-S型のものや、トレジャータウンさんの物を集めて比べたりしたのですが、結局いつもの銀河モデルさんのN--EF81用の物を使い、手を加えて加工して使う事にしました

極細のプラ棒を作り柱を追加し、ケーブルも作りました。

そして二つにカットして使います

20220531_220409
もう片方
20220531_220429

そして次にパンタグラフの加工
PS-22E
0.08㍉エナメル銅線を使いコーペルを作り接着
エアブラシでマルチプライマーを吹いた後に鉄道模型用カラーねずみ色1号で塗装
その後に擦り板の所にも配線を再現してます
20220601_210539
逆側も

20220601_210739

そして常時点灯にしていたのですが、コンデンサーを取り払っただけの方法で走行すると逆側のヘッドライトのチラつきが発生してたので、最近覚えた0.033μのチップ積層セラミックコンデンサーを取り付けました

20220601_220908
赤い矢印部分の所に元のコンデンサーが付いてたのですが、そこを取り払っていたので同じ場所にハンダ付けしました


そしてボディーを被せて細部を手直しして完成としました

では細部を見ていきます

EH500  27号機[仙貨]
1END側
20220601_215454
1END側 FD7F
ステップに穴を開けケーブルを通してます
右側のケーブルも0.24㍉ケンタカラーワイヤー
ケーブル止めはレボリューションファクトリーさんの5120吊り金具旧形用を代用して使ってます
20220601_215543
自作したATS-PS
20220601_215605
FD7G
20220601_215634
2END側ユニットの台車
FD7H
20220601_215757
2END側ユニットのATS-SF
20220601_215807
2END側
FD7I
20220601_215817
1END側パンタグラフ
PS-22E
20220601_215925
2END側パンタグラフ
20220601_220019

そしてレールの上に乗せてみました
砂撒き管のクリアランスを見ます

2END側
20220601_220212
2END側の台車
FD7I
20220601_220231
自作したATS-SF
床下配管は0.3㍉真鍮棒で再現
20220601_220253
2END側台車 FD7H
20220601_220317
1END側台車 FD7G
20220601_220409
1END側のATS-PS
20220601_220415
1END側台車 FD7F
20220601_220421

そして常時点灯時のヘッドライトの明るさはこんな感じです
20220601_225425
20220601_225545

走行させても逆側のヘッドライトのチラつきがなくなりました

次も同じくKato 3037-2のEH500の台車の精密加工をやってしまいたいところなんですが、予約していたマイクロエースのED77が2両入線予定なので先にそっちを加工してみようかと考え中です。

今回はほんと久しぶりの入線

最近新製品が出てもまったく購買意欲に火がつくものがまったくなかったので楽しみです☆

本日も最後まで読んでくださり、ありがとうございましたm(_ _)m

↑このページのトップヘ